2018年03月記事一覧

| home |

« 2018/02 | 2018/03 | 2018/04 »
赤褐色の横斑

2018.03.31(Sat)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
私の上空を飛んで行ったハイタカ。タカにしてはスピードはほどほどの、撮影し易かった状況かもしれません。
J1825360t2q.jpg

ただ、背景が空の場合は、特に逆光気味の場合はどうしても黒く潰れ気味になり、シルエット化してしまいます。
J1827033t2q.jpg

画像ソフトで暗部を持ち上げてみたら横斑が現れてきて、それが赤褐色であることが判明しました。オオタカの白っぽい下面とは異なります。
J1827040tq.jpg

画像は♂だと思います。♂はハトと同じ位の大きさですが空を飛んでいる鳥の場合大きさの判断をするのは難しいですね。
J1827051tq.jpg

pagetop ↑

花と蝶と

2018.03.30(Fri)

『蝶』 Comment(0)Trackback-
シーズン初見となったルリタテハはヤマザクラ(或はオオシマザクラ?)に来て止まりました。
J1833664tq.jpg

桜の木に来なかったらブログに載せなかったと思います。3月下旬から始まって東北、北海道に到達する5月連休まで、日本列島は桜前線とともにありますよね。
J1833654q.jpg

生き物の記事は多少遅れても仕方がないとして、桜の画像はやっぱり見ごろの時期を失したくはないですし、鳥にしろ昆虫にしろ桜に来たら何か得をしたような気分になります。
J1833644q.jpg

ルリタテハの色彩は淡い桜の白に良く似合うような気がしました。

pagetop ↑

これも花見

2018.03.29(Thu)

『花』 Comment(0)Trackback-
カタクリの開花は桜より少し早めとの印象を持っていました。
J1834067q.jpg

ところが今年は3月25日(日)時点で場所によっては既に桜が五分~七分咲きになり、公園や土手に繰り出す善男善女が多かったです。
J1834151q.jpg

同じ日に見かけたカタクリの群落です。ほぼ満開となっていました。花びら中央にある星形が紫の輪郭だけのものと、下のように濃い紫に塗り潰されたものがあります。実のところ桜は種類が多いですから、寒桜とか河津桜から始まって染井吉野、八重桜の系統まで数週間とっかえひっかえ楽しめる一方、カタクリは桜よりも遙かに見ごろの期間が短いですね。
J1834084tq.jpg

その傍らに2株だけ咲いていたキクザキイチゲ。
J1834108tq.jpg

透けるような白です。
J1834109tq.jpg

ニリンソウは未だのようでした。

pagetop ↑

後肢?

2018.03.28(Wed)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
wikipediaでイソシギの項を見ていたらこんな記述がありました。
「後肢は短く、色彩は黄緑色や黄褐色」
後肢? 鳥の足はイソシギに限らず二本と決まっていますから、もしかして羽を前肢の変形と見なし、それとの対比で後肢と呼んだのかも知れません。初めて目にした用語でした。
因みにフィールドガイドでは「足は黄褐色」と記載しています。
J1825578tq.jpg

単独でいるところしか目にしないこの鳥が珍しく二羽、しかも争っている場面です。それこそ「後肢」を使って蹴り合う勢いで、レンズを向ける余裕がある位の間続けていたのです。
J1825595tq.jpg

見方によっては踊っているようにも感じられる動作ですね。テリトリーを巡ってか、三角関係における勝者決定戦か、当人たちは本気そのものです。
J1825648tq.jpg

pagetop ↑

虫食い

2018.03.27(Tue)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
モズ♀が立札の杭にやって来て、首を前後に振るので何をしようとしているか気になりました。そうしたら口から黒っぽいボール状のものが見えて、
J1824771tq.jpg

ヒュッと吐き出しました。どうやら獲物を消化した後の残滓=ペレットだったようです。
J1824772tq.jpg

彼女が退去した後、杭のそばの地面に落ちていた「ボール」を棒の先でばらしてみたのがこれ。生前はゴミムシやコガネムシの仲間であっただろう遺骸がたくさん見られ、何れも水分を搾り取られた殻と呼ぶにふさわしい、「物」に変わってしまっていました。
J1824774tq.jpg

重要部はモズの血となり肉と化したのでしょう。

pagetop ↑

食事に集中

2018.03.26(Mon)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
葦原の際に流れ着いた木材、その上で何かを食べているネズミを見つけました。リスがやるように前脚にパンのかけら様のものを上手に持って、わき目もふらずに食事中です。
J1824852tq.jpg

従って少しづつ寄っても逃げません。食事の方に意識が向いて、近くにいる大きな動物(私)への注意が疎かになっている。
この時期上空はチュウヒやノスリが出没して虎視眈々と狙いをつけていますから、この程度の警戒心で果して大丈夫か心配になります。しかも葦の茂みの中ではなく、端っこの日の当たる場所、つまり白日の下に身をさらしている訳ですから。
J1824867tq.jpg

直ぐそばをイソシギが徘徊して、
「もしかしたらおこぼれが落ちているのではないか」、と
期待しているように見えたのは気のせいでしょうか。

pagetop ↑

二態

2018.03.24(Sat)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
セキレイの仲間にしては尾が短く、このハクセキレイはメジロ級の小鳥のようです。
J1824309tq.jpg

二月下旬に幼鳥は考えられませんから不思議なことです。身体に不自由はなさそうで、この後しばしば目にします。自分でサマにならないと思っているのか、セキレイ族特有の尾を上下に振る仕草は全然しません。
J1824313q.jpg

こちらは別の個体が羽虫をフライングキャッチしようとしています。
J1826656tq.jpg

予測せずに飛び上る場面では撮影するチャンスを失してしまいますが、この個体は同じところで飛ぶ&降りるを繰り返して親切なこと。やや遠めだったことで焦点を合わせやすかったこともあります。
J1826657tq.jpg

pagetop ↑

数少ない、とか

2018.03.23(Fri)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
アメリカコガモが来ました。肩の部分の縦に見える白い線が特徴です。鳥のすじ模様は体の軸に沿った(平行な)ものを縦、直角な場合は横条と呼びますから、画像の白線は正確には横すじに相当しますね。
J1832958tq.jpg

左はコガモ、翼に沿って白い縦線が入っているのが特長。
J1832875tq.jpg

左はコガモ♀だと思います。アメリカコガモの♀はフィールドガイドにも識別が「難しい」と記載されています。
J1824404tq.jpg

佇んでいるところに、少し離れた場所からコガモが突然飛んでやって来たので驚いたようです。ちょっと跳ねたところに狼狽ぶりが現れています。
「あ~ びっくりした」
J1832921tq.jpg

「数少ない(冬鳥)」ってことばに惹かれちゃいますね。

pagetop ↑

控え目チドリ

2018.03.22(Thu)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
意外にも当ブログに初登場のイカルチドリです。コチドリよりも全体的に淡い色合いで眼のリングも目立ちません。
J1820386tq.jpg

潮が満ちてくるとすっかり覆われてしまう川のコンクリート護岸にいて飛び立ったところです。引き潮時にはコンクリート面が完全に露出し、時間が経つと乾ききってしまいます。イカルチドリは地面が僅かに水をかぶるか濡れている程度の時しか現れないので、潮目を予測して観察に行く必要があると学習させられました。 つまり干潟状態でないと採餌することが出来ないのです。
J1820152tq.jpg

こちらは砂利が露出した川岸で隙間を漁って歩くところ。最初は遠くに飛んだのですが、根競べのつもりで川岸に腰を下ろしていたら少しづつ近寄ってきました。
J1826711tq.jpg

コチドリよりも動作はゆっくりめです。
J1826791tq.jpg

「イカルチドリ」の語源を調べてみました。漢字は鵤千鳥、斑鳩千鳥と充てていますが、はっきり言って不明です。特に後者の漢字「斑鳩千鳥」は遊んじゃっている雰囲気です。因みにチドリではない「イカル」の漢字はというと、同じようには鵤、斑鳩を使うようですから大らかなもの。

pagetop ↑

羽田在住?

2018.03.21(Wed)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
ヒバリが何羽も芝生にやって来て種子をついばんでいます。二月の段階ではまだ縄張りを主張する個体は皆無です。
J1824520q.jpg

空き地だったエリアは一区画を除いて全てモダンな研究施設的建物に変わり、そこから締め出された一群がやって来たようです。
J1824538tq.jpg

そんなことで残っている草地はこの芝生広場と川沿いの土手部分だけになってしまいました。
J1824582tq.jpg

ただ川を飛び越えた向こう側には羽田空港の広大な敷地があって、騒音を気にしなければ生活する場はあると言えばあるのです。
J1824619tq.jpg

バードストライクの犠牲とならぬようくれぐれも注意してください、と忠告しておきたい。

pagetop ↑

新宿在住

2018.03.20(Tue)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
英名「Japanese Green Woodpecker」は日本特産種を表し、和名のアオゲラと同じように羽の色に着目していますね。
IMG_Z5611tq.jpg

ハト(L33)より若干小さい(L30)くらいですが紡錘形で嘴が長い分大きめに見えます。
IMG_Z5675tq.jpg

樹を穿つ音が聞えなかったら、梢の高い場所にいるこの鳥は先ず見つかりません。

pagetop ↑

お彼岸

2018.03.19(Mon)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
春分が近く、お寺のそばを通りがかったりすると微かに線香の匂いが漂ってきます。色々な都合から、彼岸のお墓参りを中日には少し早いけれど済ませておこうか、と考える人がいるようです。
IMG_Z5142q.jpg

彼岸つまり西方にある浄土のイメージは、昔の人にとって平等院の鳳凰堂に見るような、時間がゆっくり流れて池には舟が浮かび、周りには妙なる曲を奏でる天女が侍る、そんな平穏な場所だと思われます。
IMG_Z5156tq.jpg

翻って現代を生きる我々の周囲には音楽が満ちあふれ、映画やTVからは仮想現実を実感することができます。空を飛ぶことも海を行くこと地に潜ること(電車で)も自在です。その気になれば世界各地の料理に舌鼓を打つことも可能で、現実世界そのものが極楽浄土化しているとも言えそうです。
IMG_Z5745q.jpg

まあ、それも目立たないところで環境を提供するため日頃汗をかいている人(私を含め?)がいての話です。その裏方作業(別名「仕事」)が、時として地獄かいなと思わせることが無きにしも非ず。

エナガと全然関係なかったですね。

pagetop ↑

見つけた

2018.03.17(Sat)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
豪快に枯葉の重なりを振り飛ばすツグミです。この画像だけで音が聞こえてきそうな感じですよね。
IMG_Z5309tq.jpg

どうも効率が悪いと思ったか気分転換の時間か、縁石に出てきてその隙間からミミズを見つけてしまいました。観察していると、これを食べ終わった後も、しきりに細い隙間をつついて二匹目の どじょう ミミズはいないかと捜しているようでした。
IMG_Z5472tq.jpg

日陰はまだ降った雪の名残りをとどめている、一月下旬の都内。
J1810905tq.jpg

pagetop ↑

枯葉の下を探索

2018.03.16(Fri)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
ガサガサ音がして、灌木の隙間を覗くとこちらを見ているシメと眼が合いました。立ち止まって静かにし、君とは関係ないよ的なそぶりを見せたつもりだったのですが、藪から藪へ退避されてしまいました。
IMG_Z5533tq.jpg

こちらは枯葉の下に落ちている木の実を探すのに熱心な個体です。重いものは下に沈みますから、枯葉を飛び散らかして捜索します。
J1822204tq.jpg

見つけました、何かの種。かがんだままでは体の構造上飲み込むのは難しいらしく、一応ピックアップしてから上向きかげんの姿勢で嚥下しますね。ゲットした食料を見せびらかしているようでもあります。
J1822289tq.jpg

pagetop ↑

ドングリ食い

2018.03.15(Thu)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
日陰になる場所が好きで、でも四六時中そこにいるのも窮屈と思っているオシドリ。
J1820006tq.jpg

池のほとりの斜面を羽ばたきながら上って行ったり(ドングリがいっぱい落ちている)、
J1818648tq.jpg

木に登ってみたり(画像は有りません)
IMG_Z6213tq.jpg

たまには今回掲示した画像のように、それ程広くない池の端から新しい水が供給される、言わば水源になっている場所に飛んで移動したりするのです。
J1819103tq.jpg
もちろん飛ばない日もあり、むしろそちらの方が多いような気もします。それでも数時間過ごすにはなかなか良い場所です。

pagetop ↑

よく止まり飛び立つ鳥

2018.03.14(Wed)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
今シーズン、ルリビタキは♂しか見ていません。
J1818277tq.jpg

去年は場所によっては同じ日に3羽目撃したルリビタキ♀が、いつ行って見当たらないのです。
J1818117tq.jpg

その代り♂の方は何箇所かで目にする機会がありました。
J1819321q.jpg

やっぱり餌を与えられて定着している個体より、発見する機会は少なくなっても、野鳥は自然界で活動しているままがいいですね。とはいえ金属製の柵は避けて欲しかったところ。
J1819358tq.jpg

ベストポジションとも言える、数日前に降った残雪に来たところは撮り(鳥?)逃してしまいました。

pagetop ↑

秒速80mで急降下

2018.03.13(Tue)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
逃げて行くハトの群を蹴散らすように飛ぶハヤブサ、標的は定まっていないようです。
(こちらに向かってくる、ひと回り大きいヤツ)
J1806757q.jpg

こんな風に文字通り、「背面飛び」になる場合は翼が不要かも知れません。
結構速いですよ!
J1806730tq.jpg
最速の場合時速300Kmを超えますから秒速換算では80m強となって、100mを1秒ちょっとで通過するスピードです。姿を認めたとたんドバトやユリカモメが大騒ぎする所以です。コンマ何秒の判断遅れが命にかかわることになる。

これも速い
J1817641tq.jpg

ややゆっくりめ
J1817626tq.jpg

pagetop ↑

急勝

2018.03.12(Mon)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
2月上旬に見た、早くも夏羽に換わっていたオオジュリン。
J1817173q.jpg

ひと月後の現在でもほとんど個体は冬羽のままなので驚くべき気の 短さ 早さです。背中側を見せずに飛び去ったところにもせっかち(急勝)な性格が表れています。
J1817145tq.jpg


余談ながら
最近運転免許証を更新しました。免許証の有効期限は「平成30年03月12日まで有効」のように和暦表記です。それで今更新すると有効期間である5年先の日付がどうなるか気になっていました。平成は31年4月までであることが規定事実です。
新しい免許証をもらったら「平成35年03月・・・」と、年号は平成のままでした。そうですよね、例え新元号が内定していても免許証だけフライング記載するわけにいきません。

小さいビラを一緒に渡されて、そこには
----------------------------
 元号が変更になった場合は西暦に読み替えてください!
  平成35年=2023年
 更新年を間違えて更新期間を過ぎてしまいますと 失効 となりますので
 気を付けて下さいね!
 元号が変更になったことを理由に新たな免許証は交付しません。
 なお、元号を西暦にして記載することもできません。
----------------------------
とありました。

pagetop ↑

80→40→(20)→10羽

2018.03.10(Sat)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
2016年3月に、昨年80羽の群だったハジロカイツブリが今回は40羽です、と記載しました。
J1816227q.jpg

そして今年はやや寂しくなった10羽ほどの群をご紹介です。つまり去年はもし見たとしたら20羽前後だったと大胆に推察します。数字を見ると毎年1/2づつ減っていることになります。
J1816604tq.jpg

来シーズンは予想を覆すような大群を期待!
手前を泳ぐウミアイサは後日記事にする予定です。

pagetop ↑

政府専用機

2018.03.09(Fri)

『羽田』 Comment(0)Trackback-
平昌オリンピック開幕の数日前、JALの整備工場から出てきた政府専用機。
B747ジャンボは最近ほとんど目にする機会がありませんね。整備するためにやって来たのかと思っていたらこの10分後に飛び立ちました。
J1816527q.jpg

安倍首相に渡航予定は無かったようなので、
「何ででしょうね」などと話をしていて、結局
「首相がオリンピックの開会式に出席するらしいから、予行演習じゃないの?」
というところに落ち着きました。
J1816588q.jpg

この機は老朽化により今年で退役となり、後継機のB777-300が既に納入済みらしい。
新しい機は横の赤いラインが波の様な曲線になって、センスを感じさせる仕上がりです。
個人的にはエアバス社の機体の方が優美だと思いますが、安全保障上の問題とか整備条件からボーイング社製に決まったとのこと。
J1816595q.jpg

最近のニュースで米大統領専用機「エアフォースワン」2機の価格が円換算で約4,200億円と報道されていましたね。日本政府専用機は2機で約1,355億円であり、トランプ大統領がサインした数字を聞いた後だと、「結構安いな」なんて感想を持ってしまいます。

(吉報! 1/200スケールで良ければ全日空商事が1万円以下で売り出していますよ)

pagetop ↑

スズメ並

2018.03.08(Thu)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
餌付けされている場所でもないのに、近くまで来て採餌に余念がないカシラダカ。
J1803900tq.jpg

これだけ近くてなお且つ日常化していると、いつも通っている人は殆んど注目しませんね。
J1811572tq.jpg

たまたまやって来た人、散歩が主目的な人が注目してそばにいる人に名前を訊ねる程度です。
J1804739tq.jpg

しかし似た姿の(冠羽の部分が黄色い)ミヤマホオジロがごく稀に混じっていたりいするから、おろそかには出来ません。
J1811271tq.jpg

pagetop ↑

眼が白い

2018.03.07(Wed)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
少し前に滞在ていたと聞き及んでいたメジロガモが、たまたま私の出掛けたタイミングでは目にする事が出来ずにいました。
J1812821tq.jpg
(右側の後ろ向きはホシハジロです)


その噂を忘れかけた頃、やっぱり対岸に目を凝らしている人がいて
「何かいますか?」
「ホオジロガモです」
「ホオジロガモですか?」
「いや違った、メジロガモが陰になったところにいるのです」
などとやり取りがあって
J1812883tq.jpg

何とか少し前の方に姿を見せてくれました。花に来るメジロと異なり、このカモの場合は眼そのものが白です。
J1813167tq.jpg

こちらはクビワキンクロ(♀)との2ショット。この2種がカメラマンの衆目を集めていたのです。少し留守にしていた個体がまた舞い戻って来たようです。
J1812938tq.jpg

pagetop ↑

嘴も感覚器

2018.03.06(Tue)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
「水溜り」の表現の方が当たっているような場所でミミズをつかまえたタシギです。子供の頃釣りをするためにエサのミミズを探す場合、水溜りにいる想定はしませんでしたね。専ら枯葉や藁が朽ちて半ば肥料状態になっている場所に目を付けたものです。
J1804156tq.jpg

湿地の専門家であるタシギが探索するのですから、水の底、泥の中にもミミズはいるのでしょう。まあミミズばかりを標的にしている訳ではないでしょうが。
J1813654q.jpg

鳥の嘴は尖って堅く、挟まれたら小鳥であってもそれなりの痛さを感じるのが普通。ところがタシギの場合は先端が柔らかい感覚器になっていると、聞いたことがあります。差し込んだ嘴の先で獲物の有無、種類を認識するようですから、見えない水中・地中であっても獲物探しに全然問題は無いのです。
J1813697tq.jpg

二羽いるのがわかりますか?

pagetop ↑

年に数度の雪

2018.03.05(Mon)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
珍しく雪が降った首都圏で食料を探すシジュウカラ。
地面が見える場所では枯葉の下に潜む虫にありつけることがあるのだと思います。
J1810469tq.jpg

これが雪国だったら野鳥にとっても大きな試練です。地表がすっかり雪に覆われた世界では、樹木の幹や枝など限られた範囲で獲物を探さなければなりません。渡り鳥の場合は南の国へ旅立って食料とか子育ての問題を解決しますが、留鳥は生活の場で食べ物を探す必要があります。どうしても不可能となったら標高の低い里であるとか少し南の地に下るのでしょう。
J1810490tq.jpg

ただ渡り鳥には長距離移動のリスクが待ち構え、どちらにしても生きていくのは大変です。そんなことに思いを馳せると、大変なのは人だけではない、などと考えさせられますね。
J1810492tq.jpg

pagetop ↑

退治

2018.03.03(Sat)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
カワウが池で何か細長いものをくわえていました。下の方が良く見えずこの状態で後ろを向いたりくわえなおしたり、かなり長い時間かけてもてあそんで(或は悪戦苦闘して)いるようでした。レンズを向けている私には正体が想像できません。
J1811851tq.jpg

少し形が見えてきました。ここまで姿を現せばカエルの一種であることは明らかです。
J1811858tq.jpg

背中にまだら模様のあるウシガエルでした。
いつもだと魚を群れになって獲っていく、あまりよく思われないことが多いカワウですが、こんな外来種退治は歓迎です。
J1811873tq.jpg


付録
横浜で開催されているカメラ・映像のショー、「CP+」に行ってきました。折角なので行きずりにスナップしたモデルさんの画像を掲示します。
当ブログには珍しい画像です。
J1825746tq.jpg

写されるのが仕事の皆さんですから肖像権の侵害には当たらないでしょう。
J1825801tq.jpg

折しも桃の節句ですね。

pagetop ↑

番いになった

2018.03.02(Fri)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
昨日掲載した同じ木に二羽並んで止まっていたメジロ
かなり親密そうです。
J1803939tq.jpg

見つめる将来は同じ、まあ同じことを考えているのでしょうか
J1803959tq.jpg

少し意見が異なることもあるようです。
J1803978tq.jpg

pagetop ↑

鮮度が大事

2018.03.01(Thu)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
カレンダーの写真に、多分十月あたりにありそうなメジロですよね。
J1804088q.jpg

一月になってやや萎れ気味の木の実は熟した状態で残っているものもあれば
J1803771q.jpg

口に含んでから「食える代物じゃない」と、想定外の味がするものも混じっていて、そんなときは「ペッ!」と吐き出してしまいます。
左横に飛ばされた実が見えます
J1803785q.jpg

pagetop ↑

▼ プロフィール

皆空亭

Author:皆空亭
出身:長野県
生活:川崎市
フィールド:おもに自転車の到達範囲

※当ブログへのリンクはご自由にどうぞ(画像直接を除く)
※掲載画像の無断使用はご遠慮下さい

▼ 最新記事
▼ カレンダ

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
▼ 過去の記事

2019年 09月 【16件】
2019年 08月 【27件】
2019年 07月 【27件】
2019年 06月 【25件】
2019年 05月 【27件】
2019年 04月 【26件】
2019年 03月 【26件】
2019年 02月 【24件】
2019年 01月 【24件】
2018年 12月 【26件】
2018年 11月 【26件】
2018年 10月 【27件】
2018年 09月 【25件】
2018年 08月 【27件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【26件】
2018年 05月 【27件】
2018年 04月 【25件】
2018年 03月 【27件】
2018年 02月 【24件】
2018年 01月 【24件】
2017年 12月 【27件】
2017年 11月 【26件】
2017年 10月 【26件】
2017年 09月 【26件】
2017年 08月 【27件】
2017年 07月 【27件】
2017年 06月 【26件】
2017年 05月 【23件】
2017年 04月 【25件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【25件】
2017年 01月 【24件】
2016年 12月 【27件】
2016年 11月 【26件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【26件】
2016年 08月 【27件】
2016年 07月 【26件】
2016年 06月 【26件】
2016年 05月 【24件】
2016年 04月 【25件】
2016年 03月 【27件】
2016年 02月 【25件】
2016年 01月 【24件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【26件】
2015年 10月 【27件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【23件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【25件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【25件】
2015年 02月 【21件】
2015年 01月 【22件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【25件】
2014年 09月 【27件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【27件】
2014年 06月 【28件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【22件】
2014年 02月 【23件】
2014年 01月 【28件】
2013年 12月 【27件】
2013年 11月 【24件】
2013年 10月 【26件】
2013年 09月 【29件】
2013年 08月 【30件】
2013年 07月 【37件】
2013年 06月 【6件】

▼ カテゴリ
▼ タグリスト最新順

クロイトトンボ(2)
キイロクビナガハムシ(1)
ホソサビキコリ(1)
アシブトクチバ(1)
クロマルエンマコガネ(1)
タテジマカミキリ(1)
ヒオドシチョウ(4)
シラホシカミキリ(2)
ホタルカミキリ(1)
クロトラカミキリ(2)
アオカミキリモドキ(1)
ヒゲジロハサミムシ(1)
エゾギクトリバ(1)
トガリバアカネトラカミキリ(1)
アシナガオニゾウムシ(2)
バラルリツツハムシ(1)
ナツアカネ(3)
コムラサキ(8)
ササゴイ(3)
ヒヌマイトトンボ(5)
ホソミイトトンボ(1)
クロカミキリ(1)
ゴイシシジミ(3)
コアジサシ(8)
クロハラアジサシ(1)
クロナガタマムシ(1)
ヒシモンナガタマムシ(1)
ムツボシタマムシ(1)
ムネアカナガタムシ(1)
アトジロサビカミキリ(1)
ゴマダラカミキリ(2)
ルリカミキリ(1)
オオホシオナガバチ(1)
シロヒゲナガゾウムシ(1)
ヨツボシケシキスイ(1)
ヒトツメカギバ(1)
ヨダンハエトリ(1)
クサグモ(1)
シリアゲムシ(1)
カタビロトゲハムシ(1)
ゴマダラチョウ(6)
クワハムシ(1)
コイチャコガネ(1)
ヤマトクロスジヘビトンボ(4)
ムネアカオオクロテントウ(1)
イチモンジカメノコハムシ(1)
ハラビロトンボ(6)
ホソフタオビヒゲナガ(1)
ヒメアシナガコガネ(1)
ヒメクロオトシブミ(1)
シロオビアワフキ(1)
シラヒゲハエトリ(1)
ヤマサナエ(5)
ヒナルリハナカミキリ(1)
ビロウドコガネ(1)
クロスズメバチ(2)
イチモンジチョウ(6)
エゴツルクビオトシブミ(1)
ミカドアリバチ(1)
ヒラタハナムグリ(1)
ウラナミアカシジミ(6)
アカシジミ(8)
ウスイロヒゲボソゾウムシ(1)
トホシテントウ(1)
ヒメヒゲナガカミキリ(2)
トゲヒゲトラカミキリ(2)
ジャコウアゲハ(6)
コガタルリハムシ(1)
キスジホソマダラ(2)
セボシジョウカイ(1)
クロスジギンヤンマ(4)
コアオハナムグリ(4)
アシナガコガネ(1)
クロハナムグリ(2)
ヒゲナガハナノミ(1)
ニホンカワトンボ(4)
ヒメマルカツオブシムシ(2)
エチゼンキマダラハナバチ(1)
アオオビハエトリ(1)
アブラコウモリ(2)
ワカバグモ(1)
ムネアカアワフキ(1)
カルガモ(12)
ミドリシジミ(5)
マガリケムシヒキ(2)
ホソヒメヒラタアブ(1)
オオミドリシジミ(8)
ウラゴマダラシジミ(3)
ミズイロオナガシジミ(6)
ニホンチュウレンジ(1)
ニホンチュウレンジバチ(1)
ニッポンヒゲナガハナバチ(4)
シロスジヒゲナガハナバチ(3)
ツマキアオジョウカイモドキ(1)
ハグルマトモエ(1)
クワキヨコバイ(1)
クロホシツツハムシ(2)
クロボシツツハムシ(1)
アマサギ(1)
アオバセセリ(1)
ツバメ(5)
イワツバメ(3)
ホウロクシギ(1)
カワセミ(11)
ハグロケバエ(1)
コナガ(1)
スジグロシロチョウ(6)
コジュケイ(6)
ウグイス(8)
オオシモフリコメツキ(1)
クシコメツキ(1)
ガ(1)
ネコハエトリ(1)
コトゲアシクモバチ(1)
アカハネムシ(1)
キアゲハ(4)
クロマルハナバチ(4)
ビロウドツリアブ(4)
アカタテハ(6)
ニホンアマガエル(1)
アマガエル(4)
ギフチョウ(2)
ドバト(1)
ネコ(10)
ダイサギ(8)
アオサギ(10)
カモメ(6)
ヒバリ(7)
ハジロカイツブリ(9)
ヨシガモ(9)
ボラ(2)
アリスイ(3)
ニホンアナグマ(1)
トラフシジミ(8)
スギタニルリシジミ(1)
ツマキチョウ(7)
ニシオジロビタキ(1)
コガモ(12)
ツグミ(9)
セッカ(6)
ウミアイサ(5)
メジロ(16)
ルリビタキ(8)
アカハラ(4)
オシドリ(4)
クロツラヘラサギ(3)
ジョウビタキ(12)
ドブネズミ(3)
ヒクイナ(2)
キンクロハジロ(12)
カラス(7)
クビキリギス(2)
ムクドリ(10)
オカヨシガモ(7)
ミヤマセセリ(5)
コツバメ(5)
ミコアイサ(5)
トラツグミ(4)
ヤマシギ(3)
カシラダカ(6)
クロジ(3)
セグロセキレイ(1)
シロハラ(6)
スズガモ(9)
セイタカシギ(7)
スズメ(15)
月(2)
飛行機(1)
ホオジロガモ(1)
マガモ(9)
チョウゲンボウ(12)
ホシハジロ(6)
ビンズイ(2)
キクイタダキ(2)
アオジ(10)
メープル(5)
ドラゴン(11)
シメ(7)
ベニマシコ(5)
オオタカ(9)
ワカケホンセイインコ(1)
イカルチドリ(2)
ヤマガラ(6)
アトリ(4)
チュウヒ(3)
コイ(2)
ノスリ(7)
タシギ(7)
シロチドリ(5)
ウナギ(1)
カワウ(11)
ミサゴ(9)
ハイタカ(4)
ハシビロガモ(7)
ハマシギ(6)
クイナ(5)
タヒバリ(5)
ゴイサギ(8)
ハヤブサ(6)
イソシギ(8)
オオバン(9)
ヒドリガモ(12)
トビ(11)
ムラサキツバメ(8)
コトヒキ(1)
コサギ(9)
イソヒヨドリ(7)
メボソムシクイ(1)
コサメビタキ(3)
ツミ(5)
キビタキ(9)
トウネン(3)
エゾビタキ(4)
オオルリ(4)
ウミネコ(5)
ナナホシテントウ(3)
ベッコウバエ(1)
オオアオイトトンボ(6)
フタモンアシナガバチ(2)
モンキチョウ(4)
モンシロチョウ(7)
バン(4)
ウラナミシジミ(5)
タマムシ(4)
オンブバッタ(2)
ホシホウジャク(5)
オオスカシバ(5)
ギンヤンマ(3)
モンキアゲハ(5)
キタテハ(6)
水準点(1)
スケバハゴロモ(2)
ツクツクボウシ(4)
ツマグロオオヨコバイ(2)
チャバネセセリ(1)
ヤノトガリハナバチ(4)
ナミカバフドロバチ(1)
ウスバキトンボ(7)
アジアイトトンボ(5)
オニヤンマ(5)
キマダラカメムシ(1)
クマゼミ(1)
コムクドリ(1)
ルリモンハナバチ(5)
ムモントックリバチ(2)
コシアキトンボ(3)
ヤブヤンマ(3)
クロアナバチ(3)
ベッコウハゴロモ(3)
アオバハゴロモ(1)
アオスジアゲハ(3)
ルリクビホソハムシ(1)
オナガ(5)
ヨツスジトラカミキリ(4)
ヒメツツハキリバチ(3)
アナアキゾウムシ(1)
シロテンハナムグリ(2)
アミガサハゴロモ(2)
シオヤアブ(2)
サビキコリ(1)
キバラヘリカメムシ(1)
ヒメコスカシバ(1)
オオハキリバチ(3)
アオモンイトトンボ(6)
ヒメアカタテハ(6)
チョウトンボ(5)
コフキトンボ(6)
ヤドリバエ(1)
ハムシダマシ(1)
カオジロヒゲナガゾウムシ(1)
アメンボ(2)
アカスジツチバチ(2)
ワラジムシ(1)
ジガバチ(1)
アシダカグモ(3)
ナガニジゴミムシダマシ(2)
オオモンクロクモバチ(2)
アゲハモドキ(2)
ドウガネブイブイ(1)
コチャバネセセリ(3)
アトワアオゴミムシ(1)
ヤマトシジミ(6)
ヤブキリ(3)
アメイロアリ(1)
ハゼラン(1)
トウキョウヒメハンミョウ(4)
セマダラコガネ(3)
クロアゲハ(5)
イシムカデ(1)
アズマヒキガエル(6)
アオスジハナバチ(6)
クロヤマアリ(1)
カタツムリ(3)
セアカツノカメムシ(1)
クサカゲロウ(1)
シデムシ(1)
ムラサキシジミ(7)
ツバメシジミ(5)
コフキゾウムシ(1)
ウリハムシモドキ(1)
ルリジガバチ(2)
モモブトスカシバ(1)
ヒメシロコブゾウムシ(2)
オオヤマカワゲラ(2)
ニホンカナヘビ(3)
ナミアゲハ(5)
トラマルハナバチ(3)
シロカネグモ(1)
ササグモ(2)
ハキリバチ(1)
クロイロコウガイビル(1)
カシワクチブトゾウムシ(1)
オジロアシナガゾウムシ(2)
アカガネコハナバチ(3)
オオシオカラトンボ(6)
シオカラトンボ(7)
ゴホントゲザトウムシ(1)
アオジョウカイ(3)
コガタスズメバチ(2)
トンボエダシャク(1)
アカガネサルハムシ(1)
ハサミムシ(1)
ラミーカミキリ(1)
ヤマアカガエル(1)
シュレーゲルアオガエル(4)
ヤマカガシ(1)
ハゼ(1)
シャチホコガ(1)
アオオサムシ(4)
ウバタマムシ(1)
ヤモリ(1)
アリグモ(1)
ミドリカミキリ(1)
アオカミキリ(2)
ヤツメカミキリ(1)
メスグロヒョウモン(5)
コマルハナバチ(4)
キイロトラカミキリ(3)
ニホンミツバチ(2)
クロムネアオハバチ(2)
クマバチ(2)
オオヨシキリ(3)
ガビチョウ(5)
マドガ(1)
ブドウスカシクロバ(1)
ヒメトラハナムグリ(2)
オオコンボウヤセバチ(1)
エゾオナガバチ(1)
カワラヒワ(7)
セアカヒラタゴミムシ(1)
ソリハシシギ(4)
チュウサギ(3)
キョウジョシギ(4)
チュウシャクシギ(5)
コチドリ(7)
アオアシシギ(4)
キアシシギ(8)
センダイムシクイ(1)
シャクヤク(1)
ケラ(2)
メダイチドリ(5)
オバシギ(1)
ウズラ(1)
カンムリカイツブリ(9)
ダイシャクシギ(1)
ミヤコドリ(1)
キアシドクガ(1)
カラスアゲハ(6)
センチコガネ(3)
エビ(1)
メダカ(2)
コウモリ(1)
シオヤトンボ(5)
クヌギ(1)
ヒレンジャク(2)
コウノトリ(1)
ユリカモメ(14)
アメリカコガモ(2)
サクラ(9)
ルリタテハ(6)
キクザキイチゲ(3)
カタクリ(3)
モズ(8)
ハクセキレイ(6)
アオゲラ(9)
エナガ(5)
オオジュリン(9)
政府専用機(1)
メジロガモ(1)
シジュウカラ(7)
CP+(1)
ツルシギ(1)
クビワキンクロ(1)
ヨシゴイ(4)
タヌキ(2)
ホオジロ(5)
コゲラ(6)
アメリカヒドリ(3)
オナガガモ(8)
丸井(1)
むぎせんべい(1)
セグロカモメ(8)
カチガラス(1)
カササギ(1)
カメ(1)
アジサシ(1)
スジグロチャバネセセリ(1)
ホオアカ(4)
ノビタキ(5)
マルガタハナカミキリ(1)
フタスジハナカミキリ(1)
ヒゲナガハナアブ(2)
シロヨトウヤドリヒメバチ(1)
クロヒラタアブ(1)
アカハナカミキリ(1)
ムツアカネ(1)
コノシメトンボ(6)
アオイトトンボ(1)
ミドリヒョウモン(4)
ヒョウモンチョウ(2)
ヒメシジミ(2)
ヒメキマダラヒカゲ(2)
ジャノメチョウ(1)
コヒョウモンモドキ(1)
コヒョウモン(2)
コキマダラセセリ(1)
ギンボシヒョウモン(3)
キベリタテハ(1)
エルタテハ(1)
ウラギンヒョウモン(3)
ウラギンスジヒョウモン(2)
アカセセリ(1)
アサギマダラ(4)
マツムシソウ(2)
マガン(1)
アキアカネ(8)
スルスミシマハナアブ(1)
ハンミョウ(2)
ウラギンシジミ(7)
ナガコガネグモ(1)
イボバッタ(2)
トゲアシオオクモバチ(1)
トラフヒラタヤドリバエ(1)
マツムラベッコウコマユバチ(1)
ハネナガヒシバッタ(1)
コハンミョウ(3)
ヌマエビ(1)
ベニイトトンボ(1)
ハグロトンボ(3)
サムライトックリバチ(1)
マルガタゴミムシ(1)
キマワリ(1)
カタグロチビドロバチ(1)
アオカナブン(1)
カナブン(2)
ルリハムシ(1)
シリアゲコバチ(1)
オオスズメバチ(1)
アメリカジガバチ(1)
サトキマダラヒカゲ(4)
コアシナガバチ(1)
ヨツボシホソバ(1)
ヤハズカミキリ(1)
ムモンホソアシナガバチ(1)
ビロードハマキ(1)
ヒカゲチョウ(4)
ツチカメムシ(1)
ミヤマカラスアゲハ(1)
ヤマキマダラヒカゲ(2)
サカハチチョウ(2)
エゾハルゼミ(1)
エゾイトトンボ(1)
ミソサザイ(3)
ホトトギス(1)
ヒガラ(2)
ハチクマ(1)
ノジコ(1)
ゴジュウカラ(1)
キバシリ(1)
アカゲラ(5)
ムネアカツヤコマユバチ(1)
ルリシジミ(4)
シマアシブトハナアブ(1)
ワオキツネザル(1)
オオワシ(1)
テングチョウ(5)
ナガサキアゲハ(4)
セグロアシナガバチ(2)
シロコブゾウムシ(2)
アカボシゴマダラ(5)
ヒメクロトラカミキリ(1)
キスジセアカカギバラバチ(2)
ベニカミキリ(1)
オオマエグロメバエ(1)
シマアメンボ(1)
クロコノマチョウ(4)
ジムグリ(1)
ダイミョウセセリ(2)
コミスジ(3)
ホシミスジ(1)
ヒコーキ(7)
シマアジ(1)
ヒメウラナミジャノメ(3)
キマダラハナバチ(1)
ヨコジマオオヒラタアブ(1)
フデリンドウ(1)
ニリンソウ(1)
ヒトリシズカ(1)
ナミテントウ(3)
アオダイショウ(3)
チューリップ(2)
マツモムシ(1)
シジュウカラガン(1)
三角点(1)
ヒヨドリ(5)
カケス(2)
タイワンリス(2)
アカアシシギ(2)
ムナグロ(3)
コバネイナゴ(1)
キゴシハナアブ(1)
オオカマキリ(3)
トノサマバッタ(2)
ハネナガフキバッタ(1)
サンコウチョウ(1)
オオカバフスジドロバチ(1)
ミヤマフキバッタ(1)
ヘリヒラタアブ(1)
ノコギリクワガタ(2)
マユタテアカネ(4)
ツマグロイナゴ(1)
オオシロフクモバチ(2)
ハラビロカマキリ(2)
ショウジョウトンボ(4)
コフキコガネ(1)
ミヤマアカネ(1)
クルマバッタモドキ(2)
リスアカネ(4)
シマヘビ(2)
ヒメコガネ(1)
アカスジカメムシ(1)
ハラアカヤドリハキリバチ(3)
ハラヒシバッタ(1)
カタシロゴマフカミキリ(1)
オオフタオビドロバチ(3)
キイトトンボ(1)
ウチワヤンマ(4)
トガリシロオビサビカミキリ(1)
ササキリ(2)
ヒメスズメバチ(1)
イオウイロハシリグモ(1)
マルボシヒラタハナバエ(1)
コモンツチバチ(3)
エサキモンキツノカメムシ(1)
リンゴカミキリ(1)
ハシボソガラス(1)
ツチスガリ(1)
キボシカミキリ(2)
ミナミヒメヒラタアブ(1)
マダラホソアシナガバエ(1)
ハスジカツオゾウムシ(1)
オオニジュウヤホシテントウ(1)
ウスキホシテントウ(1)
ナミハナアブ(3)
ハナグモ(1)
クロスキバホウジャク(1)
キバネツノトンボ(1)
オオルリシジミ(1)
ウスバシロチョウ(2)
カワネズミ(1)
クモガタヒョウモン(1)
コサナエ(1)
オゼイトトンボ(1)
カノコガ(2)
ヒルザキツキミソウ(1)
ツユムシ(1)
ジンガサハムシ(1)
アジサイ(2)
ジョウカイボン(1)
ツマグロハナカミキリ(1)
ホソオビヒゲナガ(2)
トゲヒシバッタ(1)
セイヨウミツバチ(1)
イボタノキ(1)
オジロビタキ(1)
ハサミツノカメムシ(1)
セスジハリバエ(1)
クロハネシロヒゲナガ(1)
ヒメネズミ(1)
オオイシアブ(1)
キタキチョウ(2)
イタドリハムシ(1)
風景・人事(7)
オダマキ(1)
ウワミズザクラ(1)
クモ(1)
マルガモ(2)
キジ(1)
カイツブリ(5)
雛人形(1)
日暈(1)
トラフズク(1)
ワイルア川(1)
ゲッコー(1)
ブラウンアノール(1)
グリーンアノール(1)
ランタナシジミ(1)
ヒョウモンドクチョウ(1)
ネッタイアカセセリ(1)
メリケンキアシシギ(1)
メキシコマシコ(1)
オナガカエデチョウ(1)
ブンチョウ(1)
チョウショウバト(2)
シリアカヒヨドリ(1)
ショウジョウコウカンチョウ(1)
オオカバマダラ(1)
コウカンチョウ(1)
キバシコウカンチョウ(1)
キンノジコ(1)
インドハッカ(2)
イエスズメ(1)
サメビタキ(1)
タカブシギ(1)
チョウSBG(4)
トンボSBG(2)
ベニトンボ(1)
タイワンウチワヤンマ(1)
アカスジベッコウトンボ(1)
チェンジャブルリザード(1)
ミズオオトカゲ(1)
リス(1)
ハイイロチョッキリ(1)
ニホントカゲ(1)
ツマグロヒョウモン(3)
ベニシジミ(3)
ヒメハラナガツチバチ(2)
マメハンミョウ(1)
アカガシラサギ(1)
マダラバッタ(1)
アオハナムグリ(1)
テッポウユリ(1)
コハナグモ(1)
アズチグモ(2)
ミカドトックリバチ(1)
ヒガンバナ(3)
ハギ(1)
ウスバカゲロウ(1)
ヘクソカズラ(1)
キマダラセセリ(3)
キアシナガバチ(2)
ベッコウクモバチ(1)
ショウリョウバッタ(4)
コクワガタ(1)
キオビツチバチ(4)
オオセイボウ(2)
アオマツムシ(1)
世相(1)
シモフリスズメ(1)
アカエグリバ(1)
アオドウガネ(1)
クロヒカゲ(3)
ヒメジャノメ(2)
コジャノメ(1)
ニイニイゼミ(1)
クワカミキリ(1)
カブトムシ(2)
カマキリ(1)
ヒメギス(1)
ビロウドカミキリ(2)
ハナショウブ(1)
ヤマトシリアゲ(1)
ヤマモモ(1)
ナワシロイチゴ(1)
クロヒメバチ(2)
ナナフシモドキ(1)
アサヒナカワトンボ(1)
モグラ(1)
さいか屋(1)
マヒワ(1)
ミミズク(1)
トンビ(1)
オナガサイホウチョウ?(1)
チャノドコバシタイヨウチョウ(1)
アカガオサイホウチョウ(1)
リュウキュウツバメ(1)
リュウキュウガモ(1)
ムナオビオウギビタキ(1)
ハリオハチクイ(1)
ハクオウチョウ(1)
シマキンパラ(1)
シキチョウ(1)
サイホウチョウ(1)
コブハクチョウ(1)
コアオバト(1)
アオショウビン(1)
オオクイナ(1)
シロハラクイナ(1)
メグロヒヨドリ(1)
コウライウグイス(1)
キバラタイヨウチョウ(1)
カノコバト(1)
オオハッカ(1)
ミツマタ(2)
ツバキ(2)
ウメ(4)
イカル(1)
キセキレイ(2)
ロウバイ(1)
キジバト(2)
紅葉(5)
クロベンケイガニ(1)
アカテガニ(1)
コメツキガニ(1)
アシハラガニ(1)
多摩川(1)
トゲツヤヘラクチイシアブ(1)
スジボソコシブトハナバチ(2)
ヒガシニホントカゲ(1)
オオゲジ(1)
カツラ(1)
キイロスズメバチ(1)
スズバチ(1)
オオハナアブ(2)
コスモス(2)
ヨコジマオオハリバエ(1)
カバオビドロバチ(1)
コクロアナバチ(1)
ミンミンゼミ(1)
アブラゼミ(1)
ノウゼンカズラ(1)
サルスベリ(2)
マツムラヒメアブ(1)
キンケハラナガツチバチ(2)
クマンバチ(2)
foods(2)
オクラ(1)
オスグロトモエ(1)
ヤマトフキバッタ(1)
シロスジクチキヒメバチ(1)
ツマアカクモバチ(1)
クレマチス(1)
ムクゲ(1)
マメコガネ(1)
キイチゴ(1)
ヤマユリ(2)
ツリアブ(1)
コガネムシ(1)
ヨツスジハナカミキリ(1)
コオニヤンマ(1)
ヨツボシトンボ(1)
ハッチョウトンボ(1)
旅の印象(13)
イルカ(1)
アホウドリ(1)
ミズナギドリ(1)
オットセイ(1)
ケア(1)
ユリノキ(1)
ホオ(1)
トチノキ(1)
ハナミズキ(1)
カリン(1)
ハナカイドウ(1)
クロウタドリ(1)
クロアカツクシガモ(1)
ウ(1)
ギンカモメ(1)
ハシグロカモメ(1)
ズアオアトリ(1)
ウソ(1)
ミヤマホオジロ(2)
タイワンキチョウ(1)
ベニモンアゲハ(1)
シロオビアゲハ(1)
スジグロカバマダラ(1)
カワウソ(1)
カバタテハ(1)
リュウキュウアサギマダラ(1)
ツマベニチョウ(1)
タテハモドキ(1)
イシガケチョウ(1)
ツマムラサキマダラ(1)
オオゴマダラ(1)
空(5)
冬景色(1)
四国(10)
サザンカ(1)
北信五岳(1)
コウテイダリア(1)
展覧会など(2)
シオン(1)
ドングリ(1)
キトンボ(1)
コカマキリ(1)
キンモクセイ(1)
シロオビベッコウハナアブ(1)
イチモンジセセリ(1)
ツチイナゴ(1)
フチ子(1)
クサギ(2)
ノシメトンボ(1)
ミズキ(1)
ヒグラシ(1)
カナカナゼミ(1)
エゾゼミ(1)
スズメバチ(1)
イカリモンガ(2)
タカネトンボ(1)
ルリイトトンボ(1)
クジャクチョウ(1)
ササ(1)
スギナ(1)
アオヤンマ(1)

▼ タグリスト名前順
▼ ranking
▼ 検索フォーム
▼ リンク
▼ 最新コメント

pagetop ↑

Copyright © 2018 皆空亭 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.