2016年07月記事一覧

| home |

« 2016/06 | 2016/07 | 2016/08 »
子育て不要なもので

2016.07.30(Sat)

『爬虫両生甲殻など』 Comment(0)Trackback-
沼や田んぼで盛んに美声コーラス?を謳歌していた時期から少し経って元の静寂が戻ると、シュレーゲルアオガエルは水から離れるのを厭わなくなり、じっと葉の上で思索にふけっています。(単にまどろんでいるだけって噂も聞えます)
IML_26931q.jpg

場合によっては陽が当たる場所に何時間も過ごすことがあって、午前中に確認した同じ場所に、午後の3時頃、こちらはそろそろ帰ろうかと思う頃になっても同じ姿勢でいることがある。
IML_26940q.jpg

ずっと日の当たらぬ穴の中で過ごした春の日光浴不足を、繁殖活動を終えて少し余裕ができた今、補っているのかも知れません。
IML_26934tq.jpg

pagetop ↑

アオジョウカイ

2016.07.29(Fri)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
この面構えから想像できるように幼虫も成虫も肉食のアオジョウカイです。花の蜜に寄って来ることがあるにせよ、基本的には他の虫を襲撃する輩ですから、贔屓めに見ても可愛い部類には入りませんね。
IML_16583tq.jpg

ごく濃いモスグリーンをまとった効果で先日記載したジョウカイボンよりもシック、あるいはスリムに見えます。この色だと周囲の緑によく合いますし、ピンク系・黄色系の花に来ても似合う感じがします。
IML_16566q.jpg

細い茎をヨイショと登ります。肢が6本(も)あるので捌くのが大変そうです。でも左前肢と後肢は茎を握っているように見えて、このテクニックが使えると、突風で草が大きく揺れても落下する心配はいりません。
IML_16602q.jpg

良く見える場所をゆっくり歩いてくれるモデルはウェルカム!です。

pagetop ↑

トンボ体操

2016.07.28(Thu)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
ヒヌマイトトンボ♀の観察をしていたら、単独でラジオ体操ともストレッチとも取れる運動をしているのが目に入りました。いつもより画像が多くなります。

イチ
IML_17287_1q.jpg

ニー
IML_17289_2q.jpg

サン
IML_17299_3q.jpg

シー
IML_17303_4q.jpg

ゴー
IML_17312_5q.jpg

ロク
IML_17314_6q.jpg

シチ
IML_17318_7q.jpg

ハチ、フィニッシュ
IML_17325_8Eq.jpg

交尾に備えて、どうやったら♂にアピールするか研究していた、とも考えられる。
他のイトトンボもこんな体操を見せることがありますね。

pagetop ↑

葦原の宝石

2016.07.27(Wed)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
ヒヌマイトトンボは1971~1972年にかけて発見、発表された日本で一番新しいトンボです。このように記述すると、それ以前はいなかったのかいな? とツッコミが入りそうです。
IML_15918tq.jpg

少なくとも平均的な日本人の知識・経験には存在しなかったことになります。ちょうどアメリカ大陸はコロンブスが発見するまではヨーロッパの人たちにとって存在しなかったように。
IML_17355tq.jpg

生息域が限られていて本州の太平洋側9都府県のみ、しかも汽水域に葦が生い茂る環境で細々と命をつないでいる生態が、20世紀まで発見されなかった理由なのでしょう。しかしながら、地元で昔から生活している人にしたら、記録に残らずとも記憶されていたのかも知れません。
「ああ、背中に4つ星があるトンボのこと? 子供の頃からいたよね、珍しいの?」
で済んでしまっているような。
IML_17371tq.jpg

pagetop ↑

アンテナを装着された

2016.07.26(Tue)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
既に昆虫類のモードに切り替わっている当ブログなのですが、6月初めに河口で撮った画像を整理していたらこんなものがあったので、割り込み掲載しておきます。
IMG_Q2448tq.jpg

脚にリングを付けている種や、青白のフラッグ(キアシシギ)を付けているものは見ていました。このコアジサシはアンテナを付けています。野外で少し距離を置いて眺めていたときは気付かず、PCの画面で「糸くずのようなものを引いているな?」 と思いながら拡大してやっと判別できました。
IMG_Q2265tq.jpg

日本には夏鳥としてやって来て、冬はオーストラリア、ニュージーランドで過ごす渡り鳥です。飛翔速度とか、経由地はどこか、途中で休息するのか、などのデータをGPSを使って収集するのだと思います。
経路が明らかになる一方で、日本における営巣地がどんどん追いやられているのは残念なこと。また産卵数から巣立つ割合を示す巣立ち率は10%に満たぬ(1巣当り3卵で計算:H26.3月 環境省)とされていますから、平たく言うと10の巣から3羽しか巣立たないことになって、到底現状を維持できる数値ではありません。1つの巣を構成する親鳥2羽の平均寿命を3年程度と仮定すると、1巣から年に1羽=巣立ち率33%、巣立ち後の事故等を考慮すると50%以上ないと個体数を維持するするのは難しいと考えられます。
IMG_Q2261tq.jpg

このままだと、コアジサシは遅かれ早かれ日本から失われることになってしまいます。

pagetop ↑

窓越しにキビタキ

2016.07.25(Mon)

『安曇野の生き物』 Comment(1)Trackback-
安曇野の生き物 15
あづみの公園の正門近くに、カレーやラーメンを提供する簡便なレストランが設けられています。片側が林ですぐ下をせせらぎが走る立地にあり、壁一面のガラスを通して新緑の臨場感が眼の前に迫ってきます。
IML_14976tq.jpg

必然的にラーメンを食べている間も外の風景が目に入ります。
今、黄色っぽいものが横切ったよね、などと話していると直ぐそばの木の枝に飛んできて、正直食事どころではなくなってしまい、
IML_14998tq.jpg

館内が貸し切り状態であるのをいいことに、あちこち移動し窓に接するような恰好をして撮ったキビタキです。施設の外に出てしまうと、離れた場所にしか歩道が切ってないので、窓越しになってしまうことを差し引いても、こちらがベストポイントです。窓で仕切られると鳥の方も余計な警戒心を持たないようですし。そう言えばもう一羽いたような気がしたのは気のせいか。
IML_15005tq.jpg

公園の見学を締めくくる、記憶に残る出会いでした。
15回に渡って掲載してきた安曇野シリーズを終り、次回からまた身の回りの観察記に戻ります。近くにも私の目に留まるのを待っている生き物がいる(かも知れない)。
IML_14965tq.jpg

pagetop ↑

同行人は休憩中

2016.07.23(Sat)

『安曇野の生き物』 Comment(0)Trackback-
安曇野の生き物 14
翅の輪郭が黒く残って中は透けているから黒透翅、クロスキバホウジャクと名付けられたのでしょう。
IML_14800q.jpg

鉢植えの花にやって来っていたところを見つけて、撮影している最中も同行者は既に休憩所に到着していて
「どこにいるの?」
と半ば催促じみたメールを送ってよこします。
IML_14823tq.jpg

オオスカシバの翅の縁取りを太くして、サイズは小さめにしたらこのガになるかと思いました。よく似た種にスキバホウジャクがいて、そちらの翅縁はさらに太いチョコレート色です。
触角が性格を表すとしたら、このガのそれは図太くて竹を割ったような、と表現できる。
IML_14867tq.jpg

自分では少しだけ道草を食ったつもりでも同行者の時間間隔は少し違うようでした。

pagetop ↑

逆さ八の字

2016.07.22(Fri)

『安曇野の生き物』 Comment(0)Trackback-
暑中お見舞い申し上げます
7月22日は二十四節気の大暑です。文字変換では"耐暑"が候補に上がってきて、むしろこちらの方が実感がわく昨今ではあります。

安曇野の生き物 13
翅を開いている図は両腕を前で、丁度おなかの前で繋ごうとしているように見えませんか。または自分の胴体を両手で抱えているような感じ。ネットでは地が焦げ茶でもう少し単純な白い帯のような個体もいるようで、そっちの場合は一見イチモンジチョウの翅表と見まがいます。
IML_14643q.jpg

その帯が「八」の字を逆さまにしたようだからサカハチョウ サカハチチョウ、です。
  2017.07.05 訂正 「サカハチョウ」 は 「サカハチチョウ」 が正しいようです。
IML_14656q.jpg

翅を閉じている姿にも特徴があります。入り組んだ直線が交差する様はイナズマ(稲妻)チョウと呼んでいいくらいです。などと想像を膨らませていたら、東南アジアの国々にイナズマチョウが存在しましたね。
IML_14624q.jpg

pagetop ↑

notメタボトンボ

2016.07.21(Thu)

『安曇野の生き物』 Comment(0)Trackback-
安曇野の生き物 12
ぼてっとした姿のハラビロトンボです。人間と違って糖質や脂肪分を摂り過ぎたことではなさそうで、この体型は生まれながらの資質です。
IML_14004tq.jpg

考えてみるとメタボを発症するのは人が関わる場合だけかもしれません。動物だと犬、猫そして赤身に脂肪が差した肉で成り立っている肉牛、これも人に尽くしている豚など。
IML_14757q.jpg

ミツバチなんて毎日高品質な糖分や花粉を相手にしているのに決して摂取過多にならず、生まれてくる次世代のために躰の外に蓄積するのですから、見上げたもの。人の場合、カロリー過多の誘惑に打ち克つのはちょっとした決意が必要ですよね。
IML_14760q.jpg

お前さんは大丈夫かって?
・・・
ノ、ノーコメントです。

pagetop ↑

糸のようなツノ

2016.07.20(Wed)

『安曇野の生き物』 Comment(0)Trackback-
安曇野の生き物 11
ウスバカゲロウやヘビトンボの仲間に入るキバネツノトンボは、やっぱりトンボの名が付けられているだけあって、飛行性能は格段に優れているように見えました。
IML_14488q.jpg

かといって長時間飛び続けるタイプではないようで、十匹近くいたうちの何匹かは(順繰りに)止まって休んでいる。つまり限られたエリアのどこかには止まっている個体がいるから、注目するのは比較的簡単。
IML_14512tq.jpg

見れば見るほど奇妙な格好しています。洒落で付けられたと思われる "ツノ+トンボ" がこの虫によく当てはまっていると感じました。
IML_15029q.jpg
ツノに当たる部分は昔のマンガに出てきた宇宙人のアンテナに、こんなのがあった記憶。でも本当にアンテナの役割を果たしていて、外からの情報を捉えているかも知れません。
「ピピピッ いかがわしいカメラマン接近中!」

pagetop ↑

オオルリシジミ

2016.07.19(Tue)

『安曇野の生き物』 Comment(0)Trackback-
安曇野の生き物 10
公園にあった立札の文面を引用します。
------------------------------------------------------------------------
安曇野市のほか、長野県東御市・飯山市、九州の阿蘇地方にだけ生息する希少な蝶です。
環境省のレッドデータブックで、絶滅危惧Ⅰ類に指定されているほか、長野県指定希少野生動植物にも指定されてるため、捕獲はできません。
オオルリシジミはマメ科の植物"クララ"に産卵し、幼虫はクララの発芽だけを食べるため、公園ではクララの保護や、安曇野オオルリシジミ保護対策会議の協力・指導の下、「オオルリシジミの蛹を放そう」という活動を毎年行っています。
------------------------------------------------------------------------
IML_14554q.jpg

毎年5月下旬から2~3週間見ることができるそうで、今年は例年よりも早く、その発生時期にたまたま行き合わせてラッキーなことこの上ないと思ったものでした。
IML_14393q.jpg

取り付いている植物がクララです。名前から受ける印象(外国の女性名?などとあらぬ期待)と異なり、毒を持っていて根をかじると「くらくら」するところから 名付けられた説があります。
IML_14460q.jpg

棲息環境の特殊性や発生時期から、私がこのチョウを2度と目にすることは、余程の偶然が重ならない限り無いでしょう。

pagetop ↑

アポロチョウの仲間

2016.07.18(Mon)

『安曇野の生き物』 Comment(0)Trackback-
安曇野の生き物 9
何回も飛んでいる姿が目に入りました。でもレンズが追い付かず結局画像として残せたのは1つのシーンだけです。
ウスバシロチョウは所々鱗粉が剥離したのか、翅の一部分が半透明になっています。シロチョウと名付けられるにしてはモンシロチョウやキチョウの仲間ではなく、アゲハチョウ科に属します。
IML_14175q.jpg

英名は"Japanese Clouded Apollo"、無理やり訳すと「日本産雲間アポロ」となって、確かに白と半透明のまだら模様とか翅のフォルムが丸っこいところから雲を想起させるものがあります。
Apolloはヨーロッパでアポロチョウと呼ばれる種類を表すのでしょう。あちらではアポロ神を冠した名前と鮮やかなオレンジ紋が人気を博しているようです。それに比べると日本産は少し 地味 落ち着いた佇まいかも知れません
IML_14177tq.jpg

2016.07.21追記) アポロチョウは、日本では北海道大雪山系にのみ棲息するウスバキチョウ(キイロウスバアゲハ)がより近いと思われます。

pagetop ↑

ウンチの専門家

2016.07.16(Sat)

『安曇野の生き物』 Comment(0)Trackback-
安曇野の生き物 8
センチコガネ即ち、簡単にはウンチコガネです。その名の通りここでも獣糞らしきところに寄ってきていました。画の右上に塊があって、背中にその証拠がくっついています。
IML_14163tq.jpg

まさかこの記事を食事中に閲覧している人はいないと思いますが、もしそうだとしてもご容赦ください。主役も食事時なもので(これでも生々しさの度合いは少なくしたつもり)。
IML_14173tq.jpg

野生の虫や動物は風呂に入る訳でもシャワーを浴びることも無いのに体がきれいですよね、不思議です。この個体も翌日になったらすっきり金属光沢を放っていることでしょう。誰も見ていない秘密の場所で、窮屈な草叢を行ったり来たり躰磨きをしている。

pagetop ↑

川ネズミ

2016.07.15(Fri)

『安曇野の生き物』 Comment(0)Trackback-
安曇野の生き物 7
烏川は北アルプスの常念岳に源を発する川、この辺りでは周囲が森に覆われ渓谷は岩を砕くような激しさです。烏川渓谷緑地として保存管理されている域内の所々に金属の棒が二本ぶら下げてあって、説明が無いので何に使うのかと思っていたら、休憩所にクマよけの旨説明書きがありました。
IML_14067tq.jpg

昨今のニュースで各地にクマ出没が話題になっていることを思い出し、急に一人歩きが心もとなくなりました。拍子木のような金属棒を「カーン・カーン」と打ち鳴らしてみます。
そんなやや暗い森の中の道を歩いていた時のこと。前方をモグラ体型!が横切りました。
モグラって、土の中の生き物じゃなかったっけ?
IML_14085q.jpg

そして道筋にあるせせらぎに降りたようでした。てっきり見失ったものと思って、それでも流れを覗き込んだら、そこで一生懸命エサとなるものを探しているモグラ君を確認することが出来ました。でもそれにしては手(前足)が変です。モグラの手は土をかき分ける都合上シャベルのような形状の筈です。
IML_14102tq.jpg

正体はカワネズミと呼ばれる、モグラに近い種類のネズミでした。観察者を意に介さないぐらい集中して食料探しをするネズミに、高原の生活の厳しさを垣間見ました。
IML_14149tq.jpg

可愛さを比較したら以前アップした「ヒメネズミ」に軍配が上がりそう。

pagetop ↑

初見ではない筈

2016.07.14(Thu)

『安曇野の生き物』 Comment(0)Trackback-
安曇野の生き物 6
湿原の散策路際にいたヤマキマダラヒカゲです。
IML_13799q.jpg

後翅根元の方に3つの楕円斑が並んでいます(赤矢印)。これが一直線に並んでいるとサトキマダラヒカゲ、画像のように一つずれているものがあるときはヤマキマダラヒカゲと判断できます。
IML_13803tq.jpg

自分のブログの履歴を眺めていて、このチョウの記事が無かったことに改めて気がつきました。山地性のチョウなので基本的に自宅近くにはいないのですがそこを考慮しても不思議。林道を歩いていて、「ああサトキマダラヒカゲいる・・・」と早合点し見落としていた可能性がある。

pagetop ↑

どこが雲形?

2016.07.13(Wed)

『安曇野の生き物』 Comment(0)Trackback-
安曇野の生き物 5
性標と呼ばれる白っぽく見える条が一本前翅表にあることと、
IML_14247tq.jpg

後翅裏側の前縁が白く塗られ、白班が(長い三角形に見える部分)あることから、このチョウはクモガタヒョウモンと思います。
IML_14250q.jpg

ミドリヒョウモンやメスグロヒョウモンと似ていて紛らわしく、なおかつ生態上夏眠するところまで類似するようです。
「クモガタ(雲形)」からは製図で用いる雲形定規を思い出します。孫悟空が乗る雲のような形をした、色々な曲率のカーブが描ける何枚かのセットになっていました。コンピュータ上で設計が進む現在も使われているのでしょうか。そんな定規のような片鱗がどこかにあるのか、写真の角度が稼げなくて、このチョウの名前の元になったと思われる翅裏の模様なり色合いは?(はてな)のままです。

pagetop ↑

神社に棲む

2016.07.12(Tue)

『安曇野の生き物』 Comment(0)Trackback-
安曇野の生き物 4
全くひと気のない、広い境内を持つ神社は周囲を木立に囲まれてひんやりした雰囲気に包まれていました。
IML_13990q.jpg

ご多聞にもれず池があって水を引いてくる小さな流れがあり、その先を辿ると手水舎に繋がっています。静寂な環境に佇んでいたアマガエルでした。
IML_13862tq.jpg

神の僕である神聖なカエルかも知れませんね、かしこまった姿勢を崩しません。
(まあ、どこにいてもカエルはこんな格好ですが)

pagetop ↑

安曇野は東日本

2016.07.11(Mon)

『安曇野の生き物』 Comment(0)Trackback-
安曇野の生き物 3
湿原の遊歩道沿いにはかなりの数このトンボが飛んでいました。ヤマサナエに似てるけどそれにしてはやけに小さいな? と感想を持ちました。後で調べるとコサナエと呼ぶヤマサナエのミニ版であることが判明。
IML_13858q.jpg

因みに代表的な種類と全長比較すると
 ヤマサナエ  64
 シオカラ   52
 コサナエ   42
 アキアカネ  39 (何れも♂の全長概数)
となってシオカラトンボより小さくアキアカネと同じか少し大きいくらい。

少し飛んでは平べったい場所に止まる習性はヤマサナエに似ています。
サナエ(早苗)の名の通り、春の早い時期に現れるトンボです。
IML_13871q.jpg


コサナエ属は関西には似た三種類のタイプ(タベサナエ、オグマサナエ、フタスジサナエ)が棲息し、東日本では基本的にコサナエのみのようです。安曇野が東日本で良かった、種の同定に悩まずに済む!

pagetop ↑

ワイングラス紋

2016.07.09(Sat)

『安曇野の生き物』 Comment(0)Trackback-
安曇野の生き物 2
冷涼な地に広がる湿原と言う意味では、ここ居谷里湿原は広さこそ比較になりませんが尾瀬に近い環境と思われます。そこで見かけたオゼイトトンボを掲載します。
IML_13771tq.jpg

このトンボの特徴(あくまでも自分のためのメモ):
 眼と眼の間に水色のライン=条が描かれている。
  (オオイトトンボ、オゼイトトンボ、エゾイトトンボの特徴)
 腹部2節目の背中側にワイングラス状の黒い紋がある。
  (エゾイトトンボはスペード状)
 胸部側面に細い黒条があり、途中まで伸びる。
  (オオイトトンボは少し太くて明瞭)
 山地の湿原に出現する。
IML_13773tq.jpg

道草を食っていると、生き物にすごく興味があるわけではない同行者約2名にどんどん置いて行かれてしまいます(悲
IML_13872tq.jpg

事前調査では居るとの情報があったハッチョウトンボにはとうとう会えずじまい(悲

pagetop ↑

ヒメシジミだった

2016.07.08(Fri)

『安曇野の生き物』 Comment(0)Trackback-
安曇野の生き物 1
5月下旬に北アルプスの麓、安曇野に出かけました。今回からしばらくその先々で出会った生き物の表情とエピソードを記したいと思います。ブログに関係する立ち寄り先は居谷里湿原、国営アルプスあづみの公園、烏川渓谷など。
IML_13726q.jpg

最初にヒメシジミが挨拶がてら顔を出しました。湿原の周囲に通してある歩道沿いにふと姿を現し、直ぐに飛び去ってしまいました。本当に挨拶だけです。てっきりミヤマシジミと思いそのつもりで記事を書こうと、でも念のためネットを調べていて、後翅裏側の斑紋からヒメシジミと判断しました。
IML_13731q.jpg
翅の基部に霧吹きでシュッとブルーの絵具を吹き付けたよう。

pagetop ↑

これでもハナムグリ

2016.07.07(Thu)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
前翅も含め体中に毛が密集しているヒメトラハナムグリです。ハナムグリは表面がつるっとして金属光沢を持つ、と先入観を持っていると見事に裏切られます。
IML_15363tq.jpg

ミツバチ?、ハナバチ? と思って近寄ったら横幅があって上から見た図は四角っぽい。
IML_15358q.jpg

黒地に黄色の横縞が入っているのですが、花粉をいっぱいつけているせいでそれが判然としません。
IML_15356tq.jpg


今夜は七夕ですね。まだ梅雨が明けてない新暦の7月7日は例年雨がちです。今日は幸運にも晴れ渡ってなおかつ暑く、小暑どころではありませんでした。七夕は旧暦の7月7日の行事なので、その伝でいくと今年は8月9日になり、今日の天気を余り気にする必要はないのです。それどころか織姫と彦星は雲の上にいらっしゃるので雨が降っても槍が降ってもランデブーは可能なのです。 まあ、空が見えないと良い子たちのお願いが天に届かないのかも知れません。
IML_22150q.jpg
短冊を渡されて、願い事を書いてくださいと言われたらどうしましょう。
 「猛烈な台風1号がどうか日本を逸れてくれますように。
  ついでに大雨は水瓶のある地域にお願いします。」
長すぎるか。

pagetop ↑

オスは不在

2016.07.06(Wed)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
小さな、晴れた日が続くと水溜り状態になってしまう小さな浅い池で産卵していたクロスジギンヤンマ♀でした。
IML_15067tq.jpg

♂は明るいブルーが美しくて一緒に撮りたかったのは確かです。ペアになって産卵するシーンが多いような気がしていましたが今回は♀が単独で、それは♂に逃げられたのかそうでなければ追い払った可能性もある。
IML_15079tq.jpg

「あんたがいると鬱陶しいの!」
なんてことでなければいいのですが

pagetop ↑

木登りも好き

2016.07.05(Tue)

『爬虫両生甲殻など』 Comment(0)Trackback-
水が張られて田植えを待つばかりの田んぼにアオダイショウが泳いでいました。手も足も無いのに胴体をくねらせて上手に泳ぎますね。
IML_15229q.jpg

5月末の、水がごく浅い水田は陽が昇っていくとそれに比例して水温も上昇し、思っているほど冷たくないのかもしれません。
IML_15223q.jpg

木の上にも時々いますね。道端に自生する灌木、その見上げる位置にいるのでさすがに見つけたときはびっくりしました。こんなことからアオダイショウは水陸+樹上の3次元世界住人資格を取得しています。
IMK_09053q.jpg

(その資格の発行者は誰ですか? などと訊かないでください)

pagetop ↑

まだガに近いかも

2016.07.04(Mon)

『蝶』 Comment(0)Trackback-
草むらをかき分けて進むと、この頃よく目につくのが掲載したカノコガとシリアゲムシです。どちらも長細く見え、ややぎこちない飛び方をします。
IML_15285q.jpg

最初の頃はもの珍しくてもしょっちゅう見るようになると、ただの虫になってしまいますね。そんな状況では面白いことをやってくれたり、珍しい場所に止まったりしない限り写真を撮る気になれません。
IML_15292q.jpg

成虫が吸蜜する生態は、昼間活動することと併せてガの仲間よりチョウに近そうです。そうは言っても国民投票があって、チョウ派とガ派に分かれるとしたらどちらに投票すべきか迷うところ。
IML_16982q.jpg

もっとチョウらしい「イカリモンガ」に再会したいものです。こっちだったら文句なく「チョウ」に一票。

pagetop ↑

花が主役で

2016.07.02(Sat)

『花』 Comment(0)Trackback-
ヒルザキツキミソウにいたツユムシ幼生らしき虫でした。
IML_12887tq.jpg

淡いピンクの花とこちらも薄い緑の対比がとても似合った組み合わせに思え、何枚かスナップしました。
IML_12909tq.jpg

実物は明るくてもうちょっとビビッドでした。画像に残すのは難しいですね。これで朝露とか前日の雨の残りが写り込んでいたらツユムシの面目躍如というところ。
IML_12897tq.jpg

pagetop ↑

カミキリムシ級

2016.07.01(Fri)

『蜂』 Comment(0)Trackback-
終わりかかっているかに見えるラベンダー(フレンチラベンダー)が、まだまだ花蜜を分泌して誘惑するらしくヒゲナガハナバチがやって来ていました。
IML_13494q.jpg

こんな、花びらの名残りの箇所に蜜が残っているようです。数少ないポイントだから丁寧に資源を吸収しなければならない。
IML_13378q.jpg

画像中に今回掲示のシロスジヒゲナガハナバチとニッポンヒゲナガハナバチの翅脈の違いを記してみました。
IML_13421tq.jpg

こちらはひと休み。触角の長さから、ハチ界のカミキリムシと呼ばれています(ウソ)。
IML_13365q.jpg

pagetop ↑

▼ プロフィール

皆空亭

Author:皆空亭
出身:長野県
生活:川崎市
フィールド:おもに自転車の到達範囲

※当ブログへのリンクはご自由にどうぞ(画像直接を除く)
※掲載画像の無断使用はご遠慮下さい

▼ 最新記事
▼ カレンダ

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
▼ 過去の記事

2019年 07月 【15件】
2019年 06月 【25件】
2019年 05月 【27件】
2019年 04月 【26件】
2019年 03月 【26件】
2019年 02月 【24件】
2019年 01月 【24件】
2018年 12月 【26件】
2018年 11月 【26件】
2018年 10月 【27件】
2018年 09月 【25件】
2018年 08月 【27件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【26件】
2018年 05月 【27件】
2018年 04月 【25件】
2018年 03月 【27件】
2018年 02月 【24件】
2018年 01月 【24件】
2017年 12月 【27件】
2017年 11月 【26件】
2017年 10月 【26件】
2017年 09月 【26件】
2017年 08月 【27件】
2017年 07月 【27件】
2017年 06月 【26件】
2017年 05月 【23件】
2017年 04月 【25件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【25件】
2017年 01月 【24件】
2016年 12月 【27件】
2016年 11月 【26件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【26件】
2016年 08月 【27件】
2016年 07月 【26件】
2016年 06月 【26件】
2016年 05月 【24件】
2016年 04月 【25件】
2016年 03月 【27件】
2016年 02月 【25件】
2016年 01月 【24件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【26件】
2015年 10月 【27件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【23件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【25件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【25件】
2015年 02月 【21件】
2015年 01月 【22件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【25件】
2014年 09月 【27件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【27件】
2014年 06月 【28件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【22件】
2014年 02月 【23件】
2014年 01月 【28件】
2013年 12月 【27件】
2013年 11月 【24件】
2013年 10月 【26件】
2013年 09月 【29件】
2013年 08月 【30件】
2013年 07月 【37件】
2013年 06月 【6件】

▼ カテゴリ
▼ タグリスト最新順

イチモンジチョウ(6)
エゴツルクビオトシブミ(1)
ミカドアリバチ(1)
ヒラタハナムグリ(1)
アカシジミ(8)
ウラナミアカシジミ(6)
ウスイロヒゲボソゾウムシ(1)
トホシテントウ(1)
ヒメヒゲナガカミキリ(2)
トゲヒゲトラカミキリ(2)
ジャコウアゲハ(6)
コガタルリハムシ(1)
キスジホソマダラ(2)
セボシジョウカイ(1)
クロスジギンヤンマ(4)
コアオハナムグリ(4)
アシナガコガネ(1)
クロハナムグリ(2)
ヒゲナガハナノミ(1)
ニホンカワトンボ(4)
ヒメマルカツオブシムシ(2)
エチゼンキマダラハナバチ(1)
アオオビハエトリ(1)
アブラコウモリ(2)
ワカバグモ(1)
ムネアカアワフキ(1)
カルガモ(12)
ミドリシジミ(5)
マガリケムシヒキ(2)
ホソヒメヒラタアブ(1)
オオミドリシジミ(8)
ウラゴマダラシジミ(3)
ミズイロオナガシジミ(6)
ニホンチュウレンジ(1)
ニホンチュウレンジバチ(1)
シロスジヒゲナガハナバチ(3)
ニッポンヒゲナガハナバチ(4)
ツマキアオジョウカイモドキ(1)
ハグルマトモエ(1)
クワキヨコバイ(1)
クロホシツツハムシ(2)
クロボシツツハムシ(1)
アマサギ(1)
アオバセセリ(1)
ツバメ(5)
イワツバメ(3)
ホウロクシギ(1)
カワセミ(11)
ハグロケバエ(1)
コナガ(1)
スジグロシロチョウ(6)
コジュケイ(6)
ウグイス(8)
クシコメツキ(1)
オオシモフリコメツキ(1)
ガ(1)
ネコハエトリ(1)
コトゲアシクモバチ(1)
アカハネムシ(1)
キアゲハ(4)
クロマルハナバチ(4)
ビロウドツリアブ(4)
アカタテハ(6)
ニホンアマガエル(1)
アマガエル(4)
ヒオドシチョウ(3)
ギフチョウ(2)
ドバト(1)
ネコ(10)
ダイサギ(8)
アオサギ(10)
カモメ(6)
ヒバリ(7)
ハジロカイツブリ(9)
ヨシガモ(9)
ボラ(2)
アリスイ(3)
ニホンアナグマ(1)
トラフシジミ(8)
スギタニルリシジミ(1)
ツマキチョウ(7)
ニシオジロビタキ(1)
コガモ(12)
ツグミ(9)
セッカ(6)
ウミアイサ(5)
メジロ(16)
ルリビタキ(8)
アカハラ(4)
オシドリ(4)
クロツラヘラサギ(3)
ジョウビタキ(12)
ドブネズミ(3)
ヒクイナ(2)
キンクロハジロ(12)
カラス(7)
ムクドリ(10)
クビキリギス(2)
オカヨシガモ(7)
ミヤマセセリ(5)
コツバメ(5)
ミコアイサ(5)
トラツグミ(4)
ヤマシギ(3)
カシラダカ(6)
クロジ(3)
セグロセキレイ(1)
シロハラ(6)
スズガモ(9)
セイタカシギ(7)
スズメ(15)
飛行機(1)
月(2)
ホオジロガモ(1)
マガモ(9)
チョウゲンボウ(12)
ホシハジロ(6)
ビンズイ(2)
キクイタダキ(2)
アオジ(10)
ドラゴン(11)
メープル(5)
シメ(7)
ベニマシコ(5)
オオタカ(9)
ワカケホンセイインコ(1)
イカルチドリ(2)
ヤマガラ(6)
アトリ(4)
チュウヒ(3)
コイ(2)
ノスリ(7)
タシギ(7)
シロチドリ(5)
ウナギ(1)
カワウ(11)
ミサゴ(9)
ハイタカ(4)
ハシビロガモ(7)
ハマシギ(6)
クイナ(5)
タヒバリ(5)
ゴイサギ(8)
ハヤブサ(6)
イソシギ(8)
オオバン(9)
ヒドリガモ(12)
トビ(11)
ムラサキツバメ(8)
コトヒキ(1)
コサギ(9)
イソヒヨドリ(7)
メボソムシクイ(1)
コサメビタキ(3)
ツミ(5)
キビタキ(9)
トウネン(3)
エゾビタキ(4)
オオルリ(4)
ウミネコ(5)
ナナホシテントウ(3)
ベッコウバエ(1)
オオアオイトトンボ(6)
フタモンアシナガバチ(2)
モンシロチョウ(7)
モンキチョウ(4)
バン(4)
ウラナミシジミ(5)
タマムシ(4)
オンブバッタ(2)
ホシホウジャク(5)
オオスカシバ(5)
ギンヤンマ(3)
モンキアゲハ(5)
キタテハ(6)
水準点(1)
スケバハゴロモ(2)
ツクツクボウシ(4)
ツマグロオオヨコバイ(2)
チャバネセセリ(1)
ヤノトガリハナバチ(4)
ナミカバフドロバチ(1)
ウスバキトンボ(7)
アジアイトトンボ(5)
オニヤンマ(5)
キマダラカメムシ(1)
クマゼミ(1)
コムクドリ(1)
ルリモンハナバチ(5)
ムモントックリバチ(2)
コシアキトンボ(3)
ヤブヤンマ(3)
クロアナバチ(3)
ベッコウハゴロモ(3)
アオバハゴロモ(1)
アオスジアゲハ(3)
ルリクビホソハムシ(1)
クロイトトンボ(1)
オナガ(5)
ヨツスジトラカミキリ(4)
ヒメツツハキリバチ(3)
アナアキゾウムシ(1)
シロテンハナムグリ(2)
アミガサハゴロモ(2)
シオヤアブ(2)
サビキコリ(1)
キバラヘリカメムシ(1)
ヒメコスカシバ(1)
オオハキリバチ(3)
アオモンイトトンボ(6)
ヒメアカタテハ(6)
チョウトンボ(5)
コフキトンボ(6)
ヤドリバエ(1)
ハムシダマシ(1)
カオジロヒゲナガゾウムシ(1)
アメンボ(2)
アカスジツチバチ(2)
ワラジムシ(1)
ジガバチ(1)
アシダカグモ(3)
ナガニジゴミムシダマシ(2)
オオモンクロクモバチ(2)
アゲハモドキ(2)
ドウガネブイブイ(1)
コチャバネセセリ(3)
アトワアオゴミムシ(1)
ヤマトシジミ(6)
アメイロアリ(1)
ヤブキリ(3)
ハゼラン(1)
トウキョウヒメハンミョウ(4)
セマダラコガネ(3)
クロアゲハ(5)
イシムカデ(1)
アズマヒキガエル(6)
アオスジハナバチ(6)
クロヤマアリ(1)
カタツムリ(3)
セアカツノカメムシ(1)
クサカゲロウ(1)
シデムシ(1)
ムラサキシジミ(7)
ツバメシジミ(5)
コフキゾウムシ(1)
ウリハムシモドキ(1)
ルリジガバチ(2)
モモブトスカシバ(1)
ヒメシロコブゾウムシ(2)
オオヤマカワゲラ(2)
アシナガオニゾウムシ(1)
ニホンカナヘビ(3)
ナミアゲハ(5)
トラマルハナバチ(3)
シロカネグモ(1)
ササグモ(2)
ハキリバチ(1)
クロイロコウガイビル(1)
カシワクチブトゾウムシ(1)
オジロアシナガゾウムシ(2)
アカガネコハナバチ(3)
クロトラカミキリ(1)
オオシオカラトンボ(6)
シオカラトンボ(7)
ゴホントゲザトウムシ(1)
アオジョウカイ(3)
コガタスズメバチ(2)
トンボエダシャク(1)
アカガネサルハムシ(1)
ハサミムシ(1)
ラミーカミキリ(1)
ヤマアカガエル(1)
ヤマサナエ(4)
シュレーゲルアオガエル(4)
ヤマカガシ(1)
ハゼ(1)
シャチホコガ(1)
アオオサムシ(4)
ウバタマムシ(1)
ヤモリ(1)
アリグモ(1)
ミドリカミキリ(1)
アオカミキリ(2)
ヤツメカミキリ(1)
メスグロヒョウモン(5)
コマルハナバチ(4)
コムラサキ(7)
ヒヌマイトトンボ(4)
キイロトラカミキリ(3)
ヤマトクロスジヘビトンボ(3)
ニホンミツバチ(2)
クロムネアオハバチ(2)
クマバチ(2)
オオヨシキリ(3)
ガビチョウ(5)
マドガ(1)
ブドウスカシクロバ(1)
ヒメトラハナムグリ(2)
オオコンボウヤセバチ(1)
エゾオナガバチ(1)
カワラヒワ(7)
セアカヒラタゴミムシ(1)
ゴマダラチョウ(5)
ソリハシシギ(4)
チュウサギ(3)
チュウシャクシギ(5)
キョウジョシギ(4)
コチドリ(7)
アオアシシギ(4)
キアシシギ(8)
センダイムシクイ(1)
シャクヤク(1)
ケラ(2)
メダイチドリ(5)
オバシギ(1)
ウズラ(1)
カンムリカイツブリ(9)
ダイシャクシギ(1)
ミヤコドリ(1)
キアシドクガ(1)
カラスアゲハ(6)
センチコガネ(3)
エビ(1)
メダカ(2)
コウモリ(1)
シオヤトンボ(5)
クヌギ(1)
ヒレンジャク(2)
コウノトリ(1)
ユリカモメ(14)
アメリカコガモ(2)
サクラ(9)
ルリタテハ(6)
カタクリ(3)
キクザキイチゲ(3)
モズ(8)
ハクセキレイ(6)
アオゲラ(9)
エナガ(5)
オオジュリン(9)
政府専用機(1)
メジロガモ(1)
シジュウカラ(7)
CP+(1)
ツルシギ(1)
クビワキンクロ(1)
ヨシゴイ(4)
タヌキ(2)
ホオジロ(5)
コゲラ(6)
アメリカヒドリ(3)
オナガガモ(8)
丸井(1)
むぎせんべい(1)
セグロカモメ(8)
カササギ(1)
カチガラス(1)
カメ(1)
アジサシ(1)
スジグロチャバネセセリ(1)
ホオアカ(4)
ノビタキ(5)
マルガタハナカミキリ(1)
フタスジハナカミキリ(1)
ヒゲナガハナアブ(2)
シロヨトウヤドリヒメバチ(1)
クロヒラタアブ(1)
クロスズメバチ(1)
アカハナカミキリ(1)
ムツアカネ(1)
コノシメトンボ(6)
アオイトトンボ(1)
ミドリヒョウモン(4)
ヒョウモンチョウ(2)
ヒメシジミ(2)
ヒメキマダラヒカゲ(2)
ジャノメチョウ(1)
コヒョウモンモドキ(1)
コヒョウモン(2)
コキマダラセセリ(1)
ゴイシシジミ(2)
ギンボシヒョウモン(3)
キベリタテハ(1)
エルタテハ(1)
ウラギンヒョウモン(3)
ウラギンスジヒョウモン(2)
アカセセリ(1)
アサギマダラ(4)
マツムシソウ(2)
マガン(1)
アキアカネ(8)
スルスミシマハナアブ(1)
ハンミョウ(2)
ウラギンシジミ(7)
ナガコガネグモ(1)
イボバッタ(2)
トゲアシオオクモバチ(1)
トラフヒラタヤドリバエ(1)
マツムラベッコウコマユバチ(1)
ハネナガヒシバッタ(1)
コハンミョウ(3)
ヌマエビ(1)
ベニイトトンボ(1)
ハグロトンボ(3)
サムライトックリバチ(1)
マルガタゴミムシ(1)
キマワリ(1)
カタグロチビドロバチ(1)
カナブン(2)
アオカナブン(1)
ルリハムシ(1)
シリアゲコバチ(1)
オオスズメバチ(1)
アメリカジガバチ(1)
サトキマダラヒカゲ(4)
コアシナガバチ(1)
ヨツボシホソバ(1)
ヤハズカミキリ(1)
ムモンホソアシナガバチ(1)
ビロードハマキ(1)
ヒカゲチョウ(4)
ツチカメムシ(1)
ミヤマカラスアゲハ(1)
ヤマキマダラヒカゲ(2)
サカハチチョウ(2)
エゾハルゼミ(1)
エゾイトトンボ(1)
ミソサザイ(3)
ホトトギス(1)
ヒガラ(2)
ハチクマ(1)
ノジコ(1)
ゴジュウカラ(1)
キバシリ(1)
アカゲラ(5)
ムネアカツヤコマユバチ(1)
ルリシジミ(4)
ワオキツネザル(1)
シマアシブトハナアブ(1)
オオワシ(1)
テングチョウ(5)
ナガサキアゲハ(4)
セグロアシナガバチ(2)
シロコブゾウムシ(2)
アカボシゴマダラ(5)
ヒメクロトラカミキリ(1)
シラホシカミキリ(1)
キスジセアカカギバラバチ(2)
ベニカミキリ(1)
オオマエグロメバエ(1)
シマアメンボ(1)
ハラビロトンボ(5)
クロコノマチョウ(4)
ジムグリ(1)
ダイミョウセセリ(2)
コミスジ(3)
ホシミスジ(1)
ヒコーキ(7)
コアジサシ(6)
シマアジ(1)
ヒメウラナミジャノメ(3)
キマダラハナバチ(1)
ヨコジマオオヒラタアブ(1)
フデリンドウ(1)
ニリンソウ(1)
ヒトリシズカ(1)
ナミテントウ(3)
アオダイショウ(3)
チューリップ(2)
マツモムシ(1)
シジュウカラガン(1)
三角点(1)
ヒヨドリ(5)
カケス(2)
タイワンリス(2)
アカアシシギ(2)
ムナグロ(3)
ササゴイ(2)
コバネイナゴ(1)
キゴシハナアブ(1)
オオカマキリ(3)
トノサマバッタ(2)
ハネナガフキバッタ(1)
サンコウチョウ(1)
オオカバフスジドロバチ(1)
ミヤマフキバッタ(1)
ヘリヒラタアブ(1)
ノコギリクワガタ(2)
マユタテアカネ(4)
ツマグロイナゴ(1)
オオシロフクモバチ(2)
ハラビロカマキリ(2)
ショウジョウトンボ(4)
コフキコガネ(1)
ミヤマアカネ(1)
クルマバッタモドキ(2)
リスアカネ(4)
シマヘビ(2)
ヒメコガネ(1)
アカスジカメムシ(1)
ハラアカヤドリハキリバチ(3)
ハラヒシバッタ(1)
カタシロゴマフカミキリ(1)
オオフタオビドロバチ(3)
キイトトンボ(1)
ウチワヤンマ(4)
トガリシロオビサビカミキリ(1)
ササキリ(2)
ヒメスズメバチ(1)
イオウイロハシリグモ(1)
ナツアカネ(2)
マルボシヒラタハナバエ(1)
コモンツチバチ(3)
エサキモンキツノカメムシ(1)
リンゴカミキリ(1)
ハシボソガラス(1)
ツチスガリ(1)
キボシカミキリ(2)
ミナミヒメヒラタアブ(1)
マダラホソアシナガバエ(1)
ハスジカツオゾウムシ(1)
オオニジュウヤホシテントウ(1)
ウスキホシテントウ(1)
ナミハナアブ(3)
ハナグモ(1)
クロスキバホウジャク(1)
キバネツノトンボ(1)
オオルリシジミ(1)
ウスバシロチョウ(2)
カワネズミ(1)
クモガタヒョウモン(1)
コサナエ(1)
オゼイトトンボ(1)
カノコガ(2)
ツユムシ(1)
ヒルザキツキミソウ(1)
ジンガサハムシ(1)
アジサイ(2)
ジョウカイボン(1)
ツマグロハナカミキリ(1)
ホソオビヒゲナガ(2)
トゲヒシバッタ(1)
セイヨウミツバチ(1)
イボタノキ(1)
オジロビタキ(1)
ハサミツノカメムシ(1)
セスジハリバエ(1)
クロハネシロヒゲナガ(1)
ヒメネズミ(1)
オオイシアブ(1)
キタキチョウ(2)
イタドリハムシ(1)
風景・人事(7)
オダマキ(1)
ウワミズザクラ(1)
クモ(1)
マルガモ(2)
キジ(1)
カイツブリ(5)
雛人形(1)
日暈(1)
トラフズク(1)
ワイルア川(1)
ゲッコー(1)
グリーンアノール(1)
ブラウンアノール(1)
ランタナシジミ(1)
ヒョウモンドクチョウ(1)
ネッタイアカセセリ(1)
メリケンキアシシギ(1)
メキシコマシコ(1)
オナガカエデチョウ(1)
ブンチョウ(1)
チョウショウバト(2)
シリアカヒヨドリ(1)
ショウジョウコウカンチョウ(1)
オオカバマダラ(1)
コウカンチョウ(1)
キバシコウカンチョウ(1)
キンノジコ(1)
インドハッカ(2)
イエスズメ(1)
サメビタキ(1)
タカブシギ(1)
チョウSBG(4)
トンボSBG(2)
ベニトンボ(1)
タイワンウチワヤンマ(1)
アカスジベッコウトンボ(1)
チェンジャブルリザード(1)
ミズオオトカゲ(1)
リス(1)
ハイイロチョッキリ(1)
ニホントカゲ(1)
ツマグロヒョウモン(3)
ベニシジミ(3)
ヒメハラナガツチバチ(2)
マメハンミョウ(1)
アカガシラサギ(1)
マダラバッタ(1)
アオハナムグリ(1)
アズチグモ(2)
コハナグモ(1)
テッポウユリ(1)
ミカドトックリバチ(1)
ヒガンバナ(3)
ハギ(1)
ウスバカゲロウ(1)
ヘクソカズラ(1)
キマダラセセリ(3)
キアシナガバチ(2)
ベッコウクモバチ(1)
ショウリョウバッタ(4)
コクワガタ(1)
キオビツチバチ(4)
オオセイボウ(2)
アオマツムシ(1)
世相(1)
シモフリスズメ(1)
アカエグリバ(1)
アオドウガネ(1)
クロヒカゲ(3)
ヒメジャノメ(2)
コジャノメ(1)
ニイニイゼミ(1)
クワカミキリ(1)
カブトムシ(2)
カマキリ(1)
ヒメギス(1)
ビロウドカミキリ(2)
ハナショウブ(1)
ヤマトシリアゲ(1)
ナワシロイチゴ(1)
ヤマモモ(1)
クロヒメバチ(2)
ナナフシモドキ(1)
アサヒナカワトンボ(1)
モグラ(1)
さいか屋(1)
マヒワ(1)
ミミズク(1)
トンビ(1)
オナガサイホウチョウ?(1)
チャノドコバシタイヨウチョウ(1)
アカガオサイホウチョウ(1)
リュウキュウツバメ(1)
リュウキュウガモ(1)
ムナオビオウギビタキ(1)
ハリオハチクイ(1)
ハクオウチョウ(1)
シマキンパラ(1)
シキチョウ(1)
サイホウチョウ(1)
コブハクチョウ(1)
コアオバト(1)
アオショウビン(1)
オオクイナ(1)
シロハラクイナ(1)
メグロヒヨドリ(1)
コウライウグイス(1)
キバラタイヨウチョウ(1)
カノコバト(1)
オオハッカ(1)
ミツマタ(2)
ツバキ(2)
ウメ(4)
イカル(1)
キセキレイ(2)
ロウバイ(1)
キジバト(2)
紅葉(5)
クロベンケイガニ(1)
アカテガニ(1)
コメツキガニ(1)
アシハラガニ(1)
多摩川(1)
トゲツヤヘラクチイシアブ(1)
スジボソコシブトハナバチ(2)
ヒガシニホントカゲ(1)
オオゲジ(1)
カツラ(1)
キイロスズメバチ(1)
スズバチ(1)
オオハナアブ(2)
コスモス(2)
ヨコジマオオハリバエ(1)
カバオビドロバチ(1)
コクロアナバチ(1)
ミンミンゼミ(1)
アブラゼミ(1)
ノウゼンカズラ(1)
サルスベリ(2)
マツムラヒメアブ(1)
キンケハラナガツチバチ(2)
クマンバチ(2)
foods(2)
オクラ(1)
オスグロトモエ(1)
ヤマトフキバッタ(1)
シロスジクチキヒメバチ(1)
ツマアカクモバチ(1)
クレマチス(1)
ムクゲ(1)
マメコガネ(1)
キイチゴ(1)
ヤマユリ(2)
ツリアブ(1)
コガネムシ(1)
ヨツスジハナカミキリ(1)
コオニヤンマ(1)
ヨツボシトンボ(1)
ハッチョウトンボ(1)
旅の印象(13)
イルカ(1)
アホウドリ(1)
ミズナギドリ(1)
オットセイ(1)
ケア(1)
ユリノキ(1)
ホオ(1)
トチノキ(1)
ハナミズキ(1)
ハナカイドウ(1)
カリン(1)
クロウタドリ(1)
クロアカツクシガモ(1)
ウ(1)
ギンカモメ(1)
ハシグロカモメ(1)
ズアオアトリ(1)
ウソ(1)
ミヤマホオジロ(2)
タイワンキチョウ(1)
シロオビアゲハ(1)
ベニモンアゲハ(1)
スジグロカバマダラ(1)
カワウソ(1)
カバタテハ(1)
リュウキュウアサギマダラ(1)
ツマベニチョウ(1)
タテハモドキ(1)
イシガケチョウ(1)
ツマムラサキマダラ(1)
オオゴマダラ(1)
空(5)
冬景色(1)
四国(10)
サザンカ(1)
北信五岳(1)
コウテイダリア(1)
展覧会など(2)
シオン(1)
ドングリ(1)
キトンボ(1)
コカマキリ(1)
キンモクセイ(1)
シロオビベッコウハナアブ(1)
イチモンジセセリ(1)
ツチイナゴ(1)
フチ子(1)
クサギ(2)
ノシメトンボ(1)
ミズキ(1)
カナカナゼミ(1)
エゾゼミ(1)
スズメバチ(1)
ゴマダラカミキリ(1)
イカリモンガ(2)
タカネトンボ(1)
ルリイトトンボ(1)
クジャクチョウ(1)
ササ(1)
スギナ(1)
アオヤンマ(1)

▼ ranking
▼ 検索フォーム
▼ リンク
▼ 最新コメント

pagetop ↑

Copyright © 2016 皆空亭 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.