カテゴリ:蜻蛉 の記事一覧

« old | home |

0.3秒の出来事

2019.07.02(Tue)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
畳三枚ほどの人工的に造られたビオトープが二つ、工場や倉庫、或は大型トラックが行き交う道路で挟まれた公園の一角にありました。水生植物を植え込んでメダカも泳がせています。
茎に幾つかヤゴの抜殻が残っていました。硬貨との比較で全長42mmはヤゴの中でも大型です。
J19G8629tq.jpg

出生を証明するようにクロスジギンヤンマがやって来て産卵していました。
「へえ、こんな環境にいるんだ」
右上にもう一匹接近してきます。
J19G9180tq.jpg

そうしたらいきなり♀に襲いかかりました。
J19G9181q.jpg

次の瞬間には交尾の姿勢に持っていこうとします。カメラの連写機能で三枚分そのままです。0.3秒ほどの早業でした。
J19G9182q.jpg

狭い視野のファインダーを覗いている身には何が起こっているか全くわからず、取り敢えずシャッターを押し続けるしかありません。

pagetop ↑

涼しい

2019.06.27(Thu)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
人の手が入らなくなって、そこは水田だったのだろうと思わせる地形が残る谷戸。脇にせせらぎ(別名用水路)が通してあります。昨近機械が入らない田んぼはどうしても打ち捨てられる運命にあります。そんな水辺にいたニホンカワトンボです。
J19F7776tq.jpg

透ける茶色の翅は♂、そして縁紋が白い♀は首根っこをつかまれてしまって自由が効かず、この体勢を見る限りではやや苦しそうです。
J19G0732q.jpg

翅を開閉する運動をやっていました。背後にも一匹いますね。
J19G0792q.jpg

pagetop ↑

遅すぎ

2018.12.19(Wed)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
池のそばにある塀で、オオアオイトトンボが羽化している場面を目にしました。日が高くなったころ池から這い出して来る、のんびりした性格のようです。因みにこの時の時刻は11:55 、もう昼です。
J1874149tq.jpg

数時間後はこんな状態になります。
J18A6939q.jpg

数日後
写真を撮る直前まで連結していたのに、どういう訳か離れてしまいました。♀と思われる下の個体が逃げ出さないところを見ると、嫌っているのでもなさそうです。
J18A6925q.jpg

追跡記録ではありません

pagetop ↑

トンボ助け

2018.12.05(Wed)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
稲が実る頃になると田んぼにスズメ避けのネットが張られている風景を目にする事が多いですね。ギンヤンマが開いている側面から入り込み、脱出出来なくなってしまいました。
J1893926q.jpg

救出したお礼に接近写真を撮らせてもらいました。最初脚をバタバタして抵抗しますがひとときを過ぎると大人しくなります。
J1893934q.jpg

この日は公園滞在中の数時間に、手の届く範囲にいたギンヤンマ4匹を逃がしてあげました。そのすべてが♂、やっぱり♂の方が勢いで侵入してしまう傾向が強いのでしょうか。
J1893897tq.jpg

流石に中央辺りでもがいているヤツはどうしようもありません。自力で脱出できれば良いのですが。

pagetop ↑

ecoモード

2018.11.21(Wed)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
翅の前の方は兎も角半分から後ろは翅脈も薄く、写り方によっては背景に同化して境界がはっきりしません。
J1891509q.jpg

羽化して日数が経つと少しづつ翅が擦れて透明感が喪失してきますが、
今回の個体はそれ程時間が過ぎていないのか、または飛び方が上手で障害物を巧みに避けて生活しているのか綺麗なままです。
J1891521q.jpg

ウスバキトンボがぶら下がるのは単に省エネモード実践、・・・と思う
J1892311q.jpg

pagetop ↑

超軽量

2018.11.20(Tue)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
体重が軽いせいでしょうか、水平に近い姿勢でとまっています。
J1895195tq.jpg

細い華奢な肢は重量を支える役割から解放されて、何かをつかむ機能に特化していますね。
J1895307q.jpg

全てが繊細なパーツの集まりから出来上がっているイトトンボにあって、複眼だけは異様に大きい。水でも飲んで生きているのかと思いきゃ、優れた視力と六本の肢を使って自分より小さな羽虫を捕えるなどさすがにトンボの仲間です。
J1895717tq.jpg

アジアイトトンボでした。

注:大きなウチワヤンマも水平に止まりますし、ヤマサナエもそうですね。考えてみるとぶら下がり気味に止まるのはオニヤンマとかウスバキトンボなど少数派かも知れません。トンボの腹部はバッタ類などと異なりほとんど空洞、つまり超軽量なのだと思ってしまいます。

pagetop ↑

谷筋にて

2018.11.19(Mon)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
両側から樹々が覆いかぶさるような散歩径には陽が射しません(撮影には少し暗いのです)
J1889983q.jpg

左右の林から滲出した水が小さなせせらぎを作り出し、上り加減の径に沿って流れています。
J1895414aq.jpg

一年中流れが保持されるかわからない場所で、オニヤンマが産卵に余念ない様子でした。
J1895631tq.jpg

pagetop ↑

来年もここに来る予感

2018.11.10(Sat)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
水辺の周辺を巡ってなかなか止まらないコシアキトンボです。
J1880167tq.jpg

何匹も飛んでいる場所から少し離れてひっそり佇んでいるのを見つけて、それ以来公園に行くたびにチェックすることにしています。
居心地のいい場所らしく去年も今年も、世代交代している筈なのにいつも止まっている個体を見ることが出来ます。
J1886734q.jpg

たまたま下をコイが通り過ぎました。


ところで
サッカーJ1リーグ 32節が本日行われ、我等が川崎フロンターレはC大坂に負けてしまったものの、2位の広島が敗れたため2試合を残した段階で優勝が決まりました。2位との勝ち点差は7、広島が残り2試合勝利しても川崎には及びません。
二連覇! バンザイ!!!
惜しむらくは本日勝利して花を添えて欲しかったところ。今日が決勝ではないし、などと考えてみる)
まだ2試合ありますが選手・監督・関係者には、お疲れ様でした、ありがとうと伝えたいですね。

pagetop ↑

産卵中でしょう

2018.11.09(Fri)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
名前の通り草むらの煩雑な背景を選んで止まったヤブヤンマです。翅を透かせた影を見て、思いのほかスモーキーなのが分りました。
J1886453q.jpg

このトンボの産卵場所は水辺から少し離れた湿った場所とのことで、今回のモデルは♀の可能性が高い。
J1886522q.jpg

してみると♀にも青みがかった複眼を持つものがいるのですね。
J1886537q.jpg

pagetop ↑

ドーナッツ地形

2018.11.02(Fri)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
林に囲まれたごく浅い池にクロイトトンボを見ました。
J1883409tq.jpg

その林はぐるっと丘を成していて散歩道が通してあります。例えばドーナッツの一方向のみ開けたような地形です。ただし木立に囲まれて鬱蒼としている感じではなく、日中は池にも充分に陽が差し込みます。
J1884167tq.jpg

ドーナッツの周りの部分を歩いてみたところ、やぶ蚊の攻撃にあって大変。一応横浜市内だからと虫除けスプレーをしていなかったのが敗因。
J1883462tq.jpg

アオモンイトトンボと同じくらいの大きさです。

pagetop ↑

フライング・ドット

2018.10.19(Fri)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
水辺をうろついていたアオモンイトトンボも季節の進行とともに姿を消しつつあります。
J1863967tq.jpg

お約束の画像
J1872228q.jpg

雨後
J1878973q.jpg

♀異色型未成熟
J1879833tq.jpg

♂の場合は草むらを「空色の点」が浮遊する感じですね。

pagetop ↑

こっちも大丈夫

2018.10.17(Wed)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
先日のコフキトンボと同じ日、これも冠水の影響を免れて健在なチョウトンボでした。
J1879983q.jpg

池に沿う道を越えて葦の密生に止まります。なかなか低いとことに止まってくれなくて
「しょうがないなぁ」
と思った心境を察したのか表に出てきてくれます。それも理想的な位置に
J1880097q.jpg

良く行く三ツ池公園はチョウトンボがめっきり少なくなり、代わりの撮影場所になりそうです。
J1880853q.jpg

pagetop ↑

洪水の影響なし

2018.10.16(Tue)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
遊水池を含む公園全体が、鶴見川の増水で春先にかけて2回水没してしまい、5月の連休になってもその後処理 -汚泥の除去であるとか植栽の復旧、グランドの整備- で立入禁止になっていました。
J1879407q.jpg

こんなことだと今年のトンボ類は、押し寄せた川の大量の水にヤゴが流され、期待できないのではないかと心配していました。
J1879552tq.jpg

7月初めに出掛けてみたらコフキトンボの羽化状態まで観察でき、杞憂に過ぎなかったと一安心です。
J1879641tq.jpg

2匹並んで止まって、全滅どころか洪水後棲息密度が高くなっているのだとしたら喜ばしいこと。
J1879395tq.jpg

pagetop ↑

飛ぶ

2018.08.17(Fri)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
オオシオカラトンボ、シオカラトンボの飛翔写真が撮れました。

雌雄で繋がって幸福な時間
J1873399q.jpg

♀が産卵している上を♂がパトロールします。
「オレのパートナーの邪魔をする奴は許さない!」
J1873412tq.jpg

♀は産卵に集中しています。
「これ結構エネルギーを使うのよね」
J1889917q.jpg
(この場面だけシオカラトンボ)

pagetop ↑

休憩中の目の前で

2018.08.03(Fri)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
葉の上にピタリと張り付いて止まるから、ヤンマの仲間とは隔たりがあると思わせるヤマサナエ。
J1869368q.jpg

珍しくせせらぎの上で長い間ホバリングしていて
J1869153q.jpg

腰を下ろして休んでいる私に、カメラを手に取り構えなおす余裕を与えてくれました。ある意味向こうから「撮ってくれよ」と近寄って来た感じです。
J1869165q.jpg

日陰の至近距離はこれ以上望めない条件

pagetop ↑

風薫るころ

2018.08.02(Thu)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
日なたに出てきても未だ暑苦しさを感じない頃の、むしろ心地よさげな5月下旬のニホンカワトンボでした。縁紋の橙色は♂
J1869079q.jpg

もともと清流のしかも水面近くで生活を展開するカワトンボは、猛暑の今頃もその影響は少ないと思います。この個体はオレンジの翅の前部に不透明部分があるので♂です。
J1869092q.jpg

♂も♀も翅の色に変化があり、かつ生息地によっても差異があるらしく、雌雄の判定はこんな状態でないと難しいです。
J1869205q.jpg

ご存知の様に前にいるのが♂、後ろの♀は縁紋が白色ですね。
J1869232q.jpg

pagetop ↑

涼しそう

2018.07.16(Mon)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
暑中お見舞い申し上げます
IMG_2018JAq.jpg


普段参照しているPCのピンポイント天気予報では、晴れの日はオレンジの太陽のマークが表示され、それが猛暑日(35℃≦)になると見るからに暑苦しそうな真紅に変ります。
しばらくは暑さが続きますから皆様ご自愛を。
J1866258tq.jpg

初夏から次第に生い茂って来る葦原の、日陰が出来る場所にひっそりと生活しているヒヌマイトトンボを見ました。
J1866299tq.jpg

日なたが暑いと思ったら葦の林に入れば、水面近くに涼しい風が吹いてそれは快適そうで、例え猛暑日の昼下がりであってもヒヌマイトトンボの世界は30℃未満ではないでしょうか。
J1880911tq.jpg

観察する身としては、今頃の時期熱射を浴びて長時間過ごすのはごめん被りたい。出来たらアキアカネを見習って高原に行くか、さもなくばミドリヒョウモン並に暫く夏眠するとか。
J1880949tq.jpg

pagetop ↑

日陰者

2018.07.13(Fri)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
今年は明るい所に誘導しても、そこで撮影する余裕を与えることなく薄暗い場所へと逃亡することに成功した、ヤマトクロスジヘビトンボでした。これで去年から一勝一敗です。
幼虫時代を過ごした冷たい水から上がったのだから、陽光の降りそそぐ場所へ進むと思いきゃ、相変わらず冷涼な陰になるところから離れません。
J1863293tq.jpg

壁に張り付いた画像の中でも程度のよいものを掲示します。壁面にエンボスがあるので少々立体が感じられます。
J1863299tq.jpg

弱々しい飛び方に似合わず意志は強固とみました。こういう輩は夜になると俄然元気を取り戻すのですよね。

pagetop ↑

♀ばかり

2018.04.25(Wed)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
コツバメを探しに行ったとき早くも発生していたシオヤトンボは、羽化したてらしく翅がまだ乾き切っていません。
J1839801q.jpg

次から次へと目の前に出やってくるこのトンボは全て♀。どうなっているのでしょうか。子孫を残すために♀が早く発生する必要があるなど、戦略的な事情があるのかも知れません。
J1839880q.jpg

やっと見つけた♂は一週間後になりました。♂の割合はその時点で数%程度かと思います。同じころ出かけた別のサイトでは♂も遜色なく出現していたので不思議です。
J1841658q.jpg

2019.04.10 訂正
後日同好の士と
「♀ばかりですね」などと話をしていたら、
「あれは♀じゃないんですよ。発生時は♂♀同じ色で♂は次第に青く粉を吹いてくるんです。私も最初♀ばかりと思っていました」
などとおっしゃるではありませんか。目から鱗です。恥ずかしい。
因みに今の時期は♂の方が多いのだそうです。

pagetop ↑

水溜りに産卵

2017.11.04(Sat)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
雨の翌日に出来た水溜りがあちこちにあります。クルマが入ってこない砂利道がアキアカネにとって格好の産卵場所になっている。
IML_67882tq.jpg

しかしながら晴れた日が数日続いたら水溜りは消失し、乾燥した地面になってしまいます。人間であれば経験からそうしたことが予測できますが、一年しか寿命を持たないアキアカネにその予測能力を期待するのは無理と言うもの。
IML_67884tq.jpg

言葉が通じたら教えてあげたい気持ちです。
「そこは違うよ、別の場所を探しなよ」
IML_67941q.jpg

IML_70794tq.jpg

pagetop ↑

雨の日はどうする

2017.10.27(Fri)

『蜻蛉』 Comment(1)Trackback-
こうやって水平に近い体制で止まることも多いです。
この間の台風21号来襲時の様に、雨風ともに強い場合はどうするのでしょうね。プロと違って雨の日にカメラを持って出動する事などないので想像するしかありません。
IML_66070tq.jpg

もっともこんな水辺のアジアイトトンボを観察しに大雨の中出かけたら、こっちが事故に遭いかねません。君子!危うきに近寄らず、です。
IML_66104tq.jpg

雨や風が直接当たりにくい、密集した葦の林の中に退避して、ひっそり茎と一体化しているのでしょう。それにしても今年は10月13日から22日までの間、晴れたのは一日だけで他はずっと雨模様でしたから、ひたすら忍耐の日々だったと同情してしまいます。
IML_66114tq.jpg

pagetop ↑

別名オビトンボ

2017.10.19(Thu)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
コフキトンボは16日に話題にしたばかりです。
♂はこんな感じのシオカラトンボを小さくしたような目立たない佇まいですが、
IML_61484q.jpg

今回は♀の中でも希少感ある、茶色の帯を持つ♀です。赤トンボではありません。別名オビトンボ
IML_60941q.jpg

コフキトンボを見つけてからずっとこのパターンのトンボが出てこないかと思っていたのです。それが今年の夏一匹だけ、しかもワンチャンスのみ現れてくれました。
IML_60992tq.jpg

北海道と沖縄では珍しくも何ともないそうです。

pagetop ↑

飛行の専門家

2017.10.18(Wed)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
止まっている時はいつも頭を前に傾けているウスバキトンボ。
IMG_X5747q.jpg

俯いているので頭部が丸見えで、複眼がドーム状、料理で使うボウルを小さくしたような形です。人や犬の様に中が詰まった頭部とは異なりますね。こんな構造も長距離ランナーとして身を軽くすることに役立っている。
IML_65980q.jpg

こんな形だと後ろか襲われたらひとたまりもなさそうで、それを防ぐために視野の広い眼を持っているのでしょう。
IML_66143q.jpg

頭が空っぽに近いからといって飛行に関する能力は人間には及ぶべくもありませんし、飛行機をもってしても敵わない点は数多くあると思います。

pagetop ↑

オスとメスと

2017.10.16(Mon)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
コフキトンボ、今年は♂と♀両方です。
胸部の色が黄色っぽいので♀だと思われます。シオカラトンボもそうですがこうやって躰を「く」の字に折って止まることがありますね。
IML_57726q.jpg

キバナコスモスの前の♂。花びらには絶っ対止まらないと決心している模様。
IML_57881q.jpg

♂♀がいた証拠写真。ヒシの繁茂する池でした。
胸部縦帯の間に波模様が描かれています。
IML_58042tq.jpg

pagetop ↑

飛行中

2017.10.14(Sat)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
きちんと脚を畳んで日本代表の体操選手のようです。手があったら抱え込み・・・などと技の名が付きそうです。アシナガバチがだらんと肢を垂らして だらしなく 飛ぶのとは大違い。
IML_57612q.jpg

ギンヤンマが池の縁を永遠に飛び廻って、もしかしたら私が死ぬまでそうやって止まらないのかと思わせます(ウソ!)。
IML_57652tq.jpg

やっと止まっているところが撮れたのは別の池でした。
IML_61863q.jpg

pagetop ↑

食らいつく

2017.10.12(Thu)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
シオカラトンボの食事の様子をいくつか。

アブの一種を食べています。食事に集中しているので指を近くに置いても気にしません。翅を噛み切ってから頭に食らいつきます。
IML_57188q.jpg

カメムシの一種だと思います。手前の方に頭部が散らばっていて、流石にこの部分は食べ残しますね。 臭いが付いたりしないのでしょうか。
IML_57214q.jpg

こちらは翅の模様からベッコウハゴロモでしょう。
IML_61925q.jpg

手ごろな標的があれば選り好みせず捕えて、豪快にかじりつく性格のようです。平たく言うと悪食家、でしょうか。

pagetop ↑

緩く飛ぶ

2017.10.10(Tue)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
歩いていると草むらに頻繁に現れるアオモンイトトンボですから、そのゆっくりした飛び方と相まって、気をつけないと踏んでしまいかねない。
IML_57131q.jpg

アシやガマの茎に止まればそんな心配は無用ですし、フェンスの内側であれば完璧です。しかし同じトンボ類、例えばギンヤンマなどの餌食になる可能性は排除できません。
IML_60888tq.jpg

こちらは雨の翌日。喉が渇いていたら一滴で潤せそう。
IML_61687tq.jpg

pagetop ↑

止まる地形

2017.10.09(Mon)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
ここ数年ずっと見ているフィールドに今年もいたオニヤンマです。そしてここにいる個体は飛んでいる姿を目で追っていると、それが合図の様に少しすると止まってくれる親切なやつです。
IML_57052q.jpg

公園の他の場所で目にするオニヤンマが一定の領域をパトロールし、いつまで経っても止まらないのと大違い。強いて言えば止まる方の環境は斜面になっていて段々畑の様に花壇や日曜菜園がレイアウトされている、3D地形です。軽々と空中を泳いでいるようでも、斜面に沿って昇り降りするにはより多くのエネルギーを使うのと思われ、堂々としたオニヤンマも疲れてしまうのでしょう。
IML_57067q.jpg

オニヤンマを見つけたら地形を確認すればよいでしょう・・・ 多分。

pagetop ↑

年々希少になる

2017.10.07(Sat)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
外来種であるアメリカザリガニとかブルーギルを駆除する目的で掻い掘り(かいぼり)を行ってから、良く行く三ツ池公園ではチョウトンボの数がめっきり少なくなりました。
IML_56049q.jpg

睡蓮が「上の池」の水面を覆う(2/3くらいか)ようになって、そちらは手入れされないままであり、従って大気に触れる水面が少なくなっていることが影響しているのかも知れません。
IML_58092q.jpg

2年ほど前は夏になると水面に群れを成して飛んで、池の縁やそばにある花壇にまでやって来ていたのに、今年はちらほらとしか確認できなかったのです。
IML_61392tq.jpg

そんな訳で今回の画像は最初の一枚のみ三ツ池公園で記録したものでした。
IML_61463q.jpg

来年多くなる予感は全くしません

pagetop ↑

こんなところに

2017.09.27(Wed)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
小さな小さなビオトープがあって、水道から少しづつ給水しているか、担当の人がバケツか何かで定期的に補給しているような様相です。そこになぜか一匹だけ止まっていたベニイトトンボです。
IML_53498tq.jpg

この場所は以前キイトトンボがいた人工的なせせらぎからそれ程離れていない場所です。50m位のエリアに片方はキイトトンボ、一方にベニイトトンボがいて、ちょっとした絵具の混色ミスのようです。黄色に赤を混ぜればオレンジになります。
IML_53523tq.jpg

どう考えても狭いビオトープで世代交代しているとは思えず、少し離れた釣り池かキイトトンボのせせらぎかと考えるところ。
IML_53528q.jpg

何とか♀に遭遇できることを願うものです。

pagetop ↑

▼ プロフィール

皆空亭

Author:皆空亭
出身:長野県
生活:川崎市
フィールド:おもに自転車の到達範囲

※当ブログへのリンクはご自由にどうぞ(画像直接を除く)
※掲載画像の無断使用はご遠慮下さい

▼ 最新記事
▼ カレンダ

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
▼ 過去の記事

2019年 07月 【15件】
2019年 06月 【25件】
2019年 05月 【27件】
2019年 04月 【26件】
2019年 03月 【26件】
2019年 02月 【24件】
2019年 01月 【24件】
2018年 12月 【26件】
2018年 11月 【26件】
2018年 10月 【27件】
2018年 09月 【25件】
2018年 08月 【27件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【26件】
2018年 05月 【27件】
2018年 04月 【25件】
2018年 03月 【27件】
2018年 02月 【24件】
2018年 01月 【24件】
2017年 12月 【27件】
2017年 11月 【26件】
2017年 10月 【26件】
2017年 09月 【26件】
2017年 08月 【27件】
2017年 07月 【27件】
2017年 06月 【26件】
2017年 05月 【23件】
2017年 04月 【25件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【25件】
2017年 01月 【24件】
2016年 12月 【27件】
2016年 11月 【26件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【26件】
2016年 08月 【27件】
2016年 07月 【26件】
2016年 06月 【26件】
2016年 05月 【24件】
2016年 04月 【25件】
2016年 03月 【27件】
2016年 02月 【25件】
2016年 01月 【24件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【26件】
2015年 10月 【27件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【23件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【25件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【25件】
2015年 02月 【21件】
2015年 01月 【22件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【25件】
2014年 09月 【27件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【27件】
2014年 06月 【28件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【22件】
2014年 02月 【23件】
2014年 01月 【28件】
2013年 12月 【27件】
2013年 11月 【24件】
2013年 10月 【26件】
2013年 09月 【29件】
2013年 08月 【30件】
2013年 07月 【37件】
2013年 06月 【6件】

▼ カテゴリ
▼ タグリスト最新順

イチモンジチョウ(6)
エゴツルクビオトシブミ(1)
ミカドアリバチ(1)
ヒラタハナムグリ(1)
アカシジミ(8)
ウラナミアカシジミ(6)
ウスイロヒゲボソゾウムシ(1)
トホシテントウ(1)
ヒメヒゲナガカミキリ(2)
トゲヒゲトラカミキリ(2)
ジャコウアゲハ(6)
コガタルリハムシ(1)
キスジホソマダラ(2)
セボシジョウカイ(1)
クロスジギンヤンマ(4)
コアオハナムグリ(4)
アシナガコガネ(1)
クロハナムグリ(2)
ヒゲナガハナノミ(1)
ニホンカワトンボ(4)
ヒメマルカツオブシムシ(2)
エチゼンキマダラハナバチ(1)
アオオビハエトリ(1)
アブラコウモリ(2)
ワカバグモ(1)
ムネアカアワフキ(1)
カルガモ(12)
ミドリシジミ(5)
マガリケムシヒキ(2)
ホソヒメヒラタアブ(1)
オオミドリシジミ(8)
ウラゴマダラシジミ(3)
ミズイロオナガシジミ(6)
ニホンチュウレンジ(1)
ニホンチュウレンジバチ(1)
シロスジヒゲナガハナバチ(3)
ニッポンヒゲナガハナバチ(4)
ツマキアオジョウカイモドキ(1)
ハグルマトモエ(1)
クワキヨコバイ(1)
クロホシツツハムシ(2)
クロボシツツハムシ(1)
アマサギ(1)
アオバセセリ(1)
ツバメ(5)
イワツバメ(3)
ホウロクシギ(1)
カワセミ(11)
ハグロケバエ(1)
コナガ(1)
スジグロシロチョウ(6)
コジュケイ(6)
ウグイス(8)
クシコメツキ(1)
オオシモフリコメツキ(1)
ガ(1)
ネコハエトリ(1)
コトゲアシクモバチ(1)
アカハネムシ(1)
キアゲハ(4)
クロマルハナバチ(4)
ビロウドツリアブ(4)
アカタテハ(6)
ニホンアマガエル(1)
アマガエル(4)
ヒオドシチョウ(3)
ギフチョウ(2)
ドバト(1)
ネコ(10)
ダイサギ(8)
アオサギ(10)
カモメ(6)
ヒバリ(7)
ハジロカイツブリ(9)
ヨシガモ(9)
ボラ(2)
アリスイ(3)
ニホンアナグマ(1)
トラフシジミ(8)
スギタニルリシジミ(1)
ツマキチョウ(7)
ニシオジロビタキ(1)
コガモ(12)
ツグミ(9)
セッカ(6)
ウミアイサ(5)
メジロ(16)
ルリビタキ(8)
アカハラ(4)
オシドリ(4)
クロツラヘラサギ(3)
ジョウビタキ(12)
ドブネズミ(3)
ヒクイナ(2)
キンクロハジロ(12)
カラス(7)
ムクドリ(10)
クビキリギス(2)
オカヨシガモ(7)
ミヤマセセリ(5)
コツバメ(5)
ミコアイサ(5)
トラツグミ(4)
ヤマシギ(3)
カシラダカ(6)
クロジ(3)
セグロセキレイ(1)
シロハラ(6)
スズガモ(9)
セイタカシギ(7)
スズメ(15)
飛行機(1)
月(2)
ホオジロガモ(1)
マガモ(9)
チョウゲンボウ(12)
ホシハジロ(6)
ビンズイ(2)
キクイタダキ(2)
アオジ(10)
ドラゴン(11)
メープル(5)
シメ(7)
ベニマシコ(5)
オオタカ(9)
ワカケホンセイインコ(1)
イカルチドリ(2)
ヤマガラ(6)
アトリ(4)
チュウヒ(3)
コイ(2)
ノスリ(7)
タシギ(7)
シロチドリ(5)
ウナギ(1)
カワウ(11)
ミサゴ(9)
ハイタカ(4)
ハシビロガモ(7)
ハマシギ(6)
クイナ(5)
タヒバリ(5)
ゴイサギ(8)
ハヤブサ(6)
イソシギ(8)
オオバン(9)
ヒドリガモ(12)
トビ(11)
ムラサキツバメ(8)
コトヒキ(1)
コサギ(9)
イソヒヨドリ(7)
メボソムシクイ(1)
コサメビタキ(3)
ツミ(5)
キビタキ(9)
トウネン(3)
エゾビタキ(4)
オオルリ(4)
ウミネコ(5)
ナナホシテントウ(3)
ベッコウバエ(1)
オオアオイトトンボ(6)
フタモンアシナガバチ(2)
モンシロチョウ(7)
モンキチョウ(4)
バン(4)
ウラナミシジミ(5)
タマムシ(4)
オンブバッタ(2)
ホシホウジャク(5)
オオスカシバ(5)
ギンヤンマ(3)
モンキアゲハ(5)
キタテハ(6)
水準点(1)
スケバハゴロモ(2)
ツクツクボウシ(4)
ツマグロオオヨコバイ(2)
チャバネセセリ(1)
ヤノトガリハナバチ(4)
ナミカバフドロバチ(1)
ウスバキトンボ(7)
アジアイトトンボ(5)
オニヤンマ(5)
キマダラカメムシ(1)
クマゼミ(1)
コムクドリ(1)
ルリモンハナバチ(5)
ムモントックリバチ(2)
コシアキトンボ(3)
ヤブヤンマ(3)
クロアナバチ(3)
ベッコウハゴロモ(3)
アオバハゴロモ(1)
アオスジアゲハ(3)
ルリクビホソハムシ(1)
クロイトトンボ(1)
オナガ(5)
ヨツスジトラカミキリ(4)
ヒメツツハキリバチ(3)
アナアキゾウムシ(1)
シロテンハナムグリ(2)
アミガサハゴロモ(2)
シオヤアブ(2)
サビキコリ(1)
キバラヘリカメムシ(1)
ヒメコスカシバ(1)
オオハキリバチ(3)
アオモンイトトンボ(6)
ヒメアカタテハ(6)
チョウトンボ(5)
コフキトンボ(6)
ヤドリバエ(1)
ハムシダマシ(1)
カオジロヒゲナガゾウムシ(1)
アメンボ(2)
アカスジツチバチ(2)
ワラジムシ(1)
ジガバチ(1)
アシダカグモ(3)
ナガニジゴミムシダマシ(2)
オオモンクロクモバチ(2)
アゲハモドキ(2)
ドウガネブイブイ(1)
コチャバネセセリ(3)
アトワアオゴミムシ(1)
ヤマトシジミ(6)
アメイロアリ(1)
ヤブキリ(3)
ハゼラン(1)
トウキョウヒメハンミョウ(4)
セマダラコガネ(3)
クロアゲハ(5)
イシムカデ(1)
アズマヒキガエル(6)
アオスジハナバチ(6)
クロヤマアリ(1)
カタツムリ(3)
セアカツノカメムシ(1)
クサカゲロウ(1)
シデムシ(1)
ムラサキシジミ(7)
ツバメシジミ(5)
コフキゾウムシ(1)
ウリハムシモドキ(1)
ルリジガバチ(2)
モモブトスカシバ(1)
ヒメシロコブゾウムシ(2)
オオヤマカワゲラ(2)
アシナガオニゾウムシ(1)
ニホンカナヘビ(3)
ナミアゲハ(5)
トラマルハナバチ(3)
シロカネグモ(1)
ササグモ(2)
ハキリバチ(1)
クロイロコウガイビル(1)
カシワクチブトゾウムシ(1)
オジロアシナガゾウムシ(2)
アカガネコハナバチ(3)
クロトラカミキリ(1)
オオシオカラトンボ(6)
シオカラトンボ(7)
ゴホントゲザトウムシ(1)
アオジョウカイ(3)
コガタスズメバチ(2)
トンボエダシャク(1)
アカガネサルハムシ(1)
ハサミムシ(1)
ラミーカミキリ(1)
ヤマアカガエル(1)
ヤマサナエ(4)
シュレーゲルアオガエル(4)
ヤマカガシ(1)
ハゼ(1)
シャチホコガ(1)
アオオサムシ(4)
ウバタマムシ(1)
ヤモリ(1)
アリグモ(1)
ミドリカミキリ(1)
アオカミキリ(2)
ヤツメカミキリ(1)
メスグロヒョウモン(5)
コマルハナバチ(4)
コムラサキ(7)
ヒヌマイトトンボ(4)
キイロトラカミキリ(3)
ヤマトクロスジヘビトンボ(3)
ニホンミツバチ(2)
クロムネアオハバチ(2)
クマバチ(2)
オオヨシキリ(3)
ガビチョウ(5)
マドガ(1)
ブドウスカシクロバ(1)
ヒメトラハナムグリ(2)
オオコンボウヤセバチ(1)
エゾオナガバチ(1)
カワラヒワ(7)
セアカヒラタゴミムシ(1)
ゴマダラチョウ(5)
ソリハシシギ(4)
チュウサギ(3)
チュウシャクシギ(5)
キョウジョシギ(4)
コチドリ(7)
アオアシシギ(4)
キアシシギ(8)
センダイムシクイ(1)
シャクヤク(1)
ケラ(2)
メダイチドリ(5)
オバシギ(1)
ウズラ(1)
カンムリカイツブリ(9)
ダイシャクシギ(1)
ミヤコドリ(1)
キアシドクガ(1)
カラスアゲハ(6)
センチコガネ(3)
エビ(1)
メダカ(2)
コウモリ(1)
シオヤトンボ(5)
クヌギ(1)
ヒレンジャク(2)
コウノトリ(1)
ユリカモメ(14)
アメリカコガモ(2)
サクラ(9)
ルリタテハ(6)
カタクリ(3)
キクザキイチゲ(3)
モズ(8)
ハクセキレイ(6)
アオゲラ(9)
エナガ(5)
オオジュリン(9)
政府専用機(1)
メジロガモ(1)
シジュウカラ(7)
CP+(1)
ツルシギ(1)
クビワキンクロ(1)
ヨシゴイ(4)
タヌキ(2)
ホオジロ(5)
コゲラ(6)
アメリカヒドリ(3)
オナガガモ(8)
丸井(1)
むぎせんべい(1)
セグロカモメ(8)
カササギ(1)
カチガラス(1)
カメ(1)
アジサシ(1)
スジグロチャバネセセリ(1)
ホオアカ(4)
ノビタキ(5)
マルガタハナカミキリ(1)
フタスジハナカミキリ(1)
ヒゲナガハナアブ(2)
シロヨトウヤドリヒメバチ(1)
クロヒラタアブ(1)
クロスズメバチ(1)
アカハナカミキリ(1)
ムツアカネ(1)
コノシメトンボ(6)
アオイトトンボ(1)
ミドリヒョウモン(4)
ヒョウモンチョウ(2)
ヒメシジミ(2)
ヒメキマダラヒカゲ(2)
ジャノメチョウ(1)
コヒョウモンモドキ(1)
コヒョウモン(2)
コキマダラセセリ(1)
ゴイシシジミ(2)
ギンボシヒョウモン(3)
キベリタテハ(1)
エルタテハ(1)
ウラギンヒョウモン(3)
ウラギンスジヒョウモン(2)
アカセセリ(1)
アサギマダラ(4)
マツムシソウ(2)
マガン(1)
アキアカネ(8)
スルスミシマハナアブ(1)
ハンミョウ(2)
ウラギンシジミ(7)
ナガコガネグモ(1)
イボバッタ(2)
トゲアシオオクモバチ(1)
トラフヒラタヤドリバエ(1)
マツムラベッコウコマユバチ(1)
ハネナガヒシバッタ(1)
コハンミョウ(3)
ヌマエビ(1)
ベニイトトンボ(1)
ハグロトンボ(3)
サムライトックリバチ(1)
マルガタゴミムシ(1)
キマワリ(1)
カタグロチビドロバチ(1)
カナブン(2)
アオカナブン(1)
ルリハムシ(1)
シリアゲコバチ(1)
オオスズメバチ(1)
アメリカジガバチ(1)
サトキマダラヒカゲ(4)
コアシナガバチ(1)
ヨツボシホソバ(1)
ヤハズカミキリ(1)
ムモンホソアシナガバチ(1)
ビロードハマキ(1)
ヒカゲチョウ(4)
ツチカメムシ(1)
ミヤマカラスアゲハ(1)
ヤマキマダラヒカゲ(2)
サカハチチョウ(2)
エゾハルゼミ(1)
エゾイトトンボ(1)
ミソサザイ(3)
ホトトギス(1)
ヒガラ(2)
ハチクマ(1)
ノジコ(1)
ゴジュウカラ(1)
キバシリ(1)
アカゲラ(5)
ムネアカツヤコマユバチ(1)
ルリシジミ(4)
ワオキツネザル(1)
シマアシブトハナアブ(1)
オオワシ(1)
テングチョウ(5)
ナガサキアゲハ(4)
セグロアシナガバチ(2)
シロコブゾウムシ(2)
アカボシゴマダラ(5)
ヒメクロトラカミキリ(1)
シラホシカミキリ(1)
キスジセアカカギバラバチ(2)
ベニカミキリ(1)
オオマエグロメバエ(1)
シマアメンボ(1)
ハラビロトンボ(5)
クロコノマチョウ(4)
ジムグリ(1)
ダイミョウセセリ(2)
コミスジ(3)
ホシミスジ(1)
ヒコーキ(7)
コアジサシ(6)
シマアジ(1)
ヒメウラナミジャノメ(3)
キマダラハナバチ(1)
ヨコジマオオヒラタアブ(1)
フデリンドウ(1)
ニリンソウ(1)
ヒトリシズカ(1)
ナミテントウ(3)
アオダイショウ(3)
チューリップ(2)
マツモムシ(1)
シジュウカラガン(1)
三角点(1)
ヒヨドリ(5)
カケス(2)
タイワンリス(2)
アカアシシギ(2)
ムナグロ(3)
ササゴイ(2)
コバネイナゴ(1)
キゴシハナアブ(1)
オオカマキリ(3)
トノサマバッタ(2)
ハネナガフキバッタ(1)
サンコウチョウ(1)
オオカバフスジドロバチ(1)
ミヤマフキバッタ(1)
ヘリヒラタアブ(1)
ノコギリクワガタ(2)
マユタテアカネ(4)
ツマグロイナゴ(1)
オオシロフクモバチ(2)
ハラビロカマキリ(2)
ショウジョウトンボ(4)
コフキコガネ(1)
ミヤマアカネ(1)
クルマバッタモドキ(2)
リスアカネ(4)
シマヘビ(2)
ヒメコガネ(1)
アカスジカメムシ(1)
ハラアカヤドリハキリバチ(3)
ハラヒシバッタ(1)
カタシロゴマフカミキリ(1)
オオフタオビドロバチ(3)
キイトトンボ(1)
ウチワヤンマ(4)
トガリシロオビサビカミキリ(1)
ササキリ(2)
ヒメスズメバチ(1)
イオウイロハシリグモ(1)
ナツアカネ(2)
マルボシヒラタハナバエ(1)
コモンツチバチ(3)
エサキモンキツノカメムシ(1)
リンゴカミキリ(1)
ハシボソガラス(1)
ツチスガリ(1)
キボシカミキリ(2)
ミナミヒメヒラタアブ(1)
マダラホソアシナガバエ(1)
ハスジカツオゾウムシ(1)
オオニジュウヤホシテントウ(1)
ウスキホシテントウ(1)
ナミハナアブ(3)
ハナグモ(1)
クロスキバホウジャク(1)
キバネツノトンボ(1)
オオルリシジミ(1)
ウスバシロチョウ(2)
カワネズミ(1)
クモガタヒョウモン(1)
コサナエ(1)
オゼイトトンボ(1)
カノコガ(2)
ツユムシ(1)
ヒルザキツキミソウ(1)
ジンガサハムシ(1)
アジサイ(2)
ジョウカイボン(1)
ツマグロハナカミキリ(1)
ホソオビヒゲナガ(2)
トゲヒシバッタ(1)
セイヨウミツバチ(1)
イボタノキ(1)
オジロビタキ(1)
ハサミツノカメムシ(1)
セスジハリバエ(1)
クロハネシロヒゲナガ(1)
ヒメネズミ(1)
オオイシアブ(1)
キタキチョウ(2)
イタドリハムシ(1)
風景・人事(7)
オダマキ(1)
ウワミズザクラ(1)
クモ(1)
マルガモ(2)
キジ(1)
カイツブリ(5)
雛人形(1)
日暈(1)
トラフズク(1)
ワイルア川(1)
ゲッコー(1)
グリーンアノール(1)
ブラウンアノール(1)
ランタナシジミ(1)
ヒョウモンドクチョウ(1)
ネッタイアカセセリ(1)
メリケンキアシシギ(1)
メキシコマシコ(1)
オナガカエデチョウ(1)
ブンチョウ(1)
チョウショウバト(2)
シリアカヒヨドリ(1)
ショウジョウコウカンチョウ(1)
オオカバマダラ(1)
コウカンチョウ(1)
キバシコウカンチョウ(1)
キンノジコ(1)
インドハッカ(2)
イエスズメ(1)
サメビタキ(1)
タカブシギ(1)
チョウSBG(4)
トンボSBG(2)
ベニトンボ(1)
タイワンウチワヤンマ(1)
アカスジベッコウトンボ(1)
チェンジャブルリザード(1)
ミズオオトカゲ(1)
リス(1)
ハイイロチョッキリ(1)
ニホントカゲ(1)
ツマグロヒョウモン(3)
ベニシジミ(3)
ヒメハラナガツチバチ(2)
マメハンミョウ(1)
アカガシラサギ(1)
マダラバッタ(1)
アオハナムグリ(1)
アズチグモ(2)
コハナグモ(1)
テッポウユリ(1)
ミカドトックリバチ(1)
ヒガンバナ(3)
ハギ(1)
ウスバカゲロウ(1)
ヘクソカズラ(1)
キマダラセセリ(3)
キアシナガバチ(2)
ベッコウクモバチ(1)
ショウリョウバッタ(4)
コクワガタ(1)
キオビツチバチ(4)
オオセイボウ(2)
アオマツムシ(1)
世相(1)
シモフリスズメ(1)
アカエグリバ(1)
アオドウガネ(1)
クロヒカゲ(3)
ヒメジャノメ(2)
コジャノメ(1)
ニイニイゼミ(1)
クワカミキリ(1)
カブトムシ(2)
カマキリ(1)
ヒメギス(1)
ビロウドカミキリ(2)
ハナショウブ(1)
ヤマトシリアゲ(1)
ナワシロイチゴ(1)
ヤマモモ(1)
クロヒメバチ(2)
ナナフシモドキ(1)
アサヒナカワトンボ(1)
モグラ(1)
さいか屋(1)
マヒワ(1)
ミミズク(1)
トンビ(1)
オナガサイホウチョウ?(1)
チャノドコバシタイヨウチョウ(1)
アカガオサイホウチョウ(1)
リュウキュウツバメ(1)
リュウキュウガモ(1)
ムナオビオウギビタキ(1)
ハリオハチクイ(1)
ハクオウチョウ(1)
シマキンパラ(1)
シキチョウ(1)
サイホウチョウ(1)
コブハクチョウ(1)
コアオバト(1)
アオショウビン(1)
オオクイナ(1)
シロハラクイナ(1)
メグロヒヨドリ(1)
コウライウグイス(1)
キバラタイヨウチョウ(1)
カノコバト(1)
オオハッカ(1)
ミツマタ(2)
ツバキ(2)
ウメ(4)
イカル(1)
キセキレイ(2)
ロウバイ(1)
キジバト(2)
紅葉(5)
クロベンケイガニ(1)
アカテガニ(1)
コメツキガニ(1)
アシハラガニ(1)
多摩川(1)
トゲツヤヘラクチイシアブ(1)
スジボソコシブトハナバチ(2)
ヒガシニホントカゲ(1)
オオゲジ(1)
カツラ(1)
キイロスズメバチ(1)
スズバチ(1)
オオハナアブ(2)
コスモス(2)
ヨコジマオオハリバエ(1)
カバオビドロバチ(1)
コクロアナバチ(1)
ミンミンゼミ(1)
アブラゼミ(1)
ノウゼンカズラ(1)
サルスベリ(2)
マツムラヒメアブ(1)
キンケハラナガツチバチ(2)
クマンバチ(2)
foods(2)
オクラ(1)
オスグロトモエ(1)
ヤマトフキバッタ(1)
シロスジクチキヒメバチ(1)
ツマアカクモバチ(1)
クレマチス(1)
ムクゲ(1)
マメコガネ(1)
キイチゴ(1)
ヤマユリ(2)
ツリアブ(1)
コガネムシ(1)
ヨツスジハナカミキリ(1)
コオニヤンマ(1)
ヨツボシトンボ(1)
ハッチョウトンボ(1)
旅の印象(13)
イルカ(1)
アホウドリ(1)
ミズナギドリ(1)
オットセイ(1)
ケア(1)
ユリノキ(1)
ホオ(1)
トチノキ(1)
ハナミズキ(1)
ハナカイドウ(1)
カリン(1)
クロウタドリ(1)
クロアカツクシガモ(1)
ウ(1)
ギンカモメ(1)
ハシグロカモメ(1)
ズアオアトリ(1)
ウソ(1)
ミヤマホオジロ(2)
タイワンキチョウ(1)
シロオビアゲハ(1)
ベニモンアゲハ(1)
スジグロカバマダラ(1)
カワウソ(1)
カバタテハ(1)
リュウキュウアサギマダラ(1)
ツマベニチョウ(1)
タテハモドキ(1)
イシガケチョウ(1)
ツマムラサキマダラ(1)
オオゴマダラ(1)
空(5)
冬景色(1)
四国(10)
サザンカ(1)
北信五岳(1)
コウテイダリア(1)
展覧会など(2)
シオン(1)
ドングリ(1)
キトンボ(1)
コカマキリ(1)
キンモクセイ(1)
シロオビベッコウハナアブ(1)
イチモンジセセリ(1)
ツチイナゴ(1)
フチ子(1)
クサギ(2)
ノシメトンボ(1)
ミズキ(1)
カナカナゼミ(1)
エゾゼミ(1)
スズメバチ(1)
ゴマダラカミキリ(1)
イカリモンガ(2)
タカネトンボ(1)
ルリイトトンボ(1)
クジャクチョウ(1)
ササ(1)
スギナ(1)
アオヤンマ(1)

▼ ranking
▼ 検索フォーム
▼ リンク
▼ 最新コメント

pagetop ↑

Copyright © 2019 皆空亭 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.