2015年12月記事一覧

| home |

« 2015/11 | 2015/12 | 2015/01 »
羊年の姫君

2015.12.31(Thu)

『他言』 Comment(0)Trackback-
我らが辰年生まれのドラゴンに待望の妹が誕生しました。年の瀬を迎える12月10日の画像です。親族が男ばかりの集まりに女児誕生のニュースが飛び交って、当事者はもちろん、或はそれ以上に周囲の喜びがひとしおです。
1210Btq.jpg

今年を振り返ると、近しい身内が亡くなったこともありました。そのことについては未だに実感がわきません。決して若くしてと形容される年齢ではなかったのですが、あまりにも突然に、現役で仕事をこなしているそのままで逝ってしまったので、しばらくはその現実が受け入れがたかった記憶が残ります。

ある意味、亡くなった人の命を引き継ぐ形で、赤ちゃんがこの世界にやって来たとも考えられそうです。師走に誕生したこの子、メープル(ニックネーム)に幸多かれと願わずにはおれません。
1210Atq.jpg

この一年、訪問して下さった皆様ありがとうございました。
また、この記事を年末に見てくださっている方には、重ねて最後まで有難うございます。

pagetop ↑

オオジュリン

2015.12.30(Wed)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
北海道の人にとっては珍しい鳥のようです。というのも私のように本州で観察する場合、オオジュリンを目にするのは冬になってから、つまり冬羽の姿です。逆に北海道に滞在するのは繁殖の季節なので頭部が黒になる訳。
IML_04074q.jpg

私が夏羽のオオジュリンをたまには見てみたいと思う、逆の感想を北海道のウォッチャーたちは持つのでしょう。
IML_04078q.jpg

このフィールドで冬を過ごすオオジュリンも北に戻る季節、3月末から4月にかかると、次第に頭がゴマ塩から黒く変化してくるのが分ります。
IML_04193q.jpg

静かなところで聞き耳を立てていると葦の茎を割ったりはがしたりする音が、「シャキシャキ」「パシパシ」とあちこちから聞えてきます。
IMG_M0700tq.jpg

pagetop ↑

のどか

2015.12.29(Tue)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
運動公園にある遊水地にオカヨシガモの群れがいます。公園自体広く起伏が無いせいか、気持ちがさっぱりと穏やかになる様な気がします。気分転換には打ってつけ。
IMG_M0686q.jpg

また、広さがあるから人の密度が低く、テニスコートや野球場を離れたら、一人で黙々とランニングする人が通りかかるぐらいで、話しかける相手もいなければ人の話も聞こえません。
IMG_M0361tq.jpg

そんな環境にいた鳥たちは多数順にオオバン、オカヨシガモ、タヒバリ、コガモ、ハシビロガモ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、バン、多分葦の茂みの中に臆病なクイナがいるような気がします。
IMG_M0372tq.jpg

こんな長閑な情景が一変する出来事が起こるのですが、その件はまたそのうちに…

pagetop ↑

久し振りの林で

2015.12.28(Mon)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
川沿いを離れて久し振りに我がホームの公園へ行きました。一昨年にミヤマホオジロを見つけた林の中を、雪もまだ降っていないしまだだよな~、などと思いながら地上に目を向けていると
IMG_L9234q.jpg

梢の上から木をたたくリズミカルな音が聞こえてきます。見通しが悪いので飛んでしまわないことを念じつつ、少し離れた場所に移動です。
IMG_L9310tq.jpg

アオゲラは飛び立つときに「ギャッ」と聞こえる音で鳴きますね。図鑑には「キョッキョッ」と記載されていますが、私には濁った大きな声に聞こえます。
IMG_L9322tq.jpg

雌雄交代で抱卵するようですから、世の亭主族にアピールする良い材料になるかも知れません。
「キツツキを見習ってよね!」、などと。 
間違っても
「キツツキでさえできるのに!」 と言ってはダメです。

pagetop ↑

コガモ

2015.12.26(Sat)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
眼の回りから後頭部にかけて縁取りされた緑が広がります。
IMG_M1034tq.jpg

この緑が例によって光の角度やその日の天気によって微妙に変わって見えます。濃緑色に見えるのはまだしも、紺青とか青紫に見える場合があります。
IMG_L9701q.jpg

コガモは珍しい種ではないですが、シジミチョウのムラサキツバメで感じたように、変化する色合いを画像に残せるか? なんていうテーマも楽しみと言えば楽しみ。
IMG_L9687tq.jpg

よくよく観察していたらアメリカコガモだった、などと言う僥倖が無きにしも非ずなので。

pagetop ↑

お約束

2015.12.25(Fri)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
人のものを盗るな、とは幼いころから口を酸っぱくして教えられることの1つです。それが持ち物であっても食べ物であっても、他人が努力して手に入れたものを奪おうとするのは人の道に外れること。
カモメ類にとっての規範は多少異なるようです。一羽のユリカモメがパンのかけらを手に入れました。するとすかさず何羽かの同類が追跡にかかり、鳴きながら一片のパンを巡って争奪戦が始まります。
IMG_L9635tq.jpg

執拗な追っかけにあって、一瞬の隙から獲物を取り落としたりしたら万事休すですから、また相手にあってはそれを手に入れたら空腹を満たせるわけですから、お互い本気モードです。
IMG_L9636tq.jpg

良い悪いではなく、カモメの社会ではこんな奪い合いがマナーになっているようです。エサを獲得した同僚がいたら取り敢えず追いかけないと
「非常識なカモメ」
「カモメの風上にも置けないカモメ」
と思われてしまう(かも)。
IMG_L9639tq.jpg

さらに上を行くトウゾクカモメ類、っていう勇ましいグループもありますね。

pagetop ↑

同調

2015.12.24(Thu)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
群で生活する生き物たちは、ある時たまたま行動が一緒になることがあります。
IMG_F9828q.jpg

その最たるものはガンなどが朝夕に上空を飛ぶ姿で、空を埋め尽くすような大群がやがてカギ型になって飛んでいく様は、何度見ても飽きることが無いし感心させられます。
IMG_L5634q.jpg

それとは比較になりませんが、ごく小規模のグループで同じ動作をしているところを目にすることがあります。
ヒトの場合だと「前にならえ」とか「1,2,3,4の掛け声」で整列したり同一歩調をとったりするところです。習うことも無しにこんなことが出来るのは、群れで生活する動物に必要な能力の一つなのかもしれません。
IML_03630q.jpg

pagetop ↑

柚子バッグ

2015.12.23(Wed)

『をかし』 Comment(0)Trackback-
昨日は二十四節気の冬至でした。かぼちゃと柚子湯が冬至の定番と決まっているようです。かぼちゃはともかく柚子風呂に入る人は話題の割には少ないのではないでしょうか。少なくとも私は入った記憶がありません。
IMG_G2912q.jpg

たまたま夕方通りかかったスーパーの店頭に柚子が陳列してあったのでトライする気になりました。バラ売りもあるし4~5個一山になっているものもあります。その中で2個パックになっているものを購入しました。
IMG_20151222B★q

丸のまま湯船に浮かべるやり方を温泉などで見たことがあります。今回は少ない個数でコストパフォーマンスを稼ごうと、横2つに切って香りを拡散させる作戦です。一応、見栄えのする?この状態で撮影し、その後パッケージに添付してあった柚子バッグに移します。匂いは充満して欲しいですが、浴槽の中が柚子の果肉と種だらけになっては困ります。
IMG_20151222C★q

柚子のパッケージにティーバッグを大きくしたような不織布の袋が付属しているあたり、メイドインジャパンの面目躍如ですね。しかも2個の柚子を入れるのに丁度よい大きさ。お客様のために一工夫することが最終的に自分に返って来ること(平たく言うと収入)になる。
IMG_20151222Dt★q

pagetop ↑

緊張が緩む

2015.12.22(Tue)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
アウトドア用の小さな折り畳み椅子に腰を下ろして川面を見つめていたら、ここら辺にいつもいるモズが近くに降りてきました。たまたま周りに人がいなくなったひと時です。立ってゆっくり姿を追っているときはもう少し離れた距離でも飛んでしまうところ。
IMG_L8367q.jpg

腰を下ろした低い姿勢だと警戒心が緩くなるのでしょうか。振り返ってレンズを向けても平ちゃらです。
IMG_L8401tq.jpg

こちらはイソヒヨドリの写真を撮ろうとその動きに気を取られているとき、
「私も参加!(♀なので"俺"じゃない)」と、イソヒヨの前に飛び出して来たモズです。自分が注視されていないのを敏感に感じて、このヒトは安全、風景の一部とでも判断したようです。
IMG_L8843tq.jpg

地表に何か見つけたか?

pagetop ↑

人工磯ヒヨドリ

2015.12.21(Mon)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
海岸に岩場と呼ばれる場所が無くなって、代わりにコンクリートと鉄を主成分とする構造物がここら辺の水辺の風景になっています。
IMG_L9971tq.jpg

そんな環境に順応し、水門の近くを生活の場にしているイソヒヨドリが一羽いました。下面に白い斑点があるところから♂若鳥と思われます。
IMG_L9973tq.jpg

図鑑ではヒヨドリ類(ヒヨドリ科)ではなくツグミ類‐イソヒヨドリ類に属していて、だとするとヒタキに近い種類、あの騒々しいヒヨドリとは一線を画す存在です。
IMG_L9994q.jpg

嘴でつまんでいるのは、見たところテントウムシのようですがどうでしょうか。私の推測を言わせてもらうなら、かなり不味い部類に入ると思います。あの苦い汁はいただけない。(どういう訳か"テントウムシ=苦い"先入観を持っているのです。忘れてしまった子供の頃、分泌液を舐めていたのかも知れません)
IMG_L8922q.jpg

pagetop ↑

冬日

2015.12.19(Sat)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
朝日の昇る方角が日ごとに南にずれ、太陽が斜めに上がってゆきますね。朝カーテンを引くと陽の光がリビングの奥まで届くようになりました。
IMG_F6339tq.jpg

うちはコタツ派なので、風が強くても晴れた休日であれば、南向きの部屋で窓に面した場所に寝転がって、日当たりでうとうとするのが最高。極楽気分を味わうことが出来ます。
IMG_H0528tq.jpg

とは言えブログの素材を集めるために、これからの季節もアウトドアに向かう必要があり、それはそれで新しい遭遇が楽しみではあります(でも寒い!)。
IMG_L8604tq.jpg

(俺の話題じゃないのか? と言っているジョウビタキ)

pagetop ↑

宙を飛ぶ

2015.12.18(Fri)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
川筋に沿って下流から上流、また上流から海側に悠々と飛んで行きます。チュウヒの漢字に「宙飛」を充てた人のセンスに座布団一枚です。同じ意味合いでも「空飛」とするとありふれた感じになってしまうところを、宙を使ったことでどんな鳥か? と興味をそそる効果が生まれたのではないでしょうか。もっとも鳥の名前を漢字で書くケースは稀で、大体がこのブログのようにカタカナ表記なので、想いを馳せる場面は少なそうです。
IMG_L8970tq.jpg

ロマンチックな名をもらっている割に、外見には目立つ特徴がないですね。飛んでいる画像ではいつも下方を注目しているようです。下向きになっているので頭のシルエットが、丸くずんぐりに見えます。
IMG_L8953tq.jpg

葦原の向こうにするするっと降りてなかなか舞い上がってきません、空振りだった場合を除いて。
IMG_L8202tq.jpg

たまにユリカモメに付きまとわれています。

pagetop ↑

グランイーグル

2015.12.17(Thu)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
トビは全長58cm、オオタカ(50cm)より大きくワシの範疇に入るのではないかと思います。そのトビが奇しくも川筋に建つ、グランイーグルと名付けられたマンションの前を横切ってゆきます。私流に解釈したら"偉大なワシ・マンション"となって、その由来は知る由もないのですが、多分トビに敬意を払った訳では無いでしょう。
IMG_L7832q.jpg

そのとき地上の広場ではこんなことをしている幼児お嬢ちゃんがいたのです。
ユリカモメはいつも群で監視体制をとっているから分るとして、そこにトビが一羽、二羽と集まって来て最盛期に九羽を数えるまでになりました。
IMG_L7891q.jpg

生き物が食料を見つけだす嗅覚にはいつも感心させられます。少し前まで上空に一羽円弧を描いていただけなのに、短時間のうちにどこから発生してきたのかと不思議極まりない。
IMG_L7596tq.jpg

そんな話をしていたら"師匠"は
「今までで一番多いときは20羽ぐらい集まったよ」
と、事もなげにおっしゃいます。
IMG_L7760tq.jpg

普段はのんびりしているように見えるトビが、急降下とか仲間内の争いなど激しい動きを見せてくれたひとときでした。

pagetop ↑

変っているヒドリ

2015.12.16(Wed)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
アメリカヒドリがいると教えられた時、撮っていたヒドリガモの中に一羽変わり種が混じっていたので"師匠"に
「アメリカヒドリってこれですか」と、カメラの液晶画面を見せると
「違うね、これはただのヒドリガモ」
鼻であしらわれてしまいました。
IMG_L5334q.jpg

帰って図鑑でヒドリガモの項を見ていたらしっかり
「目の後ろに緑色光沢のあるもの」もいると記載されています。
IMG_L6312q.jpg

こんな群れが岸辺に近寄って来てその中に紛れていたのです。
IMG_L9021tq.jpg

「ピューン ピューン」と優しげな声で鳴きますね

pagetop ↑

潜水艦?

2015.12.15(Tue)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
遠くで潜ったカンムリカイツブリが浮き上がったと思ったら魚をくわえていました。
IMG_L7046tq.jpg

あごが外れそうな大物を上向になって飲み込みます。喉が膨らんで魚が通過して行くのが分るぐらい。人間の場合30回噛んでから飲み込みなさい、などと教わりますが、羨ましいような、一方味気ないような気もします。
「エエッ!もう食事終わりなの? 1分経っていないじゃん」 などと
IMG_L7049tq.jpg

こちらは場所が変わって、川の本流にいた一羽。獲物をとらえた場面は見たことがありません。ただ冬の間滞在することから、いっぱい食べているのに私が気がつかなっただけかもしれない。何しろ近くにいると思ってレンズを向けると(向けなくても)潜ってしまい、はるか遠くに姿を現したりするので、ずっと注意して見ているのは大変です。
IMG_L8629tq.jpg

pagetop ↑

磯から離れたシギ

2015.12.14(Mon)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
誰もいなくなった、でも少し離れた場所には私だけが手持無沙汰している石畳の河川敷に上がってきたイソシギです。ちょうど後ろ側に残されたカヤかススキの茂みが本来の(広い)河川敷との衝立の役目をして、通行する人の視線を遮っています。
IMG_L6845tq.jpg

砂泥地はともかく、こんな枯草になった広場で何を探しているのでしょうか。動物食=昆虫などを探していると思いますが、この季節アリやダンゴムシも見当たりません。地表に動くものを見つける事自体難しい。
IMG_L6796tq.jpg

眺めているとずっとそこら辺を探し歩いています。
地面を少しつついたその先には、イソシギにしか発見できない、何か魅惑的なものが存在するのでしょう。
IMG_L6775tq.jpg

pagetop ↑

川原も土手も樹上も

2015.12.12(Sat)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
川原のゴロゴロ石が転がっている場所で水生昆虫などを探しているイメージが強いです。
IMG_L4768tq.jpg

水辺から陸上に移動して
IMG_L4779tq.jpg

木の枝に飛んだり土手の草むらにいることも良く目にします。
IMG_L5080tq.jpg

主な生活の場は地表近くと思いますが、木の枝のてっぺんに止まっていることがあります。竿とか杭の先にも来て気分転換なのでしょうか、または次のロケーションを見定めているのか。
IMG_L8465tq.jpg

タヒバリでした。

pagetop ↑

ずっとご滞在

2015.12.11(Fri)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
ヒドリガモの群れの中に一羽だけアメリカヒドリが混じっています。
IMG_L5357tq.jpg

時々話題にあげていた、この地で二十年来観察を続けている、言わば師匠にも相当する方から
「アメリカヒドリが少し離れた場所に来ているよ」
と教えてもらいました。
IMG_L5432q.jpg

そのときはアメリカヒドリの名前は知っていたものの、特徴が頭に浮かびません。当然のことながら、その少し離れた場所に行っても確認できずじまいでした。
IMG_L6612tq.jpg

図鑑やネットで調べてからは、今度は不在だったのか、何回か出かけてやっと確認することが出来ました。生態はヒドリガモと同じようで、時にヒドリガモ♀と一緒に行動します。本当はアメリカヒドリ♀と一緒だと一番うれしいのですが、頭部がグレーっぽい♀の姿は見当たらず残念。
IMG_L6626tq.jpg

英語風にアメリカンヒドリとも呼ぶようです(英名:American wigeon)。

pagetop ↑

接近

2015.12.10(Thu)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
河口近くの公園で休んでいたチョウゲンボウを見つけました。
IMG_L4629tq.jpg

こんな情景に遭遇していつも思うのは、普段は用心深いと思われる生き物が、何かのきっかけまたは理由から、無防備とも思えるほどヒトの接近を許すことがあると。
IMG_L5260tq.jpg

チョウゲンボウがこんな近くで観察できるのは、私にとっては稀なこと。普段は空にいるところしか見たり撮影することが出来ません。
IMG_L5197q.jpg

決して足場が良いとは思えない、つるんとしてとっかかりの無い屋外灯の笠が気に入ったようです。犬を連れて散歩する人が通ったり、子供が下で遊びだしたりすると、少し離れたところにある同じ型の屋外灯に移動します。
IMG_L5301q.jpg

pagetop ↑

シギ立つ川

2015.12.09(Wed)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
秋口から何度も何度も目にしてはいたのですが近くに寄ってくれません。葦原の中や端で動き回って、近づくことも出来ない。
IMG_K2928tq.jpg

人けがないと思うと、私たちがいつもいる辺りに上陸しているようです。ただ気がつくのは何時もタシギの方が早くて、飛び立ったところで「ああ、いたんだ・・・」と、ため息です。
IMG_L1344tq.jpg

そんなことからふと思い出した「鴫立沢(シギタツサワ)」
西行にゆかりの深い大磯の鴫立沢の地名は、タシギの飛び立つところから名付けられたのかな、と思ったりします。
IMG_L1372tq.jpg

心なき身にもあはれは知られけり 鴫立沢の秋の夕暮れ  西行

秋が終わって冬を迎える季節になっても、西行の歌のように「あはれ」な心境には程遠い私です。
IMG_L8225tq.jpg

pagetop ↑

コハダの大きいやつを

2015.12.08(Tue)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
いつもはこんな具合に体を起こし、翼と尾羽でブレーキをかけて、水面に波紋を作ることなくふわりと降り立つダイサギです。
IMG_L0998tq.jpg

それとは逆に主翼を広げずに突進する場合もあります。まるでカワセミがダイブしたりモズが地上の標的を見つけたときのよう。
IMG_L1010tq.jpg

こんな時も水しぶきの発生を最小限に抑えているようです。大騒ぎして魚の群れを散らすことなく、次の機会にもこの近くで漁をしたい。
IMG_L1011tq.jpg

成功した場合の画像。万一落としてしまっても逃げられないように、水際まで運んでから飲み込みます。多少ギャラリーに自慢したい気持ちもある。
獲物の体型からコノシロのように思われますがどうでしょう。
IMG_L1165tq.jpg

pagetop ↑

ごく普通のヒドリ

2015.12.07(Mon)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
川の本流からは葦の生い茂る中州で仕切られた支流にいます。こっち側は風が強い日も波は比較的穏やかだし、時折通り過ぎるモーターボートや漁船の影響も受けにくい。
数十羽の群れが水面に憩って、仲間内のいざこざもあまりない様子。
IMG_L6498tq.jpg

オナガガモがエサ欲しさに人にすり寄るのと違って、ある程度の距離から近寄ろうとせず、逆に人が近付いていくとさりげなく遠ざかったりします。しかし立ち止まって静かにしていると、またゆっくり戻ってきます。
IMG_F9166tq.jpg

人けが感じられないと思った場合には、大胆に群れで河川敷の広場に上陸し草を食んでいます。水辺の植物質だけでなく陸上の草木もたべるんだ。
IMG_L5749q.jpg

クローバーが好みのご様子
IMG_H1146q.jpg

少し変わった個体については次の機会に。

pagetop ↑

遊ぶ

2015.12.05(Sat)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
カモの中で最も人馴れした種ではないでしょうか。この場所に限らず野鳥にエサをやるのが楽しみであり、習慣でもある人がいて、そんな人が近付くのを目ざとく見つけたオナガガモが上陸して待っています。
IMG_L5471q.jpg

公園で野鳥にエサをあげないで下さい、と立札を立てたり案内放送している傍らで、せっせと給餌に励む人がいるのは何なんでしょうね?
IMG_L0721q.jpg

♀にのしかかろうとする♂。♀は相手にせず逃げ回ります。
IMG_L0664q.jpg

食料確保の大問題が解決済みになると、それを探し歩く手間が不要になり、結果として出来た余裕時間には、色んなことして遊べます。
IMG_L0789q.jpg
(さっきのアタックはうまくいかなかったな、と思っている)

pagetop ↑

道に出て来た

2015.12.04(Fri)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
人通りが途絶えた通路に出て来たガビチョウです。いつもは藪の中にいて鳴き声で存在が知れる鳥ですね。
IMG_L0154q.jpg

丈夫そうな脚は地上を走り回るのが得意なことを物語っているようです。
IMG_L0118q.jpg

ドングリやギンナンなどの木の実が落ちて通る人に踏まれ、いい具合に砕けて食べごろなのかもしれない。またはうまそうなイモムシが這っていたとも考えられる。
IMG_L0130q.jpg

夏鳥として渡って来るクロツグミの囀りは聞いたことがないですが、まあ見たことも無いのですが、ガビチョウの鳴き声はクロツグミに似ているそうです。

pagetop ↑

小さな鷹

2015.12.03(Thu)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
同じシチュエーションで何枚か撮影するのがやっとです。
人工の滝があって一日何回か水を通すことで、多少なりとも景観に彩りを添えようという趣向。夏など確かに木立がつくる日陰で水音を聞くと、それだけで気分がリフレッシュされますね。その滝の下にできた臨時の池で水を補給していたであろうツミです。
IMG_K9977tq.jpg

ヒト(私)が近づいたことで驚いて林の木に飛んだところです。向こうが驚いたように私にとっても不意をつかれた驚きです。
ワシタカ類でも小さい方で、ムクドリより少し大きくヒヨドリと同じくらい。写り方によるのでしょうが、脚まで羽毛に覆われるワシやタカと少し違って、このタカの脛は普通の鳥のように見えます。
IMG_K9970tq.jpg

私の図鑑では、日本産ワシタカ類の中で一番小さい種(の一つ)でした。

pagetop ↑

フレンドリー

2015.12.02(Wed)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
以前掲載したことのある、公園の物おじしないカワセミと同じ個体だと思います。しかも表題も前回は「友好的」今回は「フレンドリー」です。(進歩していない自分)
今回もまた飽きもせずレンズを向ける私に付き合ってくれました。
この場面では首を振っているところを撮影しました。家に帰ってパソコンで画像を確認しているとペレット(食べたものの残滓)を吐き出したことが見て取れます。
IMG_K9675tq.jpg

こんなスタイルで何かをねらっているようです。
IMG_K9479q.jpg

湿地の上に渡してある桟道の縁に止まって下を注目していたと思ったら、飛び出して
IMG_K9766q.jpg

別の角度から見るとこんな感じになるようにダイブします。
IMG_K9645q.jpg

元に戻った時に口元はカラのままでした。つまり作戦失敗

pagetop ↑

今度は捕獲成功

2015.12.01(Tue)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
いつもはこんな具合に小魚を追いかけまわして、労力をかけた割にはヒットする場面が少ないような気がしていました。すぐそばに降りたったダイサギが一発で獲物を仕留めるのを見たりすると余計不器用さ!が目立ちます。
IMG_K4652tq.jpg

ところが今回は違います。それもその場では胃に収めるのが大変そうな大物をゲットしました。魚の方がコサギを上回るドジをやらかしてしまったようです。
IMG_L5823tq.jpg

鱗の光り具合からボラの子供かスズキの子供と思われる獲物をくわえて、取り敢えず水際まで移動します。偶然ながらどちらも出世魚の目出度い魚で、一番小さいサイズの呼び方は
 ボラの場合: オボコ(関西ではハク)
 スズキの場合:セイゴ
IMG_L5824tq.jpg

ここで水中に落としてしまったら元も子もない。

何かユーモラスな仕草を見られると思っていたら、意外とスムーズに飲み込んでしまったので拍子抜け。

pagetop ↑

▼ プロフィール

皆空亭

Author:皆空亭
出身:長野県
生活:川崎市
フィールド:おもに自転車の到達範囲

※当ブログへのリンクはご自由にどうぞ(画像直接を除く)
※掲載画像の無断使用はご遠慮下さい

▼ 最新記事
▼ カレンダ

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
▼ 過去の記事

2019年 11月 【14件】
2019年 10月 【27件】
2019年 09月 【25件】
2019年 08月 【27件】
2019年 07月 【27件】
2019年 06月 【25件】
2019年 05月 【27件】
2019年 04月 【26件】
2019年 03月 【26件】
2019年 02月 【24件】
2019年 01月 【24件】
2018年 12月 【26件】
2018年 11月 【26件】
2018年 10月 【27件】
2018年 09月 【25件】
2018年 08月 【27件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【26件】
2018年 05月 【27件】
2018年 04月 【25件】
2018年 03月 【27件】
2018年 02月 【24件】
2018年 01月 【24件】
2017年 12月 【27件】
2017年 11月 【26件】
2017年 10月 【26件】
2017年 09月 【26件】
2017年 08月 【27件】
2017年 07月 【27件】
2017年 06月 【26件】
2017年 05月 【23件】
2017年 04月 【25件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【25件】
2017年 01月 【24件】
2016年 12月 【27件】
2016年 11月 【26件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【26件】
2016年 08月 【27件】
2016年 07月 【26件】
2016年 06月 【26件】
2016年 05月 【24件】
2016年 04月 【25件】
2016年 03月 【27件】
2016年 02月 【25件】
2016年 01月 【24件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【26件】
2015年 10月 【27件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【23件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【25件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【25件】
2015年 02月 【21件】
2015年 01月 【22件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【25件】
2014年 09月 【27件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【27件】
2014年 06月 【28件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【22件】
2014年 02月 【23件】
2014年 01月 【28件】
2013年 12月 【27件】
2013年 11月 【24件】
2013年 10月 【26件】
2013年 09月 【29件】
2013年 08月 【30件】
2013年 07月 【37件】
2013年 06月 【6件】

▼ カテゴリ
▼ タグリスト最新順

ミヤマアカネ(2)
ルリモンハナバチ(6)
ムナグロ(4)
ウミネコ(6)
ギンヤンマ(4)
ゴイサギ(9)
ヤマドリ(1)
モンキチョウ(5)
モノサシトンボ(1)
マユタテアカネ(5)
ホオジロ(6)
チゴハヤブサ(1)
スジグロチャバネセセリ(2)
スジグロシロチョウ(7)
ジャノメチョウ(2)
ナミモンクモバチ(1)
モンベッコウ(1)
ヒメカメノコテントウ(1)
カタグロチビドロバチ(2)
ナガニジゴミムシダマシ(3)
コガシラアワフキ(1)
キンクロハジロ(13)
ウスバカミキリ(1)
アオスジアゲハ(4)
ウラナミシジミ(6)
オオスカシバ(6)
ヨツスジヒメシンクイ(1)
シロテンハナムグリ(3)
シラホシハナムグリ(2)
コフキトンボ(7)
アジアイトトンボ(6)
クマバチ(3)
ニジュウヤホシテントウ(1)
キボシアシナガバチ(1)
アオサギ(11)
ダイサギ(9)
ルリボシカミキリ(1)
ラミーカミキリ(2)
モンキクロカスミカメ(1)
フタツメカワゲラ(1)
ハグロトンボ(4)
サラサヤンマ(1)
ゴマフカミキリ(1)
コオニヤンマ(2)
キボシアオゴミムシ(1)
カメノコテントウ(1)
ウスイロトラカミキリ(1)
ヨツスジハナカミキリ(2)
マミジロハエトリ(1)
メスグロヒョウモン(6)
チョウトンボ(6)
ノコギリカメムシ(1)
クロイトトンボ(2)
キイロクビナガハムシ(1)
ホソサビキコリ(1)
アシブトクチバ(1)
クロマルエンマコガネ(1)
タテジマカミキリ(1)
ヒオドシチョウ(4)
シラホシカミキリ(2)
ホタルカミキリ(1)
クロトラカミキリ(2)
アオカミキリモドキ(1)
ヒゲジロハサミムシ(1)
エゾギクトリバ(1)
トガリバアカネトラカミキリ(1)
アシナガオニゾウムシ(2)
バラルリツツハムシ(1)
ナツアカネ(3)
コムラサキ(8)
ササゴイ(3)
ヒヌマイトトンボ(5)
ホソミイトトンボ(1)
クロカミキリ(1)
ゴイシシジミ(3)
コアジサシ(8)
クロハラアジサシ(1)
クロナガタマムシ(1)
ヒシモンナガタマムシ(1)
ムツボシタマムシ(1)
ムネアカナガタムシ(1)
アトジロサビカミキリ(1)
ゴマダラカミキリ(2)
ルリカミキリ(1)
オオホシオナガバチ(1)
シロヒゲナガゾウムシ(1)
ヨツボシケシキスイ(1)
ヒトツメカギバ(1)
ヨダンハエトリ(1)
カタビロトゲハムシ(1)
シリアゲムシ(1)
クサグモ(1)
ゴマダラチョウ(6)
クワハムシ(1)
コイチャコガネ(1)
ヤマトクロスジヘビトンボ(4)
ムネアカオオクロテントウ(1)
イチモンジカメノコハムシ(1)
ハラビロトンボ(6)
ホソフタオビヒゲナガ(1)
ヒメアシナガコガネ(1)
ヒメクロオトシブミ(1)
シロオビアワフキ(1)
シラヒゲハエトリ(1)
ヤマサナエ(5)
ヒナルリハナカミキリ(1)
ビロウドコガネ(1)
クロスズメバチ(2)
イチモンジチョウ(6)
エゴツルクビオトシブミ(1)
ミカドアリバチ(1)
ヒラタハナムグリ(1)
ウラナミアカシジミ(6)
アカシジミ(8)
ウスイロヒゲボソゾウムシ(1)
トホシテントウ(1)
ヒメヒゲナガカミキリ(2)
トゲヒゲトラカミキリ(2)
ジャコウアゲハ(6)
コガタルリハムシ(1)
キスジホソマダラ(2)
セボシジョウカイ(1)
クロスジギンヤンマ(4)
コアオハナムグリ(4)
アシナガコガネ(1)
クロハナムグリ(2)
ヒゲナガハナノミ(1)
ニホンカワトンボ(4)
ヒメマルカツオブシムシ(2)
エチゼンキマダラハナバチ(1)
アオオビハエトリ(1)
アブラコウモリ(2)
ワカバグモ(1)
ムネアカアワフキ(1)
カルガモ(12)
ミドリシジミ(5)
マガリケムシヒキ(2)
ホソヒメヒラタアブ(1)
オオミドリシジミ(8)
ウラゴマダラシジミ(3)
ミズイロオナガシジミ(6)
ニホンチュウレンジバチ(1)
ニホンチュウレンジ(1)
ニッポンヒゲナガハナバチ(4)
シロスジヒゲナガハナバチ(3)
ツマキアオジョウカイモドキ(1)
ハグルマトモエ(1)
クワキヨコバイ(1)
クロボシツツハムシ(1)
クロホシツツハムシ(2)
アマサギ(1)
アオバセセリ(1)
ツバメ(5)
イワツバメ(3)
ホウロクシギ(1)
カワセミ(11)
ハグロケバエ(1)
コナガ(1)
コジュケイ(6)
ウグイス(8)
クシコメツキ(1)
オオシモフリコメツキ(1)
ガ(1)
ネコハエトリ(1)
コトゲアシクモバチ(1)
アカハネムシ(1)
キアゲハ(4)
クロマルハナバチ(4)
ビロウドツリアブ(4)
アカタテハ(6)
ニホンアマガエル(1)
アマガエル(4)
ギフチョウ(2)
ドバト(1)
ネコ(10)
カモメ(6)
ヒバリ(7)
ハジロカイツブリ(9)
ヨシガモ(9)
ボラ(2)
アリスイ(3)
ニホンアナグマ(1)
トラフシジミ(8)
スギタニルリシジミ(1)
ツマキチョウ(7)
ニシオジロビタキ(1)
コガモ(12)
ツグミ(9)
セッカ(6)
ウミアイサ(5)
メジロ(16)
ルリビタキ(8)
アカハラ(4)
オシドリ(4)
クロツラヘラサギ(3)
ジョウビタキ(12)
ドブネズミ(3)
ヒクイナ(2)
カラス(7)
ムクドリ(10)
クビキリギス(2)
オカヨシガモ(7)
ミヤマセセリ(5)
コツバメ(5)
ミコアイサ(5)
トラツグミ(4)
ヤマシギ(3)
カシラダカ(6)
クロジ(3)
セグロセキレイ(1)
シロハラ(6)
スズガモ(9)
セイタカシギ(7)
スズメ(15)
飛行機(1)
月(2)
ホオジロガモ(1)
マガモ(9)
チョウゲンボウ(12)
ホシハジロ(6)
ビンズイ(2)
キクイタダキ(2)
アオジ(10)
シメ(7)
ドラゴン(11)
メープル(5)
ベニマシコ(5)
オオタカ(9)
ワカケホンセイインコ(1)
イカルチドリ(2)
ヤマガラ(6)
アトリ(4)
チュウヒ(3)
コイ(2)
ノスリ(7)
タシギ(7)
シロチドリ(5)
カワウ(11)
ウナギ(1)
ミサゴ(9)
ハイタカ(4)
ハシビロガモ(7)
ハマシギ(6)
クイナ(5)
タヒバリ(5)
ハヤブサ(6)
イソシギ(8)
オオバン(9)
ヒドリガモ(12)
トビ(11)
ムラサキツバメ(8)
コトヒキ(1)
コサギ(9)
イソヒヨドリ(7)
メボソムシクイ(1)
コサメビタキ(3)
ツミ(5)
キビタキ(9)
トウネン(3)
エゾビタキ(4)
オオルリ(4)
ナナホシテントウ(3)
ベッコウバエ(1)
オオアオイトトンボ(6)
フタモンアシナガバチ(2)
モンシロチョウ(7)
バン(4)
タマムシ(4)
オンブバッタ(2)
ホシホウジャク(5)
モンキアゲハ(5)
キタテハ(6)
水準点(1)
スケバハゴロモ(2)
ツクツクボウシ(4)
ツマグロオオヨコバイ(2)
チャバネセセリ(1)
ヤノトガリハナバチ(4)
ナミカバフドロバチ(1)
ウスバキトンボ(7)
オニヤンマ(5)
キマダラカメムシ(1)
クマゼミ(1)
コムクドリ(1)
ムモントックリバチ(2)
コシアキトンボ(3)
ヤブヤンマ(3)
クロアナバチ(3)
ベッコウハゴロモ(3)
アオバハゴロモ(1)
ルリクビホソハムシ(1)
オナガ(5)
ヨツスジトラカミキリ(4)
ヒメツツハキリバチ(3)
アナアキゾウムシ(1)
アミガサハゴロモ(2)
シオヤアブ(2)
サビキコリ(1)
キバラヘリカメムシ(1)
ヒメコスカシバ(1)
オオハキリバチ(3)
アオモンイトトンボ(6)
ヒメアカタテハ(6)
ヤドリバエ(1)
ハムシダマシ(1)
カオジロヒゲナガゾウムシ(1)
アメンボ(2)
アカスジツチバチ(2)
ワラジムシ(1)
ジガバチ(1)
アシダカグモ(3)
オオモンクロクモバチ(2)
アゲハモドキ(2)
ドウガネブイブイ(1)
コチャバネセセリ(3)
アトワアオゴミムシ(1)
ヤマトシジミ(6)
ヤブキリ(3)
アメイロアリ(1)
ハゼラン(1)
トウキョウヒメハンミョウ(4)
セマダラコガネ(3)
クロアゲハ(5)
イシムカデ(1)
アズマヒキガエル(6)
アオスジハナバチ(6)
クロヤマアリ(1)
カタツムリ(3)
セアカツノカメムシ(1)
クサカゲロウ(1)
シデムシ(1)
ムラサキシジミ(7)
ツバメシジミ(5)
コフキゾウムシ(1)
ウリハムシモドキ(1)
ルリジガバチ(2)
モモブトスカシバ(1)
ヒメシロコブゾウムシ(2)
オオヤマカワゲラ(2)
ニホンカナヘビ(3)
ナミアゲハ(5)
トラマルハナバチ(3)
シロカネグモ(1)
ササグモ(2)
ハキリバチ(1)
クロイロコウガイビル(1)
カシワクチブトゾウムシ(1)
オジロアシナガゾウムシ(2)
アカガネコハナバチ(3)
シオカラトンボ(7)
オオシオカラトンボ(6)
ゴホントゲザトウムシ(1)
アオジョウカイ(3)
コガタスズメバチ(2)
トンボエダシャク(1)
アカガネサルハムシ(1)
ハサミムシ(1)
ヤマアカガエル(1)
シュレーゲルアオガエル(4)
ヤマカガシ(1)
ハゼ(1)
シャチホコガ(1)
アオオサムシ(4)
ウバタマムシ(1)
ヤモリ(1)
アリグモ(1)
ミドリカミキリ(1)
アオカミキリ(2)
ヤツメカミキリ(1)
コマルハナバチ(4)
キイロトラカミキリ(3)
ニホンミツバチ(2)
クロムネアオハバチ(2)
オオヨシキリ(3)
ガビチョウ(5)
マドガ(1)
ブドウスカシクロバ(1)
ヒメトラハナムグリ(2)
オオコンボウヤセバチ(1)
エゾオナガバチ(1)
カワラヒワ(7)
セアカヒラタゴミムシ(1)
ソリハシシギ(4)
チュウサギ(3)
チュウシャクシギ(5)
キョウジョシギ(4)
コチドリ(7)
アオアシシギ(4)
キアシシギ(8)
センダイムシクイ(1)
シャクヤク(1)
ケラ(2)
メダイチドリ(5)
オバシギ(1)
ウズラ(1)
カンムリカイツブリ(9)
ダイシャクシギ(1)
ミヤコドリ(1)
キアシドクガ(1)
カラスアゲハ(6)
センチコガネ(3)
エビ(1)
メダカ(2)
コウモリ(1)
シオヤトンボ(5)
クヌギ(1)
ヒレンジャク(2)
コウノトリ(1)
ユリカモメ(14)
アメリカコガモ(2)
サクラ(9)
ルリタテハ(6)
カタクリ(3)
キクザキイチゲ(3)
モズ(8)
ハクセキレイ(6)
アオゲラ(9)
エナガ(5)
オオジュリン(9)
政府専用機(1)
メジロガモ(1)
シジュウカラ(7)
CP+(1)
ツルシギ(1)
クビワキンクロ(1)
ヨシゴイ(4)
タヌキ(2)
コゲラ(6)
アメリカヒドリ(3)
オナガガモ(8)
丸井(1)
むぎせんべい(1)
セグロカモメ(8)
カチガラス(1)
カササギ(1)
カメ(1)
アジサシ(1)
ホオアカ(4)
ノビタキ(5)
マルガタハナカミキリ(1)
フタスジハナカミキリ(1)
ヒゲナガハナアブ(2)
シロヨトウヤドリヒメバチ(1)
クロヒラタアブ(1)
アカハナカミキリ(1)
ムツアカネ(1)
コノシメトンボ(6)
アオイトトンボ(1)
ミドリヒョウモン(4)
ヒョウモンチョウ(2)
ヒメシジミ(2)
ヒメキマダラヒカゲ(2)
コヒョウモンモドキ(1)
コヒョウモン(2)
コキマダラセセリ(1)
ギンボシヒョウモン(3)
キベリタテハ(1)
エルタテハ(1)
ウラギンヒョウモン(3)
ウラギンスジヒョウモン(2)
アカセセリ(1)
アサギマダラ(4)
マツムシソウ(2)
マガン(1)
アキアカネ(8)
スルスミシマハナアブ(1)
ハンミョウ(2)
ウラギンシジミ(7)
ナガコガネグモ(1)
イボバッタ(2)
トゲアシオオクモバチ(1)
トラフヒラタヤドリバエ(1)
マツムラベッコウコマユバチ(1)
ハネナガヒシバッタ(1)
コハンミョウ(3)
ヌマエビ(1)
ベニイトトンボ(1)
サムライトックリバチ(1)
マルガタゴミムシ(1)
キマワリ(1)
アオカナブン(1)
カナブン(2)
ルリハムシ(1)
シリアゲコバチ(1)
オオスズメバチ(1)
アメリカジガバチ(1)
サトキマダラヒカゲ(4)
コアシナガバチ(1)
ヨツボシホソバ(1)
ヤハズカミキリ(1)
ムモンホソアシナガバチ(1)
ビロードハマキ(1)
ヒカゲチョウ(4)
ツチカメムシ(1)
ミヤマカラスアゲハ(1)
ヤマキマダラヒカゲ(2)
サカハチチョウ(2)
エゾハルゼミ(1)
エゾイトトンボ(1)
ミソサザイ(3)
ホトトギス(1)
ヒガラ(2)
ハチクマ(1)
ノジコ(1)
ゴジュウカラ(1)
キバシリ(1)
アカゲラ(5)
ムネアカツヤコマユバチ(1)
ルリシジミ(4)
オオワシ(1)
シマアシブトハナアブ(1)
ワオキツネザル(1)
テングチョウ(5)
ナガサキアゲハ(4)
セグロアシナガバチ(2)
シロコブゾウムシ(2)
アカボシゴマダラ(5)
ヒメクロトラカミキリ(1)
キスジセアカカギバラバチ(2)
ベニカミキリ(1)
オオマエグロメバエ(1)
シマアメンボ(1)
クロコノマチョウ(4)
ジムグリ(1)
ダイミョウセセリ(2)
コミスジ(3)
ホシミスジ(1)
ヒコーキ(7)
シマアジ(1)
ヒメウラナミジャノメ(3)
キマダラハナバチ(1)
ヨコジマオオヒラタアブ(1)
フデリンドウ(1)
ニリンソウ(1)
ヒトリシズカ(1)
ナミテントウ(3)
アオダイショウ(3)
チューリップ(2)
マツモムシ(1)
シジュウカラガン(1)
三角点(1)
ヒヨドリ(5)
カケス(2)
タイワンリス(2)
アカアシシギ(2)
コバネイナゴ(1)
キゴシハナアブ(1)
オオカマキリ(3)
トノサマバッタ(2)
ハネナガフキバッタ(1)
サンコウチョウ(1)
オオカバフスジドロバチ(1)
ミヤマフキバッタ(1)
ヘリヒラタアブ(1)
ノコギリクワガタ(2)
ツマグロイナゴ(1)
オオシロフクモバチ(2)
ハラビロカマキリ(2)
ショウジョウトンボ(4)
コフキコガネ(1)
クルマバッタモドキ(2)
リスアカネ(4)
シマヘビ(2)
ヒメコガネ(1)
アカスジカメムシ(1)
ハラアカヤドリハキリバチ(3)
ハラヒシバッタ(1)
カタシロゴマフカミキリ(1)
オオフタオビドロバチ(3)
キイトトンボ(1)
ウチワヤンマ(4)
トガリシロオビサビカミキリ(1)
ササキリ(2)
ヒメスズメバチ(1)
イオウイロハシリグモ(1)
マルボシヒラタハナバエ(1)
コモンツチバチ(3)
エサキモンキツノカメムシ(1)
リンゴカミキリ(1)
ハシボソガラス(1)
ツチスガリ(1)
キボシカミキリ(2)
ミナミヒメヒラタアブ(1)
マダラホソアシナガバエ(1)
ハスジカツオゾウムシ(1)
オオニジュウヤホシテントウ(1)
ウスキホシテントウ(1)
ナミハナアブ(3)
ハナグモ(1)
クロスキバホウジャク(1)
キバネツノトンボ(1)
オオルリシジミ(1)
ウスバシロチョウ(2)
カワネズミ(1)
クモガタヒョウモン(1)
コサナエ(1)
オゼイトトンボ(1)
カノコガ(2)
ヒルザキツキミソウ(1)
ツユムシ(1)
ジンガサハムシ(1)
ジョウカイボン(1)
アジサイ(2)
ツマグロハナカミキリ(1)
ホソオビヒゲナガ(2)
トゲヒシバッタ(1)
セイヨウミツバチ(1)
イボタノキ(1)
オジロビタキ(1)
ハサミツノカメムシ(1)
セスジハリバエ(1)
クロハネシロヒゲナガ(1)
ヒメネズミ(1)
オオイシアブ(1)
キタキチョウ(2)
イタドリハムシ(1)
風景・人事(7)
オダマキ(1)
ウワミズザクラ(1)
クモ(1)
マルガモ(2)
キジ(1)
カイツブリ(5)
雛人形(1)
日暈(1)
トラフズク(1)
ワイルア川(1)
ゲッコー(1)
グリーンアノール(1)
ブラウンアノール(1)
ランタナシジミ(1)
ヒョウモンドクチョウ(1)
ネッタイアカセセリ(1)
メリケンキアシシギ(1)
メキシコマシコ(1)
オナガカエデチョウ(1)
ブンチョウ(1)
チョウショウバト(2)
シリアカヒヨドリ(1)
ショウジョウコウカンチョウ(1)
オオカバマダラ(1)
コウカンチョウ(1)
キバシコウカンチョウ(1)
キンノジコ(1)
インドハッカ(2)
イエスズメ(1)
サメビタキ(1)
タカブシギ(1)
チョウSBG(4)
トンボSBG(2)
ベニトンボ(1)
タイワンウチワヤンマ(1)
アカスジベッコウトンボ(1)
チェンジャブルリザード(1)
ミズオオトカゲ(1)
リス(1)
ハイイロチョッキリ(1)
ニホントカゲ(1)
ツマグロヒョウモン(3)
ベニシジミ(3)
ヒメハラナガツチバチ(2)
マメハンミョウ(1)
アカガシラサギ(1)
マダラバッタ(1)
アオハナムグリ(1)
コハナグモ(1)
アズチグモ(2)
テッポウユリ(1)
ミカドトックリバチ(1)
ハギ(1)
ヒガンバナ(3)
ウスバカゲロウ(1)
ヘクソカズラ(1)
キマダラセセリ(3)
キアシナガバチ(2)
ベッコウクモバチ(1)
ショウリョウバッタ(4)
コクワガタ(1)
キオビツチバチ(4)
オオセイボウ(2)
アオマツムシ(1)
世相(1)
シモフリスズメ(1)
アカエグリバ(1)
アオドウガネ(1)
クロヒカゲ(3)
ヒメジャノメ(2)
コジャノメ(1)
ニイニイゼミ(1)
クワカミキリ(1)
カブトムシ(2)
カマキリ(1)
ヒメギス(1)
ビロウドカミキリ(2)
ハナショウブ(1)
ヤマトシリアゲ(1)
ナワシロイチゴ(1)
ヤマモモ(1)
クロヒメバチ(2)
ナナフシモドキ(1)
アサヒナカワトンボ(1)
モグラ(1)
さいか屋(1)
マヒワ(1)
ミミズク(1)
オナガサイホウチョウ?(1)
チャノドコバシタイヨウチョウ(1)
アカガオサイホウチョウ(1)
リュウキュウツバメ(1)
リュウキュウガモ(1)
ムナオビオウギビタキ(1)
ハリオハチクイ(1)
ハクオウチョウ(1)
シマキンパラ(1)
シキチョウ(1)
サイホウチョウ(1)
コブハクチョウ(1)
コアオバト(1)
アオショウビン(1)
オオクイナ(1)
シロハラクイナ(1)
メグロヒヨドリ(1)
コウライウグイス(1)
キバラタイヨウチョウ(1)
カノコバト(1)
オオハッカ(1)
ミツマタ(2)
ツバキ(2)
ウメ(4)
イカル(1)
キセキレイ(2)
ロウバイ(1)
キジバト(2)
紅葉(5)
クロベンケイガニ(1)
アカテガニ(1)
コメツキガニ(1)
アシハラガニ(1)
多摩川(1)
トゲツヤヘラクチイシアブ(1)
スジボソコシブトハナバチ(2)
ヒガシニホントカゲ(1)
オオゲジ(1)
カツラ(1)
キイロスズメバチ(1)
スズバチ(1)
オオハナアブ(2)
コスモス(2)
ヨコジマオオハリバエ(1)
カバオビドロバチ(1)
コクロアナバチ(1)
ミンミンゼミ(1)
アブラゼミ(1)
サルスベリ(2)
ノウゼンカズラ(1)
マツムラヒメアブ(1)
キンケハラナガツチバチ(2)
クマンバチ(2)
オクラ(1)
foods(2)
オスグロトモエ(1)
ヤマトフキバッタ(1)
シロスジクチキヒメバチ(1)
ツマアカクモバチ(1)
クレマチス(1)
ムクゲ(1)
マメコガネ(1)
キイチゴ(1)
ヤマユリ(2)
ツリアブ(1)
コガネムシ(1)
ヨツボシトンボ(1)
ハッチョウトンボ(1)
旅の印象(13)
イルカ(1)
アホウドリ(1)
ミズナギドリ(1)
オットセイ(1)
ケア(1)
ユリノキ(1)
ホオ(1)
トチノキ(1)
ハナミズキ(1)
カリン(1)
ハナカイドウ(1)
クロウタドリ(1)
クロアカツクシガモ(1)
ウ(1)
ギンカモメ(1)
ハシグロカモメ(1)
ズアオアトリ(1)
ウソ(1)
ミヤマホオジロ(2)
タイワンキチョウ(1)
シロオビアゲハ(1)
ベニモンアゲハ(1)
スジグロカバマダラ(1)
カワウソ(1)
カバタテハ(1)
リュウキュウアサギマダラ(1)
ツマベニチョウ(1)
タテハモドキ(1)
イシガケチョウ(1)
ツマムラサキマダラ(1)
オオゴマダラ(1)
空(5)
冬景色(1)
四国(10)
サザンカ(1)
北信五岳(1)
コウテイダリア(1)
展覧会など(2)
シオン(1)
ドングリ(1)
キトンボ(1)
コカマキリ(1)
キンモクセイ(1)
シロオビベッコウハナアブ(1)
イチモンジセセリ(1)
ツチイナゴ(1)
フチ子(1)
クサギ(2)
ノシメトンボ(1)
ミズキ(1)
カナカナゼミ(1)
ヒグラシ(1)
エゾゼミ(1)
スズメバチ(1)
イカリモンガ(2)
タカネトンボ(1)
ルリイトトンボ(1)
クジャクチョウ(1)
ササ(1)
スギナ(1)
アオヤンマ(1)

▼ タグリスト名前順
▼ ranking
▼ 検索フォーム
▼ リンク
▼ 最新コメント

pagetop ↑

Copyright © 2015 皆空亭 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.