2014年08月記事一覧

| home |

« 2014/07 | 2014/08 | 2014/09 »
鬼大蜻蛉

2014.08.31(Sun)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
日曜菜園+花壇から構成されている小さな公園を歩き回っているときに、近くをヤンマが飛びまわる。何となく目で追っていると、近くにあった日陰がちの木の枝にぶら下がりました。水場や流れに面していないので、こんなところで?と、ちょっと驚きです。
IMG_B0045r.jpg

この個体はトンボの王者らしく、そぉっと近寄っても周りを巡っても動じません。斜面を何とか途中まで登って近寄れる場所だったのもラッキーでした。
IMG_B0064r.jpg

一般的に蜻蛉の仲間で大きいものをヤンマと呼ぶようです。ヤンマの中で鬼のように大きいからオニヤンマになったのでしょう。タイトルの漢字表記は私の創作です。
本当はもう少し難しい字(鬼蜻蜒)やひねった字(馬大頭)もあります。前者は何となく理解できるとして、馬大頭は発想がかなり飛んでいます。一応馬は大きなものの代名詞、大頭(おおがしら)は集団の長を表すこともあるので、馬=オニ、大頭=ヤンマの関係かとも思います。しかしコオニヤンマもギンヤンマも「大頭」や「馬」の文字は使われていません。不思議です。

pagetop ↑

生態は謎らしい

2014.08.30(Sat)

『蜂』 Comment(0)Trackback-
口吻が長くて、奥行きのある花の蜜を吸うのに適しています。ハナトラノオの花にやってきて頭を突っ込みます。
IMG_A8810tr.jpg

ずんぐりした躰を丸めて吸蜜するところは他のハチも同じですが、画像から全体の詳細を見たいと思ったら何枚も写真を撮る必要がありますよね。
IMG_A8809tr.jpg

先日記載したルリモンハナバチはコシブトハナバチ類に寄生する説があり、その標的にされるのがこのハチのようです。ルリモンハナバチはこのハチの集めた、幼虫に与えるための食材(花粉団子?)に産卵し、先に卵から孵ることで食料を独占するのでしょう。
スジボソコシブトハナバチの生態は解明されていない部分が多く、そんな中ルリモンに寄生されることがどうして分ったのでしょうか。 結局のところこのハチの生態を一番よく知っているのはルリモンハナバチということになりそうです。
IMG_A8801r.jpg

pagetop ↑

益虫

2014.08.29(Fri)

『蜂』 Comment(0)Trackback-
上を飛ぶのが触角の長い♂、スペアミントの花について変な格好をしているのが♀です。背中に伸ばしているのは後脚と思われます。時々、こういう格好の個体を見かけるのは、足場が狭いので3本目の肢が邪魔になるせいかも知れません。トンボだとこの場面では前脚を折り畳むところです。
IMG_B0423tr.jpg

♂の方が小柄で、かつスリムです。
IMG_A8880tr.jpg

家庭菜園やベランダで植物を育てている人たちにとっては大益虫です。際限なく増えるコガネムシ(幼虫)をやっつけてくれる。 正確には幼虫に産卵し、孵ったこのハチの幼虫がコガネムシ幼虫を成長の糧にするのです。
IMG_B0419tr.jpg
画像: キンケハラナガツチバチ

pagetop ↑

むぐる

2014.08.27(Wed)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
花にもぐり込むからハナムグリ、昔は「むぐる」などと発音していたのかと思ったら、現在でも「もぐる」意味で「むぐる」は使われているようですね。もぐらのことをむぐらと呼ぶ地方もあるようですし。

コアオハナムグリは、ラッパ型に咲く小さい花にも入り込めるように躰を小さくしたのでしょう。彼らの趣味的には白系統の花が好みです。
IMG_B0702r.jpg

ここではタカサゴユリ(テッポウユリ?)に潜り込んでいました。百合の花の目算通り、躰中が花粉まみれです。これで離れた場所のタカサゴユリに移動してくれたら言うことなし。
IMG_A9179tr.jpg

ハナトラノオの方にいるものは、斑点がピンクがかっています。緑の背の色と同じように斑点の色も変化があるようです。
IMG_A8916r.jpg

IMG_A8902tr.jpg

pagetop ↑

天才か

2014.08.26(Tue)

『蝶』 Comment(0)Trackback-
表側の黒斑の面積が大きく地の色のようです。そのせいで黄色の部分が斑紋のように見えなくもない。
IMG_A8937r.jpg

この方角からは、青とオレンジ斑が美しく見えます。まだ若い個体のようです。
胴体の頭部から尾部にかけて背中側に黒筋が通っています。
IMG_A8977r.jpg

横から見ると胴体の脇に3本の黒線が記されています。
 その1:触角のラインが延長されて目の後ろから胸部を斜めに走り、前肢の黒線につながっています。あの細い肢が黒と黄(クリーム)に塗り分けられています。
 その2:前翅の黒線が胸部に接続し、それが後肢までつながっています。
 その3:後翅の黒線が円弧を描いて、腹部を走る黒線と接続しています。
まったく細かいところまで配慮が行き届いたデザインです。
キアゲハ、なかなかやります。
IMG_A9088tr.jpg

pagetop ↑

集合場所

2014.08.25(Mon)

『蝶』 Comment(0)Trackback-
落ちた梅の実が所々で熟成して、平たく言うと腐っていて、そこにサトキマダラヒカゲが集まってきます。そこらじゅうに落ちているので歩を進めるたびに足許から飛び立ちます。
IMG_A8586tr.jpg

8月に入ってからはこのチョウを余り見かけなくなったと思っていたのに、どこから飛んできたか?っていう具合に集まっています。近寄れば梅の甘酸っぱいにおいがもちろんするのですが、距離が離れるとそのにおいは大気に希釈されて急激に弱くなります(理論的には距離の3乗に反比例=距離が2倍になると8分の1、10倍になると1,000分の1になる)。
その微かないにおいを認識し、惹かれて飛んでくるのでしょう。草叢に埋没している実を目で確認したり、梅の木を目当てに飛んでくるとは思えません。
IMG_A8610tr.jpg

中にはこの機に乗じて、これはと思った♀に言い寄る♂も出てきます。長い間追いかけっこをしていました。
IMG_A8665tr.jpg
これを応用すると、完熟して腐った梅をしかるべきところに置いて、このチョウを集めることが出来そうです。名付けてキマダラトラップ、でも試してみる予定はありません。

pagetop ↑

熊ん蜂

2014.08.24(Sun)

『蜂』 Comment(0)Trackback-
昨日23日は24節気の処暑、暑さが一段落し朝夕は涼しげな風が吹く、とある通りの一日でした。日中も日陰にいたら涼しく感じるほど。
クマバチがヒャクニチソウに来ていました。百日草、懐かしいですね。子供の頃は夏になるとあちこちの庭に咲いていた記憶があります。
IMG_A8115r.jpg

図体も名前も強面です。でも性格は至って穏やか、というかほとんどヒトは眼中にない感じです。近寄ってもカメラを向けても全然気にしません。理由がないのでやりませんが、蜜を指に塗って近づけたら掌にも乗ってきそうです。ずんぐり大きく見えるので、自分から攻撃しない限り普通は襲われることはないのでしょう。でも絶体絶命になったら戦うのだろうか、逃げ出すのだろうか。
IMG_A8106tr.jpg

スズメバチと誤解している人もいますね、私も小さい頃はそうだったような気がします。
IMG_A5527tr.jpg

pagetop ↑

夏野菜の花

2014.08.23(Sat)

『花』 Comment(0)Trackback-
野菜です、思いのほか花としても観賞できるように思います。ベランダや庭で育てれば、クリーム色の花後は実を収穫して楽しめるのではないでしょうか。
IMG_A7968r.jpg

この野菜とトマト、ピーマン、ミョウガ、玉ネギ(水にさらす)をみじん切りにして混ぜ、唐辛子と塩で味付けします。テレビ「千客万来・森クミ食堂」でやっていた、サルサメヒカーナを一部和風にアレンジしたものです。さらにキュウリのみじん切り+醤油を加えてもいいかも知れません。番組では焼鮭にかけていましたが、そうめんやサラダにかけても結構いけます。
DSF04460tr.jpg

オクラの花でした。
IMG_A7965tr.jpg

pagetop ↑

幸せを呼ぶ

2014.08.22(Fri)

『蜂』 Comment(0)Trackback-
ルリモンハナバチはやや薄めの青筋紋が美しいハチです。前回掲載のオオセイボウの派手さに対して、こちらは粋な感じがします。
IMG_A7871tr.jpg

コシブトハナバチの仲間に寄生する説と、ケブカハナバチに寄生する説があるようです。どちらにしても「巣をつくる+孵化後の幼虫の食料を用意する」ことを他のハチに依存するわけです。代わりに自分は宿主の行動を監視して、適当な時に適当な場所に産卵する必要がある。ルリモンハナバチは寄生する生態を選んだことでトータル的に得をしたのでしょうか。
IMG_A9812tr.jpg

さて、宿主のハチも寄生されることによって大打撃を受けているとは聞きません。ルリモンハナバチによって被る損失を織り込み済みで産卵数を決定しているとしか思えません。でも結構微妙なバランスの上に成立している気もしますね。
(下の画像、クロアナバチの大きさが恐ろし気です)
IMG_A8486tr.jpg

青い鳥ならぬ幸せを呼ぶ青い蜂(Blue bee)と呼ばれるような。
見ることが出来てよかった、と思うことが幸せなのでしょう。

pagetop ↑

ラピス蜂

2014.08.21(Thu)

『蜂』 Comment(0)Trackback-
エメラルドグリーンとラピスラズリ(瑠璃)を組み合わせたような、目の覚める色彩。何か南国の昆虫のようです。
IMG_A7988tr.jpg

オオセイボウ(大青蜂)の名にしてはちょっと小さめです。体長は12~20mm、なので1円硬貨より小さい。ちなみにただのセイボウまたはコセイボウと名付けられたハチはいません。
IMG_A9451tr.jpg

スズバチ(≠スズメバチ)が作ったトックリ型の巣に穴を開けて産卵し、子どもはスズバチが幼虫のために狩ってきたイモムシを食べて育ちます。スズバチの生態を良く知っていて、それを利用するわけですが、それはある意味賭けでもあります。オオセイボウの生殺与奪はスズバチに握られていることになる。
IMG_A9355tr.jpg

こうやってみると宝石レベルですね。

pagetop ↑

花にも来ますか

2014.08.20(Wed)

『蝶』 Comment(0)Trackback-
人工の構造物にも興味を持っていて、金属やプラスチック部材に止まっている場面を良く見ます。濡れているなら給水に寄ったようにも思えます。しかし味わっているようではなさそう。
IMG_84272r.jpg

こんな場所でもアリが一匹様子を窺っています。対象がじっと動かないでいるとそろそろ近寄ってきてちょっかいを出し、追い払われると逃げ出すものの、反応がなければ弱っているか死んでいるとみなして、あわよくば自分の巣に持って帰ろうとする。
IMG_A8287tr.jpg

葉表に止まって開翅しました。裏に止まって静止していることもありますよね。
IMG_A8292r.jpg

花に来ているところは見た記憶がありません。
画像: ウラギンシジミ 

pagetop ↑

出発地から何世代目?

2014.08.19(Tue)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
昨シーズンは7月初めにやってきたウスバキトンボ、今年は約一ヶ月遅れの8月上旬に撮影です。透き通った翅が見るからに薄そうで、沖縄方面から(世代を継いで)大海原を渡って来るとはとても想像できません。視野の中に島影一つ、目印一つなく、かつ日毎に変わる風向、風速、降雨などの天候条件をクリアして、目的地に到達する能力って、ヒトには望むべくもありません。
IMG_A7819r.jpg

渡り鳥のように、経験のあるリーダー主導で進路が定まる訳でもありません。と言うのも群れているか単独かに関わらず、旅の経験者が一匹も存在しないのです。どの個体にとっても生まれて初めての渡りなのです。
IMG_A7717tr.jpg

尊敬してしまいます。

pagetop ↑

ダミーの巣をつくる

2014.08.18(Mon)

『蜂』 Comment(0)Trackback-
花壇の中や周囲を、素早く飛び回る大きめのハチです。飛び方が速いのでどこかに降りた時に姿を確認しないと、クロアナバチと識別するのが難しい。危険なハチのトレードマーク、黒と黄色のストライプが無く、近くを飛び回っても割と気になりません。
IMG_A8560tr.jpg

草叢に着地した場合は直ぐに間隙に入り込んでしまって、行方不明状態です。巣をつくる場所を探しているのでしょう(か)。
IMG_A6674tr.jpg

そうして地面に掘った穴に、狩って麻酔したキリギリスの類を引き込んで産卵し、孵化後の食料にする習性を持ちます。ご丁寧に本物以外に数個のダミー穴を掘っておくらしい。そして本物の穴は砂をかけてふたをしておくという、賢いのか間抜けなのか理解に苦しむ行動をすると。だが、そこには理論づけられないだけで、ヒトが推し量れない理由が潜んでいるのかもしれません。
IMG_A8423tr.jpg

pagetop ↑

天敵はいるか

2014.08.17(Sun)

『蝶』 Comment(0)Trackback-
アカボシゴマダラが後翅の赤い紋をひらめかせてゆっくり飛ぶ姿は優雅です。
IMG_A6949r.jpg

ゴマダラチョウなど在来種には天敵となる寄生蜂や寄生バエが存在して、卵や幼虫に産卵し、一方的な大発生を抑制する働きをしているようです。産卵される卵の半数以上は、天敵の攻撃によって成虫まで育つことが出来ない。単純に考えても一羽の♀が産卵する卵のうち、数個が成虫まで育てば種の存続は可能なのです。
IMK_00968r.jpg

ところが、アカボシゴマダラなど突然に持ち込まれて放たれた種については、その仕組みがうまく働かないのでしょう。生存する条件がベストマッチして、しかし天敵側の条件が整っていないと、必然的に勢力拡大することになりそうです。かつ同じような環境に生活する在来種が割を食うことになって、衰退していくのでしょうか。
IMK_01426tr.jpg

pagetop ↑

巴紋

2014.08.15(Fri)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
日本画の達人のような人が、墨を含ませた刷毛でさっとなぞった様な巴紋が入っています。
草叢の影になった部分から、こちらを見つめているような強烈な印象を与えます。

或いは目の間隔が離れたところ、宇宙人を連想させます。もっとも、SFや漫画で刷り込まれたような宇宙人がいたら、の話ですが。
IMG_A7625tr.jpg

幼虫はマメ科のネムノキやニセアカシアの葉を食べ、成虫になると樹液を好むようです。夜行性なので昼間はじっとしています。それでも草叢を歩くと驚いて飛び出し、少し離れた場所に隠れました。
IMK_00223r.jpg

オスグロトモエとハグルマトモエの違いは微妙で、今回の同定には以下の記載を参考にさせていただきました。有難うございます。
http://s2014no64.at.webry.info/201108/article_11.html

pagetop ↑

長い休憩

2014.08.14(Thu)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
長い間飛び回ることをしないで、休んでいる場面も多いです。ウスバキトンボなどからは、お前休みすぎ!と言われそう。
IMG_A5816tr.jpg

また、ウチワヤンマは休む時オニヤンマやギンヤンマのようにぶら下がらないで、姿勢を水平方向に保っています。ぶら下がった方が楽だと思いますが何故でしょう。
IMG_A7397r.jpg

止まっていても周囲を監視していて、獲物や同性のライバルが現れたら、すぐに飛び立てる体制を取っているのでしょうか。そのため、止まっている場所は大体見通しが効くロケーションのようです。 ウチワヤンマ的表現を借りるなら、休んでいるのではなく、待ち伏せしていることになる。 「結構集中しなきゃいけないんで、疲れるんだよなぁ~ これが」と。
IMG_A7391r.jpg

pagetop ↑

ゴマダラチョウ

2014.08.13(Wed)

『蝶』 Comment(0)Trackback-
旧盆を迎えました。8/13~8/16にかけては夏休みを設定する会社(員)が多いですね。流通系に従事する方々は場合によっては書き入れ時であり、それはそれでご苦労様です。

オオムラサキと同じような生態のようです。だとすると、ゴマダラチョウがいるところにオオムラサキが存在する可能性が高いと思われます。画像はヤナギの木で撮ったものですが近くの林にはエノキもあるので、幼虫の食草は確保できていると思うのです。
IMG_A7156tr.jpg

ただ、こちらではゴマダラチョウ自身見かける頻度が少なく、どこからかやってきたアカボシゴマダラに淘汰されつつあるのでは、と心配です。案の定この場所でもアカボシゴマダラが多数派で、あるものは交尾していたりする。
IMG_A7172tr.jpg

裏側の褐色味が強いような気がします。また、黒い縁の輪郭がはっきりしているのでピントがシャープに見えます。
IMG_A7203tr.jpg

pagetop ↑

静けさ

2014.08.12(Tue)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
桟道の手すり接続部に開けられた穴がお誂え向きのだったのか、ヤマトフキバッタが入り込んで外を窺っています。

ジブリ「紅の豚」の一場面です。どこかの島でポルコが飛行艇への給油の手配に行っている間、フィオが赤い艇に頬杖をついて待っている。ピカピカに磨き上げられた機の表面に止まっていたテントウムシが、滑ってよろけながら飛んでいく場面があって、昼下がりの静謐な時間がうまく表現されていると思いました。テントウムシの羽音によって周囲の静かさとか、束の間平和な雰囲気が強調されたように思います(私の記憶なので、もしかすると羽音はしなかったかも知れません)。
IMG_A6100tr.jpg

同じような、クルマの音も人の声も聞こえてこない静かなひととき。

pagetop ↑

夏休みのお決まり

2014.08.11(Mon)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
今の時期カブトムシやクワガタムシを見つけようとすると大変です。サーチャーは夏休みに入った子供たちやそのパパたち、ことによってはママ、おじいちゃん、そして何やらその道のセミプロらしきおじさんもいたりします。人口密度は "カブトムシ+クワガタムシ << ヒト" の関係が成り立ちそうです。
IMG_A6320r.jpg

そんな中、クヌギやコナラではなくカリンの幹に2組のペアを見つけました。ちょうど人の視線からは隠れる部分です。高さは1組が1m位のところで、もう一組は地表すれすれ。近くには誰もいません。
IMG_A6327r.jpg

しばらく見ていると上の方にいた♂がブーンと飛び立ってゆき、2時間ほど後に立ち寄った時にはもう一匹もいませんでした。動きが緩いようでいて、結構行動範囲が広いのか。
IMG_A6316r.jpg

pagetop ↑

ニセでなくて良かった

2014.08.08(Fri)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
夜行性ならこうでなくちゃ、を地で行く色合いです。別の言い方をすると地味で、日中は、特に地面にいる場合など動いてくれないことには発見できません。
IMG_A5851tr.jpg

類似種に「ニセビロウドカミキリ」と名付けられたものもいて、そちらは触角が極端に長い。それにしても「ニセ・・・」は可哀想、せめて「ヒゲナガビロウドカミキリ」ぐらいにしてあげれば良いものを。こういう命名をする人は自分の周りでも、後から見つけた似て非なるものを、ニセ・・・で片づけるのでしょうか。例えば「あの人は昆虫学者、私はニセ昆虫学者」などと。
IMG_A5874tr.jpg

画像は「ニセ」の付かない、ビロウドカミキリです。

pagetop ↑

まだらねこ

2014.08.07(Thu)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
土用が6日に明けて、8月7日には立秋を迎えました。秋の気配が感じられる、感じられる?、本当ですか?、むしろこれからもっと暑くなる気がしますが・・・
IMG_A7368tr.jpg

その炎天下にコハンミョウがずずずっ、ずずずっと動き回っています。足元にいたこの虫を、長い間ハエか何かと思っていた気がします。
IMG_A5744tr.jpg

姿勢を低くして、レンズを通して見る姿は充分魅力的です。まず、肢が長くかつ重心が高い。その肢を使って短い距離を走り、直ぐに停止(or休止)してしまいます。ゴー&ストップの繰り返しです。
IMG_A5741tr.jpg

眼が異様に大きく、立ち止まった時に背伸びして周囲を見渡すような素振りをします。眼がいいのでしょう。ですが獲物を見つけて一直線でも待ち伏せタイプでもなく、行き当たりばったり的に獲物を狩るようです、見た限り。
IMG_A6367tr.jpg

斑猫の当て字が何とも曰くありげな雰囲気を感じさせます。因みにまだら模様の猫は「ぶち」と呼んでいましたね。

pagetop ↑

黒姫蜂

2014.08.06(Wed)

『蜂』 Comment(0)Trackback-
黒い地に白色紋が点在する、中でも背中の白いスポットが印象的なヒメバチ。漢字で黒姫蜂と書いても北信濃にある黒姫山が由来ではなさそうです。
数日前にアップした「シロスジクチキヒメバチ」と同じヒメバチ科に属し、同科はメスの産卵管が長い特徴があるそうです。ところがこのハチの場合、ネットでも長い産卵管どころか産卵管と思しき器官を持つ画像もありません。
IMG_A6284r.jpg

スズメガ類(ベニスズメ)の幼虫に寄生するらしく、ということはベニスズメの幼虫が葉食なので、そこに卵を産み付けるのに産卵管は必要ないのでしょう。
IMK_00339tr.jpg

顔から頭にかけては仮面ライダー系のマスクのモチーフになりました(ウソです)。でも精悍な面構えからは、成程と思わせてしまう説得性がありますよね。
IMG_A6292tr.jpg

pagetop ↑

まだ幼い

2014.08.05(Tue)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
冬の間目にしなかったヤマガラを、今頃(7月中旬)になって見かけました。それも茶色の部分が淡い幼鳥です。白っぽく見えるので、一瞬他の鳥かと見紛ったほどです。
IMG_A6140tr.jpg

まだ周囲への警戒心が中途半端なところがあります。カメラを持ったヒトが近づいたとき、どれ位の距離まで許容できるのかよく分っていないようです。もともと好奇心の強い鳥なので興味半分、警戒半分といったところでしょうか。
IMG_A6146tr.jpg

pagetop ↑

細くて長い

2014.08.04(Mon)

『蜂』 Comment(0)Trackback-
触角の途中の白、腹部に4~5本の青白い筋、それから後脚の先が白いこと、産卵管が体長と同じぐらい長いことから「シロスジクチキヒメバチ」と、私の中では結論しました。花にやってきたところは見たことがありません、何を食べているのでしょう。
IMK_00361tr.jpg

ご覧の通り身体を構成するパーツ、触角・胸・腹・脚・産卵管が全て細くて長い。朽木の中にいる昆虫の幼虫に卵を産む寄生バチです。産卵管がこんなに長いと、ある程度の深さがあっても寄生される側は油断できない。
IMK_00378tr.jpg

こうして見ると緑がかった黒い地と点在する白斑がいい感じを出していますね。審美的以外の理由は無いような気がしますが、どうでしょう。

pagetop ↑

気楽に、と思ってる

2014.08.03(Sun)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
体長2cm弱、歩いているとあちこちで見かけるヨツスジトラカミキリです。本来は背中に4本の黒スジがあることになっています。それが結構崩れしまって、名前にとらわれると違う種?と思いがちです。 そんな調子なので、上から見た様子は、擬態していると思われるアシナガバチに見立てるるには、少し苦しいところ。
IMK_00101r.jpg

逆に腹側からだと尻が尖っていて変なモディファイしていない分、ハチらしく見えます。
IMG_A7316tr.jpg

花を渡り歩いている様子は少しユーモラスです。目の間隔が離れ気味で、肢の使い方も何かぎこちない部分があって、それが笑いを誘うように思います。
IMG_A6463tr.jpg

翅を拡げて飛び去っていくシルエットも何か可笑しい。
IMK_00668r.jpg

pagetop ↑

産卵出来た?

2014.08.01(Fri)

『蜂』 Comment(0)Trackback-
地表から地中にもぐっていく場面にはなかなか遭遇できません。 この日は朽ちるままに放置してある倒木の辺りを徘徊していました。 所々にある誰かの穿った穴で、立ち止まって様子を見ています。中に誰かいないか? いい匂いはするか? などと自問自答してから、思い切って中に入ってゆきます。
IMG_A4027r.jpg

姿が消えてからしばらく(1、2分)して出てきました。所要時間からすると何かの幼虫を見つけて、無事卵を産み付けたのかも知れません。
IMG_A4030r.jpg

こちらは別の穴を見つけたところ。中におが屑状のものがぎっしり詰まっていたらしく、それを全て掻き出してから潜り込みました。すぐ出てこなかったところを見ると、ここにも標的になるコガネムシ系の幼虫がいたのでしょう。
IMG_A4012tr.jpg

ただ、コガネムシ関係の幼虫は地中にいるものが大部分なので、正確なところはキオビツチバチに聞かないと分りません。

pagetop ↑

▼ プロフィール

皆空亭

Author:皆空亭
出身:長野県
生活:川崎市
フィールド:おもに自転車の到達範囲

※当ブログへのリンクはご自由にどうぞ(画像直接を除く)
※掲載画像の無断使用はご遠慮下さい

▼ 最新記事
▼ カレンダ

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
▼ 過去の記事

2019年 07月 【17件】
2019年 06月 【25件】
2019年 05月 【27件】
2019年 04月 【26件】
2019年 03月 【26件】
2019年 02月 【24件】
2019年 01月 【24件】
2018年 12月 【26件】
2018年 11月 【26件】
2018年 10月 【27件】
2018年 09月 【25件】
2018年 08月 【27件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【26件】
2018年 05月 【27件】
2018年 04月 【25件】
2018年 03月 【27件】
2018年 02月 【24件】
2018年 01月 【24件】
2017年 12月 【27件】
2017年 11月 【26件】
2017年 10月 【26件】
2017年 09月 【26件】
2017年 08月 【27件】
2017年 07月 【27件】
2017年 06月 【26件】
2017年 05月 【23件】
2017年 04月 【25件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【25件】
2017年 01月 【24件】
2016年 12月 【27件】
2016年 11月 【26件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【26件】
2016年 08月 【27件】
2016年 07月 【26件】
2016年 06月 【26件】
2016年 05月 【24件】
2016年 04月 【25件】
2016年 03月 【27件】
2016年 02月 【25件】
2016年 01月 【24件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【26件】
2015年 10月 【27件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【23件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【25件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【25件】
2015年 02月 【21件】
2015年 01月 【22件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【25件】
2014年 09月 【27件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【27件】
2014年 06月 【28件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【22件】
2014年 02月 【23件】
2014年 01月 【28件】
2013年 12月 【27件】
2013年 11月 【24件】
2013年 10月 【26件】
2013年 09月 【29件】
2013年 08月 【30件】
2013年 07月 【37件】
2013年 06月 【6件】

▼ カテゴリ
▼ タグリスト最新順

ビロウドコガネ(1)
クロスズメバチ(2)
イチモンジチョウ(6)
エゴツルクビオトシブミ(1)
ミカドアリバチ(1)
ヒラタハナムグリ(1)
ウラナミアカシジミ(6)
アカシジミ(8)
ウスイロヒゲボソゾウムシ(1)
トホシテントウ(1)
ヒメヒゲナガカミキリ(2)
トゲヒゲトラカミキリ(2)
ジャコウアゲハ(6)
コガタルリハムシ(1)
キスジホソマダラ(2)
セボシジョウカイ(1)
クロスジギンヤンマ(4)
コアオハナムグリ(4)
アシナガコガネ(1)
クロハナムグリ(2)
ヒゲナガハナノミ(1)
ニホンカワトンボ(4)
ヒメマルカツオブシムシ(2)
エチゼンキマダラハナバチ(1)
アオオビハエトリ(1)
アブラコウモリ(2)
ワカバグモ(1)
ムネアカアワフキ(1)
カルガモ(12)
ミドリシジミ(5)
マガリケムシヒキ(2)
ホソヒメヒラタアブ(1)
オオミドリシジミ(8)
ウラゴマダラシジミ(3)
ミズイロオナガシジミ(6)
ニホンチュウレンジバチ(1)
ニホンチュウレンジ(1)
ニッポンヒゲナガハナバチ(4)
シロスジヒゲナガハナバチ(3)
ツマキアオジョウカイモドキ(1)
ハグルマトモエ(1)
クワキヨコバイ(1)
クロホシツツハムシ(2)
クロボシツツハムシ(1)
アマサギ(1)
アオバセセリ(1)
ツバメ(5)
イワツバメ(3)
ホウロクシギ(1)
カワセミ(11)
ハグロケバエ(1)
コナガ(1)
スジグロシロチョウ(6)
コジュケイ(6)
ウグイス(8)
オオシモフリコメツキ(1)
クシコメツキ(1)
ガ(1)
ネコハエトリ(1)
コトゲアシクモバチ(1)
アカハネムシ(1)
キアゲハ(4)
クロマルハナバチ(4)
ビロウドツリアブ(4)
アカタテハ(6)
アマガエル(4)
ニホンアマガエル(1)
ギフチョウ(2)
ヒオドシチョウ(3)
ドバト(1)
ネコ(10)
ダイサギ(8)
アオサギ(10)
カモメ(6)
ヒバリ(7)
ハジロカイツブリ(9)
ヨシガモ(9)
ボラ(2)
アリスイ(3)
ニホンアナグマ(1)
トラフシジミ(8)
スギタニルリシジミ(1)
ツマキチョウ(7)
ニシオジロビタキ(1)
コガモ(12)
ツグミ(9)
セッカ(6)
ウミアイサ(5)
メジロ(16)
ルリビタキ(8)
アカハラ(4)
オシドリ(4)
クロツラヘラサギ(3)
ジョウビタキ(12)
ドブネズミ(3)
ヒクイナ(2)
キンクロハジロ(12)
カラス(7)
ムクドリ(10)
クビキリギス(2)
オカヨシガモ(7)
ミヤマセセリ(5)
コツバメ(5)
ミコアイサ(5)
トラツグミ(4)
ヤマシギ(3)
カシラダカ(6)
クロジ(3)
セグロセキレイ(1)
シロハラ(6)
スズガモ(9)
セイタカシギ(7)
スズメ(15)
月(2)
飛行機(1)
ホオジロガモ(1)
マガモ(9)
チョウゲンボウ(12)
ホシハジロ(6)
ビンズイ(2)
キクイタダキ(2)
アオジ(10)
メープル(5)
ドラゴン(11)
シメ(7)
ベニマシコ(5)
オオタカ(9)
ワカケホンセイインコ(1)
イカルチドリ(2)
ヤマガラ(6)
アトリ(4)
チュウヒ(3)
コイ(2)
ノスリ(7)
タシギ(7)
シロチドリ(5)
ウナギ(1)
カワウ(11)
ミサゴ(9)
ハイタカ(4)
ハシビロガモ(7)
ハマシギ(6)
クイナ(5)
タヒバリ(5)
ゴイサギ(8)
ハヤブサ(6)
イソシギ(8)
オオバン(9)
ヒドリガモ(12)
トビ(11)
ムラサキツバメ(8)
コサギ(9)
コトヒキ(1)
イソヒヨドリ(7)
メボソムシクイ(1)
コサメビタキ(3)
ツミ(5)
キビタキ(9)
トウネン(3)
エゾビタキ(4)
オオルリ(4)
ウミネコ(5)
ナナホシテントウ(3)
ベッコウバエ(1)
オオアオイトトンボ(6)
フタモンアシナガバチ(2)
モンキチョウ(4)
モンシロチョウ(7)
バン(4)
ウラナミシジミ(5)
タマムシ(4)
オンブバッタ(2)
ホシホウジャク(5)
オオスカシバ(5)
ギンヤンマ(3)
モンキアゲハ(5)
キタテハ(6)
水準点(1)
スケバハゴロモ(2)
ツクツクボウシ(4)
ツマグロオオヨコバイ(2)
チャバネセセリ(1)
ヤノトガリハナバチ(4)
ナミカバフドロバチ(1)
ウスバキトンボ(7)
アジアイトトンボ(5)
オニヤンマ(5)
キマダラカメムシ(1)
クマゼミ(1)
コムクドリ(1)
ルリモンハナバチ(5)
ムモントックリバチ(2)
コシアキトンボ(3)
ヤブヤンマ(3)
クロアナバチ(3)
ベッコウハゴロモ(3)
アオバハゴロモ(1)
アオスジアゲハ(3)
ルリクビホソハムシ(1)
クロイトトンボ(1)
オナガ(5)
ヨツスジトラカミキリ(4)
ヒメツツハキリバチ(3)
アナアキゾウムシ(1)
シロテンハナムグリ(2)
アミガサハゴロモ(2)
シオヤアブ(2)
サビキコリ(1)
キバラヘリカメムシ(1)
ヒメコスカシバ(1)
オオハキリバチ(3)
アオモンイトトンボ(6)
ヒメアカタテハ(6)
チョウトンボ(5)
コフキトンボ(6)
ヤドリバエ(1)
ハムシダマシ(1)
カオジロヒゲナガゾウムシ(1)
アメンボ(2)
アカスジツチバチ(2)
ワラジムシ(1)
ジガバチ(1)
アシダカグモ(3)
ナガニジゴミムシダマシ(2)
オオモンクロクモバチ(2)
アゲハモドキ(2)
ドウガネブイブイ(1)
コチャバネセセリ(3)
アトワアオゴミムシ(1)
ヤマトシジミ(6)
ヤブキリ(3)
アメイロアリ(1)
ハゼラン(1)
トウキョウヒメハンミョウ(4)
セマダラコガネ(3)
クロアゲハ(5)
イシムカデ(1)
アズマヒキガエル(6)
アオスジハナバチ(6)
クロヤマアリ(1)
カタツムリ(3)
セアカツノカメムシ(1)
クサカゲロウ(1)
シデムシ(1)
ムラサキシジミ(7)
ツバメシジミ(5)
コフキゾウムシ(1)
ウリハムシモドキ(1)
ルリジガバチ(2)
モモブトスカシバ(1)
ヒメシロコブゾウムシ(2)
オオヤマカワゲラ(2)
アシナガオニゾウムシ(1)
ニホンカナヘビ(3)
ナミアゲハ(5)
トラマルハナバチ(3)
シロカネグモ(1)
ササグモ(2)
ハキリバチ(1)
クロイロコウガイビル(1)
カシワクチブトゾウムシ(1)
オジロアシナガゾウムシ(2)
アカガネコハナバチ(3)
クロトラカミキリ(1)
オオシオカラトンボ(6)
シオカラトンボ(7)
ゴホントゲザトウムシ(1)
アオジョウカイ(3)
コガタスズメバチ(2)
トンボエダシャク(1)
アカガネサルハムシ(1)
ハサミムシ(1)
ラミーカミキリ(1)
ヤマアカガエル(1)
ヤマサナエ(4)
シュレーゲルアオガエル(4)
ヤマカガシ(1)
ハゼ(1)
シャチホコガ(1)
アオオサムシ(4)
ウバタマムシ(1)
ヤモリ(1)
アリグモ(1)
ミドリカミキリ(1)
アオカミキリ(2)
ヤツメカミキリ(1)
メスグロヒョウモン(5)
コマルハナバチ(4)
コムラサキ(7)
ヒヌマイトトンボ(4)
キイロトラカミキリ(3)
ヤマトクロスジヘビトンボ(3)
ニホンミツバチ(2)
クロムネアオハバチ(2)
クマバチ(2)
オオヨシキリ(3)
ガビチョウ(5)
マドガ(1)
ブドウスカシクロバ(1)
ヒメトラハナムグリ(2)
オオコンボウヤセバチ(1)
エゾオナガバチ(1)
カワラヒワ(7)
セアカヒラタゴミムシ(1)
ゴマダラチョウ(5)
ソリハシシギ(4)
チュウサギ(3)
チュウシャクシギ(5)
キョウジョシギ(4)
コチドリ(7)
アオアシシギ(4)
キアシシギ(8)
センダイムシクイ(1)
シャクヤク(1)
ケラ(2)
メダイチドリ(5)
オバシギ(1)
ウズラ(1)
カンムリカイツブリ(9)
ダイシャクシギ(1)
ミヤコドリ(1)
キアシドクガ(1)
カラスアゲハ(6)
センチコガネ(3)
エビ(1)
メダカ(2)
コウモリ(1)
シオヤトンボ(5)
クヌギ(1)
ヒレンジャク(2)
コウノトリ(1)
ユリカモメ(14)
アメリカコガモ(2)
サクラ(9)
ルリタテハ(6)
キクザキイチゲ(3)
カタクリ(3)
モズ(8)
ハクセキレイ(6)
アオゲラ(9)
エナガ(5)
オオジュリン(9)
政府専用機(1)
メジロガモ(1)
シジュウカラ(7)
CP+(1)
ツルシギ(1)
クビワキンクロ(1)
ヨシゴイ(4)
タヌキ(2)
ホオジロ(5)
コゲラ(6)
アメリカヒドリ(3)
オナガガモ(8)
丸井(1)
むぎせんべい(1)
セグロカモメ(8)
カチガラス(1)
カササギ(1)
カメ(1)
アジサシ(1)
スジグロチャバネセセリ(1)
ホオアカ(4)
ノビタキ(5)
マルガタハナカミキリ(1)
フタスジハナカミキリ(1)
ヒゲナガハナアブ(2)
シロヨトウヤドリヒメバチ(1)
クロヒラタアブ(1)
アカハナカミキリ(1)
ムツアカネ(1)
コノシメトンボ(6)
アオイトトンボ(1)
ミドリヒョウモン(4)
ヒョウモンチョウ(2)
ヒメシジミ(2)
ヒメキマダラヒカゲ(2)
ジャノメチョウ(1)
コヒョウモンモドキ(1)
コヒョウモン(2)
コキマダラセセリ(1)
ゴイシシジミ(2)
ギンボシヒョウモン(3)
キベリタテハ(1)
エルタテハ(1)
ウラギンヒョウモン(3)
ウラギンスジヒョウモン(2)
アカセセリ(1)
アサギマダラ(4)
マツムシソウ(2)
マガン(1)
アキアカネ(8)
スルスミシマハナアブ(1)
ハンミョウ(2)
ウラギンシジミ(7)
ナガコガネグモ(1)
イボバッタ(2)
トゲアシオオクモバチ(1)
トラフヒラタヤドリバエ(1)
マツムラベッコウコマユバチ(1)
ハネナガヒシバッタ(1)
コハンミョウ(3)
ヌマエビ(1)
ベニイトトンボ(1)
ハグロトンボ(3)
サムライトックリバチ(1)
マルガタゴミムシ(1)
キマワリ(1)
カタグロチビドロバチ(1)
アオカナブン(1)
カナブン(2)
ルリハムシ(1)
シリアゲコバチ(1)
オオスズメバチ(1)
アメリカジガバチ(1)
サトキマダラヒカゲ(4)
コアシナガバチ(1)
ヨツボシホソバ(1)
ヤハズカミキリ(1)
ムモンホソアシナガバチ(1)
ビロードハマキ(1)
ヒカゲチョウ(4)
ツチカメムシ(1)
ミヤマカラスアゲハ(1)
ヤマキマダラヒカゲ(2)
サカハチチョウ(2)
エゾハルゼミ(1)
エゾイトトンボ(1)
ミソサザイ(3)
ホトトギス(1)
ヒガラ(2)
ハチクマ(1)
ノジコ(1)
ゴジュウカラ(1)
キバシリ(1)
アカゲラ(5)
ムネアカツヤコマユバチ(1)
ルリシジミ(4)
シマアシブトハナアブ(1)
ワオキツネザル(1)
オオワシ(1)
テングチョウ(5)
ナガサキアゲハ(4)
セグロアシナガバチ(2)
シロコブゾウムシ(2)
アカボシゴマダラ(5)
ヒメクロトラカミキリ(1)
シラホシカミキリ(1)
キスジセアカカギバラバチ(2)
ベニカミキリ(1)
オオマエグロメバエ(1)
シマアメンボ(1)
ハラビロトンボ(5)
クロコノマチョウ(4)
ジムグリ(1)
ダイミョウセセリ(2)
コミスジ(3)
ホシミスジ(1)
ヒコーキ(7)
コアジサシ(6)
シマアジ(1)
ヒメウラナミジャノメ(3)
キマダラハナバチ(1)
ヨコジマオオヒラタアブ(1)
フデリンドウ(1)
ニリンソウ(1)
ヒトリシズカ(1)
ナミテントウ(3)
アオダイショウ(3)
チューリップ(2)
マツモムシ(1)
シジュウカラガン(1)
三角点(1)
ヒヨドリ(5)
カケス(2)
タイワンリス(2)
アカアシシギ(2)
ムナグロ(3)
ササゴイ(2)
コバネイナゴ(1)
キゴシハナアブ(1)
オオカマキリ(3)
トノサマバッタ(2)
ハネナガフキバッタ(1)
サンコウチョウ(1)
オオカバフスジドロバチ(1)
ミヤマフキバッタ(1)
ヘリヒラタアブ(1)
ノコギリクワガタ(2)
マユタテアカネ(4)
ツマグロイナゴ(1)
オオシロフクモバチ(2)
ハラビロカマキリ(2)
ショウジョウトンボ(4)
コフキコガネ(1)
ミヤマアカネ(1)
クルマバッタモドキ(2)
リスアカネ(4)
シマヘビ(2)
ヒメコガネ(1)
アカスジカメムシ(1)
ハラアカヤドリハキリバチ(3)
ハラヒシバッタ(1)
カタシロゴマフカミキリ(1)
オオフタオビドロバチ(3)
キイトトンボ(1)
ウチワヤンマ(4)
トガリシロオビサビカミキリ(1)
ササキリ(2)
ヒメスズメバチ(1)
イオウイロハシリグモ(1)
ナツアカネ(2)
マルボシヒラタハナバエ(1)
コモンツチバチ(3)
エサキモンキツノカメムシ(1)
リンゴカミキリ(1)
ハシボソガラス(1)
ツチスガリ(1)
キボシカミキリ(2)
ミナミヒメヒラタアブ(1)
マダラホソアシナガバエ(1)
ハスジカツオゾウムシ(1)
オオニジュウヤホシテントウ(1)
ウスキホシテントウ(1)
ナミハナアブ(3)
ハナグモ(1)
クロスキバホウジャク(1)
キバネツノトンボ(1)
オオルリシジミ(1)
ウスバシロチョウ(2)
カワネズミ(1)
クモガタヒョウモン(1)
コサナエ(1)
オゼイトトンボ(1)
カノコガ(2)
ツユムシ(1)
ヒルザキツキミソウ(1)
ジンガサハムシ(1)
ジョウカイボン(1)
アジサイ(2)
ツマグロハナカミキリ(1)
ホソオビヒゲナガ(2)
トゲヒシバッタ(1)
セイヨウミツバチ(1)
イボタノキ(1)
オジロビタキ(1)
ハサミツノカメムシ(1)
セスジハリバエ(1)
クロハネシロヒゲナガ(1)
ヒメネズミ(1)
オオイシアブ(1)
キタキチョウ(2)
イタドリハムシ(1)
風景・人事(7)
オダマキ(1)
ウワミズザクラ(1)
クモ(1)
マルガモ(2)
キジ(1)
カイツブリ(5)
雛人形(1)
日暈(1)
トラフズク(1)
ワイルア川(1)
ゲッコー(1)
ブラウンアノール(1)
グリーンアノール(1)
ランタナシジミ(1)
ヒョウモンドクチョウ(1)
ネッタイアカセセリ(1)
メリケンキアシシギ(1)
メキシコマシコ(1)
オナガカエデチョウ(1)
ブンチョウ(1)
チョウショウバト(2)
シリアカヒヨドリ(1)
ショウジョウコウカンチョウ(1)
オオカバマダラ(1)
コウカンチョウ(1)
キバシコウカンチョウ(1)
キンノジコ(1)
インドハッカ(2)
イエスズメ(1)
サメビタキ(1)
タカブシギ(1)
チョウSBG(4)
トンボSBG(2)
ベニトンボ(1)
タイワンウチワヤンマ(1)
アカスジベッコウトンボ(1)
チェンジャブルリザード(1)
ミズオオトカゲ(1)
リス(1)
ハイイロチョッキリ(1)
ニホントカゲ(1)
ツマグロヒョウモン(3)
ベニシジミ(3)
ヒメハラナガツチバチ(2)
マメハンミョウ(1)
アカガシラサギ(1)
マダラバッタ(1)
アオハナムグリ(1)
アズチグモ(2)
コハナグモ(1)
テッポウユリ(1)
ミカドトックリバチ(1)
ヒガンバナ(3)
ハギ(1)
ウスバカゲロウ(1)
ヘクソカズラ(1)
キマダラセセリ(3)
キアシナガバチ(2)
ベッコウクモバチ(1)
ショウリョウバッタ(4)
コクワガタ(1)
キオビツチバチ(4)
オオセイボウ(2)
アオマツムシ(1)
世相(1)
シモフリスズメ(1)
アカエグリバ(1)
アオドウガネ(1)
クロヒカゲ(3)
ヒメジャノメ(2)
コジャノメ(1)
ニイニイゼミ(1)
クワカミキリ(1)
カブトムシ(2)
カマキリ(1)
ヒメギス(1)
ビロウドカミキリ(2)
ハナショウブ(1)
ヤマトシリアゲ(1)
ナワシロイチゴ(1)
ヤマモモ(1)
クロヒメバチ(2)
ナナフシモドキ(1)
アサヒナカワトンボ(1)
モグラ(1)
さいか屋(1)
マヒワ(1)
ミミズク(1)
トンビ(1)
オナガサイホウチョウ?(1)
チャノドコバシタイヨウチョウ(1)
アカガオサイホウチョウ(1)
リュウキュウツバメ(1)
リュウキュウガモ(1)
ムナオビオウギビタキ(1)
ハリオハチクイ(1)
ハクオウチョウ(1)
シマキンパラ(1)
シキチョウ(1)
サイホウチョウ(1)
コブハクチョウ(1)
コアオバト(1)
アオショウビン(1)
オオクイナ(1)
シロハラクイナ(1)
メグロヒヨドリ(1)
コウライウグイス(1)
キバラタイヨウチョウ(1)
カノコバト(1)
オオハッカ(1)
ミツマタ(2)
ツバキ(2)
ウメ(4)
イカル(1)
キセキレイ(2)
ロウバイ(1)
キジバト(2)
紅葉(5)
クロベンケイガニ(1)
アカテガニ(1)
コメツキガニ(1)
アシハラガニ(1)
多摩川(1)
トゲツヤヘラクチイシアブ(1)
スジボソコシブトハナバチ(2)
ヒガシニホントカゲ(1)
オオゲジ(1)
カツラ(1)
キイロスズメバチ(1)
スズバチ(1)
オオハナアブ(2)
コスモス(2)
ヨコジマオオハリバエ(1)
カバオビドロバチ(1)
コクロアナバチ(1)
ミンミンゼミ(1)
アブラゼミ(1)
ノウゼンカズラ(1)
サルスベリ(2)
マツムラヒメアブ(1)
キンケハラナガツチバチ(2)
クマンバチ(2)
foods(2)
オクラ(1)
オスグロトモエ(1)
ヤマトフキバッタ(1)
シロスジクチキヒメバチ(1)
ツマアカクモバチ(1)
クレマチス(1)
ムクゲ(1)
マメコガネ(1)
キイチゴ(1)
ヤマユリ(2)
ツリアブ(1)
コガネムシ(1)
ヨツスジハナカミキリ(1)
コオニヤンマ(1)
ヨツボシトンボ(1)
ハッチョウトンボ(1)
旅の印象(13)
イルカ(1)
アホウドリ(1)
ミズナギドリ(1)
オットセイ(1)
ケア(1)
ユリノキ(1)
ホオ(1)
トチノキ(1)
ハナミズキ(1)
ハナカイドウ(1)
カリン(1)
クロウタドリ(1)
クロアカツクシガモ(1)
ウ(1)
ギンカモメ(1)
ハシグロカモメ(1)
ズアオアトリ(1)
ウソ(1)
ミヤマホオジロ(2)
タイワンキチョウ(1)
シロオビアゲハ(1)
ベニモンアゲハ(1)
スジグロカバマダラ(1)
カワウソ(1)
カバタテハ(1)
リュウキュウアサギマダラ(1)
ツマベニチョウ(1)
タテハモドキ(1)
イシガケチョウ(1)
ツマムラサキマダラ(1)
オオゴマダラ(1)
空(5)
冬景色(1)
四国(10)
サザンカ(1)
北信五岳(1)
コウテイダリア(1)
展覧会など(2)
シオン(1)
ドングリ(1)
キトンボ(1)
コカマキリ(1)
キンモクセイ(1)
シロオビベッコウハナアブ(1)
イチモンジセセリ(1)
ツチイナゴ(1)
フチ子(1)
クサギ(2)
ノシメトンボ(1)
ミズキ(1)
カナカナゼミ(1)
エゾゼミ(1)
スズメバチ(1)
ゴマダラカミキリ(1)
イカリモンガ(2)
タカネトンボ(1)
ルリイトトンボ(1)
クジャクチョウ(1)
ササ(1)
スギナ(1)
アオヤンマ(1)

▼ ranking
▼ 検索フォーム
▼ リンク
▼ 最新コメント

pagetop ↑

Copyright © 2014 皆空亭 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.