オオハナアブ

2013.10.31(Thu)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
いまどき咲いている貴重な花、ツワブキにオオハナアブ(左)とアシブトハナアブ(右)がやってきた。オオハナアブは腹部に黄色い帯があり、丸っこい躰をしている。大きな複眼にはいく筋もの直線が描かれている、光がモアレ縞を引き起こしているのではない。 何のためにこんな模様が? 分らない。
IMG_61022tr.jpg

小さくて丸っこい生物は皆可愛く見えるように我々の感受性はプログラムされているようだ。子犬、子猫、雛鳥、みんな可愛い。オオハナアブもその類に近い。と、持ち上げたところで暴露してしまうと、幼虫は清流とほど遠い、いわゆる不潔な水域を好んで生活し、腐植物などを食べる輩らしい。そこはハエ目から離れられなかったようで。
IMG_61831tr.jpg
上の画像はキバナコスモス

pagetop ↑

ブルー・アドミラル

2013.10.30(Wed)

『蝶』 Comment(0)Trackback-
blue admiral,ルリタテハの英名である。参考までにred admiralはアカタテハのこと。
かの地ではブルーの表現が、日本では瑠璃色と解釈している。どちらも命名の由来は翅表のストライプ色にある。このチョウの場合は和名の方が詩的と思うが如何でしょう。
IMG_59469tr.jpg

今回はマンホールの上やごみが散らかっている地表ではなく、シンプルな石畳に止まってくれて取り敢えずは嬉しい・・・ 贅沢は言うまい。
IMG_59443tr.jpg

普段と違う行動にチャレンジしたくて? 池に飛び出して睡蓮の葉の上に止まった。止まって翅を開閉している。しばらくするとそれも飽いたらしく、翅を広げたまま落ち着いてしまう。
IMG_57939tr.jpg
何か考え事をしているかぼんやり水面を見つめているか疲労が回復するのを待っているかカメラをぶら下げている誰かが立ち去るのを待っている。

pagetop ↑

暖かそうなオオハキリバチ

2013.10.29(Tue)

『蜂』 Comment(0)Trackback-
何やら毛皮の短めのベストを着用しているようだ。人間的見地からは寒くなってくる季節にちょうどよさげ、暖かいだろうなぁ。大きな頭と大きな顎、それから毛皮のベストがこのハチの外見上の特徴でしょう。眺めていると愛嬌のある顔に見えてくる平和主義者だ。
IMG_59215tr.jpg

ハギの蜜を吸うのに夢中なのは、幼虫のエサにする花粉と蜜の団子を作るためかな。急がないと、数が少なくなってきた秋の花も終わってしまう。
単独行動するハチだから巣の場所、部材の選定から巣作り、産卵、何もかも一匹でやらなければならない。もしかするとサラリーマン以上に時間にシビアかも知れない。日没後は残業出来ないのでゆっくり休んでください。
IMG_59241tr.jpg

pagetop ↑

スズメのために

2013.10.28(Mon)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
スズメは最近減少しているらしい。最近と言っても、数十年前からではないか。人の生活につかず離れずで生きている彼らが、住宅構造の変化や自然の減少に追随していくのは大変なことだ。だから公園や河川敷は群れになれる希少な環境になっている。
IMG_61172tr.jpg

平均寿命は半年から一年とも。我が家の小桜インコが今年で満11歳になるのと比較すると野鳥の生活がいかに過酷か推察できようというもの。これからもスズメが私たちの日常の鳥であるために、冬の間は庭や公園でエサを与えるのは推奨されてもいいかと思う。
IMG_60761tr.jpg

pagetop ↑

ウラギンシジミの秋

2013.10.27(Sun)

『蝶』 Comment(0)Trackback-
秋めいてきて良く目にするようになった。
一般的なシジミチョウよりもずっと大きく、小さめにしたモンシロチョウぐらい。ただ飛翔スタイルは角張った翅型からの想像に違わず男性的だ。広範囲に飛び回って決まった場所に戻ってくることがない。
IMG_60434tr.jpg

翅裏が銀白色で表にはオレンジ斑(♂)があるので飛翔時のフラッシュが目立つ。銀とオレンジの残像を残して林間を遠ざかってゆく。
IMG_58820tr.jpg
何故か近づいてくるシーンは余りなく、地上に降りる場合も遠くに飛んでからなので、場所を確認してから静かに近寄る必要がある。
IMG_58789tr.jpg

pagetop ↑

ナミハナアブがセイタカに

2013.10.26(Sat)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
一心不乱に花粉を食べているか蜜を吸っている。人が近づいても全然気が付かない、あるいは無視している。花がだんだん少なくなって、あちこちに咲き残っているセイタカアワダチソウに、チョウやハナアブ、ハチの仲間がやってくる。
IMG_61254tr♂

セイタカアワダチソウは例により歓迎されざる帰化植物で、周囲の植物の成長を抑制する成分アレロパシーを根から分泌し、その魔法によってススキなど既成の生物にダメージを与えたらしい。ところが自分自身もその抑制成分が効いてしまい、背が高くなれない環境もあるとのこと。自分自身に免疫が無いって?。(wikipediaからの入れ知恵でした)
IMG_61273tr.jpg

pagetop ↑

下流域のヒドリガモ

2013.10.24(Thu)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
ガス橋から第三京浜近くまで歩いてみた。
多摩川河口から遡ること10~15km位、下流域には違いないだろう。
川の流れが2つに分かれて真ん中が島のようになり、植生が生い茂っている。支流に相当する流れは比較的ゆるやかで、休むにはちょうど良い環境なのか、ここには100羽近くのヒドリガモが思い思いに漂う。
IMG_61380tr.jpg

ピュー…、ピュー…と、鳴き声が良く通る。
肉食なら多摩川には小魚やエビ、カニの類が比較的多いが、植物食の彼らはどこで何を食べているのだろう。夕方河口まで出張するのか。
IMG_61399tr.jpg

pagetop ↑

きょうはそうこう

2013.10.23(Wed)

『をかし』 Comment(0)Trackback-
10月8日の寒露に続き、10月23日は24節気のうち霜降となる。東日本では霜が降りるようになる季節。この時期、コナラやクヌギ、シイなどからなる雑木林に風が吹き渡ると、恰も雹が降ってきたようにバサバサ、ボツボツ、バラバラと衣服を打つものがある、団栗だ。
IMG_60586r.jpg

コナラの大きな木一本でどれ位の団栗を生産するのだろう、数万?。地中から芽を吹いて大きく成長するのはそのうちの僅か数本と思われる。その他-と言っても限りなく全部に近い―は動物や虫に食べられたり、朽ちてしまったりして林の再生産の一翼を担っていくのだろう。
IMG_60582r.jpg
人間は人間社会以外の再生産に寄与しているだろうか。私の場合、コナラの小さい木以下なのは確かだ。

pagetop ↑

ヒドリガモ到来

2013.10.22(Tue)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
夏季はカルガモとカイツブリの天下だった水面に先日はマガモ、今度はヒドリガモ1羽とキンクロハジロ2羽が帰ってきた。ヒドリの全長は49cm。キンクロハジロは40cm、マガモが59cmなのでサイズ的にはキンクロハジロとマガモのちょうど中間ぐらいになる。こちらではキンクロの群れの近くにいることが多い。
IMG_61115tr.jpg

額から後頭部にかけてのクリーム色の帯が、まだ渡ってきたばかりのせいかエクリプスの状態から脱していないようだ。
この池で冬を越すのは比較的少なく(昨シーズンは数羽)、多摩川のガス橋辺りの方が数は圧倒的に多いが、今年はどうなのだろう。(ガス橋は全国区の名前ではなくて失礼)
IMG_61090tr.jpg
近々多摩川に出かけて眺めようか。

pagetop ↑

キトンボを見たのだが

2013.10.21(Mon)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
柵の向こう側に止まっているため近くから観察できない。従って水平方向からの画像のみになってしまった。翅の前側の縁と根元もオレンジがかっている。
IMG_60850tr.jpg

別の角度からの画像が欲しく翌日も出かけたのだが、残念ながら見当たらなかった。心配しなくてもキトンボは晩秋まで活動するので、まだチャンスは充分残っている。ただし、それも最初に見た個体が残っているか、他に何匹かの仲間がいればの話。
IMG_60852tr.jpg
キトンボは6月に見たアオヤンマとともに神奈川県では絶滅種(危惧種ではない!)の指定となっているのだ。(神奈川県レッドデータ生物調査報告書2006)
彼らがまだ生存しているのは喜ぶべきこと。

pagetop ↑

ドンファン・マガモ

2013.10.19(Sat)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
冬鳥の先遣隊か、マガモが現れた。画像の左はカルガモです(♀か?)。
マガモはカモ界のドンファンらしい。
IMG_60947tr.jpg

家畜のアヒルは元々マガモを源として作り上げられたもので、そのアヒルとマガモの交配種がアイガモ。それ位だからアイガモとマガモの交配は想定内ということになる。
またカルガモとも交配するらしい。かく言う私も、マガモの♂がカルガモ♀を追いかけ、馬乗りになる(って言うのか、所謂マウンティング)場面に出くわしたことがある。
IMG_60950tr.jpg

マガモとカルガモの交雑を、人間はマガモ或はカルガモの種保存の意味から心配するが、彼らに言わせると余計なお世話だろう。恋多きマガモの趣味を変えるのは至難の業だ。
「貞淑なマガモはマガモでは無い」(カモ界の格言です)
IMG_60949tr.jpg

pagetop ↑

エナガは蜘蛛の天敵

2013.10.18(Fri)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
小さくて可愛らしい鳥です。尾が長いから実際よりも大きく見える。体重は8gほど、つまり1円硬貨8枚分です。
IMG_58670tr.jpg

林や草叢を歩いていると、改めてクモの巣の存在が気になる。小道からちょっと外れるだけで本当にクモの巣が多く、顔にかかったりすると煩わしいことこの上ない。
虫たち、特にチョウやトンボは良く張り巡らされた網をかいくぐって飛翔しているものだと感心する。
IMG_58685tr.jpg
そして、クモの天敵になってその問題を緩和するのが我らがエナガ君です。本体を食すだけでなくクモの網は巣材にも利用する。まとわりつくクモの糸を上手に扱い、接着剤として利用するノウハウを持っている。8gの身体に。

pagetop ↑

ホシホウジャクだって

2013.10.18(Fri)

『蝶』 Comment(0)Trackback-
星蜂雀は、星紋がある・ハチに似た・スズメガ、ほどの意味だろうか。腹部側面に点在する白斑を星と見立てたか。
IMG_59500tr.jpg

ホバリングしながら吸蜜するのを見ていると、「エネルギーいるだろうな」と思う。しかも胴が太くて重そうなのでなおさらその感が強い。消化がよくて直ぐにエネルギーに変換できる糖分が必要なわけだ。
IMG_60672r.jpg

ホシホウジャクには腹部の先端に尻尾(もしくは尾羽)らしきものがある。
一方、スズメガの仲間にエビガラスズメっていうのがいて、こちらは腹部の横縞をエビに見立てたと思われる。よく眺めていたらホシホウジャクの尾をエビの尻尾に見立てることも出来る気がしてきた。そうしたらこっちがエビガラスズメとかエビスズメとよばれることになるだろう。
じゃあ元のエビガラスズメは何と呼ぶ? ヨコシマスズメでは印象悪いよなぁ。
IMG_60729r.jpg

pagetop ↑

オレンジ気味のキタテハ

2013.10.17(Thu)

『蝶』 Comment(0)Trackback-
一見、別種のチョウかと思った。それくらい夏までに見ていたものと異なる。夏型が全体的に黄色っぽいのに対し、秋型はオレンジ色が強くでる。前翅の先端が秋型の方が尖り気味で格好よい。

翅裏は、夏型では不規則な波型模様が現れ、地の色が明るいので「L」型斑紋はそれ程目立たないのに対し、秋型になると赤褐色が濃く波型模様が目立たなくなる代わりに「L」型斑紋は明瞭になる。
(画像は上が夏型、下が秋型)
IMG_52766tr.jpg

IMG_60242tr.jpg

翅表は、夏型では翅の縁に沿って広がる波型の黒い帯が、秋型ではすっかり褪せてぼんやりと輪郭を残すのみだ。黒斑の分布と形状、それから一部の黒斑に白点が現れることがキタテハを認識づける。
(画像は上が夏型、下が秋型)
IMG_48221r.jpg

IMG_60298tr.jpg

性格までは変わらないとみえ、それ程人を避けることなく飛び回ったり止まったりしている。

pagetop ↑

アキアカネ来年に向けて

2013.10.15(Tue)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
農業経験用あるいは展示用に小さな田んぼに稲が育てられている。稲刈りが連休の10月13日ころに行われ、14日の今は切り株のみで少し水が張ってある。ちょうどよい産卵場所になっているのか、たくさんのペアリングしたアキアカネがやってくる。もしかすると田んぼに関わっているいる人が、アキアカネのために水を導入してくれたのか。
IMG_59905tr.jpg

初夏に高地に移動し秋になると平地に下りてくるアキアカネに、図ったように稲刈り後の産卵場所が提供され、孵化してヤゴになったころの田んぼは田植えに合わせてたっぷりした水を湛えるようになる。正に、稲作に生活サイクルを適応させたようなアキアカネです。
IMG_59847r.jpg
この池に生れて交(つる)む蜻蛉かな 高浜虚子
産み落とされた卵が来年無事に孵化できるといいですね。

pagetop ↑

コカマキリも出現

2013.10.12(Sat)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
夏の間に伸びてしまった雑草が刈り取られ、短かくなった草叢に、今度はコカマキリが出てきました。コカマキリは体色の変化が多いらしく、この個体は灰白色かつスマートで鎌足(前肢)の内側にある黒斑がちょっとだけ見えます。枯草の中にいると保護色の効果がよく分ります。
IMG_59743tr.jpg

試しに小枝を差し出してそれに乗せ、近くで黄色い花を咲かせているメランポジュームの葉に放つ。すごく迷惑そうで直ぐに降りようとするところを、小枝でちょっかいを出して少々ポーズをとってもらいました。
地上と違って緑の背景では存在が一目瞭然なので、嫌がるのも無理はない。
IMG_59751ar.jpg

pagetop ↑

サイの木

2013.10.11(Fri)

『山川草木』 Comment(0)Trackback-
木肌が犀の皮膚に似ているから木の犀、で金色の花をプラスして「金木犀」となったとか。原産地は中国で江戸時代に渡来し、 中国名は丹桂です。丹は花の橙色を表し、桂は木の種類を表すのでしょう。同類のウスギモクセイっていうのがあって、中国ではこれを木犀(ムーシー)と呼んでいるようです。やはり「犀」の起源は中国でしたか。江戸時代より前にすでに中国では「サイ」が既知の動物だったのですね。
犀の皮膚に触ることは今後ともありそうにないので、キンモクセイの木肌から犀を想ってみる。かなり凹凸がある。
画像はごつごつの幹と、幾分若く見える枝
IMG_59699r.jpg

初夏の頃ルリタテハと遊んだ草地の広場で、キンモクセイの木が2本盛期を迎えている。周りを木々で囲まれているので、かなり遠くにいてもその馥郁たる香りが漂ってくる。近寄ると濃密な甘い大気に包み込まれるよう。
IMG_59538r.jpg

季節が移り変わる=時間が過ぎゆく=現在がどんどん過去に流れゆく。
IMG_59798tr.jpg

pagetop ↑

金毛・腹長・土蜂

2013.10.10(Thu)

『蜂』 Comment(0)Trackback-
キンケハラナガツチバチはミツバチよりずっと大きく細長い。体長はミツバチ13mmに対し倍ぐらいあり、腹部に黄色の横縞が4本見える。そして胸や横縞部、脚部に金色の体毛が密集している。確かに名前の通りだ。
最後のツチバチの部分、地表近くをパトロールして何やら穴を掘ることに由来している。あの顎は花粉を食べるには強力すぎる。
IMG_58862tr.jpg

話変わって、夏の始めにベランダにあるカポックが大きくなりすぎたので、鉢から取り出し整理しようとしたところ、夥しい数の芋虫‐多分ハナムグリの一種‐が出てきた。その時はあまり注意することもなかったのだが、ツチバチはコガネムシの幼虫に産卵する狩人蜂なので、ツチバチを内包したハナムグリ幼虫がいた可能性もある。地表近くを飛び回るのは標的となるコガネムシの幼虫を探索しているところ。
IMG_58981tr.jpg

♀(触角が短い方)はコガネムシ麻酔用の針を持っている。しかし性格は至って穏やか。つまむのは止めるべきだが、指先をそっと差し出せば、気が向けば乗ってくるだろう。蜜を塗った指ならばなおさら友好的になれるかも(保証はしません)。
IMG_59324tr.jpg

pagetop ↑

ベニシジミまだいける

2013.10.09(Wed)

『蝶』 Comment(0)Trackback-
ヤマトシジミと同じような生活圏で同じように日常的に見かける。
ありふれたチョウにも、希少種に劣らない美しさがあるといつも思う。ベニシジミもツバメシジミもその典型だし、そう思うことが愉しみにつながる。
画像は色褪せ少々疲れちゃったけど、まだいけるベニシジミ
IMG_59037tr.jpg

美しさ、力強さ、機能美、不思議さ、ユーモアなど、どこにでもあるものに何かの意味を見つけられれば、それが自分にとっての再発見ということ。
IMG_54518r.jpg

カメラをなるべく低い位置にして、地表近くで漂っているものを、チョウらしく空間に存在するように映したい。そうすると上から見下ろす時とは異なった、等身大の世界に入り込んだ気分が味わえる。ディズニーにもジブリにもそんな主題のアニメがあった。私のお気に入りは「アーサーとミニモイの不思議な国」だろうか。
IMG_58293tr.jpg

pagetop ↑

うす紅の秋桜が秋の日の

2013.10.08(Tue)

『山川草木』 Comment(0)Trackback-
10月8日は二十四節気の寒露(かんろ)です。秋も次第に深まってゆき、草叢に宿る露が冷たく感じられる頃。
殆どの路が舗装されてしまって、それはそれで恩恵がある一方、早朝に道端の草が露を結ぶ現象を感じられなくなったのも成り行きで、寒露を実感するためには早起きして公園にでも行く必要があるかも。
IMG_59047r.jpg

あちこちの庭や花壇ではコスモスが揺れています。英名"Cosmos"は宇宙からの連想ではなくギリシャ語の"Kosmos"(美しい)からの引用のようです。漢字ではご存知「秋桜」、いい名前ですね。山口百恵さんが歌ってました、カバーも数多いです。
IMG_59048r.jpg

翌10月9日は台風24号の日本海北上に伴い、南の暖かい大気を呼び込んで、各地の気温が30℃近くまで上昇することが予想されています。寒露というのに。
IMG_59055r.jpg

pagetop ↑

ショウリョウバッタ、いつものトラブル

2013.10.07(Mon)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
着地に失敗して後ろ足を踏み外した。乗っかろうとした葉に対して後ろ足が長すぎるのではないか、または葉が小さすぎるのでは。
脚を広げているから余計に「参りました!」感が際立つ。
IMG_57952tr.jpg

ようやく片方の足は引き上げて、残る左足はどうしよう。
IMG_57955tr.jpg

pagetop ↑

今度はハラビロカマキリ

2013.10.06(Sun)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
一週間ほど前にオオカマキリがいた塀の近く、今度は石組みの階段の縁にハラビロカマキリがいた。待ち伏せ戦法が得意なのは分るが、歩くとき身体を機械仕掛けのように前後に揺らすのはどうしたものか。まるで潤滑油が切れた機構のようにぎこちなく震えながら歩き、耳を澄ませたらキーコキーコと音が聞こえそうだ。
まあ、この動きだったら獲物になる相手を油断させる効果はあるかも知れない。
IMG_58108tr.jpg

歩くことと違って首はよく動き、周りを巡るとちゃんと眼は追随してくる。さすがに動くものへの反応はスムーズだ。
試しに小枝を投げてみると、眼では一応追うものの直ぐに興味をなくしてしまう。風に乗って飛ばされてきた葉や小枝にいちいち反応してられないってか。
IMG_58118tr.jpg

pagetop ↑

注文の多いウラギンシジミ

2013.10.05(Sat)

『蝶』 Comment(0)Trackback-
翅裏つまり閉じたときに外に見える側が銀白色で、思った以上に光を反射して明るく、日当たりで普通に撮影すると完全にディテールがとんでしまう。といって翅裏に露出を合わせると、翅表のオレンジ~黒ツートンが暗く潰れる可能性がある。それだけ表裏の明暗差が大きいので理想は明るめの日陰にいてくれることだろうか。
IMG_41748tr.jpg

このチョウは水平方向にも垂直方向にも活動範囲が広い。地表にいたと思うと、不規則な曲線を描きながら見る見る梢を駆け上ってゆき、遠くの木の頂近くに止まったりする。呆然として見つめていても9割方戻ってこない。
たまに垣根や植え込みの辺りをうろついている個体があって、開翅などしてくれたら、その時が私的にはグッドチャンスだ。
IMG_55083r.jpg

普段は余り開翅しないチョウが、ほんのちょっとだけ翅表を見せたときの感激は、観察を続けるようになって初めて味わうもの。
IMG_58464tr.jpg

pagetop ↑

シロオビベッコウハナアブ秋の彼岸に

2013.10.04(Fri)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
お墓に供えてある青い花、竜胆だろうか、にやってきた。自身の体色との組み合わせで色彩効果を発揮しようとしているなら大成功と思う。艶のある黒と飴色、それに半透明な翅のバランスが素晴らしい!
DSC15185tr.jpg

ハナアブの仲間なので動物の血を吸うことはなく、専ら花粉や蜜を食べたりしている平和主義者です。ところが幼虫はクロスズメバチ(地バチ)の巣でハチの死骸や、場合によっては盛期を過ぎた時期の幼虫まで食べてしまう猛者らしいから、見かけによらない。願望を言うと、キイロスズメバチには別の種類(ニトベベッコウハナアブ)が寄生するようなので、最後の牙城オオスズメバチの巣にも果敢に挑戦してもらいたいぐらいだ。
DSC15183tr.jpg

pagetop ↑

オオアオイトトンボ至福の時間

2013.10.02(Wed)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
上が♂、下方の♀の方が体長は短い(2番目の画像実測で♂6cm:♀5cm)が胴回りは太く重そうだ。翅を開いているので♀も飛ぶ意思はあると思われるが実際問題どうだろう。♂の飛翔力だけなので「ふうらふうら」飛んでいるように見えるのか。
IMG_57437tr.jpg

いつもは単独行動のオオアオイトトンボが、この日は何組もペアになっている。3組、4組、もっといたかもしれない。池に接する日陰がちのエリアを緩く回遊するも、暗めの緑の背景に紛れて目立たない。少し時間をかけて佇んでいると、そのうちイトトンボの至福の時間が垣間見れるようになる。
IMG_57462tr.jpg

彼らにもタイミングがあって最初の1組のペア生成を契機に、幾つものその時限りのつがいが発生するようだ。時の流れに乗り遅れてはならない、と。
腹部を折り曲げるとき、ちゃんと節の部分で曲がるようにできているのですね。もう少し辛抱したらハート形の姿が撮れたかもしれない・・・ それは次の機会に。
IMG_57512tr.jpg

pagetop ↑

オオカマキリ、鎌を磨いて待ってます

2013.10.01(Tue)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
眼のあたりは愛嬌あるのだが… 口元には決して妥協しない意思が現れている。
カマキリはつかまえるとき、胸の前足に近い部分を押える。前足が届く範囲に指など置いたら大変だ、とげとげのカマで挟まれたら相応に痛い。
昆虫のくせに上位の両生類や爬虫類にまで、とにかく動いているものに反応する=攻撃するらしい。
IMG_57431tr.jpg
別に毒がある訳ではなく、悪くても血が少し出る程度、子供のうちは挟まれる経験をするのも悪くない。もし、挟まれてしまったらその後どうやって離すかって? 
多分、誰でも挟まれかけたらその時点で直ぐに振り回すか叩き落とすだろう。がっちりつかまれるまで待つのは親切すぎる。

pagetop ↑

▼ プロフィール

皆空亭

Author:皆空亭
出身:長野県
生活:川崎市
フィールド:おもに自転車の到達範囲

※当ブログへのリンクはご自由にどうぞ(画像直接を除く)
※掲載画像の無断使用はご遠慮下さい

▼ 最新記事
▼ カレンダ

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
▼ 過去の記事

2019年 07月 【15件】
2019年 06月 【25件】
2019年 05月 【27件】
2019年 04月 【26件】
2019年 03月 【26件】
2019年 02月 【24件】
2019年 01月 【24件】
2018年 12月 【26件】
2018年 11月 【26件】
2018年 10月 【27件】
2018年 09月 【25件】
2018年 08月 【27件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【26件】
2018年 05月 【27件】
2018年 04月 【25件】
2018年 03月 【27件】
2018年 02月 【24件】
2018年 01月 【24件】
2017年 12月 【27件】
2017年 11月 【26件】
2017年 10月 【26件】
2017年 09月 【26件】
2017年 08月 【27件】
2017年 07月 【27件】
2017年 06月 【26件】
2017年 05月 【23件】
2017年 04月 【25件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【25件】
2017年 01月 【24件】
2016年 12月 【27件】
2016年 11月 【26件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【26件】
2016年 08月 【27件】
2016年 07月 【26件】
2016年 06月 【26件】
2016年 05月 【24件】
2016年 04月 【25件】
2016年 03月 【27件】
2016年 02月 【25件】
2016年 01月 【24件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【26件】
2015年 10月 【27件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【23件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【25件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【25件】
2015年 02月 【21件】
2015年 01月 【22件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【25件】
2014年 09月 【27件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【27件】
2014年 06月 【28件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【22件】
2014年 02月 【23件】
2014年 01月 【28件】
2013年 12月 【27件】
2013年 11月 【24件】
2013年 10月 【26件】
2013年 09月 【29件】
2013年 08月 【30件】
2013年 07月 【37件】
2013年 06月 【6件】

▼ カテゴリ
▼ タグリスト最新順

イチモンジチョウ(6)
エゴツルクビオトシブミ(1)
ミカドアリバチ(1)
ヒラタハナムグリ(1)
アカシジミ(8)
ウラナミアカシジミ(6)
ウスイロヒゲボソゾウムシ(1)
トホシテントウ(1)
ヒメヒゲナガカミキリ(2)
トゲヒゲトラカミキリ(2)
ジャコウアゲハ(6)
コガタルリハムシ(1)
キスジホソマダラ(2)
セボシジョウカイ(1)
クロスジギンヤンマ(4)
コアオハナムグリ(4)
アシナガコガネ(1)
クロハナムグリ(2)
ヒゲナガハナノミ(1)
ニホンカワトンボ(4)
ヒメマルカツオブシムシ(2)
エチゼンキマダラハナバチ(1)
アオオビハエトリ(1)
アブラコウモリ(2)
ワカバグモ(1)
ムネアカアワフキ(1)
カルガモ(12)
ミドリシジミ(5)
マガリケムシヒキ(2)
ホソヒメヒラタアブ(1)
オオミドリシジミ(8)
ウラゴマダラシジミ(3)
ミズイロオナガシジミ(6)
ニホンチュウレンジ(1)
ニホンチュウレンジバチ(1)
シロスジヒゲナガハナバチ(3)
ニッポンヒゲナガハナバチ(4)
ツマキアオジョウカイモドキ(1)
ハグルマトモエ(1)
クワキヨコバイ(1)
クロホシツツハムシ(2)
クロボシツツハムシ(1)
アマサギ(1)
アオバセセリ(1)
ツバメ(5)
イワツバメ(3)
ホウロクシギ(1)
カワセミ(11)
ハグロケバエ(1)
コナガ(1)
スジグロシロチョウ(6)
コジュケイ(6)
ウグイス(8)
クシコメツキ(1)
オオシモフリコメツキ(1)
ガ(1)
ネコハエトリ(1)
コトゲアシクモバチ(1)
アカハネムシ(1)
キアゲハ(4)
クロマルハナバチ(4)
ビロウドツリアブ(4)
アカタテハ(6)
ニホンアマガエル(1)
アマガエル(4)
ヒオドシチョウ(3)
ギフチョウ(2)
ドバト(1)
ネコ(10)
ダイサギ(8)
アオサギ(10)
カモメ(6)
ヒバリ(7)
ハジロカイツブリ(9)
ヨシガモ(9)
ボラ(2)
アリスイ(3)
ニホンアナグマ(1)
トラフシジミ(8)
スギタニルリシジミ(1)
ツマキチョウ(7)
ニシオジロビタキ(1)
コガモ(12)
ツグミ(9)
セッカ(6)
ウミアイサ(5)
メジロ(16)
ルリビタキ(8)
アカハラ(4)
オシドリ(4)
クロツラヘラサギ(3)
ジョウビタキ(12)
ドブネズミ(3)
ヒクイナ(2)
キンクロハジロ(12)
カラス(7)
ムクドリ(10)
クビキリギス(2)
オカヨシガモ(7)
ミヤマセセリ(5)
コツバメ(5)
ミコアイサ(5)
トラツグミ(4)
ヤマシギ(3)
カシラダカ(6)
クロジ(3)
セグロセキレイ(1)
シロハラ(6)
スズガモ(9)
セイタカシギ(7)
スズメ(15)
飛行機(1)
月(2)
ホオジロガモ(1)
マガモ(9)
チョウゲンボウ(12)
ホシハジロ(6)
ビンズイ(2)
キクイタダキ(2)
アオジ(10)
ドラゴン(11)
メープル(5)
シメ(7)
ベニマシコ(5)
オオタカ(9)
ワカケホンセイインコ(1)
イカルチドリ(2)
ヤマガラ(6)
アトリ(4)
チュウヒ(3)
コイ(2)
ノスリ(7)
タシギ(7)
シロチドリ(5)
ウナギ(1)
カワウ(11)
ミサゴ(9)
ハイタカ(4)
ハシビロガモ(7)
ハマシギ(6)
クイナ(5)
タヒバリ(5)
ゴイサギ(8)
ハヤブサ(6)
イソシギ(8)
オオバン(9)
ヒドリガモ(12)
トビ(11)
ムラサキツバメ(8)
コトヒキ(1)
コサギ(9)
イソヒヨドリ(7)
メボソムシクイ(1)
コサメビタキ(3)
ツミ(5)
キビタキ(9)
トウネン(3)
エゾビタキ(4)
オオルリ(4)
ウミネコ(5)
ナナホシテントウ(3)
ベッコウバエ(1)
オオアオイトトンボ(6)
フタモンアシナガバチ(2)
モンシロチョウ(7)
モンキチョウ(4)
バン(4)
ウラナミシジミ(5)
タマムシ(4)
オンブバッタ(2)
ホシホウジャク(5)
オオスカシバ(5)
ギンヤンマ(3)
モンキアゲハ(5)
キタテハ(6)
水準点(1)
スケバハゴロモ(2)
ツクツクボウシ(4)
ツマグロオオヨコバイ(2)
チャバネセセリ(1)
ヤノトガリハナバチ(4)
ナミカバフドロバチ(1)
ウスバキトンボ(7)
アジアイトトンボ(5)
オニヤンマ(5)
キマダラカメムシ(1)
クマゼミ(1)
コムクドリ(1)
ルリモンハナバチ(5)
ムモントックリバチ(2)
コシアキトンボ(3)
ヤブヤンマ(3)
クロアナバチ(3)
ベッコウハゴロモ(3)
アオバハゴロモ(1)
アオスジアゲハ(3)
ルリクビホソハムシ(1)
クロイトトンボ(1)
オナガ(5)
ヨツスジトラカミキリ(4)
ヒメツツハキリバチ(3)
アナアキゾウムシ(1)
シロテンハナムグリ(2)
アミガサハゴロモ(2)
シオヤアブ(2)
サビキコリ(1)
キバラヘリカメムシ(1)
ヒメコスカシバ(1)
オオハキリバチ(3)
アオモンイトトンボ(6)
ヒメアカタテハ(6)
チョウトンボ(5)
コフキトンボ(6)
ヤドリバエ(1)
ハムシダマシ(1)
カオジロヒゲナガゾウムシ(1)
アメンボ(2)
アカスジツチバチ(2)
ワラジムシ(1)
ジガバチ(1)
アシダカグモ(3)
ナガニジゴミムシダマシ(2)
オオモンクロクモバチ(2)
アゲハモドキ(2)
ドウガネブイブイ(1)
コチャバネセセリ(3)
アトワアオゴミムシ(1)
ヤマトシジミ(6)
アメイロアリ(1)
ヤブキリ(3)
ハゼラン(1)
トウキョウヒメハンミョウ(4)
セマダラコガネ(3)
クロアゲハ(5)
イシムカデ(1)
アズマヒキガエル(6)
アオスジハナバチ(6)
クロヤマアリ(1)
カタツムリ(3)
セアカツノカメムシ(1)
クサカゲロウ(1)
シデムシ(1)
ムラサキシジミ(7)
ツバメシジミ(5)
コフキゾウムシ(1)
ウリハムシモドキ(1)
ルリジガバチ(2)
モモブトスカシバ(1)
ヒメシロコブゾウムシ(2)
オオヤマカワゲラ(2)
アシナガオニゾウムシ(1)
ニホンカナヘビ(3)
ナミアゲハ(5)
トラマルハナバチ(3)
シロカネグモ(1)
ササグモ(2)
ハキリバチ(1)
クロイロコウガイビル(1)
カシワクチブトゾウムシ(1)
オジロアシナガゾウムシ(2)
アカガネコハナバチ(3)
クロトラカミキリ(1)
オオシオカラトンボ(6)
シオカラトンボ(7)
ゴホントゲザトウムシ(1)
アオジョウカイ(3)
コガタスズメバチ(2)
トンボエダシャク(1)
アカガネサルハムシ(1)
ハサミムシ(1)
ラミーカミキリ(1)
ヤマアカガエル(1)
ヤマサナエ(4)
シュレーゲルアオガエル(4)
ヤマカガシ(1)
ハゼ(1)
シャチホコガ(1)
アオオサムシ(4)
ウバタマムシ(1)
ヤモリ(1)
アリグモ(1)
ミドリカミキリ(1)
アオカミキリ(2)
ヤツメカミキリ(1)
メスグロヒョウモン(5)
コマルハナバチ(4)
コムラサキ(7)
ヒヌマイトトンボ(4)
キイロトラカミキリ(3)
ヤマトクロスジヘビトンボ(3)
ニホンミツバチ(2)
クロムネアオハバチ(2)
クマバチ(2)
オオヨシキリ(3)
ガビチョウ(5)
マドガ(1)
ブドウスカシクロバ(1)
ヒメトラハナムグリ(2)
オオコンボウヤセバチ(1)
エゾオナガバチ(1)
カワラヒワ(7)
セアカヒラタゴミムシ(1)
ゴマダラチョウ(5)
ソリハシシギ(4)
チュウサギ(3)
チュウシャクシギ(5)
キョウジョシギ(4)
コチドリ(7)
アオアシシギ(4)
キアシシギ(8)
センダイムシクイ(1)
シャクヤク(1)
ケラ(2)
メダイチドリ(5)
オバシギ(1)
ウズラ(1)
カンムリカイツブリ(9)
ダイシャクシギ(1)
ミヤコドリ(1)
キアシドクガ(1)
カラスアゲハ(6)
センチコガネ(3)
エビ(1)
メダカ(2)
コウモリ(1)
シオヤトンボ(5)
クヌギ(1)
ヒレンジャク(2)
コウノトリ(1)
ユリカモメ(14)
アメリカコガモ(2)
サクラ(9)
ルリタテハ(6)
カタクリ(3)
キクザキイチゲ(3)
モズ(8)
ハクセキレイ(6)
アオゲラ(9)
エナガ(5)
オオジュリン(9)
政府専用機(1)
メジロガモ(1)
シジュウカラ(7)
CP+(1)
ツルシギ(1)
クビワキンクロ(1)
ヨシゴイ(4)
タヌキ(2)
ホオジロ(5)
コゲラ(6)
アメリカヒドリ(3)
オナガガモ(8)
丸井(1)
むぎせんべい(1)
セグロカモメ(8)
カササギ(1)
カチガラス(1)
カメ(1)
アジサシ(1)
スジグロチャバネセセリ(1)
ホオアカ(4)
ノビタキ(5)
マルガタハナカミキリ(1)
フタスジハナカミキリ(1)
ヒゲナガハナアブ(2)
シロヨトウヤドリヒメバチ(1)
クロヒラタアブ(1)
クロスズメバチ(1)
アカハナカミキリ(1)
ムツアカネ(1)
コノシメトンボ(6)
アオイトトンボ(1)
ミドリヒョウモン(4)
ヒョウモンチョウ(2)
ヒメシジミ(2)
ヒメキマダラヒカゲ(2)
ジャノメチョウ(1)
コヒョウモンモドキ(1)
コヒョウモン(2)
コキマダラセセリ(1)
ゴイシシジミ(2)
ギンボシヒョウモン(3)
キベリタテハ(1)
エルタテハ(1)
ウラギンヒョウモン(3)
ウラギンスジヒョウモン(2)
アカセセリ(1)
アサギマダラ(4)
マツムシソウ(2)
マガン(1)
アキアカネ(8)
スルスミシマハナアブ(1)
ハンミョウ(2)
ウラギンシジミ(7)
ナガコガネグモ(1)
イボバッタ(2)
トゲアシオオクモバチ(1)
トラフヒラタヤドリバエ(1)
マツムラベッコウコマユバチ(1)
ハネナガヒシバッタ(1)
コハンミョウ(3)
ヌマエビ(1)
ベニイトトンボ(1)
ハグロトンボ(3)
サムライトックリバチ(1)
マルガタゴミムシ(1)
キマワリ(1)
カタグロチビドロバチ(1)
カナブン(2)
アオカナブン(1)
ルリハムシ(1)
シリアゲコバチ(1)
オオスズメバチ(1)
アメリカジガバチ(1)
サトキマダラヒカゲ(4)
コアシナガバチ(1)
ヨツボシホソバ(1)
ヤハズカミキリ(1)
ムモンホソアシナガバチ(1)
ビロードハマキ(1)
ヒカゲチョウ(4)
ツチカメムシ(1)
ミヤマカラスアゲハ(1)
ヤマキマダラヒカゲ(2)
サカハチチョウ(2)
エゾハルゼミ(1)
エゾイトトンボ(1)
ミソサザイ(3)
ホトトギス(1)
ヒガラ(2)
ハチクマ(1)
ノジコ(1)
ゴジュウカラ(1)
キバシリ(1)
アカゲラ(5)
ムネアカツヤコマユバチ(1)
ルリシジミ(4)
ワオキツネザル(1)
シマアシブトハナアブ(1)
オオワシ(1)
テングチョウ(5)
ナガサキアゲハ(4)
セグロアシナガバチ(2)
シロコブゾウムシ(2)
アカボシゴマダラ(5)
ヒメクロトラカミキリ(1)
シラホシカミキリ(1)
キスジセアカカギバラバチ(2)
ベニカミキリ(1)
オオマエグロメバエ(1)
シマアメンボ(1)
ハラビロトンボ(5)
クロコノマチョウ(4)
ジムグリ(1)
ダイミョウセセリ(2)
コミスジ(3)
ホシミスジ(1)
ヒコーキ(7)
コアジサシ(6)
シマアジ(1)
ヒメウラナミジャノメ(3)
キマダラハナバチ(1)
ヨコジマオオヒラタアブ(1)
フデリンドウ(1)
ニリンソウ(1)
ヒトリシズカ(1)
ナミテントウ(3)
アオダイショウ(3)
チューリップ(2)
マツモムシ(1)
シジュウカラガン(1)
三角点(1)
ヒヨドリ(5)
カケス(2)
タイワンリス(2)
アカアシシギ(2)
ムナグロ(3)
ササゴイ(2)
コバネイナゴ(1)
キゴシハナアブ(1)
オオカマキリ(3)
トノサマバッタ(2)
ハネナガフキバッタ(1)
サンコウチョウ(1)
オオカバフスジドロバチ(1)
ミヤマフキバッタ(1)
ヘリヒラタアブ(1)
ノコギリクワガタ(2)
マユタテアカネ(4)
ツマグロイナゴ(1)
オオシロフクモバチ(2)
ハラビロカマキリ(2)
ショウジョウトンボ(4)
コフキコガネ(1)
ミヤマアカネ(1)
クルマバッタモドキ(2)
リスアカネ(4)
シマヘビ(2)
ヒメコガネ(1)
アカスジカメムシ(1)
ハラアカヤドリハキリバチ(3)
ハラヒシバッタ(1)
カタシロゴマフカミキリ(1)
オオフタオビドロバチ(3)
キイトトンボ(1)
ウチワヤンマ(4)
トガリシロオビサビカミキリ(1)
ササキリ(2)
ヒメスズメバチ(1)
イオウイロハシリグモ(1)
ナツアカネ(2)
マルボシヒラタハナバエ(1)
コモンツチバチ(3)
エサキモンキツノカメムシ(1)
リンゴカミキリ(1)
ハシボソガラス(1)
ツチスガリ(1)
キボシカミキリ(2)
ミナミヒメヒラタアブ(1)
マダラホソアシナガバエ(1)
ハスジカツオゾウムシ(1)
オオニジュウヤホシテントウ(1)
ウスキホシテントウ(1)
ナミハナアブ(3)
ハナグモ(1)
クロスキバホウジャク(1)
キバネツノトンボ(1)
オオルリシジミ(1)
ウスバシロチョウ(2)
カワネズミ(1)
クモガタヒョウモン(1)
コサナエ(1)
オゼイトトンボ(1)
カノコガ(2)
ツユムシ(1)
ヒルザキツキミソウ(1)
ジンガサハムシ(1)
アジサイ(2)
ジョウカイボン(1)
ツマグロハナカミキリ(1)
ホソオビヒゲナガ(2)
トゲヒシバッタ(1)
セイヨウミツバチ(1)
イボタノキ(1)
オジロビタキ(1)
ハサミツノカメムシ(1)
セスジハリバエ(1)
クロハネシロヒゲナガ(1)
ヒメネズミ(1)
オオイシアブ(1)
キタキチョウ(2)
イタドリハムシ(1)
風景・人事(7)
オダマキ(1)
ウワミズザクラ(1)
クモ(1)
マルガモ(2)
キジ(1)
カイツブリ(5)
雛人形(1)
日暈(1)
トラフズク(1)
ワイルア川(1)
ゲッコー(1)
グリーンアノール(1)
ブラウンアノール(1)
ランタナシジミ(1)
ヒョウモンドクチョウ(1)
ネッタイアカセセリ(1)
メリケンキアシシギ(1)
メキシコマシコ(1)
オナガカエデチョウ(1)
ブンチョウ(1)
チョウショウバト(2)
シリアカヒヨドリ(1)
ショウジョウコウカンチョウ(1)
オオカバマダラ(1)
コウカンチョウ(1)
キバシコウカンチョウ(1)
キンノジコ(1)
インドハッカ(2)
イエスズメ(1)
サメビタキ(1)
タカブシギ(1)
チョウSBG(4)
トンボSBG(2)
ベニトンボ(1)
タイワンウチワヤンマ(1)
アカスジベッコウトンボ(1)
チェンジャブルリザード(1)
ミズオオトカゲ(1)
リス(1)
ハイイロチョッキリ(1)
ニホントカゲ(1)
ツマグロヒョウモン(3)
ベニシジミ(3)
ヒメハラナガツチバチ(2)
マメハンミョウ(1)
アカガシラサギ(1)
マダラバッタ(1)
アオハナムグリ(1)
アズチグモ(2)
コハナグモ(1)
テッポウユリ(1)
ミカドトックリバチ(1)
ヒガンバナ(3)
ハギ(1)
ウスバカゲロウ(1)
ヘクソカズラ(1)
キマダラセセリ(3)
キアシナガバチ(2)
ベッコウクモバチ(1)
ショウリョウバッタ(4)
コクワガタ(1)
キオビツチバチ(4)
オオセイボウ(2)
アオマツムシ(1)
世相(1)
シモフリスズメ(1)
アカエグリバ(1)
アオドウガネ(1)
クロヒカゲ(3)
ヒメジャノメ(2)
コジャノメ(1)
ニイニイゼミ(1)
クワカミキリ(1)
カブトムシ(2)
カマキリ(1)
ヒメギス(1)
ビロウドカミキリ(2)
ハナショウブ(1)
ヤマトシリアゲ(1)
ナワシロイチゴ(1)
ヤマモモ(1)
クロヒメバチ(2)
ナナフシモドキ(1)
アサヒナカワトンボ(1)
モグラ(1)
さいか屋(1)
マヒワ(1)
ミミズク(1)
トンビ(1)
オナガサイホウチョウ?(1)
チャノドコバシタイヨウチョウ(1)
アカガオサイホウチョウ(1)
リュウキュウツバメ(1)
リュウキュウガモ(1)
ムナオビオウギビタキ(1)
ハリオハチクイ(1)
ハクオウチョウ(1)
シマキンパラ(1)
シキチョウ(1)
サイホウチョウ(1)
コブハクチョウ(1)
コアオバト(1)
アオショウビン(1)
オオクイナ(1)
シロハラクイナ(1)
メグロヒヨドリ(1)
コウライウグイス(1)
キバラタイヨウチョウ(1)
カノコバト(1)
オオハッカ(1)
ミツマタ(2)
ツバキ(2)
ウメ(4)
イカル(1)
キセキレイ(2)
ロウバイ(1)
キジバト(2)
紅葉(5)
クロベンケイガニ(1)
アカテガニ(1)
コメツキガニ(1)
アシハラガニ(1)
多摩川(1)
トゲツヤヘラクチイシアブ(1)
スジボソコシブトハナバチ(2)
ヒガシニホントカゲ(1)
オオゲジ(1)
カツラ(1)
キイロスズメバチ(1)
スズバチ(1)
オオハナアブ(2)
コスモス(2)
ヨコジマオオハリバエ(1)
カバオビドロバチ(1)
コクロアナバチ(1)
ミンミンゼミ(1)
アブラゼミ(1)
ノウゼンカズラ(1)
サルスベリ(2)
マツムラヒメアブ(1)
キンケハラナガツチバチ(2)
クマンバチ(2)
foods(2)
オクラ(1)
オスグロトモエ(1)
ヤマトフキバッタ(1)
シロスジクチキヒメバチ(1)
ツマアカクモバチ(1)
クレマチス(1)
ムクゲ(1)
マメコガネ(1)
キイチゴ(1)
ヤマユリ(2)
ツリアブ(1)
コガネムシ(1)
ヨツスジハナカミキリ(1)
コオニヤンマ(1)
ヨツボシトンボ(1)
ハッチョウトンボ(1)
旅の印象(13)
イルカ(1)
アホウドリ(1)
ミズナギドリ(1)
オットセイ(1)
ケア(1)
ユリノキ(1)
ホオ(1)
トチノキ(1)
ハナミズキ(1)
ハナカイドウ(1)
カリン(1)
クロウタドリ(1)
クロアカツクシガモ(1)
ウ(1)
ギンカモメ(1)
ハシグロカモメ(1)
ズアオアトリ(1)
ウソ(1)
ミヤマホオジロ(2)
タイワンキチョウ(1)
シロオビアゲハ(1)
ベニモンアゲハ(1)
スジグロカバマダラ(1)
カワウソ(1)
カバタテハ(1)
リュウキュウアサギマダラ(1)
ツマベニチョウ(1)
タテハモドキ(1)
イシガケチョウ(1)
ツマムラサキマダラ(1)
オオゴマダラ(1)
空(5)
冬景色(1)
四国(10)
サザンカ(1)
北信五岳(1)
コウテイダリア(1)
展覧会など(2)
シオン(1)
ドングリ(1)
キトンボ(1)
コカマキリ(1)
キンモクセイ(1)
シロオビベッコウハナアブ(1)
イチモンジセセリ(1)
ツチイナゴ(1)
フチ子(1)
クサギ(2)
ノシメトンボ(1)
ミズキ(1)
カナカナゼミ(1)
エゾゼミ(1)
スズメバチ(1)
ゴマダラカミキリ(1)
イカリモンガ(2)
タカネトンボ(1)
ルリイトトンボ(1)
クジャクチョウ(1)
ササ(1)
スギナ(1)
アオヤンマ(1)

▼ ranking
▼ 検索フォーム
▼ リンク
▼ 最新コメント

pagetop ↑

Copyright © 2013 皆空亭 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.