2019年03月記事一覧

| home |

« 2019/02 | 2019/03 | 2019/04 »
開翅するし花にも来る

2019.03.30(Sat)

『蝶』 Comment(0)Trackback-
コツバメと異なりミヤマセセリの場合は止まると直ぐに羽を開き、閉じた場面を見ることは中々ありませんね。珍しく閉じたままじっと休んでいる姿を見ました。発生したばかりなのかも知れない。
垣間見える翅表から♀だと思われます。
J19E2511tq.jpg

ウメに似て仄かに赤みがかった花、満開のアンズの花にやって来ました。
高い所にいれば自ずと翅裏が目に入ります。
J19E2568q.jpg

こちらはキブシに来たところ。このチョウは花も良く訪れます。
J19E2852tq.jpg

前翅の白斑が目立つ♀の開翅
J19E4089tq.jpg

pagetop ↑

意志強固

2019.03.29(Fri)

『蝶』 Comment(0)Trackback-
3月半ば位から出現する春の蝶コツバメはスプリングエフェメラルの先駆けです。
J19E2449q.jpg

肌寒い時期に活動するチョウらしく躰には体毛が密集しています。飛んでも長続きせずあちこちに止まるのは日向ぼっこで体温を上げようとする作戦でしょうか。それなら開翅すれば効率的だと思うのですが、絶っ対羽を開いてくれません。
J19E2563tq.jpg

それにしては朝早くから活動するのですよね。
「寒いから今日は10時頃起きることしようか」
なんてのはもっての外。
J19E2803tq.jpg

ツバメの名が与えられているのは、その俊敏な飛翔スタイルからだと思わせます。特に飛び出しが鋭く、レンズを介して覗いていても予告とか素振りを全く見せず、いきなり全速ダッシュをかけますから、ファインダーの視野から突然ふっと消えてしまい、結果として何も映っていない画像を量産することになってしまいます。 それならばとスマホで動画を撮って静止画を切り出して見るもサイズが小さくて期待した画像は得られません。
何とか写り込んだ翅表の画像を掲載します。
J19E2804tq.jpg

後翅の一部が破損してしまった個体。羽表の一部が見えます。
J19E3646q.jpg

実はこの記事は想定しているスケジュールだと5月に入ってからアップすることになるのですが、草雲雀さん(誰でしょう?)と話していて婉曲に、「まずいんじゃないの?」的な雰囲気を感じたものですから急遽割り込ませることにしたのです。

pagetop ↑

また飛んだ

2019.03.28(Thu)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
今シーズン3回目のミコアイサ掲載です。折角♂が現れたのだから写せるだけ写しておこうと思ったのです。
J19B8762q.jpg

仮称弓池の東から西の端に泳いで行き、先がなくなったところで飛んで折り返しました。ちょうど飛び立ったところに居合わせて、少し早く出発した甲斐がありました。
J19B8763q.jpg

朝9時の、風が無くて鏡面のような池面は、まだ向う岸の(葦の)枯草色を反映しています。
J19B8764q.jpg

昼頃になると青空が映っていいコントラスト。今度は逆に飛びました。
J19C2036tq.jpg

pagetop ↑

太って見える

2019.03.27(Wed)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
前回のヤマシギと同じロケーションにいたトラツグミを掲載します。ヤマシギとほぼ同時に現れたものですから、私を始めカメラを向けた人たちが大忙しだったのを思い出しました。二兎を追う者状態だったのです。
J19B7078tq.jpg

何回か観察した場所は林の中とか林端でした。今回は林端ではありますが水路脇かつ池の縁の、湿地と呼べるエリアでした。
J19B7121tq.jpg

シギの仲間でなくても食べるものがあれば多少環境が変わっても平気なようです。
J19B7187tq.jpg

この個体に限らず、横からの姿は太って見えますね。

pagetop ↑

工事現場で

2019.03.26(Tue)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
距離が十分近いにもかかわらず、桟道の保守工事が入って仮設の木道と古い木道が何れも使えない状態で存在し、その間隙から覗き見る位置になっているヤマシギでした。
J19B6764tq.jpg

中央で羽毛を膨らませています。
暖かそう
J19B7504tq.jpg

やっぱり目が後ろの方についていて、前方よりも後ろから近付く敵を発見し易い構造になっています。不活性ながら少しは動いてくれる、ヤマシギ的レベルでサービス精神のある個体でした。
J19B7839tq.jpg

pagetop ↑

ピントは主役だけに

2019.03.25(Mon)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
ホオジロの仲間は外側の尾羽が白くて飛んだ時に目立ちます。このカシラダカもそうですし、本元のホオジロやアオジも同じです。
J19B4318tq.jpg

地表で落ちている種子の類を拾っている場面は、主人公のカシラダカを引き立たせるのが難しいですね。周囲の草や枯葉がきっちりピントがあった状態で写りこんでしまいます。意図する場合は別として、普通は背景をぼかしたいのです。
J19B4486tq.jpg

近い将来にはAIの力で、ポートレート風に見栄え良く加工された結果がカメラから出て来るようになるでしょう。カメラが主役を自動判断し、背景と思った部分はぼかしてくれるとか、あまりぱっとしない画像は全体的に彩度をアップするような機能を搭載すると思います。現にスマホで撮った画像に、こんなに綺麗だったっけ?と思うこともしばしばです。
J19B4603tq.jpg

技術は日々進歩し、人は年々齢を重ねます。

pagetop ↑

今回は明白

2019.03.23(Sat)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
1月にクロジ♀の画像を掲載しました。その時は名前が分らなくて博物館にお手数をかけたのでした。
J19B5308tq.jpg

♂のような煤けた色合いだったら間違えようがなかったのです。
J19B5628tq.jpg

♀も最低限これ位の色の濃さであって欲しいもの。頭央線が明瞭で、なおかつ今回は♂と一緒の環境にいたので一目で決まりです。
J19C9703tq.jpg

同じ個体が光の当たり具合と角度によって、こんなに明るく見えます。アオジとは間違えないでしょうが、この画像だけだと前回並の迷路に陥りそうです。
J19C9700tq.jpg

pagetop ↑

遅出

2019.03.22(Fri)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
今シーズンはツグミの到来が遅く、始めて見たのは年が明けた1月中旬でした。
J19B2431q.jpg

その後は少しづつ増えてきて、平年と同じように目に入りますし、今でも残っているのんきなヤツがいますね。
J19B2436tq.jpg

這いつくばるような位置から撮った雄姿
J19B1720tq.jpg

pagetop ↑

減っているらしい

2019.03.21(Thu)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
普通種ですが当ブログ初登場です。
J19B2862tq.jpg

ハクセキレイは池の周りや川岸にごく普通に棲息しているのに、このセグロセキレイはブログを始める前を思い返してもほとんど見た記憶がありません。
J19B2868tq.jpg

ハクセキレイが都市化の環境に適応して勢力範囲を広げている一方、セグロセキレイは減少傾向にあるようです。観察する場所が川の中、上流域だと分布は異なるのかも知れません。
J19B2888tq.jpg

今回観察できたのは葛西臨海公園などと、およそ想定外の場所でした。ハクセキレイよりも繊細で、ヒトとは一定の距離を置きたがる番いでありました。

pagetop ↑

結構撮っていた

2019.03.20(Wed)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
今シーズンは接近した記憶が少ないシロハラです。
J19B2295tq.jpg

それでもあちこち出掛けて少しづつ撮ったものを蓄積しておくと、数は結構ありました。
J19B2692tq.jpg

ところで私の場合、撮った画像はパソコンに取り込み、ピンボケとかブレ、余計なものが写りこんでいたり対象が小さすぎるものなどを外して、残りを撮影日付のフォルダを作って保存しています。一方その中から気に入ったファイルを別に取り出し、例えば「2019年のお気に入り」などと名付けたフォルダに格納しておきます。ファイルに鳥や生き物の名前のタグをつけておくことで、タグで並べ替えれば簡単にシロハラならシロハラのお勧め一覧が確認できるわけ。撮影データはexifを参照すれば良いですし。
J19C5592q.jpg

パソコンに移した後、カメラのメモリカードはいつも初期化した状態です。誰かと話をしていて、「こんな写真を撮りましたよ」と液晶表示することはできません。


ところで
今朝Googleを開いたらこんな表示がされていました。
2019020_google.jpg
あれ、今日だったっけ? とカレンダーを念のため見てみると春分の日はやっぱり明日3月21日です。「Googleにしては珍しい、フライングしたか」と思い、少し理由を調べて納得です。春分の日は春分点を地球が通過する瞬間を含む日、簡単には太陽が真東から昇る日と定義されています。一方日本とアメリカには時差がマイナス17時間あります。
 今年の春分点は日本時間で 2019/3/21 06:58:45 (※) ですから、 
 アメリカ、Google本拠地のあるカリフォルニアでは 3/20 14:58:45 (サマータイム時)
となって、なるほどなるほど、ですがGoogle日本支社は指をくわえていた!ようです
(※) こちらを参照させていただきました

結論: 今年に限れば、日本との時差が-7時間以上ある国は3/20が春分の日になります。

3/25追記: それにしてもなぜ 3/20 に春分の日の告示が出てきたのか疑問は残ります。アメリカ日付でも3/19で一日早い。この表示はあくまでも「春分の日が近づいてきました」と知らせてくれるものなのでしょう。

pagetop ↑

笹子

2019.03.19(Tue)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
あちこちで地鳴きしているウグイスを撮り留めてあります。
J19B2755tq.jpg

秋から冬にかけてのウグイスは藪の中で動き回るので、当然のことながら枝や葉が被り、すっきりした画像とはほど遠いものばかりです。
J19C3552tq.jpg

そういう画像の方が逆に臨場感が出ているかもしれません。
J19D7287tq.jpg

俳句では「笹子(ささこ)」と呼んで冬の季語になっていますね。

pagetop ↑

東京湾一

2019.03.18(Mon)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
東京湾にスズガモの大群がやって来ることは良く知られています。それが一斉に飛び立ってある高度以下を埋め尽しました。
J19B2581tq.jpg

遠くの沖に休んでいる大群が数万羽と聞かされても実感がわきませんが、こうやって飛び立つと規模が如実に感じられます。
J19B2579q.jpg

近くで見るとそれこそ大空を覆い尽くす迫力のことでしょう。
J19B2584q.jpg

スズガモに勝る規模は東京湾には存在しないと思います。

pagetop ↑

儀式

2019.03.16(Sat)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
ゴカイを見つけたセイタカシギを見つけたセイタカシギ(入力ミスではありません!)
J19B1846q.jpg

一応礼儀として追ってみます。
「ひょっとしたら獲物を落とすのではないか」
ユリカモメほど執念はないですね。
J19B1849q.jpg

ここなら誰もいない
J19B1854tq.jpg

pagetop ↑

習う

2019.03.15(Fri)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
オオジュリンがいる葦原にスズメの小群がよくやってきます。眺めているとどうやらオオジュリンのスタイルを学習しているようです。垂直方向にも水平方向にも、突然方向転換する飛び方を見ただけではスズメとは思えません。
J19C7252tq.jpg

葦の茎に取り付くとオオジュリン先生と同じように表皮の下に隠れる小さな虫を探します。時には皮を剥ぐ音が聞えます。
J19B2064tq.jpg

巣立った雛鳥は親の振舞から何が食べられるか、どうやって餌を獲ったら良いか学習しますね。今回は親以外からも習うべき事柄は吸収する、向上心のあるスズメたちでした。
J19C7255tq.jpg

pagetop ↑

月にAIR DO機

2019.03.14(Thu)

『風景や人事』 Comment(0)Trackback-
猛禽類が飛んでいないか空を見ていた時、羽田から上がって来る飛行機が目に入り、その先にある月を上手くいくと横切るのではないかと思ったのです。暫く行方を眺めて撮ったのがこれ
J19B0825tq.jpg

飛行機を専門に撮っている方の作品に満月を横切る場面があったりしますが、この日は月齢11.1、時刻15:06頃でした。満月をバックにしようとしたら日中には撮れませんね。
J19B0826tq.jpg

このAIR DO機(B767)、月の中央を通っていればベストだった、などとは言うまい。
飛行機の大きさも距離感も偶然の出来事ですからこれ位で上等でしょう。
J19B0828tq.jpg

pagetop ↑

頬が白くない

2019.03.13(Wed)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
一緒に写っているホシハジロと同じように海ガモ類に分類されるホオジロガモ初見です(画像後ろ側)
J19B0569tq.jpg

大き目な頭部のシルエットに特徴があり、二段構えの様にも、誇張したら雪だるまのようにも見えます。
J19B0600tq.jpg

頬の白斑が現れていない、♂のエクリプスと思われます。
♀は嘴の先が橙色なのです。
J19B0617tq.jpg

惜しむらくはもう少し近くに寄って欲しかった。

pagetop ↑

変異スズメ

2019.03.12(Tue)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
色が全体的に薄い淡色スズメは以前記事にしました。
今回はそれと異なる、変異と呼んでも良いようなスズメです。二羽並んでいる前の方が件の個体で、目の上に太い眉斑の様な模様が白く現れています。後ろにいる普通のものと比べ、他に見かけ上変わった点は見当たりません。
J19B0014tq.jpg

左右に同じように白斑がありますから何かの影響で部分的に脱色されたり着色されたものではないと思われます。ダーウィンの適者生存論ではないですけれど、自然は時にこのような変り種を生み出し、それが生きていくのに都合が良ければ子孫が生き延びて特徴を次の世代に引き継いでゆくのでしょう。
J19B0016tq.jpg

まあ、この程度の変異では彼の人生にほとんど影響は出ないのでしょうが、白斑がもし赤とか緑だったら新種発見、とニュース扱いされたことと思います。

画像の右端はアオジでした

pagetop ↑

全開

2019.03.11(Mon)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
河口近くの岸辺にマガモが4,5羽ほど暫くの間滞在していました。散歩道の方から射す光の角度が理想的で、晴れた日はいつも頭部の金属光沢を放つ緑の輝きが目につくのです。マガモの位置と動きによって色合いが次々変化するため、画像に再現するのは難しいといつも思います。
J19A9826tq.jpg

バシャバシャと水浴びをやった後は、羽ばたきをして水滴を飛ばしますね。
J19A9834tq.jpg

J19A9836tq.jpg

J19A9838tq.jpg

J19A9842tq.jpg

動画にしたら一分もかからない場面ではありますが、静止画には時間が止まった存在感があります。

pagetop ↑

体面を保った

2019.03.09(Sat)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
ミミズだのバッタだの、或いはカマキリを捕まえた場面ばかり見てきたわけですが、
J19A9793tq.jpg

今回のチョウゲンボウは足に小鳥を抱えています。
「こんなのも獲れるんだよ」
J19A9805tq.jpg

残念ながら鳥の種類は不明です。

pagetop ↑

団体様

2019.03.08(Fri)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
ホシハジロが海に近い淡水池に集結していました。猫が何処からか歩いてきて画面右下で様子を窺っています。
「もしかして弱ったカモが岸辺にいないか?」
J19A8105q.jpg

少し視野を広げた図、120羽位見えます。
J19A8109q.jpg

大きくパンしてみました。向う岸近くに、画面の端から端まで分散しています。300から400羽以上になりそうです。これだけいたら上空に猛禽類が現れても、誰かが気がつくでしょうから安心です。
事実ノスリがしょっちゅう巡回しているのです。
J19A8111tq.jpg

pagetop ↑

脇役

2019.03.07(Thu)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
キクイタダキにあちこち振り回されてる時、偶然反対側の地表に姿を現したビンズイを発見しました。皆さんキクイタダキの方が優先度が高くてあまり振り向きません。
J19A8904tq.jpg

かく言う私も数枚撮ったらまたキクイタダキに注意を向けたのでした。ビンズイは気兼ねなく地表の探索が出来たことでしょう。
J19A8923tq.jpg

場所柄、落ちた松葉が敷き詰められています。

pagetop ↑

6年振り

2019.03.06(Wed)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
メジロよりも少し小さいことになっていますが、高い所にいるせいか大きさの差2cmは感じられません。しかしメジロの動きがゆっくり感じられるほどのせわしなさです。なのでカメラのファインダーからしょっちゅう外れてしまい追随するのが大変
J19A8590tq.jpg

前回観察したのが2013年1月 ですから6年振りのキクイタダキになりました。
J19A8661tq.jpg

この日は近くの松の木を行き来して長い時間相手をしてくれました。下手な鉄砲も・・・の習いで、頭頂の菊色が写りこんだ画を何とかものにすることが出来ました。細い脚が地上に下りて歩くのは苦手であることを物語っています。
J19A8673tq.jpg

pagetop ↑

接近できることもある

2019.03.05(Tue)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
人が近付くのを先に察知して素早く傍らの藪に入り込んでしまうアオジ。尾羽を広げるので両側の白さが目立ちます。
J19A7936q.jpg

タイミングによっては全く人を意に介さないこともあります。
この場面では松かさの隙間に嘴を差し込んで種子?を採っていました。
J19A8040tq.jpg

足元の赤い実をつまんで欲しかったのですが好みではなかったようです。
J19A8091tq.jpg

こちらは♂
J19B0232tq.jpg

pagetop ↑

旨い鳥?

2019.03.04(Mon)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
きのう日曜日は桃の節句でした。花屋やスーパーには雛祭りに因む飾りであるとか食べ物が店頭を飾っていましたね。早いもので辰年ドラゴン6歳(もう直ぐ7歳)、羊年メープルは3歳になり、当ブログは足掛け7年目です。
1518491534425qa.jpg


閑話休題
シメの漢字は偏が「旨」で旁が「鳥」です。この字をネットで拾ってコピーしようとすると、"?"に変換されてしまい表示できません。
J19B7978tq.jpg

首が太くてずんぐりしています。名前を付けた時代には食用にすることがあったのか、もしくは肉が多くて旨そうだったのか、などと連想させる漢字ではあります。
J19B2909tq.jpg

嘴は頑丈でドングリ級なら簡単に割ってしまいそうです。本気で迫って来たらどうしよう。

pagetop ↑

そろそろ離日か

2019.03.02(Sat)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
12月にやって来たベニマシコはそろそろ退去する頃なのか、いつも来る木に見当たりません。食べている種子がすっかり疎らにり、その意味からも縁遠くなっている。
J19B3524tq.jpg

何人も集まっていたカメラパースン(パーソンとも)が、たまに1人手持無沙汰しているぐらい(≠カメラマン)。
J19A7129tq.jpg

てなことで何回か出かけて写したベニマシコの画像から選んで掲載します。
J19B3576tq.jpg

この鳥は小枝が入り組んだ樹冠の中で採餌し、かつ動き回っていることが多く、なかなかすっきりした背景にはいてくれません。
(それが普通の鳥の習性じゃないの? って意見も聞こえてきそうです)
J19B8991tq.jpg

こんな、晴れた日の空を背景に、枝被りしない場所に出てくれたらハッピーというもの。
J19C0279tq.jpg

pagetop ↑

やっぱり陸の鳥

2019.03.01(Fri)

『鳥や動物』 Comment(0)Trackback-
オオバンの群が岸辺の土手に近づいたのを知って、どこからか不意に姿を現したオオタカ。
J19A6787t2q.jpg

それはそうですよね、
「これから行きますよ」
などと予告していたら狩りになりません。通り過ぎた後で大騒ぎするオオバンに、何事かと自転車を降りて撮ったものです。←このパターンでオオタカに気がつくことが多い
J19A6813tq.jpg

しかし狩りは失敗に終わり暫く水の中に立ち尽くしていました。深さは大したことないと思うのですが、池の中央部に出ないオオタカです。それを知っているオオバンは岸から離れたら安全と、遠巻きにオオタカの振舞いを眺めていました。こうなると緊張感が全く感じられません。
J19A6814tq.jpg

水から上がって何を思うか。
J19A6846tq.jpg
(濡れた羽を乾かさねば…)

pagetop ↑

▼ プロフィール

皆空亭

Author:皆空亭
出身:長野県
生活:川崎市
フィールド:おもに自転車の到達範囲

※当ブログへのリンクはご自由にどうぞ(画像直接を除く)
※掲載画像の無断使用はご遠慮下さい

▼ 最新記事
▼ カレンダ

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
▼ 過去の記事

2019年 07月 【15件】
2019年 06月 【25件】
2019年 05月 【27件】
2019年 04月 【26件】
2019年 03月 【26件】
2019年 02月 【24件】
2019年 01月 【24件】
2018年 12月 【26件】
2018年 11月 【26件】
2018年 10月 【27件】
2018年 09月 【25件】
2018年 08月 【27件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【26件】
2018年 05月 【27件】
2018年 04月 【25件】
2018年 03月 【27件】
2018年 02月 【24件】
2018年 01月 【24件】
2017年 12月 【27件】
2017年 11月 【26件】
2017年 10月 【26件】
2017年 09月 【26件】
2017年 08月 【27件】
2017年 07月 【27件】
2017年 06月 【26件】
2017年 05月 【23件】
2017年 04月 【25件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【25件】
2017年 01月 【24件】
2016年 12月 【27件】
2016年 11月 【26件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【26件】
2016年 08月 【27件】
2016年 07月 【26件】
2016年 06月 【26件】
2016年 05月 【24件】
2016年 04月 【25件】
2016年 03月 【27件】
2016年 02月 【25件】
2016年 01月 【24件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【26件】
2015年 10月 【27件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【23件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【25件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【25件】
2015年 02月 【21件】
2015年 01月 【22件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【25件】
2014年 09月 【27件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【27件】
2014年 06月 【28件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【22件】
2014年 02月 【23件】
2014年 01月 【28件】
2013年 12月 【27件】
2013年 11月 【24件】
2013年 10月 【26件】
2013年 09月 【29件】
2013年 08月 【30件】
2013年 07月 【37件】
2013年 06月 【6件】

▼ カテゴリ
▼ タグリスト最新順

イチモンジチョウ(6)
エゴツルクビオトシブミ(1)
ミカドアリバチ(1)
ヒラタハナムグリ(1)
アカシジミ(8)
ウラナミアカシジミ(6)
ウスイロヒゲボソゾウムシ(1)
トホシテントウ(1)
ヒメヒゲナガカミキリ(2)
トゲヒゲトラカミキリ(2)
ジャコウアゲハ(6)
コガタルリハムシ(1)
キスジホソマダラ(2)
セボシジョウカイ(1)
クロスジギンヤンマ(4)
コアオハナムグリ(4)
アシナガコガネ(1)
クロハナムグリ(2)
ヒゲナガハナノミ(1)
ニホンカワトンボ(4)
ヒメマルカツオブシムシ(2)
エチゼンキマダラハナバチ(1)
アオオビハエトリ(1)
アブラコウモリ(2)
ワカバグモ(1)
ムネアカアワフキ(1)
カルガモ(12)
ミドリシジミ(5)
マガリケムシヒキ(2)
ホソヒメヒラタアブ(1)
オオミドリシジミ(8)
ウラゴマダラシジミ(3)
ミズイロオナガシジミ(6)
ニホンチュウレンジ(1)
ニホンチュウレンジバチ(1)
シロスジヒゲナガハナバチ(3)
ニッポンヒゲナガハナバチ(4)
ツマキアオジョウカイモドキ(1)
ハグルマトモエ(1)
クワキヨコバイ(1)
クロホシツツハムシ(2)
クロボシツツハムシ(1)
アマサギ(1)
アオバセセリ(1)
ツバメ(5)
イワツバメ(3)
ホウロクシギ(1)
カワセミ(11)
ハグロケバエ(1)
コナガ(1)
スジグロシロチョウ(6)
コジュケイ(6)
ウグイス(8)
クシコメツキ(1)
オオシモフリコメツキ(1)
ガ(1)
ネコハエトリ(1)
コトゲアシクモバチ(1)
アカハネムシ(1)
キアゲハ(4)
クロマルハナバチ(4)
ビロウドツリアブ(4)
アカタテハ(6)
ニホンアマガエル(1)
アマガエル(4)
ヒオドシチョウ(3)
ギフチョウ(2)
ドバト(1)
ネコ(10)
ダイサギ(8)
アオサギ(10)
カモメ(6)
ヒバリ(7)
ハジロカイツブリ(9)
ヨシガモ(9)
ボラ(2)
アリスイ(3)
ニホンアナグマ(1)
トラフシジミ(8)
スギタニルリシジミ(1)
ツマキチョウ(7)
ニシオジロビタキ(1)
コガモ(12)
ツグミ(9)
セッカ(6)
ウミアイサ(5)
メジロ(16)
ルリビタキ(8)
アカハラ(4)
オシドリ(4)
クロツラヘラサギ(3)
ジョウビタキ(12)
ドブネズミ(3)
ヒクイナ(2)
キンクロハジロ(12)
カラス(7)
ムクドリ(10)
クビキリギス(2)
オカヨシガモ(7)
ミヤマセセリ(5)
コツバメ(5)
ミコアイサ(5)
トラツグミ(4)
ヤマシギ(3)
カシラダカ(6)
クロジ(3)
セグロセキレイ(1)
シロハラ(6)
スズガモ(9)
セイタカシギ(7)
スズメ(15)
飛行機(1)
月(2)
ホオジロガモ(1)
マガモ(9)
チョウゲンボウ(12)
ホシハジロ(6)
ビンズイ(2)
キクイタダキ(2)
アオジ(10)
ドラゴン(11)
メープル(5)
シメ(7)
ベニマシコ(5)
オオタカ(9)
ワカケホンセイインコ(1)
イカルチドリ(2)
ヤマガラ(6)
アトリ(4)
チュウヒ(3)
コイ(2)
ノスリ(7)
タシギ(7)
シロチドリ(5)
ウナギ(1)
カワウ(11)
ミサゴ(9)
ハイタカ(4)
ハシビロガモ(7)
ハマシギ(6)
クイナ(5)
タヒバリ(5)
ゴイサギ(8)
ハヤブサ(6)
イソシギ(8)
オオバン(9)
ヒドリガモ(12)
トビ(11)
ムラサキツバメ(8)
コトヒキ(1)
コサギ(9)
イソヒヨドリ(7)
メボソムシクイ(1)
コサメビタキ(3)
ツミ(5)
キビタキ(9)
トウネン(3)
エゾビタキ(4)
オオルリ(4)
ウミネコ(5)
ナナホシテントウ(3)
ベッコウバエ(1)
オオアオイトトンボ(6)
フタモンアシナガバチ(2)
モンシロチョウ(7)
モンキチョウ(4)
バン(4)
ウラナミシジミ(5)
タマムシ(4)
オンブバッタ(2)
ホシホウジャク(5)
オオスカシバ(5)
ギンヤンマ(3)
モンキアゲハ(5)
キタテハ(6)
水準点(1)
スケバハゴロモ(2)
ツクツクボウシ(4)
ツマグロオオヨコバイ(2)
チャバネセセリ(1)
ヤノトガリハナバチ(4)
ナミカバフドロバチ(1)
ウスバキトンボ(7)
アジアイトトンボ(5)
オニヤンマ(5)
キマダラカメムシ(1)
クマゼミ(1)
コムクドリ(1)
ルリモンハナバチ(5)
ムモントックリバチ(2)
コシアキトンボ(3)
ヤブヤンマ(3)
クロアナバチ(3)
ベッコウハゴロモ(3)
アオバハゴロモ(1)
アオスジアゲハ(3)
ルリクビホソハムシ(1)
クロイトトンボ(1)
オナガ(5)
ヨツスジトラカミキリ(4)
ヒメツツハキリバチ(3)
アナアキゾウムシ(1)
シロテンハナムグリ(2)
アミガサハゴロモ(2)
シオヤアブ(2)
サビキコリ(1)
キバラヘリカメムシ(1)
ヒメコスカシバ(1)
オオハキリバチ(3)
アオモンイトトンボ(6)
ヒメアカタテハ(6)
チョウトンボ(5)
コフキトンボ(6)
ヤドリバエ(1)
ハムシダマシ(1)
カオジロヒゲナガゾウムシ(1)
アメンボ(2)
アカスジツチバチ(2)
ワラジムシ(1)
ジガバチ(1)
アシダカグモ(3)
ナガニジゴミムシダマシ(2)
オオモンクロクモバチ(2)
アゲハモドキ(2)
ドウガネブイブイ(1)
コチャバネセセリ(3)
アトワアオゴミムシ(1)
ヤマトシジミ(6)
アメイロアリ(1)
ヤブキリ(3)
ハゼラン(1)
トウキョウヒメハンミョウ(4)
セマダラコガネ(3)
クロアゲハ(5)
イシムカデ(1)
アズマヒキガエル(6)
アオスジハナバチ(6)
クロヤマアリ(1)
カタツムリ(3)
セアカツノカメムシ(1)
クサカゲロウ(1)
シデムシ(1)
ムラサキシジミ(7)
ツバメシジミ(5)
コフキゾウムシ(1)
ウリハムシモドキ(1)
ルリジガバチ(2)
モモブトスカシバ(1)
ヒメシロコブゾウムシ(2)
オオヤマカワゲラ(2)
アシナガオニゾウムシ(1)
ニホンカナヘビ(3)
ナミアゲハ(5)
トラマルハナバチ(3)
シロカネグモ(1)
ササグモ(2)
ハキリバチ(1)
クロイロコウガイビル(1)
カシワクチブトゾウムシ(1)
オジロアシナガゾウムシ(2)
アカガネコハナバチ(3)
クロトラカミキリ(1)
オオシオカラトンボ(6)
シオカラトンボ(7)
ゴホントゲザトウムシ(1)
アオジョウカイ(3)
コガタスズメバチ(2)
トンボエダシャク(1)
アカガネサルハムシ(1)
ハサミムシ(1)
ラミーカミキリ(1)
ヤマアカガエル(1)
ヤマサナエ(4)
シュレーゲルアオガエル(4)
ヤマカガシ(1)
ハゼ(1)
シャチホコガ(1)
アオオサムシ(4)
ウバタマムシ(1)
ヤモリ(1)
アリグモ(1)
ミドリカミキリ(1)
アオカミキリ(2)
ヤツメカミキリ(1)
メスグロヒョウモン(5)
コマルハナバチ(4)
コムラサキ(7)
ヒヌマイトトンボ(4)
キイロトラカミキリ(3)
ヤマトクロスジヘビトンボ(3)
ニホンミツバチ(2)
クロムネアオハバチ(2)
クマバチ(2)
オオヨシキリ(3)
ガビチョウ(5)
マドガ(1)
ブドウスカシクロバ(1)
ヒメトラハナムグリ(2)
オオコンボウヤセバチ(1)
エゾオナガバチ(1)
カワラヒワ(7)
セアカヒラタゴミムシ(1)
ゴマダラチョウ(5)
ソリハシシギ(4)
チュウサギ(3)
チュウシャクシギ(5)
キョウジョシギ(4)
コチドリ(7)
アオアシシギ(4)
キアシシギ(8)
センダイムシクイ(1)
シャクヤク(1)
ケラ(2)
メダイチドリ(5)
オバシギ(1)
ウズラ(1)
カンムリカイツブリ(9)
ダイシャクシギ(1)
ミヤコドリ(1)
キアシドクガ(1)
カラスアゲハ(6)
センチコガネ(3)
エビ(1)
メダカ(2)
コウモリ(1)
シオヤトンボ(5)
クヌギ(1)
ヒレンジャク(2)
コウノトリ(1)
ユリカモメ(14)
アメリカコガモ(2)
サクラ(9)
ルリタテハ(6)
カタクリ(3)
キクザキイチゲ(3)
モズ(8)
ハクセキレイ(6)
アオゲラ(9)
エナガ(5)
オオジュリン(9)
政府専用機(1)
メジロガモ(1)
シジュウカラ(7)
CP+(1)
ツルシギ(1)
クビワキンクロ(1)
ヨシゴイ(4)
タヌキ(2)
ホオジロ(5)
コゲラ(6)
アメリカヒドリ(3)
オナガガモ(8)
丸井(1)
むぎせんべい(1)
セグロカモメ(8)
カササギ(1)
カチガラス(1)
カメ(1)
アジサシ(1)
スジグロチャバネセセリ(1)
ホオアカ(4)
ノビタキ(5)
マルガタハナカミキリ(1)
フタスジハナカミキリ(1)
ヒゲナガハナアブ(2)
シロヨトウヤドリヒメバチ(1)
クロヒラタアブ(1)
クロスズメバチ(1)
アカハナカミキリ(1)
ムツアカネ(1)
コノシメトンボ(6)
アオイトトンボ(1)
ミドリヒョウモン(4)
ヒョウモンチョウ(2)
ヒメシジミ(2)
ヒメキマダラヒカゲ(2)
ジャノメチョウ(1)
コヒョウモンモドキ(1)
コヒョウモン(2)
コキマダラセセリ(1)
ゴイシシジミ(2)
ギンボシヒョウモン(3)
キベリタテハ(1)
エルタテハ(1)
ウラギンヒョウモン(3)
ウラギンスジヒョウモン(2)
アカセセリ(1)
アサギマダラ(4)
マツムシソウ(2)
マガン(1)
アキアカネ(8)
スルスミシマハナアブ(1)
ハンミョウ(2)
ウラギンシジミ(7)
ナガコガネグモ(1)
イボバッタ(2)
トゲアシオオクモバチ(1)
トラフヒラタヤドリバエ(1)
マツムラベッコウコマユバチ(1)
ハネナガヒシバッタ(1)
コハンミョウ(3)
ヌマエビ(1)
ベニイトトンボ(1)
ハグロトンボ(3)
サムライトックリバチ(1)
マルガタゴミムシ(1)
キマワリ(1)
カタグロチビドロバチ(1)
カナブン(2)
アオカナブン(1)
ルリハムシ(1)
シリアゲコバチ(1)
オオスズメバチ(1)
アメリカジガバチ(1)
サトキマダラヒカゲ(4)
コアシナガバチ(1)
ヨツボシホソバ(1)
ヤハズカミキリ(1)
ムモンホソアシナガバチ(1)
ビロードハマキ(1)
ヒカゲチョウ(4)
ツチカメムシ(1)
ミヤマカラスアゲハ(1)
ヤマキマダラヒカゲ(2)
サカハチチョウ(2)
エゾハルゼミ(1)
エゾイトトンボ(1)
ミソサザイ(3)
ホトトギス(1)
ヒガラ(2)
ハチクマ(1)
ノジコ(1)
ゴジュウカラ(1)
キバシリ(1)
アカゲラ(5)
ムネアカツヤコマユバチ(1)
ルリシジミ(4)
ワオキツネザル(1)
シマアシブトハナアブ(1)
オオワシ(1)
テングチョウ(5)
ナガサキアゲハ(4)
セグロアシナガバチ(2)
シロコブゾウムシ(2)
アカボシゴマダラ(5)
ヒメクロトラカミキリ(1)
シラホシカミキリ(1)
キスジセアカカギバラバチ(2)
ベニカミキリ(1)
オオマエグロメバエ(1)
シマアメンボ(1)
ハラビロトンボ(5)
クロコノマチョウ(4)
ジムグリ(1)
ダイミョウセセリ(2)
コミスジ(3)
ホシミスジ(1)
ヒコーキ(7)
コアジサシ(6)
シマアジ(1)
ヒメウラナミジャノメ(3)
キマダラハナバチ(1)
ヨコジマオオヒラタアブ(1)
フデリンドウ(1)
ニリンソウ(1)
ヒトリシズカ(1)
ナミテントウ(3)
アオダイショウ(3)
チューリップ(2)
マツモムシ(1)
シジュウカラガン(1)
三角点(1)
ヒヨドリ(5)
カケス(2)
タイワンリス(2)
アカアシシギ(2)
ムナグロ(3)
ササゴイ(2)
コバネイナゴ(1)
キゴシハナアブ(1)
オオカマキリ(3)
トノサマバッタ(2)
ハネナガフキバッタ(1)
サンコウチョウ(1)
オオカバフスジドロバチ(1)
ミヤマフキバッタ(1)
ヘリヒラタアブ(1)
ノコギリクワガタ(2)
マユタテアカネ(4)
ツマグロイナゴ(1)
オオシロフクモバチ(2)
ハラビロカマキリ(2)
ショウジョウトンボ(4)
コフキコガネ(1)
ミヤマアカネ(1)
クルマバッタモドキ(2)
リスアカネ(4)
シマヘビ(2)
ヒメコガネ(1)
アカスジカメムシ(1)
ハラアカヤドリハキリバチ(3)
ハラヒシバッタ(1)
カタシロゴマフカミキリ(1)
オオフタオビドロバチ(3)
キイトトンボ(1)
ウチワヤンマ(4)
トガリシロオビサビカミキリ(1)
ササキリ(2)
ヒメスズメバチ(1)
イオウイロハシリグモ(1)
ナツアカネ(2)
マルボシヒラタハナバエ(1)
コモンツチバチ(3)
エサキモンキツノカメムシ(1)
リンゴカミキリ(1)
ハシボソガラス(1)
ツチスガリ(1)
キボシカミキリ(2)
ミナミヒメヒラタアブ(1)
マダラホソアシナガバエ(1)
ハスジカツオゾウムシ(1)
オオニジュウヤホシテントウ(1)
ウスキホシテントウ(1)
ナミハナアブ(3)
ハナグモ(1)
クロスキバホウジャク(1)
キバネツノトンボ(1)
オオルリシジミ(1)
ウスバシロチョウ(2)
カワネズミ(1)
クモガタヒョウモン(1)
コサナエ(1)
オゼイトトンボ(1)
カノコガ(2)
ツユムシ(1)
ヒルザキツキミソウ(1)
ジンガサハムシ(1)
アジサイ(2)
ジョウカイボン(1)
ツマグロハナカミキリ(1)
ホソオビヒゲナガ(2)
トゲヒシバッタ(1)
セイヨウミツバチ(1)
イボタノキ(1)
オジロビタキ(1)
ハサミツノカメムシ(1)
セスジハリバエ(1)
クロハネシロヒゲナガ(1)
ヒメネズミ(1)
オオイシアブ(1)
キタキチョウ(2)
イタドリハムシ(1)
風景・人事(7)
オダマキ(1)
ウワミズザクラ(1)
クモ(1)
マルガモ(2)
キジ(1)
カイツブリ(5)
雛人形(1)
日暈(1)
トラフズク(1)
ワイルア川(1)
ゲッコー(1)
グリーンアノール(1)
ブラウンアノール(1)
ランタナシジミ(1)
ヒョウモンドクチョウ(1)
ネッタイアカセセリ(1)
メリケンキアシシギ(1)
メキシコマシコ(1)
オナガカエデチョウ(1)
ブンチョウ(1)
チョウショウバト(2)
シリアカヒヨドリ(1)
ショウジョウコウカンチョウ(1)
オオカバマダラ(1)
コウカンチョウ(1)
キバシコウカンチョウ(1)
キンノジコ(1)
インドハッカ(2)
イエスズメ(1)
サメビタキ(1)
タカブシギ(1)
チョウSBG(4)
トンボSBG(2)
ベニトンボ(1)
タイワンウチワヤンマ(1)
アカスジベッコウトンボ(1)
チェンジャブルリザード(1)
ミズオオトカゲ(1)
リス(1)
ハイイロチョッキリ(1)
ニホントカゲ(1)
ツマグロヒョウモン(3)
ベニシジミ(3)
ヒメハラナガツチバチ(2)
マメハンミョウ(1)
アカガシラサギ(1)
マダラバッタ(1)
アオハナムグリ(1)
アズチグモ(2)
コハナグモ(1)
テッポウユリ(1)
ミカドトックリバチ(1)
ヒガンバナ(3)
ハギ(1)
ウスバカゲロウ(1)
ヘクソカズラ(1)
キマダラセセリ(3)
キアシナガバチ(2)
ベッコウクモバチ(1)
ショウリョウバッタ(4)
コクワガタ(1)
キオビツチバチ(4)
オオセイボウ(2)
アオマツムシ(1)
世相(1)
シモフリスズメ(1)
アカエグリバ(1)
アオドウガネ(1)
クロヒカゲ(3)
ヒメジャノメ(2)
コジャノメ(1)
ニイニイゼミ(1)
クワカミキリ(1)
カブトムシ(2)
カマキリ(1)
ヒメギス(1)
ビロウドカミキリ(2)
ハナショウブ(1)
ヤマトシリアゲ(1)
ナワシロイチゴ(1)
ヤマモモ(1)
クロヒメバチ(2)
ナナフシモドキ(1)
アサヒナカワトンボ(1)
モグラ(1)
さいか屋(1)
マヒワ(1)
ミミズク(1)
トンビ(1)
オナガサイホウチョウ?(1)
チャノドコバシタイヨウチョウ(1)
アカガオサイホウチョウ(1)
リュウキュウツバメ(1)
リュウキュウガモ(1)
ムナオビオウギビタキ(1)
ハリオハチクイ(1)
ハクオウチョウ(1)
シマキンパラ(1)
シキチョウ(1)
サイホウチョウ(1)
コブハクチョウ(1)
コアオバト(1)
アオショウビン(1)
オオクイナ(1)
シロハラクイナ(1)
メグロヒヨドリ(1)
コウライウグイス(1)
キバラタイヨウチョウ(1)
カノコバト(1)
オオハッカ(1)
ミツマタ(2)
ツバキ(2)
ウメ(4)
イカル(1)
キセキレイ(2)
ロウバイ(1)
キジバト(2)
紅葉(5)
クロベンケイガニ(1)
アカテガニ(1)
コメツキガニ(1)
アシハラガニ(1)
多摩川(1)
トゲツヤヘラクチイシアブ(1)
スジボソコシブトハナバチ(2)
ヒガシニホントカゲ(1)
オオゲジ(1)
カツラ(1)
キイロスズメバチ(1)
スズバチ(1)
オオハナアブ(2)
コスモス(2)
ヨコジマオオハリバエ(1)
カバオビドロバチ(1)
コクロアナバチ(1)
ミンミンゼミ(1)
アブラゼミ(1)
ノウゼンカズラ(1)
サルスベリ(2)
マツムラヒメアブ(1)
キンケハラナガツチバチ(2)
クマンバチ(2)
foods(2)
オクラ(1)
オスグロトモエ(1)
ヤマトフキバッタ(1)
シロスジクチキヒメバチ(1)
ツマアカクモバチ(1)
クレマチス(1)
ムクゲ(1)
マメコガネ(1)
キイチゴ(1)
ヤマユリ(2)
ツリアブ(1)
コガネムシ(1)
ヨツスジハナカミキリ(1)
コオニヤンマ(1)
ヨツボシトンボ(1)
ハッチョウトンボ(1)
旅の印象(13)
イルカ(1)
アホウドリ(1)
ミズナギドリ(1)
オットセイ(1)
ケア(1)
ユリノキ(1)
ホオ(1)
トチノキ(1)
ハナミズキ(1)
ハナカイドウ(1)
カリン(1)
クロウタドリ(1)
クロアカツクシガモ(1)
ウ(1)
ギンカモメ(1)
ハシグロカモメ(1)
ズアオアトリ(1)
ウソ(1)
ミヤマホオジロ(2)
タイワンキチョウ(1)
シロオビアゲハ(1)
ベニモンアゲハ(1)
スジグロカバマダラ(1)
カワウソ(1)
カバタテハ(1)
リュウキュウアサギマダラ(1)
ツマベニチョウ(1)
タテハモドキ(1)
イシガケチョウ(1)
ツマムラサキマダラ(1)
オオゴマダラ(1)
空(5)
冬景色(1)
四国(10)
サザンカ(1)
北信五岳(1)
コウテイダリア(1)
展覧会など(2)
シオン(1)
ドングリ(1)
キトンボ(1)
コカマキリ(1)
キンモクセイ(1)
シロオビベッコウハナアブ(1)
イチモンジセセリ(1)
ツチイナゴ(1)
フチ子(1)
クサギ(2)
ノシメトンボ(1)
ミズキ(1)
カナカナゼミ(1)
エゾゼミ(1)
スズメバチ(1)
ゴマダラカミキリ(1)
イカリモンガ(2)
タカネトンボ(1)
ルリイトトンボ(1)
クジャクチョウ(1)
ササ(1)
スギナ(1)
アオヤンマ(1)

▼ ranking
▼ 検索フォーム
▼ リンク
▼ 最新コメント

pagetop ↑

Copyright © 2019 皆空亭 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.