かなり黒っぽい

2014.03.29(Sat)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
黒っぽい鳥が横切ったので目で追うと近くに降りたのはツグミでした。それにしても黒味が強く、飛ぶ印象は別の鳥か?というもの。まるで火事場で煤だらけになったようだ。
IMG_81746r.jpg

ツグミは個体差が大きいのでしょうか。多く見るのは茶色がかったものですが、薄い色の個体を見かけることもある。
IMG_81749tr.jpg

pagetop ↑

北上ではないですが

2014.03.28(Fri)

『山川草木』 Comment(0)Trackback-
柳が芽吹いてきて水面すれすれまで伸びています。これだったらカエルも跳びつけそうです。
IMG_82478ar.jpg

やはらかに 柳あをめる 北上の 岸辺目に見ゆ 泣けとごとくに 啄木
抒情的なのか感傷的なのか
IMG_82479ar.jpg

pagetop ↑

番いになりそう

2014.03.27(Thu)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
カイツブリのつがいが形成されるようです。

言い寄っています。
IMG_82117tr.jpg

誇示しています
IMG_82106tr.jpg

それぞれ思案中。「どうしたものか・・・」
IMG_82499tr.jpg

pagetop ↑

メジロの空間

2014.03.26(Wed)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
桜の場合に早生種という言葉が使われるか知らないのだが、名札に修善寺寒桜と書いてある数本の木が3月20日前後には咲きそろって、多数のメジロがやってきている。
IMG_82670tr.jpg

蜜を吸うのか花粉を食べるのか、器用に小枝の周りを巡って花びらを網羅する。首をねじったり逆さまになったりぶら下がったり、ヒトには望むべくもない体勢をいとも簡単に実現する。
IMG_82618tr.jpg

柔軟体操やストレッチや高所恐怖症或は体脂肪率なんて言う言葉はないのでしょうね。逆に低所=地上の方が不安らしく、地表にいることはほとんどない。
IMG_82570tr.jpg

pagetop ↑

見にくい

2014.03.24(Mon)

『2013冬鳥の記憶』 Comment(0)Trackback-
昨シーズンの鳥たちその11
最初に気付いたのは、普段は犬の散歩やランニングする人、幼児連れのママさんたちが自由に行き来する、大きな針葉樹やコナラ、サクラなどからなる林。ただ、平日は比較的閑散としています。

上の方からカツカツ音がするので、見上げると半ば枯れかけた松の頂近く、それも枝が入り組んでとても見分け辛いところにアカゲラがいました。
IMG_32961tr.jpg

大きさも判別が難しかった。アオゲラより大きいと思っていた先入観と異なり、実際の体長はムクドリと同じぐらいでした、図鑑では。
IMG_31057tr.jpg
上にある枝の蓄積はカラスの巣です。見にくさを堪能してください。

画像:2013年3月下旬、4月初旬

「昨シーズンの鳥たち」シリーズは今回までで終わり、次回からはまた今年の日常に戻ります。

pagetop ↑

淑女でしょうか

2014.03.22(Sat)

『2013冬鳥の記憶』 Comment(0)Trackback-
昨シーズンの鳥たちその10
これもいつものフィールドで見かけてはいたのですが、唯一の機会がやはり遠目からだったので、やや心残りです。
IMG_17154tr.jpg

それで、明治神宮の御苑に行って撮った画像です。♂のラピスラズリにも似た瑠璃色は冬の鳥の中では人気で、それが目当ての長いレンズを付けた人たちも多いです。
IMG_19762tr.jpg

♂の画像は掲示されているブログが多い(というかほとんどが♂)ので、今回は♀に主役になってもらいました。
IMG_19761tr.jpg
(嬉しいだろう)

画像:2013年2月下旬、3月上旬 ルリビタキ

pagetop ↑

これもちいさきもの

2014.03.21(Fri)

『2013冬鳥の記憶』 Comment(0)Trackback-
今日は二十四節気の春分の日です。昼と夜の長さが等しくなります。春分は太陽黄経が0度で1年の始まりを表し、ここから地球は1年かけて360度巡るのです。日脚が長くなっていくのと、春の生命の躍動を迎えることから、始まりの日にするのは相応しいですよね。そういう意味では1月1日は天文学的には何の日でもなく、単に冬至(12/22)と小寒(1/05)の間にある1日でしかない。(注:日付は2014年の場合)

昨シーズンの鳥たちその9
いつものフィールドで見つけたヒガラは距離が遠く、辛うじて判別できる程度。
IMG_31024ar.jpg

なので、明治神宮の住人を登場させます。ヒガラもキクイタダキと同じように針葉樹を好んで生活の場にしているようです。
IMG_19484tr.jpg

ヤマガラは山にいるから山雀、ヒガラは日の下にいるから日雀(日柄)なのでしょうか。体長11cmの、スズメよりずっと小さな、清少納言だったらいと喜びそうな?ちいさき小鳥です。
IMG_19541r.jpg
画像:2013年3月上旬

pagetop ↑

目が回らないか

2014.03.19(Wed)

『2013冬鳥の記憶』 Comment(0)Trackback-
昨シーズンの鳥たちその8
明治神宮の北池で見たのです。御苑に入らず(原宿から)代々木方面に歩くと、北池があります。うまい具合に橋が架かっていて、右手に生い茂った木々が茂る池が見渡せ、そこに何組かのオシドリがいます。

本当に、何か設計図があってそれにもとづいて作られたような模様と色彩パターンです。
IMG_19919r.jpg

♀も色彩的ではないなりに落ち着いた佇まいです。胸から脇腹にかけての斑紋(網目模様)が次第に大きくなっていい感じです。
IMG_19945r.jpg

カモはよく2羽が巴になってぐるぐる回りますね。三つ巴ではなく二つ巴です。回り始めを見ているとどうも♀が主導権をとっているようです。
IMG_19937r.jpg
画像:2013年3月上旬

pagetop ↑

長年の

2014.03.16(Sun)

『2013冬鳥の記憶』 Comment(0)Trackback-
昨シーズンの鳥たちその7
長年の、なんて言うと大げさですが昔辞典で見つけた頃から、喉元の薄紅色の配色を、ぜひ実物で見たいと思っていたのです。その口笛のような鳴き声も聞きたかった。
IMG_20420ar.jpg

それが実現したのが2月下旬。前評判通り大きな桜の梢で花芽をついばんでいました。10羽前後の群れが開花するまで滞在していました。花が咲く頃になると樹下にはウソが落とした花びらが散りばめられるようだ。
IMG_20478tr.jpg

こちらは胸から腹部にかけてもバラ色がかって見えます、アカウソかもしれないな。
IMG_20469tr.jpg

後方にいる♀の喉はグレーです。
IMG_20346tr.jpg
画像:2013年3月中旬

pagetop ↑

菊戴

2014.03.15(Sat)

『2013冬鳥の記憶』 Comment(0)Trackback-
昨シーズンの鳥たちその6
公園の中で何人かが上を見上げて話をしていました。
尋ねると
「キクイタダキが来ているそうですよ」
「ああ、確か小さな鳥でしたよね」
などと話したのですがその日は見つかりませんでした。

数日後、そのマツの木の近くの針葉樹、カイヅカイブキ※の外周を動き回るこの鳥を発見しました、付近には誰もいません。つまり占有状態。
※カイヅカイブキを、括り付けてあった名札からカイヅ・カイブキと理解していましたが、この記事を書いている時点で漢字「貝塚伊吹」=カイヅカ・イブキと発音すべきことを発見しました、遅まきながら。
IMG_14629r.jpg

その後、2回(日)ほど少し離れた場所で観察しています。針葉樹の樹冠内部をあちこち移動しています。針葉樹に生活の場を適応させているようです。
IMG_30433tr.jpg
コントラストが足りないですね。
画像:2013年1月下旬、3月下旬 

pagetop ↑

羽毛は髪の毛と違う、のか

2014.03.14(Fri)

『2013冬鳥の記憶』 Comment(0)Trackback-
昨シーズンの鳥たちその5
シメのときと異なり、こちらは目が円らで嘴も細く、見るからに"小鳥"のイメージを具現しているようです。頭部が背中の色と同じなので♂よりも優しい印象を与えます。
IMG_14980tr.jpg

腹部の赤茶っぽい色も、よく見ると羽毛のそれぞれが微妙に異なっている。白っぽかったり、赤っぽかったり、茶色がかったり、それらの密度も異なっていたりする。そしてその集合としてこの鳥の個性を演出している。決して「ジョウビタキの腹の色」みたいな絵具があって、それで塗りつぶされている訳ではない。
IMG_16261tr.jpg

それにしても、鳥の羽や羽毛がなぜ人間の髪のように伸び続けないか不思議です、頭髪ぐらいは伸びてもよさそうなのに。多分DNAに由来するのでしょうけれども、結構生え変わっているはずなのに、床屋にも行かないのにいつも刈りそろえられた状態で羨ましい。
人間の頭髪が伸び続ける生物学的必要性って何でしょう。
IMG_16253tr.jpg
画像:2013年2月中旬 ジョウビタキ

pagetop ↑

眼力も嘴も強そう

2014.03.13(Thu)

『2013冬鳥の記憶』 Comment(0)Trackback-
気象庁的な定義はさておき、今日は春一番といってもおかしくないぐらい、むしろ超弩級の強風が吹き荒れました。明日金曜日をやり過ごすと、週末からは暖かくなりそうな雰囲気ですね。

昨シーズンの鳥たちその4
得意のポーズは顔を傾けて疑問符的な表情をすること。何か用ですか? みたいな。
IMG_32494tr.jpg

頭が大きくて太い尾の先端が思い切りよくスパッと切れています。そのせいで相対的に体長が短く太っているように見えます。
IMG_14949tr.jpg

明るいところでは虹彩が絞られて瞳が小さくなり、精悍な表情に変わります。
IMG_18861tr.jpg
画像:2013年2月上旬 シメ

pagetop ↑

クロジ黒地黒字

2014.03.12(Wed)

『2013冬鳥の記憶』 Comment(0)Trackback-
昨シーズンの鳥たちその3
下生えのある林で地表近くを根城にする、比較的地味な鳥です。姿を見つけてもすぐ藪の中に逃げ込んでしまう。
IMG_19717r.jpg

名前から、商売をしている人には商売繁盛をもたらす鳥として喜ばれる、などということは今のところないようです。
IMG_19554tr.jpg

英名を引くと"positive balance"と出てくる。なるほど、なるほど。
IMG_20187upr.jpg
画像:2013年3月上旬

pagetop ↑

アカハラを見ないのは

2014.03.11(Tue)

『2013冬鳥の記憶』 Comment(0)Trackback-
昨シーズンの鳥たちその2
名前の通りの外観です。簡単に書くと、脇から腹にかけてを赤茶色にしたシロハラといったところ。大きさもシロハラ(=ツグミ)と同じぐらいです。
IMG_16200tr.jpg

公園内の縁石にいました。数枚の写真を撮らせてくれただけで飛んで行ってしまい、その後見ていません。手前の赤っぽい物体はツバキの花だったと思います。
IMG_16194tr.jpg

本州中部以北の山地で繁殖し、秋冬は暖地に移動する、とある。してみると今年は暖地に移動する必要性が無かったとも思われる。あるいは当地よりもっと暖かい地に飛んだか。
まあ、今年は見落としている可能性もあり、それが一番の理由かもしれません。
IMG_16203tr.jpg
画像:2013年2月中旬

pagetop ↑

好奇心

2014.03.10(Mon)

『2013冬鳥の記憶』 Comment(0)Trackback-
昨シーズンの鳥たちその1
冬鳥の少なさを補完するため、昨冬に見た鳥たちを何回か掲載します。言わば再発見ですね。
IMG_19328r.jpg

所によっては、エサが貰える期待から指先に乗ったりする。そんな場所でたまたま落ちている団栗を拾って、手のひらを差し出したりすると喜んで来るのだが、団栗と分かると急にテンションが落ち、ヒトの指をつついて戻って行ってしまう。結構賢そうでもある。
IMG_19844tr.jpg

好奇心が旺盛な証しでしょう。昔はあったらしい、お神籤を持ってくる神のお使いヤマガラも見てみたかったな。
IMG_19417r.jpg
落ち葉をめくっています。
画像:2013年3月上旬

pagetop ↑

再びの別の一羽

2014.03.07(Fri)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
最初に見つけた番いらしい2羽がどこかに去ってしまい、多分それとは別のミヤマホオジロ♀が、これもやはり小さな群れとは別行動をとっているカシラダカ1羽と同調している。遠目には見分けるのが難しいぐらい、外見といい食性といい似通っているため気も合うのか、飛び立つときも一緒だ。
IMG_80232tr.jpg
(紛らわしいかも知れません。画像の中央にカシラダカ(前)とミヤマホオジロ(後)がいます)

何日か経って少しは慣れてきたようです。丁寧に探すと200m四方ほどの斜面のエリアにエサをついばんでいるのが見つかる。いなかったらしばらく時間を置いて試すのです。
IMG_80727tr.jpg

警戒して飛び立つと大体近くの木の枝に上がり、安全だと思ったときはまた地表に降りてくる。不安な場合はそこからさらに高みに飛ぶか、遠くの林の方に行ってしまう。
IMG_79730tr.jpg

でも30分ぐらいすると戻ってきます、多分、恐らく、きっと。
IMG_80312tr.jpg

pagetop ↑

菜の花色、蒲公英色?

2014.03.06(Thu)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
地表近くにいることが多く、背中側が保護色なのであまり目立たない。木の枝に飛び上ったところは、意外に鮮やかな黄色です。光の当たり方によってはレモンイエローに見えたりする。日本的に「菜の花色」なんていうのもいいかもしれない。
IMG_70256tr.jpg

鳥に興味を持つ人からみたら珍しい部類には入らないでしょう。これが*****並に希少感がある鳥だったら、もっと注目されること間違いない。(*****にはあなたの見たい鳥の名前を入れてください)
IMG_75706tr.jpg

何か、美人なのに本人が気づいていないような雰囲気、ありませんか?
IMG_76350tr.jpg
アオジです。

pagetop ↑

沈丁花も三又らしい

2014.03.05(Wed)

『花』 Comment(0)Trackback-
私が見ているミツマタの木は高さ1mぐらい。結構繊細な植物なのだ。日照、土壌、水やり、剪定には気を使う必要がある、とは言えこのモデルのように適合した環境にあると、ほとんど手入れが必要ないらしく、放置されたままだ。
IMG_79102r.jpg

ジンチョウゲの仲間で、咲き始めた時期に近寄ると馥郁とした上品な匂いが漂う。ジンチョウゲほど広範囲には香りが広がらないようです。ミツマタから作られる和紙にその花の匂いを含ませることが出来たら、何かの商品になるのではないでしょうか。例えば人気の無い二千円札に浸透させると札入れが匂い袋になったりして。
IMG_79345tr.jpg

なぜ名前がミツマタか? は、ご推察の通りです。
IMG_79341r.jpg

pagetop ↑

遅い出現

2014.03.04(Tue)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
こちらの環境では今年初めて見たコガモです。歩き回っていると同好の方と話すこともあり、そこで話題になるのは今年は訪れてくる冬鳥の種類が少ないこと。
IMG_79293tr.jpg

去年の記憶を手繰るとシメ、ジョウビタキ、アカゲラ、キクイタダキ、ルリビタキ、そういえばヤマガラも見てないな。もちろん、見落としている可能性もあるとは思います。ただ去年も今年も私の観察力なので格段に差があるとは思えず、やはり少ないのは確かなようだ。
IMG_79297tr.jpg

こうなったら遅刻でも許す! ので立ち寄ってください。
IMG_79314tr.jpg
(何で上から目線?って言われそう)

pagetop ↑

キタテハも試験飛行

2014.03.03(Mon)

『蝶』 Comment(0)Trackback-
関東南部で最高気温が16℃か18℃になった日に、元気なキタテハを見た、それも2ヶ所で。その1週間前にも暖かった日があってムラサキシジミを見かけていたので、気の早い何かが出てくるのでは? と期待していました。
IMG_78352tr.jpg
1ヶ所は春から花壇になるはずの、だが今は枯れてしまった植栽しか残っていない周辺でした。翅の縁にあるやや青みがかった白い斑点が鮮やかで、越冬で疲れたイメージを感じさせません。

IMG_78591tr.jpg

もう1ヶ所は冬の間花キャベツを植え込んである花壇で地表近くを飛んで休んだのち、最終的に何かの葉の裏に行ってそのままになってしまいました。まだ試運転の状態のようです。またはじっとしているのに飽きて気分転換に出てきただけなのか。

IMG_78581tr.jpg

pagetop ↑

ブラウン・アロー

2014.03.02(Sun)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
標的のいる地上に何気なく降り立って、獲物を捕まえると思っていた。 画像で見ると羽ばたかないで突進してくのが分ります。スピード上げたいこともあるし、音を立てたくないこともある。
IMG_78776tr.jpg

止まっているときは首をかしげてよく地上を見つめています。そして何らかの姿や不規則な動きを感知すると、枝を強く蹴って地面に向かってまっしぐら(というほどの距離ではないか・・・)。
IMG_78802tr.jpg

眼が大きくて一見可愛げに見えるのはヒトの視点で、現実は一回り大きなヒヨドリやムクドリが逃げ出すぐらいの威圧感がある。スズメ目モズ科に分類されているが嘴なぞタカの仲間に相応しい気がする。
IMG_78893tr.jpg

戻るときは羽ばたかないといけません。
IMG_71397tr.jpg

pagetop ↑

お粗末なハイタカ初見記

2014.03.01(Sat)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
川崎の生田緑地にほど近い東高根森林公園に行きました。じっとしているのが苦手な性分なので、キレンジャクの出現を待つ人たちを後にして、公園をぐるぐる回ります。歩いているとき林の縁にヒヨドリ? にしては大きめで白っぽい姿を見かけ、取り敢えず2枚写したところで林の中に飛び去ってしまいました。
IMG_79024r.jpg

一周した後ピクニック広場で休んでいると、今度は後ろに向かって足に小鳥らしき小動物を抱えて飛んでいく鳥影が横切ります。胸から腹にかけて横縞が見えた気がします。急いでお茶のボトルをしまって飛んだ先を追うものの、例によって姿は見失ってしまいました。
IMG_79025tr.jpg

家に帰って画面で見て、最初に撮った画像がハイタカと確認できた次第。してみると休憩中に見かけたのもそのハイタカだったのでは? と推察しています。

記録を残せただけラッキーでした。

pagetop ↑

▼ プロフィール

皆空亭

Author:皆空亭
出身:長野県
生活:川崎市
フィールド:おもに自転車の到達範囲

※当ブログへのリンクはご自由にどうぞ(画像直接を除く)
※掲載画像の無断使用はご遠慮下さい

▼ 最新記事
▼ カレンダ

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
▼ 過去の記事

2019年 09月 【18件】
2019年 08月 【27件】
2019年 07月 【27件】
2019年 06月 【25件】
2019年 05月 【27件】
2019年 04月 【26件】
2019年 03月 【26件】
2019年 02月 【24件】
2019年 01月 【24件】
2018年 12月 【26件】
2018年 11月 【26件】
2018年 10月 【27件】
2018年 09月 【25件】
2018年 08月 【27件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【26件】
2018年 05月 【27件】
2018年 04月 【25件】
2018年 03月 【27件】
2018年 02月 【24件】
2018年 01月 【24件】
2017年 12月 【27件】
2017年 11月 【26件】
2017年 10月 【26件】
2017年 09月 【26件】
2017年 08月 【27件】
2017年 07月 【27件】
2017年 06月 【26件】
2017年 05月 【23件】
2017年 04月 【25件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【25件】
2017年 01月 【24件】
2016年 12月 【27件】
2016年 11月 【26件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【26件】
2016年 08月 【27件】
2016年 07月 【26件】
2016年 06月 【26件】
2016年 05月 【24件】
2016年 04月 【25件】
2016年 03月 【27件】
2016年 02月 【25件】
2016年 01月 【24件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【26件】
2015年 10月 【27件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【23件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【25件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【25件】
2015年 02月 【21件】
2015年 01月 【22件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【25件】
2014年 09月 【27件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【27件】
2014年 06月 【28件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【22件】
2014年 02月 【23件】
2014年 01月 【28件】
2013年 12月 【27件】
2013年 11月 【24件】
2013年 10月 【26件】
2013年 09月 【29件】
2013年 08月 【30件】
2013年 07月 【37件】
2013年 06月 【6件】

▼ カテゴリ
▼ タグリスト最新順

チョウトンボ(6)
ノコギリカメムシ(1)
クロイトトンボ(2)
キイロクビナガハムシ(1)
ホソサビキコリ(1)
アシブトクチバ(1)
クロマルエンマコガネ(1)
タテジマカミキリ(1)
ヒオドシチョウ(4)
シラホシカミキリ(2)
ホタルカミキリ(1)
クロトラカミキリ(2)
アオカミキリモドキ(1)
ヒゲジロハサミムシ(1)
エゾギクトリバ(1)
トガリバアカネトラカミキリ(1)
アシナガオニゾウムシ(2)
バラルリツツハムシ(1)
ナツアカネ(3)
コムラサキ(8)
ササゴイ(3)
ヒヌマイトトンボ(5)
ホソミイトトンボ(1)
クロカミキリ(1)
ゴイシシジミ(3)
コアジサシ(8)
クロハラアジサシ(1)
クロナガタマムシ(1)
ヒシモンナガタマムシ(1)
ムツボシタマムシ(1)
ムネアカナガタムシ(1)
アトジロサビカミキリ(1)
ゴマダラカミキリ(2)
ルリカミキリ(1)
オオホシオナガバチ(1)
シロヒゲナガゾウムシ(1)
ヨツボシケシキスイ(1)
ヒトツメカギバ(1)
ヨダンハエトリ(1)
シリアゲムシ(1)
カタビロトゲハムシ(1)
クサグモ(1)
ゴマダラチョウ(6)
クワハムシ(1)
コイチャコガネ(1)
ヤマトクロスジヘビトンボ(4)
ムネアカオオクロテントウ(1)
イチモンジカメノコハムシ(1)
ハラビロトンボ(6)
ホソフタオビヒゲナガ(1)
ヒメアシナガコガネ(1)
ヒメクロオトシブミ(1)
シロオビアワフキ(1)
シラヒゲハエトリ(1)
ヤマサナエ(5)
ヒナルリハナカミキリ(1)
ビロウドコガネ(1)
クロスズメバチ(2)
イチモンジチョウ(6)
エゴツルクビオトシブミ(1)
ミカドアリバチ(1)
ヒラタハナムグリ(1)
アカシジミ(8)
ウラナミアカシジミ(6)
ウスイロヒゲボソゾウムシ(1)
トホシテントウ(1)
ヒメヒゲナガカミキリ(2)
トゲヒゲトラカミキリ(2)
ジャコウアゲハ(6)
コガタルリハムシ(1)
キスジホソマダラ(2)
セボシジョウカイ(1)
クロスジギンヤンマ(4)
コアオハナムグリ(4)
アシナガコガネ(1)
クロハナムグリ(2)
ヒゲナガハナノミ(1)
ニホンカワトンボ(4)
ヒメマルカツオブシムシ(2)
エチゼンキマダラハナバチ(1)
アオオビハエトリ(1)
アブラコウモリ(2)
ワカバグモ(1)
ムネアカアワフキ(1)
カルガモ(12)
ミドリシジミ(5)
マガリケムシヒキ(2)
ホソヒメヒラタアブ(1)
オオミドリシジミ(8)
ウラゴマダラシジミ(3)
ミズイロオナガシジミ(6)
ニホンチュウレンジ(1)
ニホンチュウレンジバチ(1)
ニッポンヒゲナガハナバチ(4)
シロスジヒゲナガハナバチ(3)
ツマキアオジョウカイモドキ(1)
ハグルマトモエ(1)
クワキヨコバイ(1)
クロホシツツハムシ(2)
クロボシツツハムシ(1)
アマサギ(1)
アオバセセリ(1)
ツバメ(5)
イワツバメ(3)
ホウロクシギ(1)
カワセミ(11)
ハグロケバエ(1)
コナガ(1)
スジグロシロチョウ(6)
コジュケイ(6)
ウグイス(8)
オオシモフリコメツキ(1)
クシコメツキ(1)
ガ(1)
ネコハエトリ(1)
コトゲアシクモバチ(1)
アカハネムシ(1)
キアゲハ(4)
クロマルハナバチ(4)
ビロウドツリアブ(4)
アカタテハ(6)
ニホンアマガエル(1)
アマガエル(4)
ギフチョウ(2)
ドバト(1)
ネコ(10)
ダイサギ(8)
アオサギ(10)
カモメ(6)
ヒバリ(7)
ハジロカイツブリ(9)
ヨシガモ(9)
ボラ(2)
アリスイ(3)
ニホンアナグマ(1)
トラフシジミ(8)
スギタニルリシジミ(1)
ツマキチョウ(7)
ニシオジロビタキ(1)
コガモ(12)
ツグミ(9)
セッカ(6)
ウミアイサ(5)
メジロ(16)
ルリビタキ(8)
アカハラ(4)
オシドリ(4)
クロツラヘラサギ(3)
ジョウビタキ(12)
ドブネズミ(3)
ヒクイナ(2)
キンクロハジロ(12)
カラス(7)
クビキリギス(2)
ムクドリ(10)
オカヨシガモ(7)
ミヤマセセリ(5)
コツバメ(5)
ミコアイサ(5)
トラツグミ(4)
ヤマシギ(3)
カシラダカ(6)
クロジ(3)
セグロセキレイ(1)
シロハラ(6)
スズガモ(9)
セイタカシギ(7)
スズメ(15)
月(2)
飛行機(1)
ホオジロガモ(1)
マガモ(9)
チョウゲンボウ(12)
ホシハジロ(6)
ビンズイ(2)
キクイタダキ(2)
アオジ(10)
ドラゴン(11)
シメ(7)
メープル(5)
ベニマシコ(5)
オオタカ(9)
ワカケホンセイインコ(1)
イカルチドリ(2)
ヤマガラ(6)
アトリ(4)
チュウヒ(3)
コイ(2)
ノスリ(7)
タシギ(7)
シロチドリ(5)
ウナギ(1)
カワウ(11)
ミサゴ(9)
ハイタカ(4)
ハシビロガモ(7)
ハマシギ(6)
クイナ(5)
タヒバリ(5)
ゴイサギ(8)
ハヤブサ(6)
イソシギ(8)
オオバン(9)
ヒドリガモ(12)
トビ(11)
ムラサキツバメ(8)
コトヒキ(1)
コサギ(9)
イソヒヨドリ(7)
メボソムシクイ(1)
コサメビタキ(3)
ツミ(5)
キビタキ(9)
トウネン(3)
エゾビタキ(4)
オオルリ(4)
ウミネコ(5)
ナナホシテントウ(3)
ベッコウバエ(1)
オオアオイトトンボ(6)
フタモンアシナガバチ(2)
モンキチョウ(4)
モンシロチョウ(7)
バン(4)
ウラナミシジミ(5)
タマムシ(4)
オンブバッタ(2)
ホシホウジャク(5)
オオスカシバ(5)
ギンヤンマ(3)
モンキアゲハ(5)
キタテハ(6)
水準点(1)
スケバハゴロモ(2)
ツクツクボウシ(4)
ツマグロオオヨコバイ(2)
チャバネセセリ(1)
ヤノトガリハナバチ(4)
ナミカバフドロバチ(1)
ウスバキトンボ(7)
アジアイトトンボ(5)
オニヤンマ(5)
キマダラカメムシ(1)
クマゼミ(1)
コムクドリ(1)
ルリモンハナバチ(5)
ムモントックリバチ(2)
コシアキトンボ(3)
ヤブヤンマ(3)
クロアナバチ(3)
ベッコウハゴロモ(3)
アオバハゴロモ(1)
アオスジアゲハ(3)
ルリクビホソハムシ(1)
オナガ(5)
ヨツスジトラカミキリ(4)
ヒメツツハキリバチ(3)
アナアキゾウムシ(1)
シロテンハナムグリ(2)
アミガサハゴロモ(2)
シオヤアブ(2)
サビキコリ(1)
キバラヘリカメムシ(1)
ヒメコスカシバ(1)
オオハキリバチ(3)
アオモンイトトンボ(6)
ヒメアカタテハ(6)
コフキトンボ(6)
ヤドリバエ(1)
ハムシダマシ(1)
カオジロヒゲナガゾウムシ(1)
アメンボ(2)
ワラジムシ(1)
アカスジツチバチ(2)
ジガバチ(1)
アシダカグモ(3)
ナガニジゴミムシダマシ(2)
オオモンクロクモバチ(2)
アゲハモドキ(2)
ドウガネブイブイ(1)
コチャバネセセリ(3)
アトワアオゴミムシ(1)
ヤマトシジミ(6)
ヤブキリ(3)
アメイロアリ(1)
ハゼラン(1)
トウキョウヒメハンミョウ(4)
セマダラコガネ(3)
クロアゲハ(5)
イシムカデ(1)
アズマヒキガエル(6)
アオスジハナバチ(6)
クロヤマアリ(1)
カタツムリ(3)
セアカツノカメムシ(1)
クサカゲロウ(1)
シデムシ(1)
ムラサキシジミ(7)
ツバメシジミ(5)
コフキゾウムシ(1)
ウリハムシモドキ(1)
ルリジガバチ(2)
モモブトスカシバ(1)
ヒメシロコブゾウムシ(2)
オオヤマカワゲラ(2)
ニホンカナヘビ(3)
ナミアゲハ(5)
トラマルハナバチ(3)
シロカネグモ(1)
ササグモ(2)
ハキリバチ(1)
クロイロコウガイビル(1)
カシワクチブトゾウムシ(1)
オジロアシナガゾウムシ(2)
アカガネコハナバチ(3)
オオシオカラトンボ(6)
シオカラトンボ(7)
ゴホントゲザトウムシ(1)
アオジョウカイ(3)
コガタスズメバチ(2)
トンボエダシャク(1)
アカガネサルハムシ(1)
ハサミムシ(1)
ラミーカミキリ(1)
ヤマアカガエル(1)
シュレーゲルアオガエル(4)
ヤマカガシ(1)
ハゼ(1)
シャチホコガ(1)
アオオサムシ(4)
ウバタマムシ(1)
ヤモリ(1)
アリグモ(1)
ミドリカミキリ(1)
アオカミキリ(2)
ヤツメカミキリ(1)
メスグロヒョウモン(5)
コマルハナバチ(4)
キイロトラカミキリ(3)
ニホンミツバチ(2)
クロムネアオハバチ(2)
クマバチ(2)
オオヨシキリ(3)
ガビチョウ(5)
マドガ(1)
ブドウスカシクロバ(1)
ヒメトラハナムグリ(2)
オオコンボウヤセバチ(1)
エゾオナガバチ(1)
カワラヒワ(7)
セアカヒラタゴミムシ(1)
ソリハシシギ(4)
チュウサギ(3)
チュウシャクシギ(5)
キョウジョシギ(4)
コチドリ(7)
アオアシシギ(4)
キアシシギ(8)
センダイムシクイ(1)
シャクヤク(1)
ケラ(2)
メダイチドリ(5)
オバシギ(1)
ウズラ(1)
カンムリカイツブリ(9)
ダイシャクシギ(1)
ミヤコドリ(1)
キアシドクガ(1)
カラスアゲハ(6)
センチコガネ(3)
メダカ(2)
エビ(1)
コウモリ(1)
シオヤトンボ(5)
クヌギ(1)
ヒレンジャク(2)
コウノトリ(1)
ユリカモメ(14)
アメリカコガモ(2)
サクラ(9)
ルリタテハ(6)
キクザキイチゲ(3)
カタクリ(3)
モズ(8)
ハクセキレイ(6)
アオゲラ(9)
エナガ(5)
オオジュリン(9)
政府専用機(1)
メジロガモ(1)
シジュウカラ(7)
CP+(1)
ツルシギ(1)
クビワキンクロ(1)
ヨシゴイ(4)
タヌキ(2)
ホオジロ(5)
コゲラ(6)
アメリカヒドリ(3)
オナガガモ(8)
丸井(1)
むぎせんべい(1)
セグロカモメ(8)
カササギ(1)
カチガラス(1)
カメ(1)
アジサシ(1)
スジグロチャバネセセリ(1)
ホオアカ(4)
ノビタキ(5)
マルガタハナカミキリ(1)
フタスジハナカミキリ(1)
ヒゲナガハナアブ(2)
シロヨトウヤドリヒメバチ(1)
クロヒラタアブ(1)
アカハナカミキリ(1)
ムツアカネ(1)
コノシメトンボ(6)
アオイトトンボ(1)
ミドリヒョウモン(4)
ヒョウモンチョウ(2)
ヒメシジミ(2)
ヒメキマダラヒカゲ(2)
ジャノメチョウ(1)
コヒョウモンモドキ(1)
コヒョウモン(2)
コキマダラセセリ(1)
ギンボシヒョウモン(3)
キベリタテハ(1)
エルタテハ(1)
ウラギンヒョウモン(3)
ウラギンスジヒョウモン(2)
アカセセリ(1)
アサギマダラ(4)
マツムシソウ(2)
マガン(1)
アキアカネ(8)
スルスミシマハナアブ(1)
ハンミョウ(2)
ウラギンシジミ(7)
ナガコガネグモ(1)
イボバッタ(2)
トゲアシオオクモバチ(1)
トラフヒラタヤドリバエ(1)
マツムラベッコウコマユバチ(1)
ハネナガヒシバッタ(1)
コハンミョウ(3)
ヌマエビ(1)
ベニイトトンボ(1)
ハグロトンボ(3)
サムライトックリバチ(1)
マルガタゴミムシ(1)
キマワリ(1)
カタグロチビドロバチ(1)
アオカナブン(1)
カナブン(2)
ルリハムシ(1)
シリアゲコバチ(1)
オオスズメバチ(1)
アメリカジガバチ(1)
サトキマダラヒカゲ(4)
コアシナガバチ(1)
ヨツボシホソバ(1)
ヤハズカミキリ(1)
ムモンホソアシナガバチ(1)
ビロードハマキ(1)
ヒカゲチョウ(4)
ツチカメムシ(1)
ミヤマカラスアゲハ(1)
ヤマキマダラヒカゲ(2)
サカハチチョウ(2)
エゾハルゼミ(1)
エゾイトトンボ(1)
ミソサザイ(3)
ホトトギス(1)
ヒガラ(2)
ハチクマ(1)
ノジコ(1)
ゴジュウカラ(1)
キバシリ(1)
アカゲラ(5)
ムネアカツヤコマユバチ(1)
ルリシジミ(4)
ワオキツネザル(1)
シマアシブトハナアブ(1)
オオワシ(1)
テングチョウ(5)
ナガサキアゲハ(4)
セグロアシナガバチ(2)
シロコブゾウムシ(2)
アカボシゴマダラ(5)
ヒメクロトラカミキリ(1)
キスジセアカカギバラバチ(2)
ベニカミキリ(1)
オオマエグロメバエ(1)
シマアメンボ(1)
クロコノマチョウ(4)
ジムグリ(1)
ダイミョウセセリ(2)
ホシミスジ(1)
コミスジ(3)
ヒコーキ(7)
シマアジ(1)
ヒメウラナミジャノメ(3)
キマダラハナバチ(1)
ヨコジマオオヒラタアブ(1)
フデリンドウ(1)
ニリンソウ(1)
ヒトリシズカ(1)
ナミテントウ(3)
アオダイショウ(3)
チューリップ(2)
マツモムシ(1)
シジュウカラガン(1)
三角点(1)
ヒヨドリ(5)
カケス(2)
タイワンリス(2)
アカアシシギ(2)
ムナグロ(3)
コバネイナゴ(1)
キゴシハナアブ(1)
オオカマキリ(3)
トノサマバッタ(2)
ハネナガフキバッタ(1)
サンコウチョウ(1)
オオカバフスジドロバチ(1)
ミヤマフキバッタ(1)
ヘリヒラタアブ(1)
ノコギリクワガタ(2)
マユタテアカネ(4)
ツマグロイナゴ(1)
オオシロフクモバチ(2)
ハラビロカマキリ(2)
ショウジョウトンボ(4)
コフキコガネ(1)
ミヤマアカネ(1)
クルマバッタモドキ(2)
リスアカネ(4)
シマヘビ(2)
ヒメコガネ(1)
アカスジカメムシ(1)
ハラアカヤドリハキリバチ(3)
ハラヒシバッタ(1)
カタシロゴマフカミキリ(1)
オオフタオビドロバチ(3)
キイトトンボ(1)
ウチワヤンマ(4)
トガリシロオビサビカミキリ(1)
ササキリ(2)
ヒメスズメバチ(1)
イオウイロハシリグモ(1)
マルボシヒラタハナバエ(1)
コモンツチバチ(3)
エサキモンキツノカメムシ(1)
リンゴカミキリ(1)
ハシボソガラス(1)
ツチスガリ(1)
キボシカミキリ(2)
ミナミヒメヒラタアブ(1)
マダラホソアシナガバエ(1)
ハスジカツオゾウムシ(1)
オオニジュウヤホシテントウ(1)
ウスキホシテントウ(1)
ナミハナアブ(3)
ハナグモ(1)
クロスキバホウジャク(1)
キバネツノトンボ(1)
オオルリシジミ(1)
ウスバシロチョウ(2)
カワネズミ(1)
クモガタヒョウモン(1)
コサナエ(1)
オゼイトトンボ(1)
カノコガ(2)
ツユムシ(1)
ヒルザキツキミソウ(1)
ジンガサハムシ(1)
アジサイ(2)
ジョウカイボン(1)
ツマグロハナカミキリ(1)
ホソオビヒゲナガ(2)
トゲヒシバッタ(1)
セイヨウミツバチ(1)
イボタノキ(1)
オジロビタキ(1)
ハサミツノカメムシ(1)
セスジハリバエ(1)
クロハネシロヒゲナガ(1)
ヒメネズミ(1)
オオイシアブ(1)
キタキチョウ(2)
イタドリハムシ(1)
風景・人事(7)
オダマキ(1)
ウワミズザクラ(1)
クモ(1)
マルガモ(2)
キジ(1)
カイツブリ(5)
雛人形(1)
日暈(1)
トラフズク(1)
ワイルア川(1)
ゲッコー(1)
ブラウンアノール(1)
グリーンアノール(1)
ランタナシジミ(1)
ヒョウモンドクチョウ(1)
ネッタイアカセセリ(1)
メリケンキアシシギ(1)
メキシコマシコ(1)
オナガカエデチョウ(1)
ブンチョウ(1)
チョウショウバト(2)
シリアカヒヨドリ(1)
ショウジョウコウカンチョウ(1)
オオカバマダラ(1)
コウカンチョウ(1)
キバシコウカンチョウ(1)
キンノジコ(1)
インドハッカ(2)
イエスズメ(1)
サメビタキ(1)
タカブシギ(1)
チョウSBG(4)
トンボSBG(2)
ベニトンボ(1)
タイワンウチワヤンマ(1)
アカスジベッコウトンボ(1)
チェンジャブルリザード(1)
ミズオオトカゲ(1)
リス(1)
ハイイロチョッキリ(1)
ニホントカゲ(1)
ツマグロヒョウモン(3)
ベニシジミ(3)
ヒメハラナガツチバチ(2)
マメハンミョウ(1)
アカガシラサギ(1)
マダラバッタ(1)
アオハナムグリ(1)
テッポウユリ(1)
コハナグモ(1)
アズチグモ(2)
ミカドトックリバチ(1)
ヒガンバナ(3)
ハギ(1)
ウスバカゲロウ(1)
ヘクソカズラ(1)
キマダラセセリ(3)
キアシナガバチ(2)
ベッコウクモバチ(1)
ショウリョウバッタ(4)
コクワガタ(1)
キオビツチバチ(4)
オオセイボウ(2)
アオマツムシ(1)
世相(1)
シモフリスズメ(1)
アカエグリバ(1)
アオドウガネ(1)
クロヒカゲ(3)
ヒメジャノメ(2)
コジャノメ(1)
ニイニイゼミ(1)
クワカミキリ(1)
カブトムシ(2)
カマキリ(1)
ヒメギス(1)
ビロウドカミキリ(2)
ハナショウブ(1)
ヤマトシリアゲ(1)
ヤマモモ(1)
ナワシロイチゴ(1)
クロヒメバチ(2)
ナナフシモドキ(1)
アサヒナカワトンボ(1)
モグラ(1)
さいか屋(1)
マヒワ(1)
ミミズク(1)
トンビ(1)
オナガサイホウチョウ?(1)
チャノドコバシタイヨウチョウ(1)
アカガオサイホウチョウ(1)
リュウキュウツバメ(1)
リュウキュウガモ(1)
ムナオビオウギビタキ(1)
ハリオハチクイ(1)
ハクオウチョウ(1)
シマキンパラ(1)
シキチョウ(1)
サイホウチョウ(1)
コブハクチョウ(1)
コアオバト(1)
アオショウビン(1)
オオクイナ(1)
シロハラクイナ(1)
メグロヒヨドリ(1)
コウライウグイス(1)
キバラタイヨウチョウ(1)
カノコバト(1)
オオハッカ(1)
ミツマタ(2)
ツバキ(2)
ウメ(4)
イカル(1)
キセキレイ(2)
ロウバイ(1)
キジバト(2)
紅葉(5)
クロベンケイガニ(1)
アカテガニ(1)
コメツキガニ(1)
アシハラガニ(1)
多摩川(1)
トゲツヤヘラクチイシアブ(1)
スジボソコシブトハナバチ(2)
ヒガシニホントカゲ(1)
オオゲジ(1)
カツラ(1)
キイロスズメバチ(1)
スズバチ(1)
オオハナアブ(2)
コスモス(2)
ヨコジマオオハリバエ(1)
カバオビドロバチ(1)
コクロアナバチ(1)
ミンミンゼミ(1)
アブラゼミ(1)
ノウゼンカズラ(1)
サルスベリ(2)
マツムラヒメアブ(1)
キンケハラナガツチバチ(2)
クマンバチ(2)
foods(2)
オクラ(1)
オスグロトモエ(1)
ヤマトフキバッタ(1)
シロスジクチキヒメバチ(1)
ツマアカクモバチ(1)
クレマチス(1)
ムクゲ(1)
マメコガネ(1)
キイチゴ(1)
ヤマユリ(2)
ツリアブ(1)
コガネムシ(1)
ヨツスジハナカミキリ(1)
コオニヤンマ(1)
ヨツボシトンボ(1)
ハッチョウトンボ(1)
旅の印象(13)
イルカ(1)
アホウドリ(1)
ミズナギドリ(1)
オットセイ(1)
ケア(1)
ユリノキ(1)
ホオ(1)
トチノキ(1)
ハナミズキ(1)
カリン(1)
ハナカイドウ(1)
クロウタドリ(1)
クロアカツクシガモ(1)
ウ(1)
ギンカモメ(1)
ハシグロカモメ(1)
ズアオアトリ(1)
ウソ(1)
ミヤマホオジロ(2)
タイワンキチョウ(1)
ベニモンアゲハ(1)
シロオビアゲハ(1)
スジグロカバマダラ(1)
カワウソ(1)
カバタテハ(1)
リュウキュウアサギマダラ(1)
ツマベニチョウ(1)
タテハモドキ(1)
イシガケチョウ(1)
ツマムラサキマダラ(1)
オオゴマダラ(1)
空(5)
冬景色(1)
四国(10)
サザンカ(1)
北信五岳(1)
コウテイダリア(1)
展覧会など(2)
シオン(1)
ドングリ(1)
キトンボ(1)
コカマキリ(1)
キンモクセイ(1)
シロオビベッコウハナアブ(1)
イチモンジセセリ(1)
ツチイナゴ(1)
フチ子(1)
クサギ(2)
ノシメトンボ(1)
ミズキ(1)
ヒグラシ(1)
カナカナゼミ(1)
エゾゼミ(1)
スズメバチ(1)
イカリモンガ(2)
タカネトンボ(1)
ルリイトトンボ(1)
クジャクチョウ(1)
ササ(1)
スギナ(1)
アオヤンマ(1)

▼ タグリスト名前順
▼ ranking
▼ 検索フォーム
▼ リンク
▼ 最新コメント

pagetop ↑

Copyright © 2014 皆空亭 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.