2018年10月記事一覧

| home |

« 2018/09 | 2018/10 | 2018/11 »
向日葵の頃

2018.10.31(Wed)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
あちこち歩き回るヨツスジトラカミキリ
これは何かの葉の上
J1881650q.jpg

シュロの木?に取り付いたのは良いとして、繊維質(シュロ皮と呼ぶらしい)から脱出するのに一苦労。
J1886103q.jpg

珍しくヒマワリにやって来ました。保護色上々。
J1886746q.jpg

pagetop ↑

働き者

2018.10.30(Tue)

『蜂』 Comment(0)Trackback-
小さいハキリバチは見分け難い上に種類が多く、半ばお手上げ状態。
J1861184tq.jpg

今回掲示したのはヒメツツハキリバチだと思います。
J1861236tq.jpg

花の周りを一生懸命飛び回って
J1881517tq.jpg

蜜やら花粉やらを集めなければなりません。
J1881515tq.jpg

休息も必要
J1890911tq.jpg

pagetop ↑

穴を開ける?

2018.10.29(Mon)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
ゾウムシ科の下にアナアキゾウムシ亜科があり、そこに含まれる、
 マツアナアキゾウムシ または
 クリアナアキゾウムシ
と思いますが判然としません。ネットに掲示されている画像は、どちらも表面に凹凸があって艶がないのです。
J1881670tq.jpg

斑模様が上にあげた2つに近いので今回のタグ情報は「アナアキゾウムシ」としておきます。
J1881717tq.jpg

幼虫がターゲットとなる木の幹に穴を開ける(=食害する)から"アナアキ"なのでしょうか。 でもそれだと樹木に勝手に穴が開いたように理解されませんか?

何故"アナアケ"でない?
コイツが成長した後の木には穴が開いている、ってことで "アナアキゾウムシ" にした説が妥当なところ。

pagetop ↑

こちらはゆっくり

2018.10.27(Sat)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
草むらに 落ちていた 歩いていたシロテンハナムグリ。
J1881117q.jpg

背景がごちゃごちゃして目立たず、見映えがするようにと手に上がってもらいます。
J1881128q.jpg

ご覧の様に動きがゆっくりで、片手で写真を撮る余裕を与えてくれました。
J1881142q.jpg

pagetop ↑

結構素早い

2018.10.26(Fri)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
拡大すると胸部背中の中央と両側に筋があり、翅の表面も横に走る筋が幾つか認められます。
J1881496tq.jpg

姿からおっとりした動きを想定していると裏切られます。飛び出すと敏捷で、眼を離したすきに行方を失ったりします。
J1886554tq.jpg

次はできるだけ接近して、翅の模様が判別できる画像を得たいもの。
J1891587tq.jpg

アミガサハゴロモでした。

pagetop ↑

胸筋隆々

2018.10.25(Thu)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
甲虫を捕えたシオヤアブ♀。胸部はマッチョ的雰囲気を醸し出しています。
J1881236tq.jpg

不名誉な立場に陥ってしまったのはどうやらセマダラコガネのようです。口から体液を吸うスタイルの相手に対しては、躰の表面が固くてもほとんど防御の意味を持ちません。頑丈な脚で自由を奪い、頭部・胸部・腹部の境界の僅かな隙間に口吻を差し込むのでしょう。
J1881247tq.jpg

前から見ると毛むくじゃらの中に目が異様に大きく、動体視力が優れていることを物語ります。

pagetop ↑

樵の名は残る

2018.10.24(Wed)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
サビキコリ(錆木樵)の名前の通りさび色をした林の昆虫です。分類上はコメツキムシの仲間になっています。
J1881391tq.jpg

ITの進化とか社会構造の変化により、今後10年でなくなってしまう職業が話題に上がります。この虫の名前の由来である「樵(きこり)」なる仕事も日の目を見なくなって久しいですね。樵とは木を切り倒すことを職業とする人のことです。イメージとしては斧と鋸を持って山に入る姿でしょうか。ヘルメットをかぶりチェーンソーで伐採する人たちは、目的は同じでも樵の語感とはちょっと差がある。
J1881440tq.jpg

胸部の背中側に突起が2つあります。

pagetop ↑

下し立ての衣装

2018.10.23(Tue)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
なかなかシックなカメムシがいたので思わず背伸びして撮ってしまいました。
J1881330q.jpg

そうしたらこの木のあちこちにうろつくヤツがいて、別に無理しなくても対象はいくらでもいることに気付きました。右端に少しだけ見える黄色は幼虫です。
J1881333q.jpg

キバラヘリカメムシの交尾風景
脚の元の方は白、触角の先は赤と、繊細な色使いです。泥とか木の汁で躰を汚すことなどないのだろうな。
J1881346tq.jpg

pagetop ↑

人迷惑な蛾

2018.10.22(Mon)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
ヒメコスカシバと名付けられたガの仲間。名前の構成はヒメ・コ・スカシバと区切れて、小型のスカシバ(=コスカシバ)の更に小さな種ということになるでしょうか。
J1880300tq.jpg

画像では花に来ている温和な蛾に見えますが、幼虫は様々な果樹の表皮の中に入り込んで食害する厄介者です。対象になる樹木はご覧のように手当たり次第。
 カキノキ科:カキノキ、ヤナギの一種、
 ブナ科:クリ、カシワ、アラカシ、
 バラ科:クマイチゴ、栽培サクラ、
 マメ科:フジ、
 カバノキ科:クマシデ、カワラハンノキ
 など
J1880318tq.jpg

名前で検索をかけるとヒットするほとんどは害虫駆除に関するものです。

pagetop ↑

巣作り疑惑

2018.10.20(Sat)

『蜂』 Comment(0)Trackback-
花に来ている所を見ることが多いオオハキリバチです。
J1898211q.jpg

木材の穴に来たところ。入口にはタールのような粘着質の「何か」がこびりついています。
J1880342q.jpg

その中に頭を突っ込んで中を調べています。
J1880352q.jpg

すっぽり隠れるほど深くは無くて暫くすると後ずさりして出てきました。
J1880381q.jpg

オオハキリバチの卵を育てる巣はこのような穴に奥の方から
 産卵&花粉団子準備→松脂で壁を作り→次の部屋に産卵・・・
を繰り返す習性のようですから、入口に見えるペースト状のものは松脂かそれに代わる代物と思いました。

少し辛抱していたら、切り取った葉や花粉団子を持ち込む場面が見られたかも知れず残念。

pagetop ↑

フライング・ドット

2018.10.19(Fri)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
水辺をうろついていたアオモンイトトンボも季節の進行とともに姿を消しつつあります。
J1863967tq.jpg

お約束の画像
J1872228q.jpg

雨後
J1878973q.jpg

♀異色型未成熟
J1879833tq.jpg

♂の場合は草むらを「空色の点」が浮遊する感じですね。

pagetop ↑

花ざかりの頃

2018.10.18(Thu)

『蝶』 Comment(0)Trackback-
このような色彩の花は今時咲いていないのです。
J1879903q.jpg

ヒメアカタテハに調和してると思いました。
J1879936q.jpg

昨今はセイタカアワダチソウ、キバナコスモス、オミナエシ、アキノキリンソウなど黄色系の花が多いですね。これはヒメジョオンかな。
J1880720q.jpg

pagetop ↑

こっちも大丈夫

2018.10.17(Wed)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
先日のコフキトンボと同じ日、これも冠水の影響を免れて健在なチョウトンボでした。
J1879983q.jpg

池に沿う道を越えて葦の密生に止まります。なかなか低いとことに止まってくれなくて
「しょうがないなぁ」
と思った心境を察したのか表に出てきてくれます。それも理想的な位置に
J1880097q.jpg

良く行く三ツ池公園はチョウトンボがめっきり少なくなり、代わりの撮影場所になりそうです。
J1880853q.jpg

pagetop ↑

洪水の影響なし

2018.10.16(Tue)

『蜻蛉』 Comment(0)Trackback-
遊水池を含む公園全体が、鶴見川の増水で春先にかけて2回水没してしまい、5月の連休になってもその後処理 -汚泥の除去であるとか植栽の復旧、グランドの整備- で立入禁止になっていました。
J1879407q.jpg

こんなことだと今年のトンボ類は、押し寄せた川の大量の水にヤゴが流され、期待できないのではないかと心配していました。
J1879552tq.jpg

7月初めに出掛けてみたらコフキトンボの羽化状態まで観察でき、杞憂に過ぎなかったと一安心です。
J1879641tq.jpg

2匹並んで止まって、全滅どころか洪水後棲息密度が高くなっているのだとしたら喜ばしいこと。
J1879395tq.jpg

pagetop ↑

後翅ではなかった

2018.10.15(Mon)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
最初は両脇に菌か何かが付着してしまったのかと思いました。それにしてはすっきりした、左右対称な形になっているものだと。
J1878615tq.jpg

拡大すると後翅の様にも見えます。しかしハエの仲間の後翅は平均棍と呼ばれる器官に退化してしまっている筈です。
少し調べてこの部分も後翅の一部が変化した、「胸弁」と呼ぶ部位であることが分りました。何らかの形で飛翔を助ける役割を担っているようですが、飛んでいる場面を見ると翅はせわしく動くのに胸弁は止まったままで、後翅の代わりを果たしているのでないことは確かなようです。
J1880265tq.jpg

純白の色使いに機能のヒントがあるかも知れない、ヤドリバエの一種(和名不詳)でした。

pagetop ↑

ダマシダマシ

2018.10.13(Sat)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
ハムシに似て、しかしハムシの仲間ではないからハムシダマシと名前が付けられています。物の資料によるとハムシよりも生態はゴミムシに近いそうで、それならゴミムシダマシ※と呼べばいいものを、と思ったりします。
J1878649tq.jpg

しかし「ゴミムシダマシ」の名前は既に使われていて(例:ニジゴミムシダマシ)・・・ダマシ同志で混乱を引き起こしかねない。種類が多くなると命名も大変ですね。
J1878651tq.jpg

追いつかなくなって、「ハムシダマシ」に似ているから「ハムシダマシダマシ」とか「ハムシダマシモドキ」なんてのがいたらお笑いです。
J1878660tq.jpg

※ ところが、ゴミムシダマシ科に分類される場合もあるらしい → そうするとゴミムシダマシ科のハムシダマシとなって、当事者にしたらどちらに転んでも「偽物かよぅ」状態。

pagetop ↑

緑は嫌い

2018.10.12(Fri)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
カオジロヒゲナガゾウムシ
J1878930tq.jpg

どうにも背景に似た色彩でぱっとしません。
ゆっくり歩いてくれるのは嬉しいですが、キノコ食のゾウムシとしてはこのような場所を離れたくないのでしょう。間違っても緑の葉の上には行きたくない。
J1881614tq.jpg

口吻の部分が長いからゾウムシで、触角が長いからヒゲナガ、ただしこの科には幾つかの種類がいて、それを区別するためにカオジロの形容を付加しています。

pagetop ↑

地上にも上がる

2018.10.11(Thu)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
ムシヒキアブ(マガリケムシヒキか)が池に落ちたところにアメンボが近寄ってきます。
 「これは餌食になってしまうかな?」
と思っていたら翅をばたつかせてばたつかせて、何とか逃げおおせてしまいました。
J1869608tq.jpg

それから一ヶ月ぐらい経った池は画像からも陽気の良さが伝わってくるようです。
J1878734q.jpg

あちこちに、こうやってつるんでいる姿を見かけます。水の上から水際までやって来て、中には上陸する個体もいます。水上だと交尾する体勢をうまくとれないのだろうか。
J1878743tq.jpg

pagetop ↑

朽木を探索

2018.10.10(Wed)

『蜂』 Comment(0)Trackback-
ハチの仲間は90程度の科から構成され、種の数を数えたらその千倍以上になるでしょうか。危険な昆虫として挙げられる代表格がハチですよね。昆虫界にはそのハチに擬態する輩の多いこと。
J1878867q.jpg

観察していると本当に危険を感じるのはスズメバチの仲間ぐらいで、それもクロスズメバチは至って大人しいものです。その次はアシナガバチ。基本的にちょっかいを出したり巣を壊したりしない限りハチの方から攻撃してくることはないですし、かといって逃げることもしない、ヒトに無頓着な生活をおくっているのだと思います。
(但しオオスズメバチだけは例外、くれぐれも近寄って欲しくないもの)
J1878882q.jpg

今回のアカスジツチバチもかわいいとは言い難いですが、避けて通りたいほどではありません。朽木の穴にもぐり込んで行くこのハチを眺めていたら、何と中からワラジムシが二匹追い出されて出てきて、ワラジムシにとって天敵ではないことが証明されました。
J1886036tq.jpg

甲虫の幼虫を探していたのだと思います。

pagetop ↑

毒針でなく麻酔針

2018.10.09(Tue)

『蜂』 Comment(0)Trackback-
顔に白い毛が生えて脚は黒の比較的大きなハチ
J1878074tq.jpg

特長的なのが胸部から繋がる腹部が細いパイプ状であることと、何節目と呼ぶのかわからない、太くなりかけたところが橙色を呈している点です。
J1878082q.jpg

ガの幼虫を捕えて麻酔し、自らの子の餌にするようです。今回は獲物を持った場面は撮れなかったですね。
J1878095tq.jpg

ジガバチでした。ミカドジガバチとサトジガバチ、ヤマジガバチの区別ができないので形容なしのジガバチとしておきます。

pagetop ↑

待機中

2018.10.08(Mon)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
駐車場の入口にある、高さ1m位のステンレス製ポールに貼り付いていたアシダカグモ。
J1878339q.jpg

ご覧の様に硬貨をそばに近づけても動じません。集中して(或はぼんやりと)獲物が接近するのを待ち構えているのだと思いました。
J1878365tq.jpg

これだけ大きいと気味悪いとか言ってる場合じゃなくて、ある意味偉大さを感じてしまいます。網を造らず色合いがあっさりしている点は普通の虫のようです。
J1878356q.jpg

本気になると、躰に似合わずとても敏捷に動きますね。

pagetop ↑

美しいゴミムシ

2018.10.06(Sat)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
キノコ食の定説通り、キノコが生えた朽木の表面を歩いていました。
J1878400tq.jpg

ニジゴミムシダマシよりも少し長いナガニジゴミムシダマシです。相手の素性が分っているのか、アリは全然たじろいだりしませんね(俺は肉食、あいつは草食!)。
J1878448tq.jpg

水溜りの油膜やシャボン玉にこんな七色の層が現れます。
J1878462tq.jpg

pagetop ↑

よいしょ よいしょ

2018.10.05(Fri)

『蜂』 Comment(0)Trackback-
2cm以上ある大きなハチ、オオモンクロクモバチが自分の大きさに匹敵するクモを捕えて運んでいる最中。
J1878512tq.jpg

重さも自分と同じ位あるのではないでしょうか。クモの肢が長く伸びて草叢を移動するのは難儀そうです。これだけ大きいと抱え込んで飛び上るのは無理なのでしょう。
J1878516tq.jpg

クモは幼虫の食糧とし、成虫は花粉などを食している模様。

pagetop ↑

正確にはチョウ目

2018.10.04(Thu)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
当ブログの右側にはカテゴリ欄を設置して大まかな区分けをしています。例えば蜻蛉とか蜂とか花とか、または「戸隠の生き物」などと。まあ眺めてもらえば一目瞭然ですね。
J1877859q.jpg

そんな中「蛾」の仲間を掲載するときはカテゴリをどうするか悩みました。厳密に記載するなら蝶の範疇になるのでしょう。ですが心情的に蝶の仲間入りさせるには少々抵抗があります。このブログは図鑑的正確性を求めるものでもないですし。
J1873526tq.jpg

結果、「昆虫など」に収容することに
従って今回のアゲハモドキのカテゴリは「昆虫など」です。

因みにカテゴリのさらに下にはタグリストがあり、そちらは種名で登録するようにしています。
アゲハモドキと。

pagetop ↑

ブイブイ飛ぶ?

2018.10.03(Wed)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
ドウガネブイブイのドウガネは銅(鉦)のような色合いから来ています。それでブイブイとは何でしょう。
J1877587tq.jpg

「ブイ」を漢字表記すると「文」の下に「虫」を書くのです。
  音読み ブン
  訓読み か
  意味 か(蚊)。ぼうふらの成虫
  異体字 蚊、つまり蚊を別の文字で表したもの

それを2つ続けてブイブイと読ませています。
要するに飛んでいる時の羽音がブンブンと聞えるのが由来と思われます。
J1877592tq.jpg


考え出した人は「ブンブン」を「ブイブイ」と読み替えて、
 してやったり
と思ったのでしょうか。

pagetop ↑

短距離ランナー

2018.10.02(Tue)

『蝶』 Comment(0)Trackback-
素早く飛び回る姿を目で追うと、暫くしてどこかに止まってしまいます。
J1877671tq.jpg

それが花である場合もあるし、今回掲示したように葉の上であったり、または地表のこともある。
J1881203tq.jpg

高速で飛び回るとそれだけエネルギーを使うことになり、長い間飛び続けることが出来ません。マグロのような回遊魚=長距離ランナーではなく、根に付いて瞬発力で勝負するタイのようなタイプだと思います。
J1891613tq.jpg

コチャバネセセリでした

pagetop ↑

潜りたい虫

2018.10.01(Mon)

『昆虫など』 Comment(0)Trackback-
枯葉の下に潜り込もうとしている虫がいました。後ろの方にオレンジの模様が見えます。
J1877877tq.jpg

枯葉をめくって見た全体像にはカンマ「,」印が明瞭に刻印されていました。
これはアトワアオゴミムシ。夜行性、肉食の生態を持つ、オサムシの近縁種です。
J1877880tq.jpg

アトワは「後輪」? だとすると橙の斑紋をリングに見立てたのだろうか。

pagetop ↑

▼ プロフィール

皆空亭

Author:皆空亭
出身:長野県
生活:川崎市
フィールド:おもに自転車の到達範囲

※当ブログへのリンクはご自由にどうぞ(画像直接を除く)
※掲載画像の無断使用はご遠慮下さい

▼ 最新記事
▼ カレンダ

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
▼ 過去の記事

2019年 11月 【14件】
2019年 10月 【27件】
2019年 09月 【25件】
2019年 08月 【27件】
2019年 07月 【27件】
2019年 06月 【25件】
2019年 05月 【27件】
2019年 04月 【26件】
2019年 03月 【26件】
2019年 02月 【24件】
2019年 01月 【24件】
2018年 12月 【26件】
2018年 11月 【26件】
2018年 10月 【27件】
2018年 09月 【25件】
2018年 08月 【27件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【26件】
2018年 05月 【27件】
2018年 04月 【25件】
2018年 03月 【27件】
2018年 02月 【24件】
2018年 01月 【24件】
2017年 12月 【27件】
2017年 11月 【26件】
2017年 10月 【26件】
2017年 09月 【26件】
2017年 08月 【27件】
2017年 07月 【27件】
2017年 06月 【26件】
2017年 05月 【23件】
2017年 04月 【25件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【25件】
2017年 01月 【24件】
2016年 12月 【27件】
2016年 11月 【26件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【26件】
2016年 08月 【27件】
2016年 07月 【26件】
2016年 06月 【26件】
2016年 05月 【24件】
2016年 04月 【25件】
2016年 03月 【27件】
2016年 02月 【25件】
2016年 01月 【24件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【26件】
2015年 10月 【27件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【23件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【25件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【25件】
2015年 02月 【21件】
2015年 01月 【22件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【25件】
2014年 09月 【27件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【27件】
2014年 06月 【28件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【22件】
2014年 02月 【23件】
2014年 01月 【28件】
2013年 12月 【27件】
2013年 11月 【24件】
2013年 10月 【26件】
2013年 09月 【29件】
2013年 08月 【30件】
2013年 07月 【37件】
2013年 06月 【6件】

▼ カテゴリ
▼ タグリスト最新順

ミヤマアカネ(2)
ルリモンハナバチ(6)
ムナグロ(4)
ウミネコ(6)
ギンヤンマ(4)
ゴイサギ(9)
ヤマドリ(1)
モンキチョウ(5)
モノサシトンボ(1)
マユタテアカネ(5)
ホオジロ(6)
チゴハヤブサ(1)
スジグロチャバネセセリ(2)
スジグロシロチョウ(7)
ジャノメチョウ(2)
ナミモンクモバチ(1)
モンベッコウ(1)
ヒメカメノコテントウ(1)
カタグロチビドロバチ(2)
ナガニジゴミムシダマシ(3)
コガシラアワフキ(1)
キンクロハジロ(13)
ウスバカミキリ(1)
アオスジアゲハ(4)
ウラナミシジミ(6)
オオスカシバ(6)
ヨツスジヒメシンクイ(1)
シロテンハナムグリ(3)
シラホシハナムグリ(2)
コフキトンボ(7)
アジアイトトンボ(6)
クマバチ(3)
ニジュウヤホシテントウ(1)
キボシアシナガバチ(1)
アオサギ(11)
ダイサギ(9)
ルリボシカミキリ(1)
ラミーカミキリ(2)
モンキクロカスミカメ(1)
フタツメカワゲラ(1)
ハグロトンボ(4)
サラサヤンマ(1)
ゴマフカミキリ(1)
コオニヤンマ(2)
キボシアオゴミムシ(1)
カメノコテントウ(1)
ウスイロトラカミキリ(1)
ヨツスジハナカミキリ(2)
マミジロハエトリ(1)
メスグロヒョウモン(6)
チョウトンボ(6)
ノコギリカメムシ(1)
クロイトトンボ(2)
キイロクビナガハムシ(1)
ホソサビキコリ(1)
アシブトクチバ(1)
クロマルエンマコガネ(1)
タテジマカミキリ(1)
ヒオドシチョウ(4)
シラホシカミキリ(2)
ホタルカミキリ(1)
クロトラカミキリ(2)
アオカミキリモドキ(1)
ヒゲジロハサミムシ(1)
エゾギクトリバ(1)
トガリバアカネトラカミキリ(1)
アシナガオニゾウムシ(2)
バラルリツツハムシ(1)
ナツアカネ(3)
コムラサキ(8)
ササゴイ(3)
ヒヌマイトトンボ(5)
ホソミイトトンボ(1)
クロカミキリ(1)
ゴイシシジミ(3)
コアジサシ(8)
クロハラアジサシ(1)
クロナガタマムシ(1)
ヒシモンナガタマムシ(1)
ムツボシタマムシ(1)
ムネアカナガタムシ(1)
アトジロサビカミキリ(1)
ゴマダラカミキリ(2)
ルリカミキリ(1)
オオホシオナガバチ(1)
シロヒゲナガゾウムシ(1)
ヨツボシケシキスイ(1)
ヒトツメカギバ(1)
ヨダンハエトリ(1)
カタビロトゲハムシ(1)
シリアゲムシ(1)
クサグモ(1)
ゴマダラチョウ(6)
クワハムシ(1)
コイチャコガネ(1)
ヤマトクロスジヘビトンボ(4)
ムネアカオオクロテントウ(1)
イチモンジカメノコハムシ(1)
ハラビロトンボ(6)
ホソフタオビヒゲナガ(1)
ヒメアシナガコガネ(1)
ヒメクロオトシブミ(1)
シロオビアワフキ(1)
シラヒゲハエトリ(1)
ヤマサナエ(5)
ヒナルリハナカミキリ(1)
ビロウドコガネ(1)
クロスズメバチ(2)
イチモンジチョウ(6)
エゴツルクビオトシブミ(1)
ミカドアリバチ(1)
ヒラタハナムグリ(1)
ウラナミアカシジミ(6)
アカシジミ(8)
ウスイロヒゲボソゾウムシ(1)
トホシテントウ(1)
ヒメヒゲナガカミキリ(2)
トゲヒゲトラカミキリ(2)
ジャコウアゲハ(6)
コガタルリハムシ(1)
キスジホソマダラ(2)
セボシジョウカイ(1)
クロスジギンヤンマ(4)
コアオハナムグリ(4)
アシナガコガネ(1)
クロハナムグリ(2)
ヒゲナガハナノミ(1)
ニホンカワトンボ(4)
ヒメマルカツオブシムシ(2)
エチゼンキマダラハナバチ(1)
アオオビハエトリ(1)
アブラコウモリ(2)
ワカバグモ(1)
ムネアカアワフキ(1)
カルガモ(12)
ミドリシジミ(5)
マガリケムシヒキ(2)
ホソヒメヒラタアブ(1)
オオミドリシジミ(8)
ウラゴマダラシジミ(3)
ミズイロオナガシジミ(6)
ニホンチュウレンジバチ(1)
ニホンチュウレンジ(1)
ニッポンヒゲナガハナバチ(4)
シロスジヒゲナガハナバチ(3)
ツマキアオジョウカイモドキ(1)
ハグルマトモエ(1)
クワキヨコバイ(1)
クロボシツツハムシ(1)
クロホシツツハムシ(2)
アマサギ(1)
アオバセセリ(1)
ツバメ(5)
イワツバメ(3)
ホウロクシギ(1)
カワセミ(11)
ハグロケバエ(1)
コナガ(1)
コジュケイ(6)
ウグイス(8)
クシコメツキ(1)
オオシモフリコメツキ(1)
ガ(1)
ネコハエトリ(1)
コトゲアシクモバチ(1)
アカハネムシ(1)
キアゲハ(4)
クロマルハナバチ(4)
ビロウドツリアブ(4)
アカタテハ(6)
ニホンアマガエル(1)
アマガエル(4)
ギフチョウ(2)
ドバト(1)
ネコ(10)
カモメ(6)
ヒバリ(7)
ハジロカイツブリ(9)
ヨシガモ(9)
ボラ(2)
アリスイ(3)
ニホンアナグマ(1)
トラフシジミ(8)
スギタニルリシジミ(1)
ツマキチョウ(7)
ニシオジロビタキ(1)
コガモ(12)
ツグミ(9)
セッカ(6)
ウミアイサ(5)
メジロ(16)
ルリビタキ(8)
アカハラ(4)
オシドリ(4)
クロツラヘラサギ(3)
ジョウビタキ(12)
ドブネズミ(3)
ヒクイナ(2)
カラス(7)
ムクドリ(10)
クビキリギス(2)
オカヨシガモ(7)
ミヤマセセリ(5)
コツバメ(5)
ミコアイサ(5)
トラツグミ(4)
ヤマシギ(3)
カシラダカ(6)
クロジ(3)
セグロセキレイ(1)
シロハラ(6)
スズガモ(9)
セイタカシギ(7)
スズメ(15)
飛行機(1)
月(2)
ホオジロガモ(1)
マガモ(9)
チョウゲンボウ(12)
ホシハジロ(6)
ビンズイ(2)
キクイタダキ(2)
アオジ(10)
シメ(7)
ドラゴン(11)
メープル(5)
ベニマシコ(5)
オオタカ(9)
ワカケホンセイインコ(1)
イカルチドリ(2)
ヤマガラ(6)
アトリ(4)
チュウヒ(3)
コイ(2)
ノスリ(7)
タシギ(7)
シロチドリ(5)
カワウ(11)
ウナギ(1)
ミサゴ(9)
ハイタカ(4)
ハシビロガモ(7)
ハマシギ(6)
クイナ(5)
タヒバリ(5)
ハヤブサ(6)
イソシギ(8)
オオバン(9)
ヒドリガモ(12)
トビ(11)
ムラサキツバメ(8)
コトヒキ(1)
コサギ(9)
イソヒヨドリ(7)
メボソムシクイ(1)
コサメビタキ(3)
ツミ(5)
キビタキ(9)
トウネン(3)
エゾビタキ(4)
オオルリ(4)
ナナホシテントウ(3)
ベッコウバエ(1)
オオアオイトトンボ(6)
フタモンアシナガバチ(2)
モンシロチョウ(7)
バン(4)
タマムシ(4)
オンブバッタ(2)
ホシホウジャク(5)
モンキアゲハ(5)
キタテハ(6)
水準点(1)
スケバハゴロモ(2)
ツクツクボウシ(4)
ツマグロオオヨコバイ(2)
チャバネセセリ(1)
ヤノトガリハナバチ(4)
ナミカバフドロバチ(1)
ウスバキトンボ(7)
オニヤンマ(5)
キマダラカメムシ(1)
クマゼミ(1)
コムクドリ(1)
ムモントックリバチ(2)
コシアキトンボ(3)
ヤブヤンマ(3)
クロアナバチ(3)
ベッコウハゴロモ(3)
アオバハゴロモ(1)
ルリクビホソハムシ(1)
オナガ(5)
ヨツスジトラカミキリ(4)
ヒメツツハキリバチ(3)
アナアキゾウムシ(1)
アミガサハゴロモ(2)
シオヤアブ(2)
サビキコリ(1)
キバラヘリカメムシ(1)
ヒメコスカシバ(1)
オオハキリバチ(3)
アオモンイトトンボ(6)
ヒメアカタテハ(6)
ヤドリバエ(1)
ハムシダマシ(1)
カオジロヒゲナガゾウムシ(1)
アメンボ(2)
アカスジツチバチ(2)
ワラジムシ(1)
ジガバチ(1)
アシダカグモ(3)
オオモンクロクモバチ(2)
アゲハモドキ(2)
ドウガネブイブイ(1)
コチャバネセセリ(3)
アトワアオゴミムシ(1)
ヤマトシジミ(6)
ヤブキリ(3)
アメイロアリ(1)
ハゼラン(1)
トウキョウヒメハンミョウ(4)
セマダラコガネ(3)
クロアゲハ(5)
イシムカデ(1)
アズマヒキガエル(6)
アオスジハナバチ(6)
クロヤマアリ(1)
カタツムリ(3)
セアカツノカメムシ(1)
クサカゲロウ(1)
シデムシ(1)
ムラサキシジミ(7)
ツバメシジミ(5)
コフキゾウムシ(1)
ウリハムシモドキ(1)
ルリジガバチ(2)
モモブトスカシバ(1)
ヒメシロコブゾウムシ(2)
オオヤマカワゲラ(2)
ニホンカナヘビ(3)
ナミアゲハ(5)
トラマルハナバチ(3)
シロカネグモ(1)
ササグモ(2)
ハキリバチ(1)
クロイロコウガイビル(1)
カシワクチブトゾウムシ(1)
オジロアシナガゾウムシ(2)
アカガネコハナバチ(3)
シオカラトンボ(7)
オオシオカラトンボ(6)
ゴホントゲザトウムシ(1)
アオジョウカイ(3)
コガタスズメバチ(2)
トンボエダシャク(1)
アカガネサルハムシ(1)
ハサミムシ(1)
ヤマアカガエル(1)
シュレーゲルアオガエル(4)
ヤマカガシ(1)
ハゼ(1)
シャチホコガ(1)
アオオサムシ(4)
ウバタマムシ(1)
ヤモリ(1)
アリグモ(1)
ミドリカミキリ(1)
アオカミキリ(2)
ヤツメカミキリ(1)
コマルハナバチ(4)
キイロトラカミキリ(3)
ニホンミツバチ(2)
クロムネアオハバチ(2)
オオヨシキリ(3)
ガビチョウ(5)
マドガ(1)
ブドウスカシクロバ(1)
ヒメトラハナムグリ(2)
オオコンボウヤセバチ(1)
エゾオナガバチ(1)
カワラヒワ(7)
セアカヒラタゴミムシ(1)
ソリハシシギ(4)
チュウサギ(3)
チュウシャクシギ(5)
キョウジョシギ(4)
コチドリ(7)
アオアシシギ(4)
キアシシギ(8)
センダイムシクイ(1)
シャクヤク(1)
ケラ(2)
メダイチドリ(5)
オバシギ(1)
ウズラ(1)
カンムリカイツブリ(9)
ダイシャクシギ(1)
ミヤコドリ(1)
キアシドクガ(1)
カラスアゲハ(6)
センチコガネ(3)
エビ(1)
メダカ(2)
コウモリ(1)
シオヤトンボ(5)
クヌギ(1)
ヒレンジャク(2)
コウノトリ(1)
ユリカモメ(14)
アメリカコガモ(2)
サクラ(9)
ルリタテハ(6)
カタクリ(3)
キクザキイチゲ(3)
モズ(8)
ハクセキレイ(6)
アオゲラ(9)
エナガ(5)
オオジュリン(9)
政府専用機(1)
メジロガモ(1)
シジュウカラ(7)
CP+(1)
ツルシギ(1)
クビワキンクロ(1)
ヨシゴイ(4)
タヌキ(2)
コゲラ(6)
アメリカヒドリ(3)
オナガガモ(8)
丸井(1)
むぎせんべい(1)
セグロカモメ(8)
カチガラス(1)
カササギ(1)
カメ(1)
アジサシ(1)
ホオアカ(4)
ノビタキ(5)
マルガタハナカミキリ(1)
フタスジハナカミキリ(1)
ヒゲナガハナアブ(2)
シロヨトウヤドリヒメバチ(1)
クロヒラタアブ(1)
アカハナカミキリ(1)
ムツアカネ(1)
コノシメトンボ(6)
アオイトトンボ(1)
ミドリヒョウモン(4)
ヒョウモンチョウ(2)
ヒメシジミ(2)
ヒメキマダラヒカゲ(2)
コヒョウモンモドキ(1)
コヒョウモン(2)
コキマダラセセリ(1)
ギンボシヒョウモン(3)
キベリタテハ(1)
エルタテハ(1)
ウラギンヒョウモン(3)
ウラギンスジヒョウモン(2)
アカセセリ(1)
アサギマダラ(4)
マツムシソウ(2)
マガン(1)
アキアカネ(8)
スルスミシマハナアブ(1)
ハンミョウ(2)
ウラギンシジミ(7)
ナガコガネグモ(1)
イボバッタ(2)
トゲアシオオクモバチ(1)
トラフヒラタヤドリバエ(1)
マツムラベッコウコマユバチ(1)
ハネナガヒシバッタ(1)
コハンミョウ(3)
ヌマエビ(1)
ベニイトトンボ(1)
サムライトックリバチ(1)
マルガタゴミムシ(1)
キマワリ(1)
アオカナブン(1)
カナブン(2)
ルリハムシ(1)
シリアゲコバチ(1)
オオスズメバチ(1)
アメリカジガバチ(1)
サトキマダラヒカゲ(4)
コアシナガバチ(1)
ヨツボシホソバ(1)
ヤハズカミキリ(1)
ムモンホソアシナガバチ(1)
ビロードハマキ(1)
ヒカゲチョウ(4)
ツチカメムシ(1)
ミヤマカラスアゲハ(1)
ヤマキマダラヒカゲ(2)
サカハチチョウ(2)
エゾハルゼミ(1)
エゾイトトンボ(1)
ミソサザイ(3)
ホトトギス(1)
ヒガラ(2)
ハチクマ(1)
ノジコ(1)
ゴジュウカラ(1)
キバシリ(1)
アカゲラ(5)
ムネアカツヤコマユバチ(1)
ルリシジミ(4)
オオワシ(1)
シマアシブトハナアブ(1)
ワオキツネザル(1)
テングチョウ(5)
ナガサキアゲハ(4)
セグロアシナガバチ(2)
シロコブゾウムシ(2)
アカボシゴマダラ(5)
ヒメクロトラカミキリ(1)
キスジセアカカギバラバチ(2)
ベニカミキリ(1)
オオマエグロメバエ(1)
シマアメンボ(1)
クロコノマチョウ(4)
ジムグリ(1)
ダイミョウセセリ(2)
コミスジ(3)
ホシミスジ(1)
ヒコーキ(7)
シマアジ(1)
ヒメウラナミジャノメ(3)
キマダラハナバチ(1)
ヨコジマオオヒラタアブ(1)
フデリンドウ(1)
ニリンソウ(1)
ヒトリシズカ(1)
ナミテントウ(3)
アオダイショウ(3)
チューリップ(2)
マツモムシ(1)
シジュウカラガン(1)
三角点(1)
ヒヨドリ(5)
カケス(2)
タイワンリス(2)
アカアシシギ(2)
コバネイナゴ(1)
キゴシハナアブ(1)
オオカマキリ(3)
トノサマバッタ(2)
ハネナガフキバッタ(1)
サンコウチョウ(1)
オオカバフスジドロバチ(1)
ミヤマフキバッタ(1)
ヘリヒラタアブ(1)
ノコギリクワガタ(2)
ツマグロイナゴ(1)
オオシロフクモバチ(2)
ハラビロカマキリ(2)
ショウジョウトンボ(4)
コフキコガネ(1)
クルマバッタモドキ(2)
リスアカネ(4)
シマヘビ(2)
ヒメコガネ(1)
アカスジカメムシ(1)
ハラアカヤドリハキリバチ(3)
ハラヒシバッタ(1)
カタシロゴマフカミキリ(1)
オオフタオビドロバチ(3)
キイトトンボ(1)
ウチワヤンマ(4)
トガリシロオビサビカミキリ(1)
ササキリ(2)
ヒメスズメバチ(1)
イオウイロハシリグモ(1)
マルボシヒラタハナバエ(1)
コモンツチバチ(3)
エサキモンキツノカメムシ(1)
リンゴカミキリ(1)
ハシボソガラス(1)
ツチスガリ(1)
キボシカミキリ(2)
ミナミヒメヒラタアブ(1)
マダラホソアシナガバエ(1)
ハスジカツオゾウムシ(1)
オオニジュウヤホシテントウ(1)
ウスキホシテントウ(1)
ナミハナアブ(3)
ハナグモ(1)
クロスキバホウジャク(1)
キバネツノトンボ(1)
オオルリシジミ(1)
ウスバシロチョウ(2)
カワネズミ(1)
クモガタヒョウモン(1)
コサナエ(1)
オゼイトトンボ(1)
カノコガ(2)
ヒルザキツキミソウ(1)
ツユムシ(1)
ジンガサハムシ(1)
ジョウカイボン(1)
アジサイ(2)
ツマグロハナカミキリ(1)
ホソオビヒゲナガ(2)
トゲヒシバッタ(1)
セイヨウミツバチ(1)
イボタノキ(1)
オジロビタキ(1)
ハサミツノカメムシ(1)
セスジハリバエ(1)
クロハネシロヒゲナガ(1)
ヒメネズミ(1)
オオイシアブ(1)
キタキチョウ(2)
イタドリハムシ(1)
風景・人事(7)
オダマキ(1)
ウワミズザクラ(1)
クモ(1)
マルガモ(2)
キジ(1)
カイツブリ(5)
雛人形(1)
日暈(1)
トラフズク(1)
ワイルア川(1)
ゲッコー(1)
グリーンアノール(1)
ブラウンアノール(1)
ランタナシジミ(1)
ヒョウモンドクチョウ(1)
ネッタイアカセセリ(1)
メリケンキアシシギ(1)
メキシコマシコ(1)
オナガカエデチョウ(1)
ブンチョウ(1)
チョウショウバト(2)
シリアカヒヨドリ(1)
ショウジョウコウカンチョウ(1)
オオカバマダラ(1)
コウカンチョウ(1)
キバシコウカンチョウ(1)
キンノジコ(1)
インドハッカ(2)
イエスズメ(1)
サメビタキ(1)
タカブシギ(1)
チョウSBG(4)
トンボSBG(2)
ベニトンボ(1)
タイワンウチワヤンマ(1)
アカスジベッコウトンボ(1)
チェンジャブルリザード(1)
ミズオオトカゲ(1)
リス(1)
ハイイロチョッキリ(1)
ニホントカゲ(1)
ツマグロヒョウモン(3)
ベニシジミ(3)
ヒメハラナガツチバチ(2)
マメハンミョウ(1)
アカガシラサギ(1)
マダラバッタ(1)
アオハナムグリ(1)
コハナグモ(1)
アズチグモ(2)
テッポウユリ(1)
ミカドトックリバチ(1)
ハギ(1)
ヒガンバナ(3)
ウスバカゲロウ(1)
ヘクソカズラ(1)
キマダラセセリ(3)
キアシナガバチ(2)
ベッコウクモバチ(1)
ショウリョウバッタ(4)
コクワガタ(1)
キオビツチバチ(4)
オオセイボウ(2)
アオマツムシ(1)
世相(1)
シモフリスズメ(1)
アカエグリバ(1)
アオドウガネ(1)
クロヒカゲ(3)
ヒメジャノメ(2)
コジャノメ(1)
ニイニイゼミ(1)
クワカミキリ(1)
カブトムシ(2)
カマキリ(1)
ヒメギス(1)
ビロウドカミキリ(2)
ハナショウブ(1)
ヤマトシリアゲ(1)
ナワシロイチゴ(1)
ヤマモモ(1)
クロヒメバチ(2)
ナナフシモドキ(1)
アサヒナカワトンボ(1)
モグラ(1)
さいか屋(1)
マヒワ(1)
ミミズク(1)
オナガサイホウチョウ?(1)
チャノドコバシタイヨウチョウ(1)
アカガオサイホウチョウ(1)
リュウキュウツバメ(1)
リュウキュウガモ(1)
ムナオビオウギビタキ(1)
ハリオハチクイ(1)
ハクオウチョウ(1)
シマキンパラ(1)
シキチョウ(1)
サイホウチョウ(1)
コブハクチョウ(1)
コアオバト(1)
アオショウビン(1)
オオクイナ(1)
シロハラクイナ(1)
メグロヒヨドリ(1)
コウライウグイス(1)
キバラタイヨウチョウ(1)
カノコバト(1)
オオハッカ(1)
ミツマタ(2)
ツバキ(2)
ウメ(4)
イカル(1)
キセキレイ(2)
ロウバイ(1)
キジバト(2)
紅葉(5)
クロベンケイガニ(1)
アカテガニ(1)
コメツキガニ(1)
アシハラガニ(1)
多摩川(1)
トゲツヤヘラクチイシアブ(1)
スジボソコシブトハナバチ(2)
ヒガシニホントカゲ(1)
オオゲジ(1)
カツラ(1)
キイロスズメバチ(1)
スズバチ(1)
オオハナアブ(2)
コスモス(2)
ヨコジマオオハリバエ(1)
カバオビドロバチ(1)
コクロアナバチ(1)
ミンミンゼミ(1)
アブラゼミ(1)
サルスベリ(2)
ノウゼンカズラ(1)
マツムラヒメアブ(1)
キンケハラナガツチバチ(2)
クマンバチ(2)
オクラ(1)
foods(2)
オスグロトモエ(1)
ヤマトフキバッタ(1)
シロスジクチキヒメバチ(1)
ツマアカクモバチ(1)
クレマチス(1)
ムクゲ(1)
マメコガネ(1)
キイチゴ(1)
ヤマユリ(2)
ツリアブ(1)
コガネムシ(1)
ヨツボシトンボ(1)
ハッチョウトンボ(1)
旅の印象(13)
イルカ(1)
アホウドリ(1)
ミズナギドリ(1)
オットセイ(1)
ケア(1)
ユリノキ(1)
ホオ(1)
トチノキ(1)
ハナミズキ(1)
カリン(1)
ハナカイドウ(1)
クロウタドリ(1)
クロアカツクシガモ(1)
ウ(1)
ギンカモメ(1)
ハシグロカモメ(1)
ズアオアトリ(1)
ウソ(1)
ミヤマホオジロ(2)
タイワンキチョウ(1)
シロオビアゲハ(1)
ベニモンアゲハ(1)
スジグロカバマダラ(1)
カワウソ(1)
カバタテハ(1)
リュウキュウアサギマダラ(1)
ツマベニチョウ(1)
タテハモドキ(1)
イシガケチョウ(1)
ツマムラサキマダラ(1)
オオゴマダラ(1)
空(5)
冬景色(1)
四国(10)
サザンカ(1)
北信五岳(1)
コウテイダリア(1)
展覧会など(2)
シオン(1)
ドングリ(1)
キトンボ(1)
コカマキリ(1)
キンモクセイ(1)
シロオビベッコウハナアブ(1)
イチモンジセセリ(1)
ツチイナゴ(1)
フチ子(1)
クサギ(2)
ノシメトンボ(1)
ミズキ(1)
カナカナゼミ(1)
ヒグラシ(1)
エゾゼミ(1)
スズメバチ(1)
イカリモンガ(2)
タカネトンボ(1)
ルリイトトンボ(1)
クジャクチョウ(1)
ササ(1)
スギナ(1)
アオヤンマ(1)

▼ タグリスト名前順
▼ ranking
▼ 検索フォーム
▼ リンク
▼ 最新コメント

pagetop ↑

Copyright © 2018 皆空亭 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.