2016年06月記事一覧

| home |

« 2016/05 | 2016/06 | 2016/07 »
食べ放題

2016.06.30(Thu)

『昆虫など』 Comment(1)Trackback-
ナナホシテントウがアブラムシ襲撃中です。追う方も逃げる方も動きがゆっくりしているので迫力が感じられません、悲鳴が聞える訳でもないし。
IML_13067tq.jpg

アリとアブラムシは共生の関係で、アリがアブラムシの排出する甘露を得る代わりに敵から守ってやる、と習いました。ただ、「守ってやる」は多少情緒的な表現で、実際のところは甘露の発生源を他の虫に横取りされたくないだけのようにも考えられます。
IML_13075q.jpg

万一、例えばアブラムシが増えすぎて蜜の品質が低下した場合などはそのアリがアブラムシを食べてしまうことを聞いた記憶があります。
IML_13328tq.jpg

ここには守護神のアリが不在です。そうすると天敵テントウムシの出現に成す術なしとなってしまいます。まあ今回はテントウムシにとって理想的な展開だったと言えるでしょう。
一回の食事当り何匹ぐらいのアブラムシを食べるのかな? 5匹、10匹?、50匹は食べないと思いますが・・・

pagetop ↑

いつも確認

2016.06.29(Wed)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
テントウムシを見るとジブリの「紅の豚」のワンシーンを思い出します。
IML_12927tq.jpg

ポルコが、補給する燃料の価格交渉に行っているとき、フィオが手持無沙汰して飛行機に寄りかかって待っている場面です。
IML_12949tq.jpg

そこにテントウムシがやって来て機体に止まろうとして滑ってしまい、上手く止まれずにまた飛んで行ってしまう、それだけのシーンでした。
IML_18573tq.jpg

束の間の描写に、周囲の静寂さとか戦時中にも関わらず偶然のように訪れた平穏、あるいは入念に手入れされていることを彷彿とさせる磨き上げられた機体と言った状況が、説明することなく表現されていたと思います。こんな一場面に制作する人たちのアイデアや思いが凝縮していることを感じさせられます。
IML_18559q.jpg

ナミテントウは模様のバリエーションが幾つもあって、ナナホシテントウ以外は毎回図鑑やネットで確認しなければならない。

pagetop ↑

前翅が透明

2016.06.28(Tue)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
金色に輝くジンガサハムシが葉の上を歩いていました。体長1cm弱、楕円形の躯体です。透明な前翅がテントウムシのようにパカッと開いて後翅で飛ぶことができます。テントウムシの前翅を透明にしたらこんな感じになるかも知れません。ただ横から見たときはドーム型ではなく扁平なところが異なります。
IML_13355tq.jpg

掲示した個体は頭部、胸部に金色の光沢がありますが、中には全身が金色のものもいるようです。翅が透明だと背景が透けて敵から身を隠す効果が期待できる一方で、本体部分がこの色では逆に目立ってしまうと思いますがどうでしょう。
IML_13282tq.jpg

ゼリーっぽい前翅のせいで敵は食欲が失せてしまうのかも知れません。
「ふにゃふにゃな感じで栄養もなさそうだし・・・」 などと

pagetop ↑

キイロトラカミキリ

2016.06.27(Mon)

『昆虫など』 Comment(1)Trackback-
切り倒されて適当な長さに裁断された木材が積んであって、そこを闊歩していたキイロトラカミキリです。近寄って見ているとあちこちにこのカミキリムシが出没しているのに気がつきました。
IML_16910tq.jpg

ネットの記事からはすばしっこく動き回る印象があります。私が見た個体はのんびり屋だったのか、もちろん逃げ出そうともしません。観察していたら一時間でもうろつきまわっていたと思います。
IML_16859q.jpg

クヌギやコナラの朽木が幼虫の食料になるようです。してみると害虫の分類には入らないのでしょうね。でもシイタケ栽培の方はそう思わないでしょう。
脚の部分もうっすらと黄色みがかっています。
IML_13216tq.jpg

pagetop ↑

怪しい

2016.06.25(Sat)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
ジョウカイボンの名前を聞くとチョウゲンボウを思い出します。その響きから「長元坊」と同じような昔のお坊さんの名前を類推してしまいました。
IML_12805q.jpg

伝えられている由来の一つは「浄海坊」から来ているというもので、それは平清盛の出家名だそうです。詳細は兎も角、風貌にさもありなんと思わせるいかがわしさを感じるのは私だけでしょうか。どこかで悪さをやっているような雰囲気あり、です(失礼、単なる私の印象でした)。
IML_12826q.jpg

この仲間で×××ジョウカイと呼ばれるものがわんさといる割に、名前も生態もマイナーな存在です。カミキリムシほど人気が無く、子供が夏休み採集しようと思うような種ではないですね。
IML_12840q.jpg



付録: 今どきの花
IML_18516q.jpg

雨の翌日
IML_18519tq.jpg

pagetop ↑

竿の先は無理にしても

2016.06.24(Fri)

『蝶』 Comment(0)Trackback-
思う存分翅を広げてくれて、白い斑紋が一目瞭然です。5月中旬の撮影ではまだ発生して日数がそれ程経っていたないせいでしょうか、"紋黄"にはなっていないモンキアゲハでした。
IMG_Q1949q.jpg

地表近くは朽木や枯葉が散在し、それらが写り込んで画が煩雑になってしまいます。
IMG_Q1917q.jpg

希望としてはバックがもう少しすっきりした場所で開翅してほしいところ。少し離れた場所にピンクの花が咲いているとか、木蔭から陽の光が点々と射し込んでいたりしたら理想的。
IMG_Q1945q.jpg

赤トンボのように竿の先に止まってくれ、なんて無理な注文はしません。

pagetop ↑

スローモーション

2016.06.23(Thu)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
そんなに特徴のない、むしろ地味な感じのツマグロハナカミキリです。アザミの花に何をしに来たのでしょうか。花びらを食べるのならともかく、花芯に存在するであろう花粉とか蜜が目当てだとしたら、その口の構造からはゲットするのが大変そうです。
IMG_Q1762tq.jpg

針状に林立する花びらの林を歩くのも難儀そう。逆に言うとゆっくりしか動かない(動けない!)ので写真を撮る方は比較的余裕が持てます。
IMG_Q1759tq.jpg
左下の、こんなところにもハナグモが陣取って旨そうな獲物が通りかかるのを待っています。

pagetop ↑

すぐ落ちる

2016.06.22(Wed)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
シロコブゾウムシより小さいからヒメシロコブゾウムシです。シロコブにある尾部の突起がなく、より白っぽいのがヒメシロコブの特徴。
IMG_Q1617tq.jpg

表面の灰白色は鱗片とのことなのでつかまえてブラシか筆でこすったら地の色、多分背中に見える黒が現れてくるかもしれません。今度見かけたら、そして忘れなかったら試してみたい。毒のある虫ではなさそうなので。
IMG_Q1654tq.jpg

関節の部分が黒いビスで留めてあるようにみえますね。
気をつけて撮らないと、少しの刺激で落下してしまいます。

pagetop ↑

ヒゲナガガ科のガ

2016.06.21(Tue)

『蝶』 Comment(0)Trackback-
今日21日は二十四節気の夏至です。あいにくの雨予想で、しかも場所によっては豪雨に見舞われて、一年で最も長い日を実感するどころではなかったですね。

このガの♀は 以前 アップしました(2015.06.24)
IMG_Q1795tq.jpg


今回は特徴ある♂の姿を確認できたのでその掲載です。
ホソオビヒゲナガ♂です。
IMG_Q1799tq.jpg

先日掲載 した触角の長いガ、クロハネシロヒゲナガと同じようにヒゲナガガ科と呼ばれる、舌を噛みそうな名前の科に属します。タイプミスではありませんよ。

pagetop ↑

実力行使

2016.06.20(Mon)

『蝶』 Comment(0)Trackback-
いつも翅を開かないクロコノマチョウを撮影していて、今回は トロい おっとりした性格であることが窺われたことから、試しに手を差し出して捕まえてみようかと思い、ひょっとつまんだら呆気なく言いなりになってくれたので
IML_11760q.jpg
(つかまえたチョウとは違う個体です)

左手で持ち方を色々変えて(もう一方の右手はカメラを持っている)、普段は見せてくれない翅表を披露してもらいました。
IML_12328tq.jpg

前翅先端に黒白の組み合わせ紋があって蛇の目模様に近い。
閉じてばっかりいる、またはいつも翅を開いているチョウに、この奥の手を使うことが出来ると、新発見。
IML_12334tq.jpg

最初はじっとしていたのですがそのうちバタバタ抵抗しだしたので許してあげました。

pagetop ↑

泳ぎも得意

2016.06.18(Sat)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
触角が白っぽく上から見ると長い菱型の体型を持つトゲヒシバッタです。名前の通り胸部横方向に尖った出っ張りがあります。
IML_12324taq.jpg

ご覧の通り水辺の朽ちた切り株に休んでいます。こんな状況で敵が来ると水に飛び込んで泳ぐぐらい水を恐れぬ性格らしいです。飛び出ているトゲの部分によって広くなった面積で浮力を稼いでいると考えられ・・・ないか。
IML_12320tq.jpg

翅があるのだから飛べばいいと思うのですが、ジャンプしたり飛んで逃げることは想定済の敵、鳥などの裏をかく効果は期待出来そうです。でも水辺には今度は大きな魚やカエルやヘビが待ち構えているから油断ならない。

pagetop ↑

勤勉ですねぇ

2016.06.17(Fri)

『蜂』 Comment(0)Trackback-
前回アップしたトラマルハナバチと同じ日に、こちらはシロツメクサ、いわゆるクローバーで吸蜜していたセイヨウミツバチです。言わずと知れた、ハチミツを集めてくれる貴重なミツバチです。
IMG_P9307tq.jpg

ニホンミツバチもそのうち掲載する機会があると思いますが、セイヨウミツバチは腹部の上の方が橙色がかっているところが異なります(ニホンミツバチは少し小さく黒っぽい)。
IMG_P9290q.jpg

花蜜を収集したら、どこかの養蜂家の元に持ち帰るのでしょう。
アリに劣らぬ働き者です。
IML_18755tq.jpg

pagetop ↑

侵入種に注意のこと

2016.06.16(Thu)

『蜂』 Comment(0)Trackback-
同じような生態のコマルハナバチより少し大きい感じ、クロマルハナバチとは同じくらいのトラマルハナバチがアカツメクサに取り組んでいました。(アカツメクサは「ムラサキツメクサ」が正式な名前らしい)
カラーリングからくる印象はコマルハナバチの方が可愛らしいですね。
IMG_P9075q.jpg

このハチは北海道には分布せず、多分代わりになるのがエゾトラマルハナバチなのでしょう。と、少し調べたらセイヨウオオマルハナバチと呼ばれる、トマト温室での受粉用に導入された種が野生化して生存域を広め、北海道では既存種を脅かすまでになっているとのことです。
こちら ではセイヨウオオマルハナバチの監視や捕獲活動を行っているそうです。本州以南でも彼らを見つけた際は遠慮なく天国に旅立ってもらいましょう。在来種であるトラマルハナバチ、コマルハナバチやクロマルハナバチのために。
どうやって片付けるかはお任せします!
IMG_P9091tq.jpg

因みにセイヨウオオマルハナバチは胸部と腹部に黄色のストライプが入りお尻は白です。

pagetop ↑

疣取りの木

2016.06.15(Wed)

『蝶』 Comment(0)Trackback-
大きな池の一方に桟道が通してあります。その道沿いに咲いている白い花にイチモンジチョウがやって来ていました。花(木)の名前はイボタノキ
IMG_P9640q.jpg

イボタノキとは奇妙な名前です。それにはイボタロウムシが関わっていて、イボタロウムシが付く木だからイボタノキなのか、イボタノキにつくことからイボタロウムシと呼ばれるようになったのか起源が今一つはっきりしません。
IMG_P9658q.jpg

実態はこんなところではないでしょうか。
この木に寄生するカイガラムシからは蝋がとれ、家具のワックス剤やろうそくの原料になるほか、(真偽のほどは定かではない)いぼ取りの薬として使われたようです。すなわち疣取の木、それが変じてイボタ→イボタノキと変遷したと言われています。そしてカイガラムシの方はイボタの木につく蝋虫から、イボタ蝋虫=イボタロウムシと呼ばれるようになりました。
IMG_P9686q.jpg

ところでこの木を(幼虫が)食草にするゼフィルスの一つ、ウラゴマダラシジミの方は発見できず残念。

pagetop ↑

アカアシシギ

2016.06.14(Tue)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
水門の先に延びる水路の突端にシギがしゃがみ込んでじっとしていました。こちらでよく見るキアシシギかと思って、まあそれでも一応写真は撮っておくかと思ったのでした。
IML_15677tq.jpg

土手から降りて近づくと飛び立ちます。キアシシギにしては白っぽく、かつ腰のあたりも白かったっけ?と少し疑問に思ったのは確かです。
IML_15686tq.jpg

後で調べればいいやと、取り敢えずいつも時間をかけて観察する上流の方に進みました。
IML_15687tq.jpg

そうしたら多摩川の"師匠"、
「アカアシシギが来ているよ」
とおっしゃいます。かなり遠めですが、確かに嘴の一部と脚が赤いシギが確認できます。
家に帰って画像を整理していたら、水門の方で撮ったのも偶然アカアシシギだったことが分りました。数百メートル離れた場所で見たアカアシシギは時間的にも同じ個体とは思えず、2羽滞在していたのかと想像した次第。
IML_16367tq.jpg

 アカアシシギ
 アオアシシギ
 キアシシギ
これで3種類記録することが出来ました。
「赤巻紙青巻紙黄巻紙」のような早口言葉にはなりませんね。

pagetop ↑

遠すぎるムナグロ

2016.06.13(Mon)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
葦原で遮られたその先の水際に、何とか識別できる大きさのムナグロがいました。画像で手前に見える、胸から脇腹にかけて黒に縁取りされた鳥です、と注釈を加えなければならないところが悲しい。
IMG_P7801t2q.jpg

広い芦原をかき分けて進むことは出来ませんし、少し離れた場所には水面まで続く道らしきものがありますが、水溜りの泥道で長靴でも履かない限り接近できません。
こちらの画像では左側の私の方を向いているのがムナグロ。
IMG_P7808t2q.jpg

旅鳥として多数渡って来るそうですから、ロケーションによっては珍しくも何ともないでしょう。

pagetop ↑

オジロビタキ

2016.06.11(Sat)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
河口に行く道すがら、葦原で盛んに鳴き声を響かせているオオヨシキリに混じって、手前にある防風林?の梢から聞きなれない、心地よい鳴き声が聞こえていました。
取り敢えず自転車を止めて声のする方を見つめてみます。
IMG_P7086tq.jpg

30分位経ったでしょうか、何とか垣間見えるところまで降りてきました。そうは言っても日の光が直接当たらずかつ枝葉に覆われる、カメラにとっては不利な位置です。ヒタキの仲間らしいことが眼の感じとか飛び立ってフライングキャッチする仕草から判断できます。
IMG_P7098tq.jpg

なかなかこちら向きになってくれない中、喉のあたりがうっすらと赤く見える外観は私にとって初見の鳥だろうと期待を抱かせます。帰宅して調べた結果、尾羽外側にある白斑と併せてオジロビタキであることが分りました。
IMG_P7098t2q.jpg

5月上旬は連休終わり頃の2時間余り、実態は数分間でした。その後は注意するものの鳴き声も聞いていません。
IMG_P7100tq.jpg

pagetop ↑

平和的共存

2016.06.10(Fri)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
手前が今回主役のソリハシシギ(全長23cm)、後ろはチュウシャクシギ(全長42cm)です。大人と子供ほどの差があります。
IMG_P490tq.jpg

この場所にはキアシシギ、ソリハシシギ、チュウシャクシギが数羽づつ思い思いに動き回っていて、資源(ゴカイとか)の争奪戦が発生している模様です。しかし同種間でも異種の間でも争わないですね。それだけ食料が豊富なのでしょうか。
同じ状態でサギ(ダイ、チュウ、コ、アオ)が集団になっていた場合は、何らかの争いは避けられぬところ。
IMG_P5102tq.jpg

右脚にリングをしています。何と刻印されているか識別不能。
IMG_P5021t2q.jpg

pagetop ↑

10cmのシロチドリ?

2016.06.09(Thu)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
用心深くてなかなか近くには寄ってくれないシロチドリです。
IMG_P7776tq.jpg

Wikipediaでシロチドリの項を参照していたら、
 全長  10~17.5cm
 翼開張 42~45cm
とあってびっくり。
メジロの全長が12cm程度なのでそれより小さかったらもはや別の種でしょう?と指摘がありそうですし、そもそもそんなに個体差の幅があるものでしょううか。私はコチドリと似たようなサイズとの印象を持っていました。
そうなると翼を開いたときの幅、翼開張が40cmオーバーっていうのも疑わしい。
IMG_P7590tq.jpg


因みにコチドリの記載は
 全長  16cm
 翼開張 35cm
で、妥当なところ。

フィールドガイド「日本の野鳥」によればシロチドリの全長は17.5cmとなっているので
10~17.5cmは16~17.5cmの誤植ではないかと思います。
翼開長については、飛んでいる姿を観察する鳥と違い同ガイドに記載がありません。
IMG_P7753tq.jpg

pagetop ↑

近くても飛んで移動

2016.06.08(Wed)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
水面を泳ぐこともありますし、勿論脚が届けば歩いて移動することは可能ですが、キョウジョシギの場合は至近距離でも跳躍して浅瀬に移ったり
IMG_P4812tq.jpg

飛び上って隣の岩に着地する場合が多いように思います。
IMG_P9884q.jpg

眺めていると、干潟を歩き回ってそこに潜むゴカイやカニ類を捕えるよりも、岩、石に取り付いて隙間を窺う場面が多くて、その間の移動は簡単に済ませたい意志があるようです。
なので画像も必然的に岩場とかゴロタ石の転がる背景になります。
IMG_Q0905q.jpg

英名は"ruddy turnstone" で、赤脚と石をひっくり返す仕草が表現されています。
和名の「京女シギ」もちょっとひねった覚えやすい名前ですね。
IMG_P9917q.jpg

pagetop ↑

巣材集め

2016.06.07(Tue)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
一昨日6月5日は二十四節気の芒種、穀物の種まきをする頃です。少し意味合いは異なりますが、家から自転車で走れるほどの距離にある田んぼでも田植えを行っていましたね。水を張って鏡のように周囲を映し出す水田の景観は、それがビルや鉄塔であっても今の季節らしいもの。
IMG_P9483tq.jpg

代かきが終わった水田にツバメが巣材の調達にやって来ます。時節柄、土を壁のように積み上げて作る巣に格好の材料提供地なのでしょう。これで農家の屋根下や茶の間の天井に巣を作ったら、人の生活とともにある鳥の面目躍如というところ。
IMG_P9454tq.jpg

現在は、家の構造が変化したり鉄筋の集合住宅が増えたせいで、駅舎とか橋桁の下あたりに作られる場合が多いですね。どちらにしても鳥の巣には珍しく雨が当たらない場所です。藁などで補強されているにしても、土が原料の巣はやっぱり雨が続くと溶け出す心配がある訳で、建物の軒先を借りるのは理にかなった選択です。
IMG_P5871tq.jpg

pagetop ↑

ダイサギ夏化粧

2016.06.06(Mon)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
夏羽になったダイサギが見られるようになりました。
IMG_P4664tq.jpg

ダイサギ夏羽の特徴1 胸や背に長い飾り羽。この個体は頭部からも出ていますね。
IMG_P4770tq.jpg

特徴2 目先が青緑色になる(冬羽では黄緑色)
特徴3 嘴が黒に変化(冬羽では黄色)。ただし黄色いままの個体もいます。
IMG_P6619tq.jpg

pagetop ↑

強風も何のその

2016.06.04(Sat)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
コアジサシは風が強くても平ちゃらで、むしろそれを楽しんで飛行しているようにさえ思えます。天気予報で「今日は強風や突風に注意が必要です」などとアナウンスされた日には、先日覚えたウルトラC級の技を試さなければならない。
風上に向かって翼を動かさずにホバリングしているかと思うと、突然気流に身をまかせて視野から失踪したりする。
IMG_P4573tq.jpg

ある期間にはさかんに♀に求愛給餌するする姿が見られます。
岸辺に待っている相手に獲物を届けるのが普通の形。
IMG_P4738tq.jpg

もう少し高度のテクニックを披露したい個体は空中で授受を行ったりすることがあります。相手とのあうんの呼吸で、
"Are you OK ?"
"of course"
などと感応し合っているのでしょう(注: 画像はその場面ではありません)。
IMG_P4354tq.jpg

でも時にタイミングを逸して、魚を取り落としてしまうのはご愛嬌。

pagetop ↑

5月の旅人

2016.06.03(Fri)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
一ヶ月ぐらい河口に滞在していたキアシシギ
IMG_P6233tq.jpg

比較的近くから観察できます
IMG_P6305q.jpg

こんな風にして水中に嘴を突っ込むのは何が標的なのでしょうか。カニやゴカイよりも小魚のような気がします。私は見たことないですが魚も捕獲するようで、ネットにはその画像も散見されますね。
IMG_P6444tq.jpg

もういません
IMG_P5266q.jpg
6月の声を聞くと立ち去ってしまいます。

pagetop ↑

強く抱かれたい

2016.06.02(Thu)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
掲載したハサミツノカメムシに限らずカメムシには触りたくないし、何かのはずみで衣服にくっついたりして欲しくない私です。
IML_12034q.jpg

それをアップしたのはササの葉の上に佇むこの虫が鮮やかに目についたからでした。角の部分のオレンジがいいアクセントになっています。 これは♀、♂の場合は名のように大きなハサミをお尻に持って、これはと思った♀を強力に 拘束 サポートするようです。
IML_12036q.jpg

表題に惹かれて訪問された方には、期待外れの内容だったかもしれません。

pagetop ↑

幼虫は果敢

2016.06.01(Wed)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
チョウやガの仲間に寄生して育ちます。卵から孵った幼虫が通りかかるイモムシに乗り移って、それを食料にして成長する仕組みです。そんな向こう見ずな幼虫時代を過ぎて、成虫になると花とか果実食になるから不思議。ヒト的には不潔と呼んでいるもの、糞や虫の死骸にもやって来るようです。
ハリバエの由来は何でしょうね。躰に張りのある剛毛が生えているからでしょうか。
IML_11730q.jpg

寄生される側が人にとって害になる虫だと益虫と呼ばれ、人が利用する虫(例えば養蚕家にとってのカイコ)である場合は害虫と呼ばれることになります。セスジハリバエの場合は益虫の範疇に入るようですから、少なくともヒトは天敵とならない。
IML_11735tq.jpg

生き物にとってヒトが天敵になる以上に恐ろしいことは無いでしょう。

pagetop ↑

▼ プロフィール

皆空亭

Author:皆空亭
出身:長野県
生活:川崎市
フィールド:おもに自転車の到達範囲

※当ブログへのリンクはご自由にどうぞ(画像直接を除く)
※掲載画像の無断使用はご遠慮下さい

▼ 最新記事
▼ カレンダ

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
▼ 過去の記事

2019年 11月 【14件】
2019年 10月 【27件】
2019年 09月 【25件】
2019年 08月 【27件】
2019年 07月 【27件】
2019年 06月 【25件】
2019年 05月 【27件】
2019年 04月 【26件】
2019年 03月 【26件】
2019年 02月 【24件】
2019年 01月 【24件】
2018年 12月 【26件】
2018年 11月 【26件】
2018年 10月 【27件】
2018年 09月 【25件】
2018年 08月 【27件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【26件】
2018年 05月 【27件】
2018年 04月 【25件】
2018年 03月 【27件】
2018年 02月 【24件】
2018年 01月 【24件】
2017年 12月 【27件】
2017年 11月 【26件】
2017年 10月 【26件】
2017年 09月 【26件】
2017年 08月 【27件】
2017年 07月 【27件】
2017年 06月 【26件】
2017年 05月 【23件】
2017年 04月 【25件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【25件】
2017年 01月 【24件】
2016年 12月 【27件】
2016年 11月 【26件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【26件】
2016年 08月 【27件】
2016年 07月 【26件】
2016年 06月 【26件】
2016年 05月 【24件】
2016年 04月 【25件】
2016年 03月 【27件】
2016年 02月 【25件】
2016年 01月 【24件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【26件】
2015年 10月 【27件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【23件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【25件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【25件】
2015年 02月 【21件】
2015年 01月 【22件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【25件】
2014年 09月 【27件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【27件】
2014年 06月 【28件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【22件】
2014年 02月 【23件】
2014年 01月 【28件】
2013年 12月 【27件】
2013年 11月 【24件】
2013年 10月 【26件】
2013年 09月 【29件】
2013年 08月 【30件】
2013年 07月 【37件】
2013年 06月 【6件】

▼ カテゴリ
▼ タグリスト最新順

ミヤマアカネ(2)
ルリモンハナバチ(6)
ムナグロ(4)
ウミネコ(6)
ギンヤンマ(4)
ゴイサギ(9)
ヤマドリ(1)
モンキチョウ(5)
モノサシトンボ(1)
マユタテアカネ(5)
ホオジロ(6)
チゴハヤブサ(1)
スジグロチャバネセセリ(2)
スジグロシロチョウ(7)
ジャノメチョウ(2)
ナミモンクモバチ(1)
モンベッコウ(1)
ヒメカメノコテントウ(1)
カタグロチビドロバチ(2)
ナガニジゴミムシダマシ(3)
コガシラアワフキ(1)
キンクロハジロ(13)
ウスバカミキリ(1)
アオスジアゲハ(4)
ウラナミシジミ(6)
オオスカシバ(6)
ヨツスジヒメシンクイ(1)
シロテンハナムグリ(3)
シラホシハナムグリ(2)
コフキトンボ(7)
アジアイトトンボ(6)
クマバチ(3)
ニジュウヤホシテントウ(1)
キボシアシナガバチ(1)
アオサギ(11)
ダイサギ(9)
ルリボシカミキリ(1)
ラミーカミキリ(2)
モンキクロカスミカメ(1)
フタツメカワゲラ(1)
ハグロトンボ(4)
サラサヤンマ(1)
ゴマフカミキリ(1)
コオニヤンマ(2)
キボシアオゴミムシ(1)
カメノコテントウ(1)
ウスイロトラカミキリ(1)
ヨツスジハナカミキリ(2)
マミジロハエトリ(1)
メスグロヒョウモン(6)
チョウトンボ(6)
ノコギリカメムシ(1)
クロイトトンボ(2)
キイロクビナガハムシ(1)
ホソサビキコリ(1)
アシブトクチバ(1)
クロマルエンマコガネ(1)
タテジマカミキリ(1)
ヒオドシチョウ(4)
シラホシカミキリ(2)
ホタルカミキリ(1)
クロトラカミキリ(2)
アオカミキリモドキ(1)
ヒゲジロハサミムシ(1)
エゾギクトリバ(1)
トガリバアカネトラカミキリ(1)
アシナガオニゾウムシ(2)
バラルリツツハムシ(1)
ナツアカネ(3)
コムラサキ(8)
ササゴイ(3)
ヒヌマイトトンボ(5)
ホソミイトトンボ(1)
クロカミキリ(1)
ゴイシシジミ(3)
コアジサシ(8)
クロハラアジサシ(1)
クロナガタマムシ(1)
ヒシモンナガタマムシ(1)
ムツボシタマムシ(1)
ムネアカナガタムシ(1)
アトジロサビカミキリ(1)
ゴマダラカミキリ(2)
ルリカミキリ(1)
オオホシオナガバチ(1)
シロヒゲナガゾウムシ(1)
ヨツボシケシキスイ(1)
ヒトツメカギバ(1)
ヨダンハエトリ(1)
カタビロトゲハムシ(1)
シリアゲムシ(1)
クサグモ(1)
ゴマダラチョウ(6)
クワハムシ(1)
コイチャコガネ(1)
ヤマトクロスジヘビトンボ(4)
ムネアカオオクロテントウ(1)
イチモンジカメノコハムシ(1)
ハラビロトンボ(6)
ホソフタオビヒゲナガ(1)
ヒメアシナガコガネ(1)
ヒメクロオトシブミ(1)
シロオビアワフキ(1)
シラヒゲハエトリ(1)
ヤマサナエ(5)
ヒナルリハナカミキリ(1)
ビロウドコガネ(1)
クロスズメバチ(2)
イチモンジチョウ(6)
エゴツルクビオトシブミ(1)
ミカドアリバチ(1)
ヒラタハナムグリ(1)
ウラナミアカシジミ(6)
アカシジミ(8)
ウスイロヒゲボソゾウムシ(1)
トホシテントウ(1)
ヒメヒゲナガカミキリ(2)
トゲヒゲトラカミキリ(2)
ジャコウアゲハ(6)
コガタルリハムシ(1)
キスジホソマダラ(2)
セボシジョウカイ(1)
クロスジギンヤンマ(4)
コアオハナムグリ(4)
アシナガコガネ(1)
クロハナムグリ(2)
ヒゲナガハナノミ(1)
ニホンカワトンボ(4)
ヒメマルカツオブシムシ(2)
エチゼンキマダラハナバチ(1)
アオオビハエトリ(1)
アブラコウモリ(2)
ワカバグモ(1)
ムネアカアワフキ(1)
カルガモ(12)
ミドリシジミ(5)
マガリケムシヒキ(2)
ホソヒメヒラタアブ(1)
オオミドリシジミ(8)
ウラゴマダラシジミ(3)
ミズイロオナガシジミ(6)
ニホンチュウレンジバチ(1)
ニホンチュウレンジ(1)
ニッポンヒゲナガハナバチ(4)
シロスジヒゲナガハナバチ(3)
ツマキアオジョウカイモドキ(1)
ハグルマトモエ(1)
クワキヨコバイ(1)
クロボシツツハムシ(1)
クロホシツツハムシ(2)
アマサギ(1)
アオバセセリ(1)
ツバメ(5)
イワツバメ(3)
ホウロクシギ(1)
カワセミ(11)
ハグロケバエ(1)
コナガ(1)
コジュケイ(6)
ウグイス(8)
クシコメツキ(1)
オオシモフリコメツキ(1)
ガ(1)
ネコハエトリ(1)
コトゲアシクモバチ(1)
アカハネムシ(1)
キアゲハ(4)
クロマルハナバチ(4)
ビロウドツリアブ(4)
アカタテハ(6)
ニホンアマガエル(1)
アマガエル(4)
ギフチョウ(2)
ドバト(1)
ネコ(10)
カモメ(6)
ヒバリ(7)
ハジロカイツブリ(9)
ヨシガモ(9)
ボラ(2)
アリスイ(3)
ニホンアナグマ(1)
トラフシジミ(8)
スギタニルリシジミ(1)
ツマキチョウ(7)
ニシオジロビタキ(1)
コガモ(12)
ツグミ(9)
セッカ(6)
ウミアイサ(5)
メジロ(16)
ルリビタキ(8)
アカハラ(4)
オシドリ(4)
クロツラヘラサギ(3)
ジョウビタキ(12)
ドブネズミ(3)
ヒクイナ(2)
カラス(7)
ムクドリ(10)
クビキリギス(2)
オカヨシガモ(7)
ミヤマセセリ(5)
コツバメ(5)
ミコアイサ(5)
トラツグミ(4)
ヤマシギ(3)
カシラダカ(6)
クロジ(3)
セグロセキレイ(1)
シロハラ(6)
スズガモ(9)
セイタカシギ(7)
スズメ(15)
飛行機(1)
月(2)
ホオジロガモ(1)
マガモ(9)
チョウゲンボウ(12)
ホシハジロ(6)
ビンズイ(2)
キクイタダキ(2)
アオジ(10)
シメ(7)
ドラゴン(11)
メープル(5)
ベニマシコ(5)
オオタカ(9)
ワカケホンセイインコ(1)
イカルチドリ(2)
ヤマガラ(6)
アトリ(4)
チュウヒ(3)
コイ(2)
ノスリ(7)
タシギ(7)
シロチドリ(5)
カワウ(11)
ウナギ(1)
ミサゴ(9)
ハイタカ(4)
ハシビロガモ(7)
ハマシギ(6)
クイナ(5)
タヒバリ(5)
ハヤブサ(6)
イソシギ(8)
オオバン(9)
ヒドリガモ(12)
トビ(11)
ムラサキツバメ(8)
コトヒキ(1)
コサギ(9)
イソヒヨドリ(7)
メボソムシクイ(1)
コサメビタキ(3)
ツミ(5)
キビタキ(9)
トウネン(3)
エゾビタキ(4)
オオルリ(4)
ナナホシテントウ(3)
ベッコウバエ(1)
オオアオイトトンボ(6)
フタモンアシナガバチ(2)
モンシロチョウ(7)
バン(4)
タマムシ(4)
オンブバッタ(2)
ホシホウジャク(5)
モンキアゲハ(5)
キタテハ(6)
水準点(1)
スケバハゴロモ(2)
ツクツクボウシ(4)
ツマグロオオヨコバイ(2)
チャバネセセリ(1)
ヤノトガリハナバチ(4)
ナミカバフドロバチ(1)
ウスバキトンボ(7)
オニヤンマ(5)
キマダラカメムシ(1)
クマゼミ(1)
コムクドリ(1)
ムモントックリバチ(2)
コシアキトンボ(3)
ヤブヤンマ(3)
クロアナバチ(3)
ベッコウハゴロモ(3)
アオバハゴロモ(1)
ルリクビホソハムシ(1)
オナガ(5)
ヨツスジトラカミキリ(4)
ヒメツツハキリバチ(3)
アナアキゾウムシ(1)
アミガサハゴロモ(2)
シオヤアブ(2)
サビキコリ(1)
キバラヘリカメムシ(1)
ヒメコスカシバ(1)
オオハキリバチ(3)
アオモンイトトンボ(6)
ヒメアカタテハ(6)
ヤドリバエ(1)
ハムシダマシ(1)
カオジロヒゲナガゾウムシ(1)
アメンボ(2)
アカスジツチバチ(2)
ワラジムシ(1)
ジガバチ(1)
アシダカグモ(3)
オオモンクロクモバチ(2)
アゲハモドキ(2)
ドウガネブイブイ(1)
コチャバネセセリ(3)
アトワアオゴミムシ(1)
ヤマトシジミ(6)
ヤブキリ(3)
アメイロアリ(1)
ハゼラン(1)
トウキョウヒメハンミョウ(4)
セマダラコガネ(3)
クロアゲハ(5)
イシムカデ(1)
アズマヒキガエル(6)
アオスジハナバチ(6)
クロヤマアリ(1)
カタツムリ(3)
セアカツノカメムシ(1)
クサカゲロウ(1)
シデムシ(1)
ムラサキシジミ(7)
ツバメシジミ(5)
コフキゾウムシ(1)
ウリハムシモドキ(1)
ルリジガバチ(2)
モモブトスカシバ(1)
ヒメシロコブゾウムシ(2)
オオヤマカワゲラ(2)
ニホンカナヘビ(3)
ナミアゲハ(5)
トラマルハナバチ(3)
シロカネグモ(1)
ササグモ(2)
ハキリバチ(1)
クロイロコウガイビル(1)
カシワクチブトゾウムシ(1)
オジロアシナガゾウムシ(2)
アカガネコハナバチ(3)
シオカラトンボ(7)
オオシオカラトンボ(6)
ゴホントゲザトウムシ(1)
アオジョウカイ(3)
コガタスズメバチ(2)
トンボエダシャク(1)
アカガネサルハムシ(1)
ハサミムシ(1)
ヤマアカガエル(1)
シュレーゲルアオガエル(4)
ヤマカガシ(1)
ハゼ(1)
シャチホコガ(1)
アオオサムシ(4)
ウバタマムシ(1)
ヤモリ(1)
アリグモ(1)
ミドリカミキリ(1)
アオカミキリ(2)
ヤツメカミキリ(1)
コマルハナバチ(4)
キイロトラカミキリ(3)
ニホンミツバチ(2)
クロムネアオハバチ(2)
オオヨシキリ(3)
ガビチョウ(5)
マドガ(1)
ブドウスカシクロバ(1)
ヒメトラハナムグリ(2)
オオコンボウヤセバチ(1)
エゾオナガバチ(1)
カワラヒワ(7)
セアカヒラタゴミムシ(1)
ソリハシシギ(4)
チュウサギ(3)
チュウシャクシギ(5)
キョウジョシギ(4)
コチドリ(7)
アオアシシギ(4)
キアシシギ(8)
センダイムシクイ(1)
シャクヤク(1)
ケラ(2)
メダイチドリ(5)
オバシギ(1)
ウズラ(1)
カンムリカイツブリ(9)
ダイシャクシギ(1)
ミヤコドリ(1)
キアシドクガ(1)
カラスアゲハ(6)
センチコガネ(3)
エビ(1)
メダカ(2)
コウモリ(1)
シオヤトンボ(5)
クヌギ(1)
ヒレンジャク(2)
コウノトリ(1)
ユリカモメ(14)
アメリカコガモ(2)
サクラ(9)
ルリタテハ(6)
カタクリ(3)
キクザキイチゲ(3)
モズ(8)
ハクセキレイ(6)
アオゲラ(9)
エナガ(5)
オオジュリン(9)
政府専用機(1)
メジロガモ(1)
シジュウカラ(7)
CP+(1)
ツルシギ(1)
クビワキンクロ(1)
ヨシゴイ(4)
タヌキ(2)
コゲラ(6)
アメリカヒドリ(3)
オナガガモ(8)
丸井(1)
むぎせんべい(1)
セグロカモメ(8)
カチガラス(1)
カササギ(1)
カメ(1)
アジサシ(1)
ホオアカ(4)
ノビタキ(5)
マルガタハナカミキリ(1)
フタスジハナカミキリ(1)
ヒゲナガハナアブ(2)
シロヨトウヤドリヒメバチ(1)
クロヒラタアブ(1)
アカハナカミキリ(1)
ムツアカネ(1)
コノシメトンボ(6)
アオイトトンボ(1)
ミドリヒョウモン(4)
ヒョウモンチョウ(2)
ヒメシジミ(2)
ヒメキマダラヒカゲ(2)
コヒョウモンモドキ(1)
コヒョウモン(2)
コキマダラセセリ(1)
ギンボシヒョウモン(3)
キベリタテハ(1)
エルタテハ(1)
ウラギンヒョウモン(3)
ウラギンスジヒョウモン(2)
アカセセリ(1)
アサギマダラ(4)
マツムシソウ(2)
マガン(1)
アキアカネ(8)
スルスミシマハナアブ(1)
ハンミョウ(2)
ウラギンシジミ(7)
ナガコガネグモ(1)
イボバッタ(2)
トゲアシオオクモバチ(1)
トラフヒラタヤドリバエ(1)
マツムラベッコウコマユバチ(1)
ハネナガヒシバッタ(1)
コハンミョウ(3)
ヌマエビ(1)
ベニイトトンボ(1)
サムライトックリバチ(1)
マルガタゴミムシ(1)
キマワリ(1)
アオカナブン(1)
カナブン(2)
ルリハムシ(1)
シリアゲコバチ(1)
オオスズメバチ(1)
アメリカジガバチ(1)
サトキマダラヒカゲ(4)
コアシナガバチ(1)
ヨツボシホソバ(1)
ヤハズカミキリ(1)
ムモンホソアシナガバチ(1)
ビロードハマキ(1)
ヒカゲチョウ(4)
ツチカメムシ(1)
ミヤマカラスアゲハ(1)
ヤマキマダラヒカゲ(2)
サカハチチョウ(2)
エゾハルゼミ(1)
エゾイトトンボ(1)
ミソサザイ(3)
ホトトギス(1)
ヒガラ(2)
ハチクマ(1)
ノジコ(1)
ゴジュウカラ(1)
キバシリ(1)
アカゲラ(5)
ムネアカツヤコマユバチ(1)
ルリシジミ(4)
オオワシ(1)
シマアシブトハナアブ(1)
ワオキツネザル(1)
テングチョウ(5)
ナガサキアゲハ(4)
セグロアシナガバチ(2)
シロコブゾウムシ(2)
アカボシゴマダラ(5)
ヒメクロトラカミキリ(1)
キスジセアカカギバラバチ(2)
ベニカミキリ(1)
オオマエグロメバエ(1)
シマアメンボ(1)
クロコノマチョウ(4)
ジムグリ(1)
ダイミョウセセリ(2)
コミスジ(3)
ホシミスジ(1)
ヒコーキ(7)
シマアジ(1)
ヒメウラナミジャノメ(3)
キマダラハナバチ(1)
ヨコジマオオヒラタアブ(1)
フデリンドウ(1)
ニリンソウ(1)
ヒトリシズカ(1)
ナミテントウ(3)
アオダイショウ(3)
チューリップ(2)
マツモムシ(1)
シジュウカラガン(1)
三角点(1)
ヒヨドリ(5)
カケス(2)
タイワンリス(2)
アカアシシギ(2)
コバネイナゴ(1)
キゴシハナアブ(1)
オオカマキリ(3)
トノサマバッタ(2)
ハネナガフキバッタ(1)
サンコウチョウ(1)
オオカバフスジドロバチ(1)
ミヤマフキバッタ(1)
ヘリヒラタアブ(1)
ノコギリクワガタ(2)
ツマグロイナゴ(1)
オオシロフクモバチ(2)
ハラビロカマキリ(2)
ショウジョウトンボ(4)
コフキコガネ(1)
クルマバッタモドキ(2)
リスアカネ(4)
シマヘビ(2)
ヒメコガネ(1)
アカスジカメムシ(1)
ハラアカヤドリハキリバチ(3)
ハラヒシバッタ(1)
カタシロゴマフカミキリ(1)
オオフタオビドロバチ(3)
キイトトンボ(1)
ウチワヤンマ(4)
トガリシロオビサビカミキリ(1)
ササキリ(2)
ヒメスズメバチ(1)
イオウイロハシリグモ(1)
マルボシヒラタハナバエ(1)
コモンツチバチ(3)
エサキモンキツノカメムシ(1)
リンゴカミキリ(1)
ハシボソガラス(1)
ツチスガリ(1)
キボシカミキリ(2)
ミナミヒメヒラタアブ(1)
マダラホソアシナガバエ(1)
ハスジカツオゾウムシ(1)
オオニジュウヤホシテントウ(1)
ウスキホシテントウ(1)
ナミハナアブ(3)
ハナグモ(1)
クロスキバホウジャク(1)
キバネツノトンボ(1)
オオルリシジミ(1)
ウスバシロチョウ(2)
カワネズミ(1)
クモガタヒョウモン(1)
コサナエ(1)
オゼイトトンボ(1)
カノコガ(2)
ヒルザキツキミソウ(1)
ツユムシ(1)
ジンガサハムシ(1)
ジョウカイボン(1)
アジサイ(2)
ツマグロハナカミキリ(1)
ホソオビヒゲナガ(2)
トゲヒシバッタ(1)
セイヨウミツバチ(1)
イボタノキ(1)
オジロビタキ(1)
ハサミツノカメムシ(1)
セスジハリバエ(1)
クロハネシロヒゲナガ(1)
ヒメネズミ(1)
オオイシアブ(1)
キタキチョウ(2)
イタドリハムシ(1)
風景・人事(7)
オダマキ(1)
ウワミズザクラ(1)
クモ(1)
マルガモ(2)
キジ(1)
カイツブリ(5)
雛人形(1)
日暈(1)
トラフズク(1)
ワイルア川(1)
ゲッコー(1)
グリーンアノール(1)
ブラウンアノール(1)
ランタナシジミ(1)
ヒョウモンドクチョウ(1)
ネッタイアカセセリ(1)
メリケンキアシシギ(1)
メキシコマシコ(1)
オナガカエデチョウ(1)
ブンチョウ(1)
チョウショウバト(2)
シリアカヒヨドリ(1)
ショウジョウコウカンチョウ(1)
オオカバマダラ(1)
コウカンチョウ(1)
キバシコウカンチョウ(1)
キンノジコ(1)
インドハッカ(2)
イエスズメ(1)
サメビタキ(1)
タカブシギ(1)
チョウSBG(4)
トンボSBG(2)
ベニトンボ(1)
タイワンウチワヤンマ(1)
アカスジベッコウトンボ(1)
チェンジャブルリザード(1)
ミズオオトカゲ(1)
リス(1)
ハイイロチョッキリ(1)
ニホントカゲ(1)
ツマグロヒョウモン(3)
ベニシジミ(3)
ヒメハラナガツチバチ(2)
マメハンミョウ(1)
アカガシラサギ(1)
マダラバッタ(1)
アオハナムグリ(1)
コハナグモ(1)
アズチグモ(2)
テッポウユリ(1)
ミカドトックリバチ(1)
ハギ(1)
ヒガンバナ(3)
ウスバカゲロウ(1)
ヘクソカズラ(1)
キマダラセセリ(3)
キアシナガバチ(2)
ベッコウクモバチ(1)
ショウリョウバッタ(4)
コクワガタ(1)
キオビツチバチ(4)
オオセイボウ(2)
アオマツムシ(1)
世相(1)
シモフリスズメ(1)
アカエグリバ(1)
アオドウガネ(1)
クロヒカゲ(3)
ヒメジャノメ(2)
コジャノメ(1)
ニイニイゼミ(1)
クワカミキリ(1)
カブトムシ(2)
カマキリ(1)
ヒメギス(1)
ビロウドカミキリ(2)
ハナショウブ(1)
ヤマトシリアゲ(1)
ナワシロイチゴ(1)
ヤマモモ(1)
クロヒメバチ(2)
ナナフシモドキ(1)
アサヒナカワトンボ(1)
モグラ(1)
さいか屋(1)
マヒワ(1)
ミミズク(1)
オナガサイホウチョウ?(1)
チャノドコバシタイヨウチョウ(1)
アカガオサイホウチョウ(1)
リュウキュウツバメ(1)
リュウキュウガモ(1)
ムナオビオウギビタキ(1)
ハリオハチクイ(1)
ハクオウチョウ(1)
シマキンパラ(1)
シキチョウ(1)
サイホウチョウ(1)
コブハクチョウ(1)
コアオバト(1)
アオショウビン(1)
オオクイナ(1)
シロハラクイナ(1)
メグロヒヨドリ(1)
コウライウグイス(1)
キバラタイヨウチョウ(1)
カノコバト(1)
オオハッカ(1)
ミツマタ(2)
ツバキ(2)
ウメ(4)
イカル(1)
キセキレイ(2)
ロウバイ(1)
キジバト(2)
紅葉(5)
クロベンケイガニ(1)
アカテガニ(1)
コメツキガニ(1)
アシハラガニ(1)
多摩川(1)
トゲツヤヘラクチイシアブ(1)
スジボソコシブトハナバチ(2)
ヒガシニホントカゲ(1)
オオゲジ(1)
カツラ(1)
キイロスズメバチ(1)
スズバチ(1)
オオハナアブ(2)
コスモス(2)
ヨコジマオオハリバエ(1)
カバオビドロバチ(1)
コクロアナバチ(1)
ミンミンゼミ(1)
アブラゼミ(1)
サルスベリ(2)
ノウゼンカズラ(1)
マツムラヒメアブ(1)
キンケハラナガツチバチ(2)
クマンバチ(2)
オクラ(1)
foods(2)
オスグロトモエ(1)
ヤマトフキバッタ(1)
シロスジクチキヒメバチ(1)
ツマアカクモバチ(1)
クレマチス(1)
ムクゲ(1)
マメコガネ(1)
キイチゴ(1)
ヤマユリ(2)
ツリアブ(1)
コガネムシ(1)
ヨツボシトンボ(1)
ハッチョウトンボ(1)
旅の印象(13)
イルカ(1)
アホウドリ(1)
ミズナギドリ(1)
オットセイ(1)
ケア(1)
ユリノキ(1)
ホオ(1)
トチノキ(1)
ハナミズキ(1)
カリン(1)
ハナカイドウ(1)
クロウタドリ(1)
クロアカツクシガモ(1)
ウ(1)
ギンカモメ(1)
ハシグロカモメ(1)
ズアオアトリ(1)
ウソ(1)
ミヤマホオジロ(2)
タイワンキチョウ(1)
シロオビアゲハ(1)
ベニモンアゲハ(1)
スジグロカバマダラ(1)
カワウソ(1)
カバタテハ(1)
リュウキュウアサギマダラ(1)
ツマベニチョウ(1)
タテハモドキ(1)
イシガケチョウ(1)
ツマムラサキマダラ(1)
オオゴマダラ(1)
空(5)
冬景色(1)
四国(10)
サザンカ(1)
北信五岳(1)
コウテイダリア(1)
展覧会など(2)
シオン(1)
ドングリ(1)
キトンボ(1)
コカマキリ(1)
キンモクセイ(1)
シロオビベッコウハナアブ(1)
イチモンジセセリ(1)
ツチイナゴ(1)
フチ子(1)
クサギ(2)
ノシメトンボ(1)
ミズキ(1)
カナカナゼミ(1)
ヒグラシ(1)
エゾゼミ(1)
スズメバチ(1)
イカリモンガ(2)
タカネトンボ(1)
ルリイトトンボ(1)
クジャクチョウ(1)
ササ(1)
スギナ(1)
アオヤンマ(1)

▼ タグリスト名前順
▼ ranking
▼ 検索フォーム
▼ リンク
▼ 最新コメント

pagetop ↑

Copyright © 2016 皆空亭 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.