2018年02月記事一覧

| home |

« 2018/01 | 2018/02 | 2018/03 »
ダイサギと云へど

2018.02.28(Wed)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
ダイサギが魚を獲って飛んだのは少し近くにコサギがいたせいかもしれません。
IMG_Y9612q.jpg

獲物をくわえたまま飛んでどこに行くかと追っていたら
IMG_Y9613q.jpg

葦原の上にかかって
IMG_Y9629tq.jpg

そのまま林!の中に降りてしまいました。
ここなら絶対安全、というところまで退避してご馳走をゆっくり頂こうと思ったようです。ダイサギがこんな行動をするところは始めて見ました。どうも種としての一般的習性ではなく、この個体特有の性格かと思いました。
IMG_Y9631tq.jpg

横槍が入っても大丈夫なように万全を期するところ、血液型はA型でしょうか。

pagetop ↑

釣人用の柵にて

2018.02.27(Tue)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
ユリカモメの群に混じってカモメが一羽休んでいました。こうやって見ると頭一つ分抜き出ていいるのがわかります。一週間前の記事は若鳥で今回は成鳥です。
J1807656tq.jpg

飛び立つところ。この手すりの部分はいつもユリカモメが止まっているせいで糞だらけです。カモメの仲間は動物食ですが不思議と臭いが気になりません。
J1807632q.jpg

私が勝手に優しい表情と思っている眼のあたり。瞳の周りが黄色とか赤だったら途端に厳しい表情になります。
J1807570q.jpg

pagetop ↑

like a crane

2018.02.26(Mon)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
アカアシシギ(L27.5)より少し大きくて嘴も長いツルシギ(L32.5)を見ました。フォルムがツルに似ているからと命名されたのですが、それにしては小さい。ツルの雛に比べても小さいのではないでしょうか。この程度の類似だったらシギ全般がlikeツルと言えそうです。
J1807206tq.jpg

夏羽の場合は黒くて識別は容易だと思います。ただ旅鳥のツルシギは春と秋の限られた時期しか観察出来ず、今回の画像は1月半ばの冬羽です。
J1807216tq.jpg

周りの皆さんは何故かカモ類に比べあまり興味ないようでした。
J1807248tq.jpg

何はともあれ私にとっては初見の貴重な姿。
(次に姿を現すときはもっと接近してくれるよう念じておきました。)

pagetop ↑

ヒレンジャクに非ず

2018.02.24(Sat)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
何の鳥が群がっているのかと近づいて見たらムクドリでした。
J1807483tq.jpg

ヤドリギにやってきたヒレンジャクスタイルで種子に取り付いています。
J1807494tq.jpg

画像からは聞えませんが、結構賑やかな鳴き声をまき散らしています。地表で群れになって何かをついばんでいる情景はよく目にしますね。
今回の場合、冬も半ばを過ぎて残っている実ということで、それ程ムクドリの嗜好にあっていると思えないですが、そこには群れの勢いがあって、乗り遅れちゃならぬと我先にほおばっている! と私は感じました。
J1807500q.jpg

後になって腹の不調を訴える個体が出てきたりして。
「俺、何であんなに食べちゃったんだろう?」

pagetop ↑

飛ぶのか?

2018.02.23(Fri)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
昨シーズンより接近してくれたヤマシギです。採餌に夢中になって大勢の人に注目されていることが、それこそ眼中になかったようです。これで距離が半分程度に縮まりました。
J1804415tq.jpg

このシギは本当に眼が後ろの方についていますね。前方よりも後ろの方が良く見えるように進化したのでしょうか。地表でじっとしていたり歩き回ったりする限り、なおかつ長い嘴の先で潜むミミズなどを探る限り、前方への視力はそれ程必要なく、むしろ後ろから襲ってくるであろう敵に注意を向けたい。
この眼の位置から飛ぶのは苦手そうに感じますがどうでしょう。
J1804666tq.jpg

狩猟鳥などと有難くない指定(地域によっては禁猟)をされているらしいですから、広い視野を持つその眼で十分注意してください。
J1822100tq.jpg

pagetop ↑

個性派

2018.02.22(Thu)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
後方にあるカヤの草むらから予期せずに登場して止まりました。高さはそれ程ありません。
J1811315tq.jpg

そして近くのややくたびれた感じの木の根元に降りたちます。伐採し時間が経って朽ちかけた木の枝が積んである傍らは、好物のアリが潜んでいると見えて、現れる場所はこの界隈に決まっているのです。
J1804982tq.jpg

何かの用途として設置されたらしい、子供の背くらいの杭も何本か立ち並んでいて、本当はそっちに止まってくれたら絵になるのに、とカメラを構えた人の願望。
J1805081tq.jpg

10分ぐらい出演すると、役者のアリスイはさっさと退場してしまいます。面白いパフォーマンスを見せてくれる訳では無いですが、専ら地表でアリを食料とする奇妙な生態が人を惹きつけるのかも知れません。

pagetop ↑

枯葉をがさごそ

2018.02.21(Wed)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
林のある公園なら今の季節目にする機会が多い。
IMG_Z5503q.jpg

少し暗い地表で、枯葉をがさがさひっくり返す音がしたら、それはキジバトかこのシロハラの可能性が高く、ややまれなケースだとアカハラ、トラツグミとも考えられます。(公園に居付くネコだったらがっかりです)
J1803556tq.jpg

人に気がつくとちょっと高い場所だったり樹冠の中に逃げ込んだりしますね。
J1811051q.jpg

PCのディスプレイを見て気がついたのですが・・・
このシロハラが立っているのはスズメバチの巣の上です!
冬の季節ハチの活動は既に終了し、何らかの理由で地表に落下したものだと思います。シロハラの体長と釣り合うぐらいの大きさですからスズメバチの巣としては小さく、コガタスズメバチ(の巣)の作品でしょうか。
J1818354tq.jpg
撮影している時はもちろん気がつきません。

pagetop ↑

性格は優しい、か?

2018.02.20(Tue)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
快晴の空をバックにカモメ若鳥が比較的ゆっくり飛んで来ます。
J1803221tq.jpg

嘴はピンクがかって先端が黒く、隠れている脚は黄色気味の筈です。
J1803222tq.jpg

眼が黒いせいで面立ちは優しそうに見えます。いっぱい集まったらもめ事があるのかも知れませんが、当地ではせいぜい数羽程度で同じ仲間はもちろん、食料をついばんだユリカモメを追い回すこともしません。また餌を撒くヒトがいてもハトとかオナガガモやユリカモメと異なり、それに群がることは矜持が許さぬようです。
J1803227tq.jpg

若鳥ながらユリカモメより一回り大きい体躯は、それだけで優位を保てると見えます。

pagetop ↑

木には止まらぬか

2018.02.19(Mon)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
「危険を感じると茂みに逃げ込む」らしいですが、様子を見ているとしょっちゅう危険を感じているのかいな、と思わせるほど走っている場面が多いですね。
J1803166tq.jpg

飛ぶ姿は見るのは至難の業。
J1803174tq.jpg

将来的にはヤンバルクイナのように翼が退化して飛べなくなるかもしれません。ネットでも歩いている、走っている場面の画像が多いです。
J1803741tq.jpg
クイナでした

pagetop ↑

威圧感無し

2018.02.17(Sat)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
日記的話題を少し
平昌オリンピック男子フィギュアで羽生、宇野が金銀フィニッシュの快挙を成し遂げました。特に羽生は前回大会に続いての二連覇(66年振り)で、まさに伝説を作りましたね。

同じ本日JR川崎駅に北口通路がオープンし、利便性が増すとともに、エキナカショップと合わせてより魅力的になったかと思います。時間までぶらぶらしてちょっとした買い物をしてもらえたら、などと提供側は考えているのでしょう。
今までは中央口だけでしたから待ち合わせる場合に戸惑うことは無かったのですが、これからはどちらの通路側か決める必要がありそうです。

閑話休題
こんな所に止まっていたら、動いてでもくれない限り気がつきません。何とか向こう側に回り込めれば少しは状態が良い可能性が残ります。ところがこの木の向こう側は川になっていて、その案は即却下です。
J1812031q.jpg

午後2時過ぎると冬の太陽は低くて夕方の様な色になります。暫くの間この状態で止まっていた後、後方の池の縁に降りたちました。そこにはコガモが群れていて、さぞや大騒ぎと思っていたら全然騒ぎにならず拍子抜け。
この若鳥はもしかしたら狩りの経験がほとんど無いのでしょうか。特にこの環境では実績ゼロなのかも知れず、カモたちは成鳥の横縞と異なった模様をオオタカと認識していないフシがある。
オオタカの前をのんびり泳ぐコガモの風景はそれ程無い
J1809829tq.jpg

諦めて去って行きます。バックにうっすらと格子模様が見えるのは空ではなく、工事用のシートか構造物のペイントです。
J1812036tq.jpg

pagetop ↑

ギャラリー大勢

2018.02.16(Fri)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
ホシハジロ♀に良く似ているクビワキンクロ♀初見です。キンクロの名から想像されるように、キンクロハジロの♀にも似ていて紛らわしい。この池はキンクロハジロはいませんがホシハジロはいて、うわさを聞きつけて訪れたであろう人に話しかけられます。
「あれがクビワキンクロですか」
「ホシハジロだと思いますよ。クビワは隠れているのでしょう」
IMG_Z4540tq.jpg

眼の回りに白いリングがあって、嘴の先にも白の横スジが入っています。
IMG_Z4773tq.jpg

池にやって来た当初は、あちこちを探索がてら?回遊していました。
環境に慣れるに従って、向こう岸からあまり離れることをしなくなります。
名前の由来である首の輪は♀にはありません。それどころか♂でも殆んど目立たないようです。フィールドガイドの記載は「頭部と胸の境に不明瞭な淡褐色の横帯を持つ個体がいる」程度。
J1802008q.jpg

pagetop ↑

落ち着いて下さい

2018.02.15(Thu)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
数ヶ所で見かけたベニマシコです。今年は「見かけた」がぴったりするぐらいの、瞬間風速的出会いばかりでした。ある所で見たとしても次の日にはもういないのです。
IMG_Z3272tq.jpg

従ってなかなか良いコンディションの画像がありません。
最初のものは遠くの茅原?に飛んだところ
次は逆光気味のすぐそばの木の上
IMG_Z3286tq.jpg

入り組んだ枝の中に入り込んで、乾燥した種子の様なものをついばんでいる♀。
IMG_Z4297tq.jpg

すっきりした画像とはほど遠いですね。
IMG_Z4336tq.jpg

pagetop ↑

ちゃんと飛べる

2018.02.14(Wed)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
以前掲載したハイタカと同じような位置、葦原の上を低く飛ぶヨシゴイです。
IMG_X9768tq.jpg

こっちは獲物を探す目的ではなく単に移動するだけです。近くの場合は専ら葦の林の中を茎伝いに動いたり、途切れる場合はごく低く飛ぶ程度で、この様な姿はなかなか目にしませんね。
IMG_X9770tq.jpg

「もう少し近くを飛べよ」と言いたいところですが用心深いヨシゴイはこちら側に来てくれません。
IMG_X9772tq.jpg

pagetop ↑

蚊帳の外

2018.02.13(Tue)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
後日記事にすることにしている新顔のカモに皆さん夢中で、その泳ぎに合わせてあっちに移動したりこっちに来たり大変です。
IMG_Z4657tq.jpg

なので数日前?から滞在の、希少性ではやや低いランクのヨシガモの動きは見放された状態です。
IMG_Z4754tq.jpg

ご年配が一人だけ近寄って来たヨシガモを見つめていました。光線の具合がとてもよくて、コガモと遊ぶヨシガモに私もお付き合いです。
IMG_Z4733q.jpg

pagetop ↑

先勝ち

2018.02.12(Mon)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
「俺が食べてるんだ、邪魔するな!」
J1806035tq.jpg

「何だよう、先に来たからって威張ることないだろ」
J1806036tq.jpg

「ここは先着順なのさ! 憶えとけよ」
J1806037tq.jpg

「はいはい悪うございました」

珍しく下にいたオオジュリンが強かった場面でした

pagetop ↑

動じない

2018.02.10(Sat)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
カワウの群が何やら同じ方向を見つめているところにミサゴがやって来ました。
IMG_Y9379tq.jpg

ミサゴは直ぐ近くでUターンしてまたカワウのすぐ上を飛んで行きます。否が応でもカワウの視界には捉えられる筈。
IMG_Y9396tq.jpg

ユリカモメが巡回しているしカワウが集まっているから、魚がいるかも知れないと思った?ミサゴが見当違いを悟ったらしく去って行きます。
IMG_Y9398tq.jpg

ミサゴには全然劣等感を持っていないカワウでした。相手の狙いは魚で、かつ自分の方が遙かに大きい(L58 vs L82)ときたらビビる必要はないですよね。
IMG_Y9399tq.jpg

カワウの視線の先には特に注目すべき物体は無いようでした。単なる休憩時のポーズなのでしょうか。

pagetop ↑

向こうから接近

2018.02.09(Fri)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
昨日に続いてノスリの記事
離れた照明塔に止まっていたノスリが飛んで、想定外にも私の方に向かってきたのでびっくり。そしてすぐそばの照明兼監視カメラ塔に来ました。
IMG_Z5043q.jpg

左上に少し写りこんで見えるのはカラスです。カラスが干渉して来たのでそれを避けたかったのでしょう。
IMG_Z5053q.jpg

まだ付きまとうので、かつ下からカメラを向けた人もいて
「ほんと、鬱陶しい!」
と思っている様子ありありです。
IMG_Z5067tq.jpg

言っておきますが、カメラマン(つまり私)は(カラスと同じように)追いかけたのではなく、ノスリ君が自分から近寄って来たのです。
IMG_Z5068tq.jpg

おかげで超接近の画像が撮れました。
監視カメラには近寄っていく様子が写っているかも知れません。

pagetop ↑

横に飛んだ

2018.02.08(Thu)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
今年はあちこちでノスリを見る機会があり、ノスリの写真ばかり撮っていると思われるかもしれません(誰に?)。
鶴見川の川沿いにいたのが飛び立って遠くの木のてっぺんに止まりました。後方は新横浜のオフィスビルです。
IMG_Z1917q.jpg

少しするとやっぱり居心地が悪いらしくて飛び立ちます。通常は向こう側に、枝の陰になる部分に降りていくことが多いのですが、今回は横に飛んでくれたので全体像が良く見えます。
IMG_Z1919q.jpg

少しだけ拡大してみました。翼角のあたりに褐色の紋があって、上空を飛んでいる時見分けるポイントになりますね。
IMG_Z1920tq.jpg

pagetop ↑

動物園よりいいかも

2018.02.07(Wed)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
川沿いの木にノスリが止まっていないか、上空に何かいないかと立ち寄って眺めていたら、対岸の土手に上っていたオオバン御一行がざわついて一斉に川に戻ります。猛禽類が近付いた時の騒ぎ方とは少し違います。
原因は土手の上の方からタヌキが降りてきたせいでした。
IMG_Z1999q.jpg

タヌキの動作は非常にゆっくりで、少しすると遠ざかっていたオオバンが戻って来て、取り敢えず水上にいる限りノープロブレム!と思ったようです。
そんな中更に一匹(一頭)が近づいて来ました。
IMG_Z2022q.jpg

動物園でも見られないぐらいのツーショットです。間に川の流れがあるとはいえフェンスが無いのが嬉しい。
特に追い返したり争ったりしないところから見ると身内のタヌキなのかもしれません
IMG_Z2036tq.jpg

なかなか立派な出で立ちですから「二頭」と数えたいところ。

pagetop ↑

振舞い控え目

2018.02.06(Tue)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
通路の地表近く、いち早く歩いている人影を見つけて草叢の中へと飛んで逃げるアオジです。飛び立った時に外側の尾羽が白く見えて咄嗟には、「ああ、スズメじゃないな」と思うぐらい。
IMG_Z3845tq.jpg

アオジと一緒にいる場合ホオジロは赤っぽく、アオジは上面が目につくせいか画像よりも暗く見えますね。
IMG_Z3841tq.jpg

分類が近いと思われるホオジロ、アオジ、カシラダカ、ホオアカはフィールドガイドの隣り合ったページに載っています。
IMG_Z0281tq.jpg
こちらは♀

pagetop ↑

不成功

2018.02.05(Mon)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
池のほとりで同好の士と立ち話をしていました。対岸にはオオバンの群が土手に上がりつつあります。彼らは植物食と見えてひと気が無くなるとすぐに陸にあがろうとします。
IMG_Y8378tq.jpg

対岸は傾斜の緩い斜面になっていて、そちらは人も犬も入れないようになっているのですが、どういう訳か散策道が設置された手前側に上陸するケースが多いのです。
IMG_Y8371tq.jpg

そんな話をしていたら突然オオバンが大騒ぎ(別名:混乱)をし出して我先にと水面に戻ろうとします。
画像の通りオオタカが現れて逃げ遅れる奴はいないかと虎視眈々なのでした。
結局獲物は獲れずに戻ってゆきます。オオバンは安堵したことでしょう。
IMG_Y8379tq.jpg

それにしては土手を降りてくるまで私も話相手の人も気がつきませんでした。土手の向こうに見える木々の梢にも大きな鳥は認められなかったので不思議です。
オオバンが人の通るこちら側で良く採餌するのに納得です。というのもこちら側だとちょっかいを出すヒト相手なら何の苦も無く逃げおおせるのに対し、向こう岸には今回のようにいつオオタカが襲って来るかわからないリスクがあって、それは生死にかかわる問題。
IMG_Y8438tq.jpg

pagetop ↑

水辺の寵児

2018.02.03(Sat)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
川や池のあるところ、水辺にはかなりの確率でカワセミが往来しているような気がして、今どき珍しい鳥でも何でもない印象を持っています。川だと本流から少し外れた流れが緩やかなところが好きで、杭とかオーバーハングする枝があればそこに佇んで水面下の生き物を窺っている。
IMG_Z2161tq.jpg

興味をもたれるのはやっぱり色彩のせいでしょう。これがスズメ級の色模様だとほとんど注目されない。
IMG_Z3217tq.jpg

またはダイブして魚を捕える姿が絵になるってのもありますね。
IMG_Z2096tq.jpg

pagetop ↑

枯木枯枝枯葉

2018.02.02(Fri)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
季節柄周囲がアースカラーっぽい色彩になる場合が多いです。その上午後も2時を過ぎると日が低くなることで夕方の赤みがかった画像に変わってきます。人の眼は「まだ午後2時だから」と自動的に補正して昼間の色彩と認識するのでしょうか。
IMG_Y8505tq.jpg

今回はホオジロです。地表や枯れた茎の周りで木の実や種子をついばんでいますね。
IMG_Z2230tq.jpg

帰りの自転車で葦原の中の砂利道を通りかかると、大体の場合道路の先の方で数羽が採餌している場面に出合います。スズメはスズメの一群を作り、ホオジロはちょっと臆病なアオジと一緒だったりします。ひょっとするとベニマシコが混じっていることもあって、注意をおろそかにできません。
IMG_Z3797tq.jpg

pagetop ↑

好きな鳥の一つ

2018.02.01(Thu)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
オオジュリンが飛び交う葦原の地表近くで生活を展開しているセッカ
IMG_Z0760tq.jpg

暫く観察していないといるのかいないのか分らないほど、入り組んだ陰になる部分が好きで、そこを動き回ります。しゃがみ込んでじっとしていたら少しは全身が見える場所に移ってきたりしますね。
IMG_Z0794tq.jpg

場合によっては穂の部分に止まって風がくると一緒に揺れます。飛んで来たり飛び立ったりしないと、この羽色と縦条のせいで発見するのは難しい。
IMG_Z0817tq.jpg

下面が少し緑っぽく見える場合があります。

pagetop ↑

▼ プロフィール

皆空亭

Author:皆空亭
出身:長野県
生活:川崎市
フィールド:おもに自転車の到達範囲

※当ブログへのリンクはご自由にどうぞ(画像直接を除く)
※掲載画像の無断使用はご遠慮下さい

▼ 最新記事
▼ カレンダ

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
▼ 過去の記事

2019年 11月 【14件】
2019年 10月 【27件】
2019年 09月 【25件】
2019年 08月 【27件】
2019年 07月 【27件】
2019年 06月 【25件】
2019年 05月 【27件】
2019年 04月 【26件】
2019年 03月 【26件】
2019年 02月 【24件】
2019年 01月 【24件】
2018年 12月 【26件】
2018年 11月 【26件】
2018年 10月 【27件】
2018年 09月 【25件】
2018年 08月 【27件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【26件】
2018年 05月 【27件】
2018年 04月 【25件】
2018年 03月 【27件】
2018年 02月 【24件】
2018年 01月 【24件】
2017年 12月 【27件】
2017年 11月 【26件】
2017年 10月 【26件】
2017年 09月 【26件】
2017年 08月 【27件】
2017年 07月 【27件】
2017年 06月 【26件】
2017年 05月 【23件】
2017年 04月 【25件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【25件】
2017年 01月 【24件】
2016年 12月 【27件】
2016年 11月 【26件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【26件】
2016年 08月 【27件】
2016年 07月 【26件】
2016年 06月 【26件】
2016年 05月 【24件】
2016年 04月 【25件】
2016年 03月 【27件】
2016年 02月 【25件】
2016年 01月 【24件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【26件】
2015年 10月 【27件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【23件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【25件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【25件】
2015年 02月 【21件】
2015年 01月 【22件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【25件】
2014年 09月 【27件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【27件】
2014年 06月 【28件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【22件】
2014年 02月 【23件】
2014年 01月 【28件】
2013年 12月 【27件】
2013年 11月 【24件】
2013年 10月 【26件】
2013年 09月 【29件】
2013年 08月 【30件】
2013年 07月 【37件】
2013年 06月 【6件】

▼ カテゴリ
▼ タグリスト最新順

ミヤマアカネ(2)
ルリモンハナバチ(6)
ムナグロ(4)
ウミネコ(6)
ギンヤンマ(4)
ゴイサギ(9)
ヤマドリ(1)
モンキチョウ(5)
モノサシトンボ(1)
マユタテアカネ(5)
ホオジロ(6)
チゴハヤブサ(1)
スジグロチャバネセセリ(2)
スジグロシロチョウ(7)
ジャノメチョウ(2)
ナミモンクモバチ(1)
モンベッコウ(1)
ヒメカメノコテントウ(1)
カタグロチビドロバチ(2)
ナガニジゴミムシダマシ(3)
コガシラアワフキ(1)
キンクロハジロ(13)
ウスバカミキリ(1)
アオスジアゲハ(4)
ウラナミシジミ(6)
オオスカシバ(6)
ヨツスジヒメシンクイ(1)
シロテンハナムグリ(3)
シラホシハナムグリ(2)
コフキトンボ(7)
アジアイトトンボ(6)
クマバチ(3)
ニジュウヤホシテントウ(1)
キボシアシナガバチ(1)
アオサギ(11)
ダイサギ(9)
ルリボシカミキリ(1)
ラミーカミキリ(2)
モンキクロカスミカメ(1)
フタツメカワゲラ(1)
ハグロトンボ(4)
サラサヤンマ(1)
ゴマフカミキリ(1)
コオニヤンマ(2)
キボシアオゴミムシ(1)
カメノコテントウ(1)
ウスイロトラカミキリ(1)
ヨツスジハナカミキリ(2)
マミジロハエトリ(1)
メスグロヒョウモン(6)
チョウトンボ(6)
ノコギリカメムシ(1)
クロイトトンボ(2)
キイロクビナガハムシ(1)
ホソサビキコリ(1)
アシブトクチバ(1)
クロマルエンマコガネ(1)
タテジマカミキリ(1)
ヒオドシチョウ(4)
シラホシカミキリ(2)
ホタルカミキリ(1)
クロトラカミキリ(2)
アオカミキリモドキ(1)
ヒゲジロハサミムシ(1)
エゾギクトリバ(1)
トガリバアカネトラカミキリ(1)
アシナガオニゾウムシ(2)
バラルリツツハムシ(1)
ナツアカネ(3)
コムラサキ(8)
ササゴイ(3)
ヒヌマイトトンボ(5)
ホソミイトトンボ(1)
クロカミキリ(1)
ゴイシシジミ(3)
コアジサシ(8)
クロハラアジサシ(1)
クロナガタマムシ(1)
ヒシモンナガタマムシ(1)
ムツボシタマムシ(1)
ムネアカナガタムシ(1)
アトジロサビカミキリ(1)
ゴマダラカミキリ(2)
ルリカミキリ(1)
オオホシオナガバチ(1)
シロヒゲナガゾウムシ(1)
ヨツボシケシキスイ(1)
ヒトツメカギバ(1)
ヨダンハエトリ(1)
カタビロトゲハムシ(1)
シリアゲムシ(1)
クサグモ(1)
ゴマダラチョウ(6)
クワハムシ(1)
コイチャコガネ(1)
ヤマトクロスジヘビトンボ(4)
ムネアカオオクロテントウ(1)
イチモンジカメノコハムシ(1)
ハラビロトンボ(6)
ホソフタオビヒゲナガ(1)
ヒメアシナガコガネ(1)
ヒメクロオトシブミ(1)
シロオビアワフキ(1)
シラヒゲハエトリ(1)
ヤマサナエ(5)
ヒナルリハナカミキリ(1)
ビロウドコガネ(1)
クロスズメバチ(2)
イチモンジチョウ(6)
エゴツルクビオトシブミ(1)
ミカドアリバチ(1)
ヒラタハナムグリ(1)
ウラナミアカシジミ(6)
アカシジミ(8)
ウスイロヒゲボソゾウムシ(1)
トホシテントウ(1)
ヒメヒゲナガカミキリ(2)
トゲヒゲトラカミキリ(2)
ジャコウアゲハ(6)
コガタルリハムシ(1)
キスジホソマダラ(2)
セボシジョウカイ(1)
クロスジギンヤンマ(4)
コアオハナムグリ(4)
アシナガコガネ(1)
クロハナムグリ(2)
ヒゲナガハナノミ(1)
ニホンカワトンボ(4)
ヒメマルカツオブシムシ(2)
エチゼンキマダラハナバチ(1)
アオオビハエトリ(1)
アブラコウモリ(2)
ワカバグモ(1)
ムネアカアワフキ(1)
カルガモ(12)
ミドリシジミ(5)
マガリケムシヒキ(2)
ホソヒメヒラタアブ(1)
オオミドリシジミ(8)
ウラゴマダラシジミ(3)
ミズイロオナガシジミ(6)
ニホンチュウレンジバチ(1)
ニホンチュウレンジ(1)
ニッポンヒゲナガハナバチ(4)
シロスジヒゲナガハナバチ(3)
ツマキアオジョウカイモドキ(1)
ハグルマトモエ(1)
クワキヨコバイ(1)
クロボシツツハムシ(1)
クロホシツツハムシ(2)
アマサギ(1)
アオバセセリ(1)
ツバメ(5)
イワツバメ(3)
ホウロクシギ(1)
カワセミ(11)
ハグロケバエ(1)
コナガ(1)
コジュケイ(6)
ウグイス(8)
クシコメツキ(1)
オオシモフリコメツキ(1)
ガ(1)
ネコハエトリ(1)
コトゲアシクモバチ(1)
アカハネムシ(1)
キアゲハ(4)
クロマルハナバチ(4)
ビロウドツリアブ(4)
アカタテハ(6)
ニホンアマガエル(1)
アマガエル(4)
ギフチョウ(2)
ドバト(1)
ネコ(10)
カモメ(6)
ヒバリ(7)
ハジロカイツブリ(9)
ヨシガモ(9)
ボラ(2)
アリスイ(3)
ニホンアナグマ(1)
トラフシジミ(8)
スギタニルリシジミ(1)
ツマキチョウ(7)
ニシオジロビタキ(1)
コガモ(12)
ツグミ(9)
セッカ(6)
ウミアイサ(5)
メジロ(16)
ルリビタキ(8)
アカハラ(4)
オシドリ(4)
クロツラヘラサギ(3)
ジョウビタキ(12)
ドブネズミ(3)
ヒクイナ(2)
カラス(7)
ムクドリ(10)
クビキリギス(2)
オカヨシガモ(7)
ミヤマセセリ(5)
コツバメ(5)
ミコアイサ(5)
トラツグミ(4)
ヤマシギ(3)
カシラダカ(6)
クロジ(3)
セグロセキレイ(1)
シロハラ(6)
スズガモ(9)
セイタカシギ(7)
スズメ(15)
飛行機(1)
月(2)
ホオジロガモ(1)
マガモ(9)
チョウゲンボウ(12)
ホシハジロ(6)
ビンズイ(2)
キクイタダキ(2)
アオジ(10)
シメ(7)
ドラゴン(11)
メープル(5)
ベニマシコ(5)
オオタカ(9)
ワカケホンセイインコ(1)
イカルチドリ(2)
ヤマガラ(6)
アトリ(4)
チュウヒ(3)
コイ(2)
ノスリ(7)
タシギ(7)
シロチドリ(5)
カワウ(11)
ウナギ(1)
ミサゴ(9)
ハイタカ(4)
ハシビロガモ(7)
ハマシギ(6)
クイナ(5)
タヒバリ(5)
ハヤブサ(6)
イソシギ(8)
オオバン(9)
ヒドリガモ(12)
トビ(11)
ムラサキツバメ(8)
コトヒキ(1)
コサギ(9)
イソヒヨドリ(7)
メボソムシクイ(1)
コサメビタキ(3)
ツミ(5)
キビタキ(9)
トウネン(3)
エゾビタキ(4)
オオルリ(4)
ナナホシテントウ(3)
ベッコウバエ(1)
オオアオイトトンボ(6)
フタモンアシナガバチ(2)
モンシロチョウ(7)
バン(4)
タマムシ(4)
オンブバッタ(2)
ホシホウジャク(5)
モンキアゲハ(5)
キタテハ(6)
水準点(1)
スケバハゴロモ(2)
ツクツクボウシ(4)
ツマグロオオヨコバイ(2)
チャバネセセリ(1)
ヤノトガリハナバチ(4)
ナミカバフドロバチ(1)
ウスバキトンボ(7)
オニヤンマ(5)
キマダラカメムシ(1)
クマゼミ(1)
コムクドリ(1)
ムモントックリバチ(2)
コシアキトンボ(3)
ヤブヤンマ(3)
クロアナバチ(3)
ベッコウハゴロモ(3)
アオバハゴロモ(1)
ルリクビホソハムシ(1)
オナガ(5)
ヨツスジトラカミキリ(4)
ヒメツツハキリバチ(3)
アナアキゾウムシ(1)
アミガサハゴロモ(2)
シオヤアブ(2)
サビキコリ(1)
キバラヘリカメムシ(1)
ヒメコスカシバ(1)
オオハキリバチ(3)
アオモンイトトンボ(6)
ヒメアカタテハ(6)
ヤドリバエ(1)
ハムシダマシ(1)
カオジロヒゲナガゾウムシ(1)
アメンボ(2)
アカスジツチバチ(2)
ワラジムシ(1)
ジガバチ(1)
アシダカグモ(3)
オオモンクロクモバチ(2)
アゲハモドキ(2)
ドウガネブイブイ(1)
コチャバネセセリ(3)
アトワアオゴミムシ(1)
ヤマトシジミ(6)
ヤブキリ(3)
アメイロアリ(1)
ハゼラン(1)
トウキョウヒメハンミョウ(4)
セマダラコガネ(3)
クロアゲハ(5)
イシムカデ(1)
アズマヒキガエル(6)
アオスジハナバチ(6)
クロヤマアリ(1)
カタツムリ(3)
セアカツノカメムシ(1)
クサカゲロウ(1)
シデムシ(1)
ムラサキシジミ(7)
ツバメシジミ(5)
コフキゾウムシ(1)
ウリハムシモドキ(1)
ルリジガバチ(2)
モモブトスカシバ(1)
ヒメシロコブゾウムシ(2)
オオヤマカワゲラ(2)
ニホンカナヘビ(3)
ナミアゲハ(5)
トラマルハナバチ(3)
シロカネグモ(1)
ササグモ(2)
ハキリバチ(1)
クロイロコウガイビル(1)
カシワクチブトゾウムシ(1)
オジロアシナガゾウムシ(2)
アカガネコハナバチ(3)
シオカラトンボ(7)
オオシオカラトンボ(6)
ゴホントゲザトウムシ(1)
アオジョウカイ(3)
コガタスズメバチ(2)
トンボエダシャク(1)
アカガネサルハムシ(1)
ハサミムシ(1)
ヤマアカガエル(1)
シュレーゲルアオガエル(4)
ヤマカガシ(1)
ハゼ(1)
シャチホコガ(1)
アオオサムシ(4)
ウバタマムシ(1)
ヤモリ(1)
アリグモ(1)
ミドリカミキリ(1)
アオカミキリ(2)
ヤツメカミキリ(1)
コマルハナバチ(4)
キイロトラカミキリ(3)
ニホンミツバチ(2)
クロムネアオハバチ(2)
オオヨシキリ(3)
ガビチョウ(5)
マドガ(1)
ブドウスカシクロバ(1)
ヒメトラハナムグリ(2)
オオコンボウヤセバチ(1)
エゾオナガバチ(1)
カワラヒワ(7)
セアカヒラタゴミムシ(1)
ソリハシシギ(4)
チュウサギ(3)
チュウシャクシギ(5)
キョウジョシギ(4)
コチドリ(7)
アオアシシギ(4)
キアシシギ(8)
センダイムシクイ(1)
シャクヤク(1)
ケラ(2)
メダイチドリ(5)
オバシギ(1)
ウズラ(1)
カンムリカイツブリ(9)
ダイシャクシギ(1)
ミヤコドリ(1)
キアシドクガ(1)
カラスアゲハ(6)
センチコガネ(3)
エビ(1)
メダカ(2)
コウモリ(1)
シオヤトンボ(5)
クヌギ(1)
ヒレンジャク(2)
コウノトリ(1)
ユリカモメ(14)
アメリカコガモ(2)
サクラ(9)
ルリタテハ(6)
カタクリ(3)
キクザキイチゲ(3)
モズ(8)
ハクセキレイ(6)
アオゲラ(9)
エナガ(5)
オオジュリン(9)
政府専用機(1)
メジロガモ(1)
シジュウカラ(7)
CP+(1)
ツルシギ(1)
クビワキンクロ(1)
ヨシゴイ(4)
タヌキ(2)
コゲラ(6)
アメリカヒドリ(3)
オナガガモ(8)
丸井(1)
むぎせんべい(1)
セグロカモメ(8)
カチガラス(1)
カササギ(1)
カメ(1)
アジサシ(1)
ホオアカ(4)
ノビタキ(5)
マルガタハナカミキリ(1)
フタスジハナカミキリ(1)
ヒゲナガハナアブ(2)
シロヨトウヤドリヒメバチ(1)
クロヒラタアブ(1)
アカハナカミキリ(1)
ムツアカネ(1)
コノシメトンボ(6)
アオイトトンボ(1)
ミドリヒョウモン(4)
ヒョウモンチョウ(2)
ヒメシジミ(2)
ヒメキマダラヒカゲ(2)
コヒョウモンモドキ(1)
コヒョウモン(2)
コキマダラセセリ(1)
ギンボシヒョウモン(3)
キベリタテハ(1)
エルタテハ(1)
ウラギンヒョウモン(3)
ウラギンスジヒョウモン(2)
アカセセリ(1)
アサギマダラ(4)
マツムシソウ(2)
マガン(1)
アキアカネ(8)
スルスミシマハナアブ(1)
ハンミョウ(2)
ウラギンシジミ(7)
ナガコガネグモ(1)
イボバッタ(2)
トゲアシオオクモバチ(1)
トラフヒラタヤドリバエ(1)
マツムラベッコウコマユバチ(1)
ハネナガヒシバッタ(1)
コハンミョウ(3)
ヌマエビ(1)
ベニイトトンボ(1)
サムライトックリバチ(1)
マルガタゴミムシ(1)
キマワリ(1)
アオカナブン(1)
カナブン(2)
ルリハムシ(1)
シリアゲコバチ(1)
オオスズメバチ(1)
アメリカジガバチ(1)
サトキマダラヒカゲ(4)
コアシナガバチ(1)
ヨツボシホソバ(1)
ヤハズカミキリ(1)
ムモンホソアシナガバチ(1)
ビロードハマキ(1)
ヒカゲチョウ(4)
ツチカメムシ(1)
ミヤマカラスアゲハ(1)
ヤマキマダラヒカゲ(2)
サカハチチョウ(2)
エゾハルゼミ(1)
エゾイトトンボ(1)
ミソサザイ(3)
ホトトギス(1)
ヒガラ(2)
ハチクマ(1)
ノジコ(1)
ゴジュウカラ(1)
キバシリ(1)
アカゲラ(5)
ムネアカツヤコマユバチ(1)
ルリシジミ(4)
オオワシ(1)
シマアシブトハナアブ(1)
ワオキツネザル(1)
テングチョウ(5)
ナガサキアゲハ(4)
セグロアシナガバチ(2)
シロコブゾウムシ(2)
アカボシゴマダラ(5)
ヒメクロトラカミキリ(1)
キスジセアカカギバラバチ(2)
ベニカミキリ(1)
オオマエグロメバエ(1)
シマアメンボ(1)
クロコノマチョウ(4)
ジムグリ(1)
ダイミョウセセリ(2)
コミスジ(3)
ホシミスジ(1)
ヒコーキ(7)
シマアジ(1)
ヒメウラナミジャノメ(3)
キマダラハナバチ(1)
ヨコジマオオヒラタアブ(1)
フデリンドウ(1)
ニリンソウ(1)
ヒトリシズカ(1)
ナミテントウ(3)
アオダイショウ(3)
チューリップ(2)
マツモムシ(1)
シジュウカラガン(1)
三角点(1)
ヒヨドリ(5)
カケス(2)
タイワンリス(2)
アカアシシギ(2)
コバネイナゴ(1)
キゴシハナアブ(1)
オオカマキリ(3)
トノサマバッタ(2)
ハネナガフキバッタ(1)
サンコウチョウ(1)
オオカバフスジドロバチ(1)
ミヤマフキバッタ(1)
ヘリヒラタアブ(1)
ノコギリクワガタ(2)
ツマグロイナゴ(1)
オオシロフクモバチ(2)
ハラビロカマキリ(2)
ショウジョウトンボ(4)
コフキコガネ(1)
クルマバッタモドキ(2)
リスアカネ(4)
シマヘビ(2)
ヒメコガネ(1)
アカスジカメムシ(1)
ハラアカヤドリハキリバチ(3)
ハラヒシバッタ(1)
カタシロゴマフカミキリ(1)
オオフタオビドロバチ(3)
キイトトンボ(1)
ウチワヤンマ(4)
トガリシロオビサビカミキリ(1)
ササキリ(2)
ヒメスズメバチ(1)
イオウイロハシリグモ(1)
マルボシヒラタハナバエ(1)
コモンツチバチ(3)
エサキモンキツノカメムシ(1)
リンゴカミキリ(1)
ハシボソガラス(1)
ツチスガリ(1)
キボシカミキリ(2)
ミナミヒメヒラタアブ(1)
マダラホソアシナガバエ(1)
ハスジカツオゾウムシ(1)
オオニジュウヤホシテントウ(1)
ウスキホシテントウ(1)
ナミハナアブ(3)
ハナグモ(1)
クロスキバホウジャク(1)
キバネツノトンボ(1)
オオルリシジミ(1)
ウスバシロチョウ(2)
カワネズミ(1)
クモガタヒョウモン(1)
コサナエ(1)
オゼイトトンボ(1)
カノコガ(2)
ヒルザキツキミソウ(1)
ツユムシ(1)
ジンガサハムシ(1)
ジョウカイボン(1)
アジサイ(2)
ツマグロハナカミキリ(1)
ホソオビヒゲナガ(2)
トゲヒシバッタ(1)
セイヨウミツバチ(1)
イボタノキ(1)
オジロビタキ(1)
ハサミツノカメムシ(1)
セスジハリバエ(1)
クロハネシロヒゲナガ(1)
ヒメネズミ(1)
オオイシアブ(1)
キタキチョウ(2)
イタドリハムシ(1)
風景・人事(7)
オダマキ(1)
ウワミズザクラ(1)
クモ(1)
マルガモ(2)
キジ(1)
カイツブリ(5)
雛人形(1)
日暈(1)
トラフズク(1)
ワイルア川(1)
ゲッコー(1)
グリーンアノール(1)
ブラウンアノール(1)
ランタナシジミ(1)
ヒョウモンドクチョウ(1)
ネッタイアカセセリ(1)
メリケンキアシシギ(1)
メキシコマシコ(1)
オナガカエデチョウ(1)
ブンチョウ(1)
チョウショウバト(2)
シリアカヒヨドリ(1)
ショウジョウコウカンチョウ(1)
オオカバマダラ(1)
コウカンチョウ(1)
キバシコウカンチョウ(1)
キンノジコ(1)
インドハッカ(2)
イエスズメ(1)
サメビタキ(1)
タカブシギ(1)
チョウSBG(4)
トンボSBG(2)
ベニトンボ(1)
タイワンウチワヤンマ(1)
アカスジベッコウトンボ(1)
チェンジャブルリザード(1)
ミズオオトカゲ(1)
リス(1)
ハイイロチョッキリ(1)
ニホントカゲ(1)
ツマグロヒョウモン(3)
ベニシジミ(3)
ヒメハラナガツチバチ(2)
マメハンミョウ(1)
アカガシラサギ(1)
マダラバッタ(1)
アオハナムグリ(1)
コハナグモ(1)
アズチグモ(2)
テッポウユリ(1)
ミカドトックリバチ(1)
ハギ(1)
ヒガンバナ(3)
ウスバカゲロウ(1)
ヘクソカズラ(1)
キマダラセセリ(3)
キアシナガバチ(2)
ベッコウクモバチ(1)
ショウリョウバッタ(4)
コクワガタ(1)
キオビツチバチ(4)
オオセイボウ(2)
アオマツムシ(1)
世相(1)
シモフリスズメ(1)
アカエグリバ(1)
アオドウガネ(1)
クロヒカゲ(3)
ヒメジャノメ(2)
コジャノメ(1)
ニイニイゼミ(1)
クワカミキリ(1)
カブトムシ(2)
カマキリ(1)
ヒメギス(1)
ビロウドカミキリ(2)
ハナショウブ(1)
ヤマトシリアゲ(1)
ナワシロイチゴ(1)
ヤマモモ(1)
クロヒメバチ(2)
ナナフシモドキ(1)
アサヒナカワトンボ(1)
モグラ(1)
さいか屋(1)
マヒワ(1)
ミミズク(1)
オナガサイホウチョウ?(1)
チャノドコバシタイヨウチョウ(1)
アカガオサイホウチョウ(1)
リュウキュウツバメ(1)
リュウキュウガモ(1)
ムナオビオウギビタキ(1)
ハリオハチクイ(1)
ハクオウチョウ(1)
シマキンパラ(1)
シキチョウ(1)
サイホウチョウ(1)
コブハクチョウ(1)
コアオバト(1)
アオショウビン(1)
オオクイナ(1)
シロハラクイナ(1)
メグロヒヨドリ(1)
コウライウグイス(1)
キバラタイヨウチョウ(1)
カノコバト(1)
オオハッカ(1)
ミツマタ(2)
ツバキ(2)
ウメ(4)
イカル(1)
キセキレイ(2)
ロウバイ(1)
キジバト(2)
紅葉(5)
クロベンケイガニ(1)
アカテガニ(1)
コメツキガニ(1)
アシハラガニ(1)
多摩川(1)
トゲツヤヘラクチイシアブ(1)
スジボソコシブトハナバチ(2)
ヒガシニホントカゲ(1)
オオゲジ(1)
カツラ(1)
キイロスズメバチ(1)
スズバチ(1)
オオハナアブ(2)
コスモス(2)
ヨコジマオオハリバエ(1)
カバオビドロバチ(1)
コクロアナバチ(1)
ミンミンゼミ(1)
アブラゼミ(1)
サルスベリ(2)
ノウゼンカズラ(1)
マツムラヒメアブ(1)
キンケハラナガツチバチ(2)
クマンバチ(2)
オクラ(1)
foods(2)
オスグロトモエ(1)
ヤマトフキバッタ(1)
シロスジクチキヒメバチ(1)
ツマアカクモバチ(1)
クレマチス(1)
ムクゲ(1)
マメコガネ(1)
キイチゴ(1)
ヤマユリ(2)
ツリアブ(1)
コガネムシ(1)
ヨツボシトンボ(1)
ハッチョウトンボ(1)
旅の印象(13)
イルカ(1)
アホウドリ(1)
ミズナギドリ(1)
オットセイ(1)
ケア(1)
ユリノキ(1)
ホオ(1)
トチノキ(1)
ハナミズキ(1)
カリン(1)
ハナカイドウ(1)
クロウタドリ(1)
クロアカツクシガモ(1)
ウ(1)
ギンカモメ(1)
ハシグロカモメ(1)
ズアオアトリ(1)
ウソ(1)
ミヤマホオジロ(2)
タイワンキチョウ(1)
シロオビアゲハ(1)
ベニモンアゲハ(1)
スジグロカバマダラ(1)
カワウソ(1)
カバタテハ(1)
リュウキュウアサギマダラ(1)
ツマベニチョウ(1)
タテハモドキ(1)
イシガケチョウ(1)
ツマムラサキマダラ(1)
オオゴマダラ(1)
空(5)
冬景色(1)
四国(10)
サザンカ(1)
北信五岳(1)
コウテイダリア(1)
展覧会など(2)
シオン(1)
ドングリ(1)
キトンボ(1)
コカマキリ(1)
キンモクセイ(1)
シロオビベッコウハナアブ(1)
イチモンジセセリ(1)
ツチイナゴ(1)
フチ子(1)
クサギ(2)
ノシメトンボ(1)
ミズキ(1)
カナカナゼミ(1)
ヒグラシ(1)
エゾゼミ(1)
スズメバチ(1)
イカリモンガ(2)
タカネトンボ(1)
ルリイトトンボ(1)
クジャクチョウ(1)
ササ(1)
スギナ(1)
アオヤンマ(1)

▼ タグリスト名前順
▼ ranking
▼ 検索フォーム
▼ リンク
▼ 最新コメント

pagetop ↑

Copyright © 2018 皆空亭 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.